「外国人労働者 骨太の方針に欠けるもの」 問われているのは政治のイマジネーション

「外国人労働者 骨太の方針に欠けるもの」 問われているのは政治のイマジネーション

骨太の方針に欠けているもの」――朝日新聞が6月19日の紙面に「外国人労働者」を題材にこんな見出しの社説を掲載した。 政府の経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)が外国人の「家族帯同を認めない」ことや「在留管理の強化」をうたっていることを指摘したうえで、外国人労働者を「人間」として受け入れようという配慮が欠けているのではないか、というのだ。社説は「外国人労働者を社会の一員として正面から受け入れる姿勢が必要だ」とも説く。

急激な人口減少に伴う労働力不足で、多くの中小企業が悲鳴を上げている。地方経済も人材難で危機的状況だという。朝日新聞の社説も「正式に門戸を開く点で新たな一歩と言えなくはない」と骨太の方針の方向性については一定の理解を示している。すでに外国人受け入れの「是非」を論じる時代ではなくなっている。問われるのは、どのように受け入れるかだ。

今回の骨太の方針を受けて、建設、農業、介護など5分野の在留資格に関する出入国管理難民認定法(入管法)の改正案が秋の臨時国会に提案される見通しだ。1989年の入管法改正では日系人を「定住者」として受け入れる新たな在留資格を設けたが、今回の入管法改正はこれを上回る規模になりそうだ。政府がこれまで外国人に認めなかった分野の仕事の門戸を開くわけだ。大きな方針転換だといえる。

とは言っても、社説は「骨太の方針に欠けるもの」に懸念を示している。受け入れの枠組みを大幅に広げるのに、外国人との共生を考えていないのはどういうことか、という指摘だ。しかし、そもそも人口危機を迎える日本の将来に対して政治の側にイマジネーションが欠如しているのではないか。言葉を換えれば、政治が外国人受け入れに正面から向かいあっていないということだ。産業界から強い要望がある人材難の解消をどうするか、というような目先の話ではない。必要なのは、30年、50年先を見据えた国づくりだ。

そんなことを考えていたら、月刊誌「潮」7月号の「政治に求められるイマジネーション」と題した論考が目に止まった。筆者は毎日新聞特別顧問で政治ジャーナリストの松田喬和氏。私が政治記者、論説委員時代に大変お世話になった大先輩だ。

松田氏はその中で、小選挙区制と内閣人事局の設置によって生まれた安倍政権の「一強政治」が裏目に出た結果、「モリカケ問題」を含め政治の混迷が続いていると指摘する。そうした中で政治の流れはコンセンサス(合意)型から多数決型に移行し、安倍政権は巨大与党を基盤に、反対派や少数派の声に十分耳を傾けず数の論理で強引に政策決定を行っているというのだ。

松田氏はこのような政治状況に懸念を示し、次の時代を開くためには新しいコンセンス型の政治が求められていると主張する。国民のコンセンサスを得ながら社会的弱者に配慮した日本の将来ビジョンを描くには、政治家にイマジネーションが必要だというのだ。

松田氏はこの中で外国人受け入れ問題に触れているわけではないが、外国人問題もまた政治家のイマジネーションが試される政治課題だと思う。骨太の方針で外国人労働者の受け入れ枠の拡大をけん引したのは、自民党の厚労族の議員だと言われる。その代表格は木村義雄参院議員だ。木村氏は自民党政務調査会の労働力確保に関する特命委員会の委員長を務め、2016年5月に「『共生の時代』に向けた外国人労働者受け入れに関する基本的考え方」という文書をまとめた。私はこの木村ペーパーを評価し「ぷらっとニュース」(2017年5月19日)で詳しく紹介した。その「突破力」で新たな在留資格の創設に道を開いたと想像しているが、日本語教育など受け入れ環境の整備を含めたコンセンサスづくりを十分にしたのかどうか。

これに対し、超党派の日本語教育推進議員連盟の取り組みには、コンセンサスづくりが不可欠だ。日本語教育というテーマについて日本語議連の各党の議員は問題意識を共有し、細かな議論を積み重ねてきた。日本語教育とひと口に言っても、就学前の外国人の子供から小中高等学校の児童生徒、さらには留学生、技能実習生など実に幅が広い。それぞれの教育現場の実情から課題を拾い、将来に向けての対応策を考えることはイマジネーションが必要だ。このほど日本語教育基本法(仮称)の原案が作成でき、秋の臨時国会には法案が提出される段取りだ。

秋の臨時国会では、骨太の方針の関連法案と日本語教育推進基本法案がともに提案される見通しだ。そこではどんな論議が交わされるのか。本来なら各政党が人口減少時代の日本の将来ビジョンを掲げ、国会の論戦を通じてコンセンサスづくりに努めるべきだ。このまま人口が減少すると、生産労働人口が2050年には2000万人も少なくなるころが予測されている。問われているのは政党、政治家のイマジネーションだ。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Excellent write-up. I certainly love this site. Keep it up!

