「外国人労働者 骨太の方針に欠けるもの」 問われているのは政治のイマジネーション

「外国人労働者 骨太の方針に欠けるもの」 問われているのは政治のイマジネーション

骨太の方針に欠けているもの」――朝日新聞が6月19日の紙面に「外国人労働者」を題材にこんな見出しの社説を掲載した。 政府の経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)が外国人の「家族帯同を認めない」ことや「在留管理の強化」をうたっていることを指摘したうえで、外国人労働者を「人間」として受け入れようという配慮が欠けているのではないか、というのだ。社説は「外国人労働者を社会の一員として正面から受け入れる姿勢が必要だ」とも説く。

急激な人口減少に伴う労働力不足で、多くの中小企業が悲鳴を上げている。地方経済も人材難で危機的状況だという。朝日新聞の社説も「正式に門戸を開く点で新たな一歩と言えなくはない」と骨太の方針の方向性については一定の理解を示している。すでに外国人受け入れの「是非」を論じる時代ではなくなっている。問われるのは、どのように受け入れるかだ。

今回の骨太の方針を受けて、建設、農業、介護など5分野の在留資格に関する出入国管理難民認定法(入管法)の改正案が秋の臨時国会に提案される見通しだ。1989年の入管法改正では日系人を「定住者」として受け入れる新たな在留資格を設けたが、今回の入管法改正はこれを上回る規模になりそうだ。政府がこれまで外国人に認めなかった分野の仕事の門戸を開くわけだ。大きな方針転換だといえる。

とは言っても、社説は「骨太の方針に欠けるもの」に懸念を示している。受け入れの枠組みを大幅に広げるのに、外国人との共生を考えていないのはどういうことか、という指摘だ。しかし、そもそも人口危機を迎える日本の将来に対して政治の側にイマジネーションが欠如しているのではないか。言葉を換えれば、政治が外国人受け入れに正面から向かいあっていないということだ。産業界から強い要望がある人材難の解消をどうするか、というような目先の話ではない。必要なのは、30年、50年先を見据えた国づくりだ。

そんなことを考えていたら、月刊誌「潮」7月号の「政治に求められるイマジネーション」と題した論考が目に止まった。筆者は毎日新聞特別顧問で政治ジャーナリストの松田喬和氏。私が政治記者、論説委員時代に大変お世話になった大先輩だ。

松田氏はその中で、小選挙区制と内閣人事局の設置によって生まれた安倍政権の「一強政治」が裏目に出た結果、「モリカケ問題」を含め政治の混迷が続いていると指摘する。そうした中で政治の流れはコンセンサス(合意)型から多数決型に移行し、安倍政権は巨大与党を基盤に、反対派や少数派の声に十分耳を傾けず数の論理で強引に政策決定を行っているというのだ。

松田氏はこのような政治状況に懸念を示し、次の時代を開くためには新しいコンセンス型の政治が求められていると主張する。国民のコンセンサスを得ながら社会的弱者に配慮した日本の将来ビジョンを描くには、政治家にイマジネーションが必要だというのだ。

松田氏はこの中で外国人受け入れ問題に触れているわけではないが、外国人問題もまた政治家のイマジネーションが試される政治課題だと思う。骨太の方針で外国人労働者の受け入れ枠の拡大をけん引したのは、自民党の厚労族の議員だと言われる。その代表格は木村義雄参院議員だ。木村氏は自民党政務調査会の労働力確保に関する特命委員会の委員長を務め、2016年5月に「『共生の時代』に向けた外国人労働者受け入れに関する基本的考え方」という文書をまとめた。私はこの木村ペーパーを評価し「ぷらっとニュース」(2017年5月19日)で詳しく紹介した。その「突破力」で新たな在留資格の創設に道を開いたと想像しているが、日本語教育など受け入れ環境の整備を含めたコンセンサスづくりを十分にしたのかどうか。

これに対し、超党派の日本語教育推進議員連盟の取り組みには、コンセンサスづくりが不可欠だ。日本語教育というテーマについて日本語議連の各党の議員は問題意識を共有し、細かな議論を積み重ねてきた。日本語教育とひと口に言っても、就学前の外国人の子供から小中高等学校の児童生徒、さらには留学生、技能実習生など実に幅が広い。それぞれの教育現場の実情から課題を拾い、将来に向けての対応策を考えることはイマジネーションが必要だ。このほど日本語教育基本法(仮称)の原案が作成でき、秋の臨時国会には法案が提出される段取りだ。

