法務省のパブコメに「やさしいにほんご」の施策を提案

法務省は2018年12月28日、改正入管法に関連しパブリックコメントの募集を始めました。募集しているパブコメの内容は、以下の法務省のホームページです。ご覧ください。締切りは1月26日。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300130143&Mode=0&fbclid=IwAR3eCgwW_C3mCLKuLJ1OatDJyCJEjSAyZBjfMvirQiXu2ShgZJ5pHERMkz0

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長で「にほんごぷらっと」世話人の吉開章氏が、このパブコメに「やさしい日本語」を国政に反映させるよう提案した。改正入管法をはじめとした外国人受け入れ施策の検討において、受け入れ側の心構え、特に外国人とのコミュニケーションについて特化した項目がないため、その必要性を訴えた。

 

パブコメに応募した吉開氏の意見は以下の通り。

—————————–

「3 一号特定技能外国人支援計画の内容が満たすべき基準」(1)のアの(エ)から(キ)(P10)の省令項に関連し、3つ意見を申し述べる。

(意見者のプロフィールは割愛)
省令の各項目を要約すると、外国人のために以下のような施策を規定していると理解した。

(エ)生活一般や、関連する行政サービス・法令の情報提供
(オ)生活に必要な日本語学習機会提供
(カ)仕事や生活における相談・苦情への適切な対応
(キ)日本人の交流促進

言うまでもないが外国人はただの「労働力」ではなく「人」である。人権が守られ、充実した生活を送れるようにするために、以下意見を記す。

意見1:日本語教育推進法の早期成立

(オ)は、働きながら生活する外国人だけでなく、受け入れる地域や企業にとっても根幹の施策であり、速やかに関連法が整備されるべきである。日本語教育推進議員連盟がまとめた日本語教育推進法の速やかな成立が望まれる。

意見2:「一次的多言語対応」と「やさしい日本語」活用促進

(エ)(カ)においては、できるだけ多くの言語で対応するのが望ましいが、人材・費用面などで限界がある。

ここで注目されるのが「やさしい日本語」である。相手の母語で対応できない場合、(オ)で提供される日本語のレベルに日本人側が合わせれば、要点を伝えることができる。また「やさしい日本語」に書き換えた文は、翻訳アプリケーションを活用しても高精度の翻訳結果が得られることが多い。

情報を「やさしい日本語」にする際は、難解用語を言い換えるだけでなく、情報の取捨選択が必要となる。現在多くの自治体が「やさしい日本語」に取り組んでいるが、現場からは情報を減らして記載することに不安があるという意見を聞く。

このような不安を解消するために、「一次的多言語対応」という考え方を提案したい。

・元の情報とは別に、外国人が最初に理解すべき重要情報だけ整理して提供することを、一次的多言語対応として公的に認める。
・「やさしい日本語」で記述したものを一次的多言語対応のための有効な文書と認め、この内容で翻訳したものを基本的多言語対応として位置付ける。
・口頭でのやりとりは、職員が相手の外国語を流暢に話せない限り、「やさしい日本語」での対応を基本と位置付ける。
・より詳しい情報提供が必要な場合は、電話通訳などで個別対応する。

具体的な「やさしい日本語」の定義については、(オ)の施策と関連して定めることになろう。このようにすることで、多言語対応拡大とそれにかかるコストの削減を実現すると思料する。

意見3:国による「やさしい日本語」の社会啓発

「やさしい日本語」は、小学校3年生ぐらいまでの語彙を使い、1文を短くし、外国人にとって最も難しいと言われる敬語を使わず「です・ます」で結ぶだけにするなど、一般の社会規範とは違っている。特に敬語を減らす言い方は、第三者が見聞きした場合クレームとして上がってくる恐れもある。意見者の講演先でタクシー乗務員が「敬語を使わないとトラブルになるので、日本人・外国人区別なく日本語は敬語を使うようにと会社から指導されている」と言っていた。

また今後外国人がやってくる職場においても、難しい言い回しや命令・指導が行われれば、労働災害の恐れだけでなく、新たな「日本語ハラスメント」というべき問題が起こるだろう。

いくら外国人に日本語学習機会を保障しても、日本人側が難解な言葉や敬語で話せば意味がない。日本人側が言葉を調整する「やさしい日本語」が多言語対応の1手段として、社会的に広く認知・許容されなければならない。

