母語・継承語・バイリンガル教育学会発足 海外の研究者も活発な議論

母語・継承語・バイリンガル教育学会発足 海外の研究者も活発な議論

母語・継承語・バイリンガル教育学会(MHB)が8月8、9の両日、東京都三鷹市の国際基督教大学で設立総会を開き、研究会から装いを新たにし正式な学会として活動をスタートした。台風の影響で一部のプログラムが割愛されるなど運営上の苦労もあったが、様々な角度からの日本語教育に関して活発な議論を展開した。

初日の総会では、湯川笑子・立命館大教授を初代会長に選出した。会員登録は約200人。MHBは①文化言語の多様な子どもの言語能力評価(アセスメント)を研究するアセスメント部会②海外の日本語を継承語として教える研究者らの海外継承日本語部会③文化・言語の多様な子どもの作文力の育成をめざすバイリンガル作文学会④内外のインターナショナル・スクールの実践活動の強化などを図るインターナショナル・スクール部会――の4つの特別部会を設置した。

「継承語」とは、生活している現地語ではなく、親から受け継ぐ言葉、先祖が使っていた言葉である。継承語教育とは主に海外においては日系人にとっての日本語、国内の海外にルーツを持つ子ども達にとっては母国の言語教育に取り組む学問領域である。子どものアイデンティティーを育む言語教育でもあり、国内だけでなく、海外生活が長い日本人子女の日本語教育としても重要な課題だ。

今回の学会の研究大会テーマは「新時代のマルチリンガル教育を考える〜バイモーダルろう教育からの示唆〜」。2日目の9日は、ろう教育に関する発表を中心に進められた。ろう者の第一言語は手話であり、日本語とは違う。日本人のろう者にとって日本語は第二言語であり、母語を「手話」とした上で第二言語の「日本語」を使えるバイリンガルろう者をどのように育てていくのかが、MHBの重要な活動の一つである。

しかし、ろう教育で日本語教育が「バイリンガル教育」として注目されて来たのは比較的最近のことであり、MHBの活動はまだ大きな広がりにはなっていないよう。学会の部会としても、ろうに関するものはまだない。

 

そうした中、2月の「やさしい日本語シンポジウム」では、一橋大学庵功雄教授が「ろう教育は日本語教育のど真ん中」と述べ、第二言語習得の手法でろう児の教育は格段に向上するとの考えを示した。「やさしい日本語」がつないでくれたご縁で筆者も「Facebook学習コミュニティで外国人とろう者が共に日本語を学ぶ実践」というタイトルで、同じ第二言語学習者同士、外国人とろう者が一緒に学んだら心地よい学習環境になるのではないかということを、「やさしい日本語」+「手話通訳」で発表した。今後MHB学会でのさらなるろう教育の盛り上がりを期待したい。

2018年7月19日、MHB学会の関係者が中心となって、日本語教育推進議員連盟に「日本語教育振興基本法案の成立に向けて−在外日本語教育からの要請」という要請書が提出されている。今後も外国人への日本語教育だけでは見えてこない視点を社会に発信してほしい。

                                                                                                                      吉開 章

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. It is appropriate time to make some plans for
    the future and it is time to be happy. I’ve read this post and if I could I wish to suggest you few interesting things or tips.
    Perhaps you could write next articles referring to this
    article. I want to read more things about it!

  2. Excellent blog you have here.. It’s hard to find high quality writing
    like yours these days. I seriously appreciate people like you!
    Take care!!

  3. Hello! I could have sworn I’ve been to this site
    before but after going through some of the articles I
    realized it’s new to me. Nonetheless, I’m definitely pleased I stumbled upon it and I’ll
    be book-marking it and checking back often!

  4. Hello! Someone in my Myspace group shared this site with us so I came to look it over.
    I’m definitely loving the information. I’m bookmarking and will be tweeting this to my followers!
    Terrific blog and amazing design.

  5. Fastidious replies in return of this question with genuine arguments and telling all about that.

  6. Excellent blog! Do you have any tips for aspiring writers?
    I’m hoping to start my own site soon but I’m a little
    lost on everything. Would you propose starting with a free platform like WordPress
    or go for a paid option? There are so many options out
    there that I’m totally overwhelmed .. Any tips? Kudos!

  7. It’s perfect time to make some plans for the long run and
    it is time to be happy. I’ve read this put up and if I may just I want
    to counsel you some fascinating issues or tips. Perhaps you can write subsequent articles referring to this article.

    I want to read even more things about it!

  8. Hmm is anyone else encountering problems with the pictures on this blog
    loading? I’m trying to find out if its a problem on my end or if it’s the blog.
    Any responses would be greatly appreciated.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
27
10:00 AM 第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
第46回 アカデミック・ジャパニー... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室
10月 27 @ 10:00 AM – 5:30 PM
日本語教育学研究における 質的データ分析法の意義と課題 日本語教育学領域において質的データ分析法への関心は、近年、本格的に高まり、分析法を紹介した書 籍の出版もなされるようになりました。一方で、当該データ分析法が、日本語教育研究においてどのような 意味をもつのかについては、それほど議論が進んでいません。そこで、第 46 回研究会では、日本語教育 でも多く実施されるようなった質的データ分析法として、TEA、会話分析、ライフストーリー、M-GTA を取り 上げます。日本語教育に軸足をもつ研究者が、その質的データ分析法を用いて研究を実施することの意 義について、実際に研究を実施した体験談を踏まえて議論します。 登壇者: 北出慶子氏(立命館大学)・山本真理氏(関西学院大学) 三代純平氏(武蔵野美術大学)・牛窪隆太氏(関西学院大学) 日時: 2018年10月27日(土)14:00−17:30 場所: 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1004 教室 参加費:会員(無料)・非会員(1000 円) ※申し込み方法等、詳細は後日 AJG 研究会 HP、会員 ML にてお知らせします。 第 46 回研究会担当幹事:牛窪隆太、小森万里、寅丸真澄、内藤真理子、三代純平、村上康代、脇田里子 お問い合わせ先: ushikubo@kwansei.ac.jp(牛窪隆太)
10:30 AM 日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
日本語教師のためのICT活用セミナー @ AP市ヶ谷
10月 27 @ 10:30 AM – 4:30 PM
日本語教師の日常を断捨離? それなら身近なことからICTを活用しましょう! 授業の準備から生徒の学習状況の共有など、簡単に取り入れられるものを紹介します。また、これからの日本語教師の業務の形を、皆さんと話し合います。 お申し込みはお早めに。
ページ上部へ戻る