法務省のパブコメに「やさしいにほんご」の施策を提案

法務省は2018年12月28日、改正入管法に関連しパブリックコメントの募集を始めました。募集しているパブコメの内容は、以下の法務省のホームページです。ご覧ください。締切りは1月26日。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130143&Mode=0&fbclid=IwAR3eCgwW_C3mCLKuLJ1OatDJyCJEjSAyZBjfMvirQiXu2ShgZJ5pHERMkz0

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長で「にほんごぷらっと」世話人の吉開章氏が、このパブコメに「やさしい日本語」を国政に反映させるよう提案した。改正入管法をはじめとした外国人受け入れ施策の検討において、受け入れ側の心構え、特に外国人とのコミュニケーションについて特化した項目がないため、その必要性を訴えた。

 

パブコメに応募した吉開氏の意見は以下の通り。

—————————–

「3 一号特定技能外国人支援計画の内容が満たすべき基準」(1)のアの(エ)から(キ)(P10)の省令項に関連し、3つ意見を申し述べる。

(意見者のプロフィールは割愛)
省令の各項目を要約すると、外国人のために以下のような施策を規定していると理解した。

(エ)生活一般や、関連する行政サービス・法令の情報提供
(オ)生活に必要な日本語学習機会提供
(カ)仕事や生活における相談・苦情への適切な対応
(キ)日本人の交流促進

言うまでもないが外国人はただの「労働力」ではなく「人」である。人権が守られ、充実した生活を送れるようにするために、以下意見を記す。

意見1:日本語教育推進法の早期成立

(オ)は、働きながら生活する外国人だけでなく、受け入れる地域や企業にとっても根幹の施策であり、速やかに関連法が整備されるべきである。日本語教育推進議員連盟がまとめた日本語教育推進法の速やかな成立が望まれる。

意見2:「一次的多言語対応」と「やさしい日本語」活用促進

(エ)(カ)においては、できるだけ多くの言語で対応するのが望ましいが、人材・費用面などで限界がある。

ここで注目されるのが「やさしい日本語」である。相手の母語で対応できない場合、(オ)で提供される日本語のレベルに日本人側が合わせれば、要点を伝えることができる。また「やさしい日本語」に書き換えた文は、翻訳アプリケーションを活用しても高精度の翻訳結果が得られることが多い。

情報を「やさしい日本語」にする際は、難解用語を言い換えるだけでなく、情報の取捨選択が必要となる。現在多くの自治体が「やさしい日本語」に取り組んでいるが、現場からは情報を減らして記載することに不安があるという意見を聞く。

このような不安を解消するために、「一次的多言語対応」という考え方を提案したい。

・元の情報とは別に、外国人が最初に理解すべき重要情報だけ整理して提供することを、一次的多言語対応として公的に認める。
・「やさしい日本語」で記述したものを一次的多言語対応のための有効な文書と認め、この内容で翻訳したものを基本的多言語対応として位置付ける。
・口頭でのやりとりは、職員が相手の外国語を流暢に話せない限り、「やさしい日本語」での対応を基本と位置付ける。
・より詳しい情報提供が必要な場合は、電話通訳などで個別対応する。

具体的な「やさしい日本語」の定義については、(オ)の施策と関連して定めることになろう。このようにすることで、多言語対応拡大とそれにかかるコストの削減を実現すると思料する。

意見3:国による「やさしい日本語」の社会啓発

「やさしい日本語」は、小学校3年生ぐらいまでの語彙を使い、1文を短くし、外国人にとって最も難しいと言われる敬語を使わず「です・ます」で結ぶだけにするなど、一般の社会規範とは違っている。特に敬語を減らす言い方は、第三者が見聞きした場合クレームとして上がってくる恐れもある。意見者の講演先でタクシー乗務員が「敬語を使わないとトラブルになるので、日本人・外国人区別なく日本語は敬語を使うようにと会社から指導されている」と言っていた。

また今後外国人がやってくる職場においても、難しい言い回しや命令・指導が行われれば、労働災害の恐れだけでなく、新たな「日本語ハラスメント」というべき問題が起こるだろう。

いくら外国人に日本語学習機会を保障しても、日本人側が難解な言葉や敬語で話せば意味がない。日本人側が言葉を調整する「やさしい日本語」が多言語対応の1手段として、社会的に広く認知・許容されなければならない。

「やさしい日本語」は大学・NPO・熱心な自治体が中心となって社会啓発活動を行なっており、昨今ではメディアにも取り上げられるようになった。しかし、これらの大学・団体は外国人への向き合いで精一杯であり、広く市民への周知活動まで手が回らないのが実情である。

以上から、国が自治体や企業に対して多言語対応に関する責務を求めるのであれば、国は「やさしい日本語」の周知活動について責務を負うべきである。これは結果的に(キ)の施策も後押しするものと思料する。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Viagra Alternativen Generic Deltasone [url=http://erxbid.com]mejor cialis o levitra[/url] Cialis 20 Mg Preis Cephalexin Useage