「やさしい日本語」は大学・NPO・熱心な自治体が中心となって社会啓発活動を行なっており、昨今ではメディアにも取り上げられるようになった。しかし、これらの大学・団体は外国人への向き合いで精一杯であり、広く市民への周知活動まで手が回らないのが実情である。

以上から、国が自治体や企業に対して多言語対応に関する責務を求めるのであれば、国は「やさしい日本語」の周知活動について責務を負うべきである。これは結果的に(キ)の施策も後押しするものと思料する。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

5月
26
10:00 AM なりたい日本語教師になるためのワ... @ T-space
なりたい日本語教師になるためのワ... @ T-space
5月 26 @ 10:00 AM – 12:00 PM
「質問」と「発問」の違いがわかりますか。  今や、日本語教師に必要なスキルは質問力や説明力ではありません。   発問力です!   「発問」とは何か。 発問とは、質問と違い「はい・いいえ」で答えられるものではなく、学習者の思考や活動を促し、「気づき」に導く問いかけのことです。 つまり、創造的思考を広げることができる問いかけです。   普段我々は、この違いを認識して授業をしているでしょうか。 学習者の反応や定着が悪いのは一体何が原因なのでしょうか。   文型導入するとき、どんな問いかけをしていますか? 会話イラスト、グループワーク、発表、モチベーションアップ・・・全ての活動に問いかけは必要です。   日本語教師は文法説明やイラストの準備にだけ時間をかけるのではなく 授業におけるファシリテートをもっと分析しなければ、学習者を育てる授業はできませんよね。   その分析すべき一つが、「発問」スキルです。 その「発問」にルールや法則があったとしたら?   あなたの授業は劇的に変化するのではないでしょか。 授業に活かせる「発問力」を身に付けるために一緒に学びましょう。   日本語教師AYAのワークショップは、知らず知らずのうちにテーマの世界に入っていき、リフレクションして、気が付いたらテーマを理解していたという流れになっています。 ワークとAYAの実践例を交えた解説でしっかりと脳の中に刻まれていくことと思います。   まずは日本語教師が学び、新しい思考を持つこと。思考は体感することでしか変わりません。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 【同日開催 日本語教師交流会JTサプリ】 5月26日(日) 12:30〜13:30 テーマ:入管法改正!やさしく「特定技能」を学ぼう   2019年4月、入管法が改正され日本語教育業界も大きく変わろうとしています。 日本語教師の皆さんはもちろんその変化を感じていることでしょう。  しかし 特定技能の1号2号って何が違うの? 移民とは違うの? 特定技能の14種類って? 特定技能試験ってどんな試験なんだろう。 留学生がビザ変更したいって言うんですけどできるんですか?  こんな疑問を持っている方も少なくないのではないでしょうか。   日本語に携わる全ての人の力になりたい我々インカレックス代表FURUMIと日本語教育コーディネーターAYAがやさしくお教えします。  情報交換することで、日本語教師としての新たな未来が見えてくるかもしれません。 そうです!日本語+1の日本語教師になるために一緒に学びましょう。   ◼参加費1000円  ◼会場 ワークショップ会場と同様   ※JTサプリとは JTとはもちろん Japanese Language Teacher!その日本語教師のサプリメントになるような元気な楽しい交流会です。職場、経験、年齢、歩んできた人生、何もかも違いますが、我々は日本語教育という一つのステージを共有している仲間です。現在の日本語学校の状況を考えると、教師の孤独化が進んでいるのではないかと感じます。学生が増え、それに伴い教師も増えているのが現状ですが、教師同士の交流が希薄になっています。教えることについてじっくり考える時間もなくなり、悩みがあっても相談できない。JTサプリはそんな仲間たちが集まって旬の情報を交換したり、様々なことを相談し合ったり、横のつながりを広げていける会なのです。我々インカレックスも日本語教師の皆さんにスキルアップや働き方のご提案、国内外のお仕事をご紹介させていただきます。JTサプリで日本語教師人生をさらに充実させましょう。  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  「第7回 なりたい日本語教師になるためのワークショップ」  【内容】 ▶︎ワークショップ:日本語教師よ!