「次なる法律」「就労外国人の日本語教育も」日本語議連の里見事務局次長が日本語学校ネットワークで講演

「次なる法律」「就労外国人の日本語教育も」日本語議連の里見事務局次長が日本語学校ネットワークで講演


[日本語ネットワークの勉強会で講演をする日本語教育推進議員連盟の里見隆治事務局次長]

日本語教育推進議員連盟の里見隆治事務局次長(公明党参院議員)が6月29日、東京都内で開いた日本語学校ネットワークの勉強会に招かれ、「日本語教育推進基本法(仮称)制定に向けて」と題して講演した。先に基本法の原案(政策要綱)が明らかにされたが、条文化の作業と併せて内容の点検が行われている。基本法の中で「検討事項」として位置づけられる日本語学校の制度整備について里見氏は、基本法制定後に「国の宿題」となるほか、日本語議連としても必要であれば「次なる法律」を検討することになる、との見方を示した。

里見氏は厚生労働省出身。職業安定局外国人雇用対策課企画官やEPA受入対策室長を歴任するなど、政界では外国人の雇用、労働のトップレベルの専門家。日本語議連では事務局次長として馳浩事務局長を支えてきたほか、立法チーム(4人)の一員として基本法の原案づくりに携わった。

講演で里見氏はネットワークの会員約50人を前に、まず基本法の原案のポイントとなる条項を説明。この中で基本法が国や地方自治体に対し日本語教育推進の「責務を有する」として責任を明確にするとともに、外国人を雇用する企業には国の施策への「協力」と日本語学習への「支援」を規定していることを指摘し、就労外国人への日本語教育が日本語学校の新たなビジネスになる可能性を示唆した。

また質疑の中で議論の焦点となったのが、基本法原案の中のワーディング。「学校」「日本語教育機関」「評価」などの言葉は、どのように概念を規定するかによって法文の意味合いが変わってくる。それだけ日本語教育の法整備は難しいということだが、日本語議連にはすでに様々な意見が寄せられているという。

「学校」については、第一章の総則の「関係者相互間の連携強化」の項で「学校(学校教育法第一条に規定する学校を言う。以下同じ)、日本語教育を行う機関、外国人等を雇用する機関……」とあるが、法務省告示の日本語学校の中には、学校法人の専門学校と各種学校、学校法人ではない株式会社立の学校など様々な設置形態があり、学校を「一条校だけ」と規定するのはおかしいのでは、との声が出ているという。里見氏は「学校を狭くとらえる必要はないと思う。法律上はなるべく広くしていきたい」と述べた。

「日本語教育機関」については、第三章の基本的施策の「日本語教育機関関係」の項で「国は日本語教育を行う機関の教育水準の維持向上を図るため、必要な措置を講ずるものとすること」とある。ここで言う「日本語教育機関」とは、まさに「日本語教育を行う機関」なのだが、法務省告示の日本語学校だけではなく幅広く考えることが必要だという。しかし、教育の質を担保するためには一定の教育レベルでの線引きが必要だ。里見氏は「いわゆる学習塾的なところまで入るかどうか。その辺はグレーになる」と話した。現時点では解釈が明確になっていないということだ。

そうした事情があったからこそ、日本語学校に関する法的な整備が「検討条項」として扱われたわけだ。第五章その他の「検討」の項目には「国は、次に掲げる事項その他日本語教育機関について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとすること」とあり、学校の類型化など4点の検討項目を挙げている。

日本語学校はグローバル人材育成の重要な役割を担っているにもかかわらず、その制度の整備があいまいにされてきた。今回、そのツケが回ってきたとも言える。そうした中で、日本語学校は4年前に比べて約200校増え、今年6月8日現在で680校に達している。学校によっては就業目的の外国人を受け入れているケースもあり、日本語学校の在り方が問われている。

また、日本語学校の業界団体が複数あり、業界としてのコンセンサスづくりが難しいのが現状だ。基本法が成立したら、政府は日本語教育に従事する有識者で構成する「日本語教育専門家会議」を発足させる。その委員として日本語学校業界から誰を呼ぶのか。日本語学校に関する議論がまとまるのかどうか。政府関係者の間から、業界の「不協和音」を懸念する声が出ている。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Hi, just wanted to mention, I loved this post. It was inspiring.
    Keep on posting!

