在留外国人の「国保利用問題」 外国人へのネガティブ感情の増幅を懸念する

在留外国人の「国保利用問題」 外国人へのネガティブ感情の増幅を懸念する

在留外国人の国民健康保険(国保)の活用の仕方について一部から疑問の声が出ているのを受け、自民党外国人労働者等特別委員会(木村義雄委員長)の「在留外国人に係る医療ワーキンググループ」(WG)が8月29日、地方自治体の国保担当者を招いてヒアリングを行った。ヒアリングを報じた産経新聞は「医療窓口の自治体が不正を見破るのは困難で、なかなか全体像がつかめないのが実情だ」と指摘している。

政府は来年4月から外国人労働者受け入れの大幅拡大を決めている。2025年までに20に近い業種で新たに外国人労働者を受け入れる意向といわれ、7年後にはすでに在住する中長期滞在者256万人(2017年末)と合わせると300万人を大きく超える外国人が日本で暮らすようになるはずだ。

このため外国人との「共生」が、政府が向き合う重要な政策課題となるが、それに水を差しかねないのが外国人の国保の利用に関する扱いだ。厚生労働省によると、2017年度の被保険者は3013万人で、このうち99万人が(3.3%)が外国人だ。被保険者全体が減る中で外国人の被保険者が大幅に増えている。3カ月以上日本に滞在する外国人には加入が義務づけられているからだ。

問題とされたのは、「留学」など在留資格で日本に入国し国保に加入して、少額負担で高額治療を受けるケース。医療目的で入国した場合は、国保には加入できず、医療費の全額が自己負担となる。しかし、留学やビジネス関係などの在留資格を取得して入国すれば、その意図はともかく、医療保険の利用を排除する法的な仕組みは存在しない。

ヒアリングで自治体側は「入国後すぐに高額な治療を受けた場合でも、保険資格が適法で保険料を納入する以上、一概に不正利用と断定できない」という。そもそも目的を偽って在留資格を取得したら入管法違反だが、国保の不正利用に関しては入管法で規制できない。

海外での治療費を還付する海外療養費や出産育児一時金(42万円)も検討課題として議論の対象になったという。海外療養費は、日本人が海外に行って受けるために創設された制度だが、東京都荒川区の資料では区が2017年度に支給した海外療養費71件のうち30件が外国人だった。同年度の出産育児一時金262件のうち海外で出産した外国人の国保加入者への支給が35件あった。

政府は先の「外国人材の受け入れ・共生に関する関係閣僚会議」に提出した「総合的対策」(案)の中で、我が国の医療保険が不適切に使用されることのないよう、「市町村と地方入管局が連携し」、「適正化に向けた取り組みを進める」としている。WGは今後、医療保険の外国人に対する扱いなどを調査し対策づくりを進める方針だという。

こうした動きを批判するのが、外国人の人権擁護の活動などに取り組むNPO法人・移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)だ。移住連は、「外国人が医療保険制度への『ただ乗り』しているとの見方は事実誤認」だとし、差別や偏見を助長する報道や政府の調査に抗議する声明を出している

移住連によると、厚生労働省が2016年11月から1年間の外国人レセプト1489万7134件を調査したところ、国保資格取得日から6カ月以内に80万円以上の高額な治療を受けたのは1597件(総数の0.01%)で、「不正な在留資格である可能性が残る」とされたのは2件だけだった。厚労省は自治体への通知で「在留外国人不適正事案お実態把握を行ったところ、その蓋然性があると考えられる事例は、ほぼ確認できなかった」と述べている一方で、地方自治体に対し疑わしいケースについて外国人への聞き取り調査や法務省入国管理局への通報を求めている。

これに対し移住連は、入管法や在留資格に関する知識のない自治体職員が独自に「疑わしい」と判断して外国人に聞き取りを行うことは差別や偏見を助長し、外国人の保険利用を委縮させる恐れがある、としている。また、移住連はNHKの「クローズアップ現代+」(2018年7月23日)で放映された「日本の保険証が狙われる~外国人急増の陰で~」に対し事実に基づかず、恣意的な情報操作のもとに制作されたと批判している。

そもそも外国人に関するマスコミ報道は、固定観念に基づくものが少なくない。「外国人犯罪が多い」というのもその一つだろう。そうした固定観念があれば、「医療保険のただ乗り」は、外国人急増時代の「ありそうな話」として受け止めてしまうのではないか。

国保の扱いは、「共生社会」を目指す安倍政権にとって、極めてデリケートかつ重要なテーマだ。政府から見て外国人の「不適切」な国保利用は、おおむね法律に違反する事例ではないだろう。しかし、適法であっても外国人の利用が増えれば、国民感情を刺激する「好ましからざる話」として伝えられることもあるはずだ。外国人とのコミュニケーションを十分にとることで相互理解を深めたい。併せて政治の場でより深い議論を重ねて欲しい。

石原 進

 

 