  2. アバター

    Levitra For Sale Antabuse For Sale Kroger Cephalexin [url=http://leviplus.com]levitra for sale[/url] Best Place To Get Viagra Online Amoxicillin Sinus Infection Priligy Und Levitra

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
19
1:00 PM 【京都】「日本語教育推進法を知ろ... @ 龍谷大学深草キャンパス(22 号館 102 教室)
【京都】「日本語教育推進法を知ろ... @ 龍谷大学深草キャンパス(22 号館 102 教室)
10月 19 @ 1:00 PM – 5:00 PM
http://www.nkg.or.jp/wp/wp-content/uploads/2019/08/2019oct_suishinhou.pdf 昨 年 か ら 新 聞 や ニ ュ ー ス で は「 特 定 技 能 」「 留 学 生 」な ど の キ ー ワ ー ド と と も に 日 本 語 教 育 に 関 す る 記 事 が 多 く 取 り 上 げ ら れ る よ う に な っ て き ま し た 。業 界 の 新 し い 流 れ を 作 っ た 「 日 本 語 教 育 推 進 法 」 に つ い て は 、 日 本 語 教 育 業 界 全 体 が 新 た に 向 き 合 わ […]
10月
21
4:30 PM 「日本語教育推進法に期待する関係...
「日本語教育推進法に期待する関係...
10月 21 @ 4:30 PM – 8:30 PM
「日本語教育推進法に期待する関係者の集い」開催のご案内 テーマ:日本語教育推進法施行への期待 ~日本語学校の役割と今後の可能性~ 目的: 昨年暮れには、外国人労働者受け入れ拡大の入管法が改正され、政府は「共生のための総合的対応策」を策定しました。加えて先の通常国会では日本語教育推進法が成立し、国や自治体が日本語教育の推進に「責務」を負うことになりました。「共生の時代」を迎え、今まで地道に共生の最前線を担ってきた日本語学校も、表舞台に立って新たな役割を担わなければなりません。一方、推進法では日本語学校の扱いが「検討事項」とされました。今回の“集い”では、日本語教育推進議員連盟の幹部の方をお招きしてシンポジウムを開催するとともに、皆様方と直接交流する場を設けることで、推進法への理解と新たな課題に向き合うために議論を深めたいと考えています。 呼びかけの経緯: 日本語学校に関わる環境はこの法案の成立によって大きく変わってきます。国政や地方行政への日本語教育推進のための幅広い提案や提言を寄せる必要があります。また、一部の報道に見られる誤解や偏見に対して日本語学校の機能や役割を正しく理解してもらうための官民が一体となった取り組みが必要になります。そのためには日本語学校の関係者が問題意識を共有する場を作っていくことが求められます。 この度私たちは、このような課題を共有させて頂ける方に広く呼びかけたいと考えています。 記 日 時:令和元年 10 月 21 日 (月) 午後 4 時 30 分から午後 8 時 30 分 会 場:アルカディア市ケ谷私学会館 3 階 第1部:富士の間(西)、第 2 部:富士の間(東) 定 員:日本語教育関係者 180 名 参加費: 第 1 部 シンポジウム:2 千円、第 2 部:交流会 8 千円   呼びかけ人: 朝日えりか(UJS LANGUAGE INSTITUTE)、新井時賛( 赤門会日本語学校)、荒木幹光(東京日語学院)、池田俊一(横浜デザイン学院)、和泉雅人(横浜国際教育学院)、市毛大輔(静岡日本語教育センター)、井上靖夫(ジェット日本語学校)、井上由紀子(ISI 外語カレッジ )、岩本仁(福岡外語専門学校)、上田一彦(ユニタス日本語学校)、江副隆秀(新宿日本語学校)、太田俊政(長野国際文化学院)、大貫輝(足利コミュニティーカレッジ)、 大日向和知夫(アカデミー・オブ・ランゲージ・アーツ)、大森武(朝日国際学院)、岡猛(大阪文化国際学校)、小川健一郎(大阪 YMCA)、奥田純子(コミュニカ学院)、尾亦祐司(東京中央日本語学院)、香川順子(メロス言語学院)、加藤早苗(インターカルト日本語学校)、川原盛和(吉祥寺外国語学校)、北川淳子(九段日本文化研究所)、清原大助(IECC 