授業に活かせる発問力を磨け〜アクティブな授業に必要な発問スキル〜 ▶︎交流会:入管法改正!やさしく「特定技能」 を学ぼう   【日時】2019年5月26日(日) 《ワークショップ》   10:00 〜 12:00 (9:45~開場・受付開始) 《交流会 JTサプリ》 12:30 〜 13:30    【会場】  T-space 東京都台東区台東1−11−4 誠心0ビル F4   【注意事項】  ※お問い合わせ、お申し込みにはメールアドレスが必要になります。  ※ご連絡はメールで行いますので、お知らせいただいたメールアドレスに誤りがございますと、ご返事できませんので、ご確認の上お送りくださるようお願いいたします。 また、メール受信制限を設定されている方は下記のメールアドレスの受信制限解除をお願い致します。 s.taniguchi0106@gmail.com   【お申し込み方法】  ※こくちーずのお申し込みボタンよりお申し込みください。  ※お申し込み完了しますと、事務局よりお申し込み完了メールが届きます。  なお、万が一、申込み後事務局よりお申し込み完了メールが届かない場合は、 事務局お問い合わせまでご一報をお願い致します。 ※申し込みをされる際、コメント欄に ①所属先 ②教師歴 ③交流会 参加有無 をご記入ください。 ※ご紹介者がいる場合は、その方のお名前もご記入お願いします。   【お支払い方法】  *会費は当日会場でお支払いください。      【キャンセルポリシー】  ※キャンセルする場合は、必ず事前にご連絡下さい。  キャンセルは会場準備などの都合上、前々日の5月24日 24:00までにご連絡ください。  ※前日・当日キャンセルの場合は後日全額会費をご請求いたします。  ___________________________________ 【講師紹介】 ◇日本語教師・日本語教育コーディネーターAYA◇ 株式会社インカレックス 佐藤綾子 日本語教師・日本語教育コーディネーター 外国人向けビジネスマナー講師 ・1999年からヒューマンアカデミー日本語学校東京校に勤務。非常勤講師を経て専任講師に。3年後再び非常勤講師に戻り、独自の日本語教師の道をさぐり始める。 ・留学生クラス・ビジネス日本語・研修生・帰国子女大手企業向け日本語研修も数多くこなし、初級からビジネス日本語クラスに到るまで様々な指導方法に精通。日本語教師向けに指導提案や勉強会なども行う。 ・2013年日本教育振興協会教育研究大会において「非漢字圏学習者のための漢字ストーリーを使った漢字学習の実践報告~漢字の認識ストラテジーに着目して~」を研究発表する。 ・2016年には日本語教育学会実践研究フォーラムにおいて対話型セッションの発題者として学習者が主体の授業「教えない授業」を研究発表する。 ・2017年日本語学校を退職後、短期間での JLPT 取得を目指し、また現地でのコミュニケーション能力育成にも着目した「脳を鍛えて日本語を習得する」新しい教材開発に着手。 […]
6月
1
全日 日本第二言語習得学会・第19回年次... @ 中央大学多摩キャンパス(3号館)
日本第二言語習得学会・第19回年次... @ 中央大学多摩キャンパス(3号館)
6月 1 – 6月 2 全日
日本第二言語習得学会・第19回年次大会 (J-SLA 2019) ◆日時:2019年 6月1日(土)・6月2日(日) 【大会プログラムはこちら】 【ポスター発表の方へ ポスター発表要項】 ◆場所:中央大学多摩キャンパス(3号館) ◆交通アクセス: http://www.chuo-u.ac.jp/access/ ◆基調講演:Dr. Bill VanPatten Independent Scholar/Input and More LLC formerly with Michigan State University ◆大会参加費(会員) 一般2,000円、学生1,000円(ただし、クレジット・郵貯での支払い) 一般3,000円、学生2,000円(会場支払いの場合) ◆大会参加費(非会員) 一般8,000円、学生5,000円(会場での現金支払いのみ) *2019年度から年会費とは別に、大会参加費が必要です(2018年度第2回総会にて決定)。 *大会参加登録はこちらから。 ◆発表応募送付先:  jsla2019abstracts@gmail.com *発表募集は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。 <問い合わせ先> J-SLA事務局 若林 茂則 j-sla2019@j-sla.org
ページ上部へ戻る