  2. Ahaa, its fastidious discussion concerning this article here at this web site, I have read all that, so now me also
    commenting at this place.

  3. アバター

    Cialis Alcool [url=http://oc-35.com]buy propecia online uk[/url] Propecia Mental Problems Tadalafil Generic Shipping I Need Viagra Overnight Delivery Canada

  4. アバター

    Cheap Keflex Information On Amoxicillin [url=http://truthaboutstaininggrid.com][/url] Viagra Aux Encheres Propecia El Corte Ingles

  5. I am curious to find out what blog platform you are working with?
    I’m experiencing some minor security problems with my latest
    blog and I would like to find something more secure.

    Do you have any solutions?

  6. アバター

    It’s amazing to pay a visit this web site and reading the views of all colleagues concerning this post,
    while I am also keen of getting experience.

  7. アバター

    Magnificent goods from you, man. I have take into accout your
    stuff prior to and you’re simply too excellent.
    I actually like what you have bought here, certainly like what you’re saying and the best way through which you assert it.
    You are making it enjoyable and you continue to care for to keep it
    wise. I cant wait to read far more from you. That is actually a terrific website.

  8. After going over a number of the blog articles on your web page, I really
    like your way of blogging. I book marked it to my bookmark webpage list
    and will be checking back soon. Please check out my web site too and tell
    me what you think.

  9. Hey very interesting blog!

  10. I have read so many articles or reviews regarding the blogger lovers but this piece of writing is genuinely a pleasant
    paragraph, keep it up.

  11. アバター

    Hello, this weekend is nice in support of me, as this moment i am reading this fantastic informative article here at my residence.

  12. アバター

    I am regular reader, how are you everybody? This piece of writing posted
    at this web page is actually fastidious.

  13. Wonderful blog! I found it while browsing on Yahoo News. Do you have any suggestions on how to get listed
    in Yahoo News? I’ve been trying for a while but I never seem to
    get there! Many thanks

  14. Hi mates, how is all, and what you wish for to say about this paragraph, in my view its
    in fact awesome for me.

  15. You’re so cool! I don’t suppose I have read something like that before.
    So wonderful to find somebody with some genuine thoughts on this issue.
    Seriously.. thank you for starting this up. This web site is something that’s needed
    on the web, someone with some originality!

  16. Wonderful beat ! I wish to apprentice while you amend your site, how can i subscribe
    for a blog site? The account helped me a acceptable deal.
    I had been a little bit acquainted of this your broadcast offered bright clear concept

  17. Hello, i read your blog from time to time and i own a similar one and i was
    just wondering if you get a lot of spam
    responses? If so how do you prevent it, any plugin or anything you can suggest?
    I get so much lately it’s driving me insane so any help
    is very much appreciated.

  18. Oh my goodness! Impressive article dude! Many thanks,
    However I am having issues with your RSS. I
    don’t understand why I can’t subscribe to it. Is there anybody else getting
    identical RSS problems? Anybody who knows the
    solution can you kindly respond? Thanx!!

  19. I will right away grasp your rss as I can not find your email subscription link
    or newsletter service. Do you’ve any? Kindly permit me recognise so that I may just subscribe.
    Thanks.

  20. Pretty section of content. I just stumbled
    upon your blog and in accession capital to assert that I get in fact enjoyed account your
    blog posts. Anyway I will be subscribing to your feeds and even I achievement you access
    consistently fast.

  21. Hi there just wanted to give you a quick heads up and let you know a few of the images aren’t
    loading properly. I’m not sure why but I think its a linking issue.
    I’ve tried it in two different browsers and both show the same outcome.

  22. Hey there! Someone in my Facebook group shared this website with us
    so I came to look it over. I’m definitely enjoying
    the information. I’m book-marking and will be tweeting this to my followers!
    Great blog and wonderful design and style.

  23. This article offers clear idea in favor of the new visitors of
    blogging, that truly how to do blogging.

  24. アバター

    Hi there everyone, it’s my first pay a visit at this site, and paragraph is genuinely fruitful in favor of me,
    keep up posting these types of articles or reviews.

  25. アバター

    An intriguing discussion is worth comment. There’s no doubt that that you ought to write more about this subject,
    it might not be a taboo matter but usually people do not discuss such issues.
    To the next! Cheers!!

  26. アバター

    Simply desire to say your article is as surprising.
    The clarity to your publish is just cool and
    that i could suppose you’re knowledgeable in this subject.
    Fine with your permission allow me to grab your feed to stay up
    to date with forthcoming post. Thank you one million and please carry on the enjoyable
    work.

