政府が「外国人就労 拡大に転換」へ 西日本新聞が1面トップで報道

政府が「外国人就労 拡大に転換」へ 西日本新聞が1面トップで報道

西日本新聞社は20日朝刊の1面トップで「外国人就労 拡大に転換」、社会面では「実習名目の就労限界」の見出しを掲げたキャンペーン記事を掲載した。政府は、長期の外国人労働力の確保のために「労働開国」にかじを切った――との内容だ。政府が6月に公表する「骨太の方針」に増加する在留外国人の「共生」や日本語教育の支援なども盛り込む方針だとも伝えている。日本語教育など外国人受け入れの環境整備は、まさに「待ったなし」の状況だ。

西日本新聞社は「新 移民時代」の長期連載などを通じて、九州などの地方都市の労働現場の窮状や外国人受け入れの課題を詳報した。大手メディアではほとんど使わない「移民」という言葉を連載のタイトルに掲げ、一連の報道は早稲田ジャーナリズム大賞を受賞するなど社会的に高い評価を受けた。

今回、朝刊で大きく取り上げたニュースは、政府が「特定技能(仮称)」という新たな在留資格を検討していることを紙面化。農業、介護、建設、造船などの分野を対象に各業界団体の日本語能力や専門技能に関する試験をパスすることを条件に外国人に与える新たな在留資格を想定している。言ってみれば、高度人材や技能実習生ではなく、「ミドル・スキル」の労働者の受け入れとも言えそうだ。

政府は「特定技能」による受け入れを前提に外国人労働者の目標人数を試算しているという。それによると、介護分野は毎年1万人増。農業では2017年の約2万7000人が23年には最大10万3000人、建設では17年の約5万5000人が25年には30万人以上にそれぞれ拡大すると予測。「特定技能」という新たな受け入れ枠を設けることで政府が「労働開国」にかじを切るというわけだ。

解説記事では、昨年10月現在で外国人労働者は前年より20万人増えて128万人に達し、うち4割を留学生のアルバイトと技術移転が目的の技能自習生が占めている実態を指摘。「建前と現実のひずみが、不法就労や過酷労働の温床となってきた」と対応の遅れを批判している。また、人手不足に伴う人材の争奪戦は国際的に加熱しとており、「外国人に来てもらえる国」となるには、労働者としてだけでなく生活者として受け入れるための施策も重要だと強調。「開国」には共生社会に実現が欠かかせない、と主張する。

社会面では、介護施設をはじめ国家戦略特区に指定された農業や新たに技能実習生の対象となった「宿泊業」の関係者の声などを紹介する。いずれも人材不足で対応に四苦八苦しているだけに、外国人就労枠の拡大を一様に歓迎している。宿泊業者にとっては、インバウンドの外国人観光客が増大する中で外国人の採用枠が増えることは助かるはずだ。その一方で昨年11月には技能実習適正化法が施行され、受け入れ先を監督する「外国人技能実習機構」が新設された。今後、どのように外国人を受け入れ、彼らとの共生の道筋をどうつけるのか。政府の対応が注目される。

ところで、西日本新聞のニュースのポイントは、記事の見出しにあるように、それまで「外国人就労」に消極姿勢だった政府が「拡大」へ方針転換を図ったことだ。そのこと自体が「労働開国」だという。その際には外国人を単なる労働力と見なすのではなく、共生社会の一員として迎えるための環境整備が必要だと主張する。その通りだが、そのためにどのように法的な整備を進めるかが重要になる。

2008年6月に自民党の外国人材交流推進議員連盟が「日本型移民政策の提言」をまとめ、移民受け入れのための法整備を提案したが、反発が強く頓挫。最近では労働力不足を背景に自民党内で外国人受け入れに積極的な意見が目立つが、法整備は進んでいない。

そうした中で2016年11月に超党派の日本語教育推進議員連盟が発足、日本語教育推進基本法(仮称)の制定を目指し議論を進めている。外国人受け入れを拡大するならば、日本語教育の在り方を抜本的に見直す必要があるだろう。外国人労働者にとっては、「働くための日本語」も新たに必要になるはずだ。その受け皿となる就労者のための日本語学校の整備も考えなければならないだろう。

私たち「にほんごぷらっと」は、日本語議連の議論を詳報するとともに幅広く日本語教育に関する様々な情報を発信してきた。併せて国境を越えて日本語教育を充実させることによって、「海外の日本語人口1億人」を目指すべきだと主張している。マスメディアからみれば荒唐無稽な話に思えるかもしれないが、日本が急激な人口減少と超高齢化社会を乗り切るために、日本文化の源泉ともいえる日本語を「資産」として海外で活用する術を考えるべきではないかと。

目の前のニュースを特ダネとして報じるのはメディアの重要なミッションである。その意味では西日本新聞の今回の記事は、時流をとらえた見事なスクープだ。「労働開国」後には日本社会がどう変わり、共生社会を実現するにはどのような法整備が必要なのか。今後の報道にも期待したい。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Spot on with this write-up, I really believe this amazing site needs much more attention.
    I’ll probably be back again to read more, thanks for the advice!