秋の臨時国会では、骨太の方針の関連法案と日本語教育推進基本法案がともに提案される見通しだ。そこではどんな論議が交わされるのか。本来なら各政党が人口減少時代の日本の将来ビジョンを掲げ、国会の論戦を通じてコンセンサスづくりに努めるべきだ。このまま人口が減少すると、生産労働人口が2050年には2000万人も少なくなるころが予測されている。問われているのは政党、政治家のイマジネーションだ。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
22
全日 カイロ大学文学部日本研究センター... @ カイロ大学
カイロ大学文学部日本研究センター... @ カイロ大学
9月 22 – 9月 23 全日
カイロ大学文学部日本研究センター国際シンポジウム 「明治以降の日本の経験から学ぶ―明治150周年を迎えて―」 発表者・共催・協賛大学募集のお知らせ この度、カイロ大学文学部・日本研究センターでは、活動始めの行事として「明治以降の日本の経験から学ぶ―明治150周年を迎えて―」と題するテーマで国際シンポジウムを開催する運びとなりました。 平成30年(2018年)の今年は、明治150周年に当たります。明治以降、日本は多岐にわたる近代化への取り組みを行い、現在の日本という国の基本的な形を築き上げたことから、その道のりと取り組みには高い注目が集まっています。特にエジプトでは,日本が科学技術立国となった理由や背景を聞かれることが多々ありますが、これまで日本の近代化の過程や経験の分析が十分になされてきたとは言えません。明治150周年という節目を迎え、明治以降になされた日本の国づくりや近代化のプロセスを日本並びに中東地域の研究者の視点から、議論・分析することは,現在、人材育成に力を入れ、地域の経済・産業大国化を目指しているエジプト(などの諸外国)にとって、有効な視点を提示することができるのではないかと思われます。このような観点から, 今回のシンポジウムでは、多岐・多様な分野における発表を募り、日本の近代化の経験からの学びや活用方法等について議論する場とできればと希望しております。是非皆様のご参加を賜り、充実したシンポジウムにいたしたく、ここにご案内申し上げます。   テーマ: 明治以降の日本の経験から学ぶ―明治150周年を迎えて― 会期:2018年9月22日(土)~23日(日) 会場:カイロ大学施設 【シンポジウム内容・テーマ】 ①教育改革(教育制度・教育と社会・大学) ②産業革命(最先端技術 ・省エネルギー・再生可能エネルギー・環境) ③外交:日本と国際社会(明治以降の日本外交・中東対策・日本と国際社会・平和学) ④文化(文学と美術・翻訳・日本語教育・大衆文化) ⑤パネル・ディスカッション「明治以降の日本の経験から学ぶ―明治150周年を迎えて」    応募方法・スケジュール: ■発表者募集開始:2018年5月10日 ■応募方法:以下の書類・情報を締め切りまでに指定のメールアドレスまでお送りください。 (1)申請書(添付) (2)テーマ:上記①から④までのテーマから1つを選択 (3)発表題名(日・英) (4)要旨①:英語(400語) (5)要旨②:アラビア語(400語)乃至は日本語(800字) (6)パスポート・コピー ■メールアドレス: (meiji150.cu.nikken@gmail.com) ■担当者:森田誠亮、アシュラフ・アブドルカーデル(センター事務局) ■宿泊予約:限定数にてカイロ大学ゲストハウス(キャンパス内)をご用意できます。 一人部屋:一泊 35ドル、二人部屋:一泊 50ドル(現地払い) ただし、部屋数に限りがありますので、応募種類と一緒にご希望を明記のこと。定数に達した場合には,カイロ市内のホテルをご案内いたします。 ■発表応募締切り:2018年7月21日(土) ■採否決定:2018年8月上旬(採用となった発表者のみ通知をお送りします。) ■発表原稿の締め切り:2018年8月31日(金) ■プログラム最終決定:2018年9月上旬 共催・協賛・協力団体のご参加を希望される場合、下記の連絡先までお問合せください。 連絡先 カイロ大学文学部・日本研究センター E-mail:cjs.head@cu.edu.eg 担当: ワリード・イブラヒム(センター長・実行委員長) ワリード・F・イブラヒム カイロ大学文学部教授 日本研究センター長
1:30 AM やさしい日本語を話そう ー2020年... @ 高洲公民館 
やさしい日本語を話そう ー2020年... @ 高洲公民館 
9月 22 @ 1:30 AM – 4:00 AM
やさしい日本語を話そう ー2020年に向けて お・も・て・な・しー日付 平成30年9月22日(土曜日) 開催時間 午後1時30分 から 午後4時00分 まで 場所 高洲公民館 [高洲公民館] 対象 18歳以上 内容 「やさしい日本語」とは、外国人にもわかるように配慮した「わかりやすい日本語」のことです。 外国語を使わなくても、外国人にも分かりやすい日本語でコミュニケーションができます。 では、地域で暮らす外国人に何かを伝えたいとき、私たちはどんな日本語で話せばいいのでしょう・・・ この講座で、外国人との暮らしやすい地域づくりについて、一緒に考えませんか? 講師 吉開 章 氏(やさしい日本語ツーリズム研究会) 荻嶋 初栄 氏(ヒューマンアカデミー) http://www.city.urayasu.lg.jp/ev…/shogai/takasu/1023440.html
ページ上部へ戻る