  27. アバター

    May I just say what a comfort to discover someone that really knows what
    they are discussing on the net. You actually know how to bring a problem to light
    and make it important. More people need to read this and understand this side of the story.
    I can’t believe you aren’t more popular since you most certainly possess
    the gift.

  28. アバター

    Thanks for another informative website. The place else
    may I am getting that type of information written in such an ideal way?

    I have a venture that I am simply now operating on, and I have been on the glance out for such info.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
19
全日 教育ITソリューションEXPO @ 青海展示棟
教育ITソリューションEXPO @ 青海展示棟
6月 19 – 6月 21 全日
インターカルト日本語学校EdTechセンター 教育分野 日本最大の専門展 『教育ITソリューションEXPO』出展! グローバルニーズに応える日本語・日本文化オンライン学習教材のご紹介 インターカルト日本語学校EdTechセンターは、2019/6/19(水)~6/21(金)に開催される『教育ITソリューションEXPO』に今回で4度目となる出展をします。(ブース番号:B4-23) リニューアルした日本語を学ぶビジネスユーザー・一般ユーザー向けのオンライン学習教材『スーパー日本語』のN1からN5、全レベル対応の「JLPT日本語能力試験対策シリーズ」と、BJTを主催する公益財団法人日本漢字能力検定協会と提携した「BJTビジネス日本語テスト対策シリーズ」のオンライン学習教材をご紹介します。また、今夏リリース予定の「日本社会と文化を学ぶJapanese Expressコース」もいち早く公開。 新しく生まれ変わった『スーパー日本語』では、個人で学習記録を一覧できるカルテ機能「My Portfolio」が搭載。学習時間をはじめとした客観的なデータをグラフや表で分かりやすく表示され、学びの成果を数字で実感できることで自身の学習行動の見直しやモチベーション維持につながる仕組みがあります。 2019/9/25(水)~9/27(金)開催の『教育ITソリューションEXPO 大阪展』にも出展予定! <教育ITソリューションEXPOのご案内> https://www.edict.jp/ja-jp.html
6月
23
1:30 PM 多言語化現象研究会 第71回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス1005号教室(アプローズタワー10階) 
多言語化現象研究会 第71回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス1005号教室(アプローズタワー10階) 
6月 23 @ 1:30 PM – 5:30 PM
日時:2019年6月23日(日)13:00〜17:30 場所:関西学院大学梅田キャンパス1005号教室(アプローズタワー10階) https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/ 阪急「梅田駅」・大阪メトロ「梅田駅」・JR「大阪駅」下車 参加費:500円(資料代として) 初めての方も歓迎します。準備の都合上、 懇親会出席の出欠とともに、 webmaster@tagengoka.sakura.ne.jpまでお申し込みください。 【あいさつ 13:00-13:15】 「創立20周年をむかえて」 庄司博史さん(国立民族学博物館名誉教授) 【特別報告 13:15-13:55】 「盲ろう者のコミュニケーションと様々な相違、生活をしていて思うこと」 木村敬さん(大阪盲ろう者友の会立ち上げ時メンバー)・木村美代さん(盲ろう者・大阪盲ろう者友の会会員) (要旨)「盲ろう」という障害をご存知だろうか? ヘレン・ケラーのお話を知っている人はいても、「盲ろう」という言葉を聞いたことはないのではないだろうか? 視聴覚重複障害という言い方もありますが、障害当事者は、「盲ろう」という言い方を使っている。 「盲ろう」という障害は、一言で言うほど簡単ではない。障害の程度だけでも、全盲ろう、弱視ろう、弱視難聴、盲難聴、弱視難聴の違いがあり、生育歴によっても大きな個人差がうまれ、そのもちいるコミュニケーション方法も、点字・指点字・手話・触手話・要約筆記・手書き文字など、人によってバラエティが広く、単純化して理解することはできないということがわかっていただけると思う。私たち夫婦は大阪盲ろう者友の会の活動の中で出会い、結婚し、子どもを育ててきた。