日本語学校)、金城宏幸(国際言語文化センター附属日本語学校)、黒崎誠(ラボ日本語教育研修所)、佐澤英子(東京外語学園日本語学校)、佐藤今朝夫(国書日本語学校)、白石勝巳(アジア学生文化協会)、鈴木修一(サム教育学院)、鈴木貴之(I.C.NAGOYA)、鈴木紳郎(アークアカデミー)、武田哲一(東京外語専門学校)、谷一郎(与野学院日本語学校)、佃吉一(ABK 学館日本語学校)、田虓玔(埼玉日本語学校)、徳山隆(東洋言語学院)、徳倉俊一(TIJ 日本語研修所)、内藤幸子(エヴァグリーンランゲージスクール)、永井早希子(東京ギャラクシー日本語学校)、長岡博司(翰林日本語学院)、中坪禎夫(新世界語学院)、中西郁太郎(青山スクールオブジャパニーズ)、長沼一彦(長沼スクール東京日本語学校)、西原純子(京都日本語学校)、長谷川惠一(エール学園)、長谷川嘉(新宿御苑学院)、土生雅俊(メリック日本語学校)、林隆保(双葉外語学校)、平岡憲人(清風情報工科学院日本語科)、深堀和子(外語ビジネス専門学校)、古屋和雄(文化外国語専門学校)、本田幸雅(東京日英学院)、松田道子(神戸 YMCA 学院専門学校)、松本太郎(渋谷外語学院)、水田穣作(TOPA21世紀語学校)、村上誠(青山国際教育学院)、森下明子(岡山外語学院)、安木富美子(国際語学学院)、山口順晴(自修学館日本語学校)、山田貴彦(ミッドリーム日本語学校)、山中幸平(三原国際外語学院)、山本弘子(カイ日本語スクール)、結城徹(未来の杜学園)、吉岡久博(大原日本語学院)、吉岡正毅(千駄ヶ谷日本語学校)、吉田慶多(ヨシダ日本語学院) (50 音順、2019 年 9 月 20 日現在) 内 容: 第 1 部 シンポジウム(午後 4 時 30 分から午後 6 時 ) タイトル:「多文化共生社会の『主役』としての日本語学校」 出席議員(予定): 中川正春 衆議院議員(日本語推進振興議連会長代行・立法チーム座長) 馳 浩 衆議院議員(日本語推進議連事務局長・立法チーム事務局長) 里見隆治 参議院議員(日本語教育推進議連事務局次長・立法チーム) 石橋通宏 参議院議員(日本語教育推進議連事務局次長・立法チーム) コーディネーター:石原 進 第 2 部 日本語教育推進議員連盟幹部との交流会(午後 6 時 30 分から午後 8 時 30 分)   挨拶 : 河村建夫日本語教育推進議員連盟会長(調整中) […]
10月
26
1:00 PM 「日本語教育推進法を知ろう!~あ... @ 武蔵野大学有明キャンパス(3号館 301 教室)
「日本語教育推進法を知ろう!~あ... @ 武蔵野大学有明キャンパス(3号館 301 教室)
10月 26 @ 1:00 PM – 5:00 PM
「日本語教育推進法を知ろう!~あなたはどうする?~」 昨 年 か ら 新 聞 や ニ ュ ー ス で は「 特 定 技 能 」「 留 学 生 」な ど の キ ー ワ ー ド と と も に 日 本 語 教 育 に 関 す る 記 事 が 多 く 取 り 上 げ ら れ る よ う に な っ て き ま し た 。業 界 の 新 し い 流 れ を 作 っ た 「 日 本 語 教 育 推 進 法 」 に つ い て は 、 日 本 語 教 育 業 界 全 体 が 新 た に 向 き 合 わ […]
10月
27
全日 日本 第二言語習得学会・秋の研修会 @ 日本大学商学部砧キャンパス
日本 第二言語習得学会・秋の研修会 @ 日本大学商学部砧キャンパス
10月 27 全日
2019年度秋の研修会 [pdf] 日時:2019年10月27日(日) 場所:日本大学商学部砧キャンパス  2号館2階 2206教室 テーマ:  第二言語獲得における空範疇 発表者: 中山峰治氏(オハイオ州立大学)・吉村紀子氏(静岡県立大学) 宮本陽一氏(大阪大学) 大滝宏一氏(金沢学院大学) 使用言語:日本語 参加費:1,000円(会員・非会員、学生・一般に関わらず) 【プログラム】 10:40-11:10 空範疇の獲得とその理論的意義 大滝 宏一(金沢学院大学) 11:20-12:20 日本人学習者の英語不定詞の主語-コントロール構文と主語繰り上げ構文の習得調査から 吉村 紀子(静岡県立大学)・中山 峰治(オハイオ州立大学) 12:20-13:20  昼食 13:20-13:40  総会 13:40-14:40 非顕在的であるということ 宮本 陽一(大阪大学) 14:50-15:50 日本語を母語とする英語学習者による項の脱落 大滝 宏一(金沢学院大学) 16:00-16:45 ラウンドテーブルパネルディスカッション(発表者全員) *詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。 Japanese: http://www.j-sla.org/ English: http://www.j-sla.org/en/
ページ上部へ戻る