  2. Heya i’m for the first time here. I found this board and I find It really useful & it helped me out
    a lot. I hope to give something back and aid others like you helped me.

  3. Your style is really unique in comparison to other people I have read stuff from.
    Many thanks for posting when you’ve got the opportunity, Guess
    I’ll just book mark this blog.

  4. アバター

    I go to see each day a few web sites and information sites to read posts,
    except this weblog offers quality based posts.

  5. アバター

    I needed to thank you for this very good read!! I definitely
    enjoyed every bit of it. I have you bookmarked to look at
    new things you post…

  6. Awesome! Its genuinely amazing paragraph, I have got much clear idea about
    from this article.

  7. Quest bars cheap fitnesstipsnew1 quest bars cheap
    516999410492780544 quest bars cheap
    Thanks on your marvelous posting! I genuinely enjoyed reading
    it, you will be a great author. I will be sure to bookmark
    your blog and will come back later in life. I
    want to encourage you continue your great posts,
    have a nice day! Quest bars cheap fitnesstipsnew1 quest bars cheap 516999410492780544 quest
    bars cheap

  8. I think this is one of the most vital info for me.
    And i’m glad reading your article. But want to remark on few general things, The web
    site style is great, the articles is really great : D. Good job, cheers

  9. I think what you published was very logical. However, what about
    this? what if you were to create a awesome headline? I mean, I don’t wish to tell you how
    to run your website, but suppose you added something to possibly get folk’s attention?
    I mean 「次なる法律」「就労外国人の日本語教育も」日本語議連の里見事務局次長が日本語学校ネットワークで講演 | にほんごぷらっと is a little vanilla.
    You could peek at Yahoo’s home page and watch how they write article headlines to grab people to open the links.

    You might try adding a video or a related pic or two to grab people excited about everything’ve written. In my opinion, it would bring your
    blog a little livelier.

  10. Thank you for the auspicious writeup. It in fact was a amusement account it.
    Look advanced to far added agreeable from you!
    However, how can we communicate?

  11. Please let me know if you’re looking for a article writer for your blog.

    You have some really good posts and I believe I would be a
    good asset. If you ever want to take some of the load off, I’d really like to write some content
    for your blog in exchange for a link back to mine.

    Please send me an e-mail if interested. Cheers!

  12. アバター

    Simply want to say your article is as amazing. The clarity for your
    put up is simply spectacular and that i can think
    you’re an expert in this subject. Fine along with your permission let me
    to clutch your feed to stay up to date with forthcoming post.
    Thanks a million and please continue the enjoyable
    work.

  13. I think the admin of this web page is truly working hard in support of his web page,
    for the reason that here every material is quality based data.

  14. I’m not that much of a internet reader to be honest but your blogs really nice, keep
    it up! I’ll go ahead and bookmark your site to come back later.
    Cheers

  15. Greetings! Very helpful advice within this post! It is the little changes that make the most important changes.
    Thanks a lot for sharing!

  16. アバター

    Howdy this is kinda of off topic but I was wondering if blogs use WYSIWYG editors or if you have to manually code with HTML.
    I’m starting a blog soon but have no coding skills so
    I wanted to get advice from someone with experience.
    Any help would be greatly appreciated!

  17. アバター

    Heya i am for the first time here. I found this board and I find It really useful & it helped me out much.
    I hope to give something back and aid others like you aided me.