  2. I am regular reader, how are you everybody? This post posted at this website is
    truly good.

  3. My developer is trying to convince me to move to .net from PHP.
    I have always disliked the idea because of the costs.
    But he’s tryiong none the less. I’ve been using WordPress
    on several websites for about a year and am anxious about switching to another platform.

    I have heard great things about blogengine.net. Is there a way I can transfer all my wordpress content into it?
    Any kind of help would be greatly appreciated!

  4. It’s a shame you don’t have a donate button! I’d certainly donate to this outstanding blog!
    I suppose for now i’ll settle for book-marking and adding your RSS feed to my Google account.
    I look forward to new updates and will share this blog with my Facebook
    group. Chat soon!

  5. Ahaa, its good discussion about this paragraph at this place at this web site, I have read all that, so at
    this time me also commenting at this place.

  6. I know this web site offers quality dependent articles and other material, is there any other
    web page which provides these data in quality?

  7. Wow, awesome blog structure! How long have you been blogging
    for? you make blogging look easy. The full look of your web
    site is wonderful, as neatly as the content!

  8. hello!,I like your writing so much! share we communicate
    more about your article on AOL? I need a specialist in this area to solve my problem.
    May be that is you! Looking ahead to peer you.

  9. Nice respond in return of this difficulty with genuine arguments
    and describing the whole thing on the topic
    of that.

  10. Excellent post! We are linking to this great article on our website.
    Keep up the good writing.

  11. Hi terrific blog! Does running a blog such as this require a
    lot of work? I’ve virtually no understanding of coding however I was hoping to start my own blog in the near future.

    Anyway, if you have any recommendations or techniques for new blog owners
    please share. I know this is off topic however I simply wanted to ask.
    Cheers!

  12. Ahaa, its nice conversation concerning this post at this place at this webpage, I have read all that, so now me
    also commenting at this place.

  13. Very nice post. I just stumbled upon your weblog and wished to say
    that I have truly enjoyed surfing around your
    blog posts. In any case I will be subscribing to your rss feed and I hope you write again soon!

  14. It’s hard to come by well-informed people about this topic, however, you sound like
    you know what you’re talking about! Thanks

  15. Hi, all is going nicely here and ofcourse every one is sharing data,
    that’s in fact fine, keep up writing.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
27
10:00 AM 第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
10月 27 @ 10:00 AM – 5:30 PM
日本語教育学研究における 質的データ分析法の意義と課題 日本語教育学領域において質的データ分析法への関心は、近年、本格的に高まり、分析法を紹介した書 籍の出版もなされるようになりました。一方で、当該データ分析法が、日本語教育研究においてどのような 意味をもつのかについては、それほど議論が進んでいません。そこで、第 46 回研究会では、日本語教育 でも多く実施されるようなった質的データ分析法として、TEA、会話分析、ライフストーリー、M-GTA を取り 上げます。日本語教育に軸足をもつ研究者が、その質的データ分析法を用いて研究を実施することの意 義について、実際に研究を実施した体験談を踏まえて議論します。 登壇者: 北出慶子氏(立命館大学)・山本真理氏(関西学院大学) 三代純平氏(武蔵野美術大学)・牛窪隆太氏(関西学院大学) 日時: 2018年10月27日(土)14:00−17:30 場所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室 参加費:会員(無料)・非会員(1000 円) ※申し込み方法等、詳細は後日 AJG 研究会 HP、会員 ML にてお知らせします。 第 46 回研究会担当幹事:牛窪隆太、小森万里、寅丸真澄、内藤真理子、三代純平、村上康代、脇田里子 お問い合わせ先: ushikubo@kwansei.ac.jp(牛窪隆太)
10:30 AM 日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
10月 27 @ 10:30 AM – 4:30 PM
日本語教師の日常を断捨離? それなら身近なことからICTを活用しましょう! 授業の準備から生徒の学習状況の共有など、簡単に取り入れられるものを紹介します。また、これからの日本語教師の業務の形を、皆さんと話し合います。 お申し込みはお早めに。
ページ上部へ戻る