私たちのお話が盲ろうという障害の理解とその文化の特殊性、コミュニケーション方法などの理解のきっかけになればと思う。 【コメント 13:55-14:20】 山下仁さん(大阪大学)・中島武史さん(大阪府立中央聴覚支援学校) 【報告1 14:35-15:55】 「居酒屋における喫煙者の言語行動」 中田梓音さん(国立民族学博物館外来研究員) (要旨)喫煙は、休憩時や食後という区切りに多くみられる行動であるが、居酒屋においては飲食が完了しないうちに喫煙がおこなわれる光景をよく見る。また、飲食と会話(従業員やその場に居合わせた客などと)が並行しておこなわれることもしばしばある。この、発話と飲食そして喫煙という行為がどのように並行しておこなわれているのかに注目した。とりわけ、喫煙習慣を持つ中高齢者を対象とし、飲食や会話のどのような場面において喫煙行動をとるのかといった調査から、なんらかのパターンを抽出することを試みる。このうち長い喫煙年数を持つ喫煙者を対象としたのは、喫煙習慣が長いほど、喫煙行動が身体の中でパターン化している可能性が高いからである。ここでみられる喫煙という行動が、会話のひとつのきっかけや、道具、あるいは比喩的にいえば潤滑油というような役割を果たしているとも考えられる。どのタイミングで喫煙があらわれるのかを明らかにし、また、そのタイミングと言語行動との関連を考察する。 【報告2 16:10-17:30】 「台湾の学校カリキュラムにおける移民受け入れに伴う言語教育の変質—日本との比較の視点を含む一研究—」 藤井久美子さん(宮崎大学語学教育センター) (要旨)台湾では、1990年代に移民の受け入れが検討され始め、現在は、移民として受け入れた「新住民」と呼ばれる外国人配偶者とその子どもの増加が社会現象として顕著に表れている。2016年度に台湾の小中学校に在籍した新住民の子どもの数は約20万人で、小中学校の児童生徒数の10%強を占め、これは10年前の数値の3倍以上である。このように、台湾では、「新住民」を含むさまざまなタイプの移民増加に伴い、学校教育現場での言語教育にも変化がもたらされている。台湾の学校における言語使用・言語教育の歴史について略述しておくと、1980年代までは「国語」一辺倒であったものが、1990年代以降は「国語」の地位が相対的に下がり、代って「本土語言」(「郷土語言」)や外国語(この当時は「英語」)も重視されるようになった。それが、2000年代後半からは「新住民」の言語教育も検討され始め、現在は、選択可能なものとして、正式なカリキュラムにも組み込まれるようになったのである。今回の発表では、日本が2014年4月にスタートさせた、日本語指導が必要な児童生徒を対象とした「特別の教育課程」を編成・実施する制度との比較も含め、台湾の学校における言語教育の近年の変化を明らかにしたい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 主催:多言語化現象研究会 http://tagengoka.sakura.ne.jp/
3:00 PM 第7回研究集会 プレ企画 「ベトナ... @ オンライン会議システムZOOM上
第7回研究集会 プレ企画 「ベトナ... @ オンライン会議システムZOOM上
6月 23 @ 3:00 PM – 4:30 PM
第7回研究集会 プレ企画 「ベトナムの日本語教育を知る」 @ オンライン会議システムZOOM上
ベトナムの日本語学習者は増加しており,日本国内では,中国に次いで2番目にベトナムからの留学生が多くなっています。しかし,私達はベトナムの日本語学習者や日本語教育についてどれぐらい知っているのでしょうか。2019年12月に行われるベトナムでの研究集会に向けて,少しでもベトナムについて学べればと考え,プレ企画を計画しました。 「ベトナムの研究集会には行けないけど…」という方もご参加いただけます。みなさまのご参加,お待ちしております。 第2回 「ベトナム日本語教育の“後退期”を支えた世代の語りから見えてきたもの」 坪田珠里(京都外国語大学) これまでの日本語教育史では「後退期」と称されていた1980年代のベトナム日本語教育。しかし,この世代を生きた日本語関係者の語りからは,少し違った事実が見えてきました。ベトナム人により支えられ繋がっている日本語教育の姿を共有する機会にしたいと思っています。 日時: 2019年6月23日(日)15:00〜16:30(日本時間) 会場: オンライン会議システムZOOM上(参加申し込みをされた方にはZOOMのリンクをお送りします) 参加費: 無料 チラシをダウンロード 参加方法: 参加申込フォームからお願いします。
6月
28
4:00 PM 第10回全養協日本語教師採用合同説... @ ワイム貸会議室 高田馬場
第10回全養協日本語教師採用合同説... @ ワイム貸会議室 高田馬場
6月 28 @ 4:00 PM – 8:00 PM
開催日時・会場 日時:2019年6月28日(金)16:00~20:00 会場:【東京・高田馬場】ワイム貸会議室 高田馬場(東京都新宿区高田馬場1-29-9 TDビル3階) アクセス: JR山手線・西武新宿線「高田馬場」駅 戸山口 徒歩2分 東京メトロ東西線「高田馬場」駅 5番出口 徒歩5分 対象: 日本語教師養成講座の修了者または修了見込の方 日本語教育を専攻している大学生・大学院生 日本語教育能力検定試験合格の方 現役日本語教師、日本語教師経験者 地域の日本語教育に携わっている方 その他、日本語教師というお仕事に興味のある方
ページ上部へ戻る