  18. アバター

    Hello! I know this is somewhat off-topic but
    I had to ask. Does operating a well-established blog
    like yours take a large amount of work? I am completely new to running a blog however I do write
    in my journal on a daily basis. I’d like to start a blog so I will be able to share my personal experience
    and thoughts online. Please let me know if you have any kind of suggestions
    or tips for new aspiring blog owners. Thankyou!

  19. アバター

    At this time I am going to do my breakfast, once having my breakfast coming over again to read additional news.

  20. アバター

    Wow, marvelous blog layout! How long have you been blogging for?
    you make blogging look easy. The overall look of your website is wonderful, let alone the
    content!

  21. アバター

    Wow that was odd. I just wrote an extremely long comment but
    after I clicked submit my comment didn’t appear. Grrrr…

    well I’m not writing all that over again. Anyways, just wanted to
    say wonderful blog!

  22. アバター

    Thanks! And thanks for sharing your great posts every week!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
23
12:30 PM 「ことばの意味」をあらためて考え...
「ことばの意味」をあらためて考え...
3月 23 @ 12:30 PM – 4:00 PM
公開シンポジウム 「ことばの意味」をあらためて考える-真理条件的意味論を越えて– コリン・イテン著『認知語用論の意味論』の刊行を発端に「真理条件的意味論」を越えるとはどういうことか、あらためてことばの意味をどう考えるべきか、文の意味と真理の関係は何か、そもそも意味論と人間の認知能力との関係は何かを考える。これらの問題は、言語学、認知科学、言語哲学にまたがる重要なトピックである。天地春色に満ちたころ、東京都の名所、清澄庭園にて、この現代的トピックを4名の論者が、あらためて深く掘り下げて自由に語りあう饗宴に、皆様、ぜひご参加ください。 認知語用論(関連性理論)の意味論 武内 道子(神奈川大学名誉教授) 真理条件・表意・コミュニケーション 峯島 宏次(お茶の水女子大学特任准教授) Mind(心/脳)の内と外?生成文法・関連性理論・認知言語学 今井 邦彦(東京都立大学名誉教授) 意味と指示?内在主義的意味論の観点から 西山 佑司(慶應義塾大学名誉教授・明海大学名誉教授) 司会 黒川 尚彦(大阪工業大学専任講師) 会場:清澄庭園 大正記念館(〒135-0024 東京都江東区清澄3丁目3-9) 都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅下車 A3口 徒歩5分 日時:2019年3月23日(土) (開場12時)12時30分~16時 参加:無料(事前申し込みwebページhituzi.co.jp/symposium_20190323/経由でお申し込み下さい。問い合わせはtoiawase@hituzi.co.jp、 03-5319-4916まで、当日参加可) なお、庭園は150円の入場料で見ることができます。大正記念館は庭園の外にあり、無料です。 主催:ひつじ書房
4月
7
1:30 PM OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 1:30 PM – 5:00 PM
日本国内でACTFL-OPI試験官養成ワークショップが開催されて30年になります。 これまでに1000名ものOPIテスターを輩出してきました。 OPIワークショップ日本開催30周年を記念して、シンポジウムを開催します。 講演、パネルディスカッションを通して、社会と繋がり、社会を切り拓く、 日本語教育と日本語OPIを考え提案します。 ぜひご参加ください。 【協力】日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社 【内容】 開催挨拶:新城 宏冶(株式会社アルク取締役) 講  演:鎌田 修(南山大学元教授) OPI活用事例事業の紹介:株式会社アルク 【パネルディスカッション】 司   会:奥野由紀子(首都大学東京 准教授) パネリスト:山下 渉(楽陽食品株式会社管理部 部長) 伊東 祐郎(東京外国語大学 教授) 嶋田 和子(アクラス日本語教育研究所 代表理事) 講   演:牧野成一(プリンストン大学 名誉教授) 【協力】 日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社
5:10 PM OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 5:10 PM – 7:00 PM
OPIワークショップ日本開催30周年記念シンポジウムの懇親会です。
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
ページ上部へ戻る