日本留学アワーズ 足利工業大、福井工業大が「5年連続大賞」で「殿堂入り」

日本留学アワーズ 足利工業大、福井工業大が「5年連続大賞」で「殿堂入り」

日本語学校の教師らが「生徒に勧めたい進学先」を選び、表彰する「日本留学アワーズ」の今年の大賞受賞校の発表と表彰式が8月7日、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた。今年は私立理工系部門東日本地域で足利工業大学、同西日本地域で福井工業大学がそれぞれ大賞(トップ校)を受賞し、5年連続で大賞に選ばれたことから「殿堂」入りした。

この他の大賞受賞校は、専門学校部門の東日本地域が専門学校東京国際ビジネスカレッジ東京校▽同西日本地域が専門学校エール学園▽私立大学文科系部門の東日本地域が聖学院大学▽同西日本地域が関西学院大学▽国公立部門の東日本地域が横浜国立大学▽同西日本地域が大阪大学▽大学院部門の東日本地域が横浜国立大学大学院▽同西日本地域が立命館大学大学院。

日本留学アワーズは2012年にスタートし、今年で7回目。日本語教育振興協会(日振協)の日本語教育研究大会が母体となって開いている。日本語学校の教職員を対象に「勧めたい進学先」を選んでもらい、その結果を集計。各部門の東西の地域からそれぞれ5校をノミネート校として選び、最終的に大賞を表彰式当日に発表する。今年のノミネート校は以下の通り。http://www.ryugakuawards.org/

5年連続で大賞を受賞すると、「殿堂入り」し、別途表彰される。翌年から3年間、選考対象校から外れる。過去には2016年に日本電子専門学校が初めて「殿堂入り」した。

日本留学アワーズの取り組みでは、受賞校の紹介をはじめ、「勧めたい進学先」を選ぶにあっての日本語学校側の選考理由などを冊子としまとめ、毎年刊行している。それまでは、日本語学校と進学先の大学などとの意見や情報を交換する機会があまりなかった。日本語学校にとっては進学後の学生の状況を知る機会が増え、一方、進学先の大学などは日本語学校の要望を聞くことが留学生の受け入れ体制の向上につながっているという。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Good article! We will be linking to this great article on our site.
    Keep up the great writing.

  2. Heya i’m for the first time here. I found this board and I find
    It really useful & it helped me out a lot. I hope to give something back
    and help others like you aided me.

  3. I truly love your website.. Very nice colors & theme.
    Did you build this amazing site yourself? Please reply back as I’m wanting to create my own site
    and would like to know where you got this from or just what the theme is named.
    Thanks!

  4. Hello! I know this is kind of off topic but I was wondering if you knew where I could get a captcha plugin for my comment form?
    I’m using the same blog platform as yours and I’m having difficulty
    finding one? Thanks a lot!

  5. hey there and thank you for your info – I’ve definitely picked up something new from right
    here. I did however expertise several technical issues using this web site, as I experienced to reload the website
    lots of times previous to I could get it to load properly.
    I had been wondering if your web host is OK? Not that I am complaining, but slow loading instances times
    will sometimes affect your placement in google and could damage your high quality score if advertising and marketing with Adwords.
    Well I am adding this RSS to my e-mail and could look out for much more of
    your respective intriguing content. Make sure you update
    this again very soon.

  6. Hmm is anyone else experiencing problems with the images on this blog loading?
    I’m trying to determine if its a problem on my end or if it’s the
    blog. Any feed-back would be greatly appreciated.

  7. Hey There. I found your blog the use of msn. This is a very neatly written article.
    I’ll be sure to bookmark it and return to learn extra of your helpful info.

    Thank you for the post. I’ll certainly return.

  8. This paragraph will help the internet users for creating new web site
    or even a weblog from start to end.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
27
10:00 AM 第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
10月 27 @ 10:00 AM – 5:30 PM
日本語教育学研究における 質的データ分析法の意義と課題 日本語教育学領域において質的データ分析法への関心は、近年、本格的に高まり、分析法を紹介した書 籍の出版もなされるようになりました。一方で、当該データ分析法が、日本語教育研究においてどのような 意味をもつのかについては、それほど議論が進んでいません。そこで、第 46 回研究会では、日本語教育 でも多く実施されるようなった質的データ分析法として、TEA、会話分析、ライフストーリー、M-GTA を取り 上げます。日本語教育に軸足をもつ研究者が、その質的データ分析法を用いて研究を実施することの意 義について、実際に研究を実施した体験談を踏まえて議論します。 登壇者: 北出慶子氏(立命館大学)・山本真理氏(関西学院大学) 三代純平氏(武蔵野美術大学)・牛窪隆太氏(関西学院大学) 日時: 2018年10月27日(土)14:00−17:30 場所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室 参加費:会員(無料)・非会員(1000 円) ※申し込み方法等、詳細は後日 AJG 研究会 HP、会員 ML にてお知らせします。 第 46 回研究会担当幹事:牛窪隆太、小森万里、寅丸真澄、内藤真理子、三代純平、村上康代、脇田里子 お問い合わせ先: ushikubo@kwansei.ac.jp(牛窪隆太)
10:30 AM 日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
10月 27 @ 10:30 AM – 4:30 PM
日本語教師の日常を断捨離? それなら身近なことからICTを活用しましょう! 授業の準備から生徒の学習状況の共有など、簡単に取り入れられるものを紹介します。また、これからの日本語教師の業務の形を、皆さんと話し合います。 お申し込みはお早めに。
ページ上部へ戻る