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
29
10:30 AM 計量国語学会 第62回大会 @ 京都教育大学藤森学舎 共通講義棟F12教室
計量国語学会 第62回大会 @ 京都教育大学藤森学舎 共通講義棟F12教室
9月 29 @ 10:30 AM – 5:40 PM
第62回大会開催のお知らせです。 日時:2018年9月29日(土) 10:30~17:40 研究発表は午後12時30分から 会場:京都教育大学藤森学舎(京都府京都市伏見区深草藤森町1番地)共通講義棟F12教室 大会参加費:1,000円(会員・非会員とも) 特別講義: 10:30〜12:00 荻野綱男「『データで学ぶ日本語入門』ー私ならこう読む」   参加者は「データで学ぶ日本語入門」(計量国語学会編、朝倉書店)をお持ちください.   特別講義だけの参加の場合は参加費無料です 研究発表: 12:30〜17:40 スケジュールの細目は,以下をご覧ください. http://math-ling.sakura.ne.jp/Docs/62.pdf 学会HPにもお知らせを載せました。 当学会非会員の方も参加(聴講)できます.多数の方の参加を望みます.
1:00 PM 多言語化現象研究会 第69回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス
多言語化現象研究会 第69回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス
9月 29 @ 1:00 PM – 5:30 PM
多言語化現象研究会 第69回研究会のおしらせ 2018年9月29日(土) 13:00~17:30 関西学院大学梅田キャンパス  阪急「梅田駅」・大阪メトロ「梅田駅」・JR「大阪駅」下車 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/ 参加費:500円(資料代として)  第一報告  13:00-14:20 報告者:伊奈垣圭映(いながきよしえ)(梁佳惠(りょうよしえ))さん(華僑5世・公立小学校教師) 題目:「日本における中華学校と大阪府内の公立学校での日本語指導の実践について」 要旨:現在、日本全国に中華学校が5校ある(中華人民共和国系:横浜山手中華学校・神戸中華同文学校、 中華民国・台湾系:横浜中華学院・東京中華学校・大阪中華学校)。 報告者は、大阪中華学校から神戸中華同文学校に転校し、小中学生時代学び、日本の大学卒業後、母校の教員となった。自己の経験を踏まえて、来年創立120周年を迎える神戸中華同文学校を中心に、日本における中華学校の概要を紹介する。また、報告者は現在公立小学校に勤務している。1970年以降、新華僑の渡日、1980年からは中国からの「帰国」により学校現場に増え続けている。これら日本語指導の必要な子どもたちの日本語指導の実践の紹介と課題を提示する。 第二報告 14:35-15:55 報告者:札埜(ふだの)和男さん(岡山理科大学教育学部) 題目:「方言教育と国語科教員に見る「国語」意識」 要旨:新学習指導要領では、被災地域での方言使用に言及し方言尊重がうたわれているが、被災地の方言の保存や継承は誰のための取組か不明瞭である。現場では方言教育は重視されない。行われる方言教育も共通語と方言の使い分けや方言の効果を考える学習指導要領に沿った学習に止まり批判的に捉える学習は皆無である。背景には国語科教員の規範意識が介在しているようである。国語科教員への「国語」意識調査や、岡山での方言教育調査の結果等をもとに、国語科教員の 「国語」意識や変わることのない方言教育の様相について論じる。 第三報告 16:10-17:30   報告者:山川和彦さん(麗澤大学) 題目:「観光言語学の課題性について」 要旨:前回の研究会において庄司博史氏から報告があった「観光言語学をとりまく風景」を受けて、観光と言語に関連する課題領域の中で、特に多言語に関する政策の変化を取り上げていく。近年の訪日外国人旅行者のブームは、1997年に施行された「外国人観光旅客の来訪地域の多様化の促進による国際観光の振興に関する法律」によってサポートされてきた。 施行されてから20年、この法律は今年4月に改正されている。今回の発表では、この法律改定など考察することで、日本の観光政策が「多言語」をいかに考えているか、検討していく。 (研究会終了後、近くで懇親会を予定しています。) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 初めての方も歓迎します。準備の都合上、出席の方のみ、かならずメールで、できれば懇親会出席の有無とともに、事務局までご連絡ください。特に質問などない限り出席通知には受領確認の返事はしませんのでご了承ください。 研究会への連絡、質問は事務局へ直接お願いします。 会場となる関西学院大学大阪梅田キャンパスは阪急梅田駅 茶屋町口改札口より北へ徒歩5分のアプローズタワーで、同じ建物内にホテル阪急インターナショナル、梅田芸術劇場などがあります。 第70回研究会は12月8日(土)に、奈良県立大学で開催予定。報告者も募集中! 研究会への連絡、質問は事務局 へお願いします。 多言語化現象研究会事務局:webmaster☆tagengoka.sakura.ne.jp(☆を@でおきかえてください) 研究会ホームページ: http://www.tagengoka.sakura.ne.jp/
ページ上部へ戻る