第14回中国人の日本語作文コンクールの文集を読んで ――IT時代で深化する日本への関心と理解

第14回中国人の日本語作文コンクールの文集を読んで ――IT時代で深化する日本への関心と理解

第14回中国人の日本語作文コンクール(日本僑報社・日中交流研究所主催)の入賞作の作品集が日本僑報社から出版された。今回のテーマは「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力」「日本の『中国語の日』に私ができること」「心に残る、先生のあの言葉」の3つ。作品集に目を通して印象深かったのは、「新しい日本の魅力」については実に細かな視点と生き生きとした描写が目についたことだ。旅行や留学を通じての「日本体験」が増え、インターネットを通じた日中交流も急テンポで進んでいるようだ。

今回のコンクールの応募作品は計4288点。前回を約250点上回った。テーマ別では「中国の若者が見つけた日本語新しい魅力」が2045点でトップだった。女性の応募が圧倒的に多く、男性の4.4倍にのぼった。

昨年12月12日の「日本語の日」に北京の日本大使館で最優秀賞(日本大使賞)に選ばれた復旦大学の黄安琪(こう・あんき)さんらの表彰式が行われた。作品集の書名はテーマのひとつから取った「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力――見た・聞いた・書いた、新鮮ニッポン」。最優秀賞をはじめ一等賞から3等賞までの計81点の作文を掲載、そこには日本人が気づいていない「日本の魅力」が満載だ。

 

さて、中国の若者はどのように「日本の魅力」を発見したのか。最優秀賞の黄さんの「車椅子で、東京オリンピックに行く!」は、60歳になる祖母を東京オリンピックに連れて行きたいという話。2008年の北京五輪を前にして祖母は交通事故で車椅子の生活に。楽しみにしていた北京五輪に行けなかった。黄さんは短期交流プログラムで京都に留学してバスが車椅子のお客さんに丁寧に対応している光景を見て感激。黄さんはそこに日本の魅力を見つけ、「おばあちゃんを東京へ連れて行くよ、車椅子で」と言うのだ。

一等賞の中南財経政法大学の王美娜(おう・ぴな)さんは作品の中で「日本のことをいまだにひどい国だと思っている多くの中国人に、実際に日本に行って、本当の姿を見てもらいたい」と言う。というのは、王さんは東京に一人旅をして帰国間際に財布をなくしてしまった。宿泊先の大家さんが最寄の駅に問い合わせ、交番に連れていってくれ、遺失物届けに自分の財布を見つけた時の感激を書いた。「日本人はね、困った時、助けてくれるやさしい人がたくさんいるよ」と。

同じく一等賞の清華大学の王婧瀅(おう・せいえい)さんの作品も面白い。奈良の平城京跡を訪ねた際に出会ったのは82歳でボランティアとしての観光ガイドのおじいさん。65歳の時、中国に行って「まだ若く、時間もあるので中国語の勉強を始めた」と言う。その話を聞いた時、王さんは「涙が出そうなほど励まされたと感じた」と書いた。

このほか、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を通じた日中関係の親密ぶりを取り上げた作品も印象に残った。二等賞の作品ではフィギアスケートの羽生結弦選手が韓国・平昌の冬季オリンピックで演技を終えた時、中国CCTVが実況で「容姿は宝石の如く、姿は松の如し、軽さは大白鳥の如し、美しさは舞う龍の如し」と中継しことを取り上げた。この言葉を日本人が翻訳してツイッターで流したところ、「中国の人たちの言葉は本当に美しいな」などとのリツイートが7千を超えたことに注目、日本人が中国人を褒めたことに感動し、「日本の新しい魅力」だというのだ。

インターネットを通じて「くまモン」などの「ゆるキャラ」を紹介し、日本語の勉強を理解するようになった両親の話。アニメの「ワンピース」の主人公がラーメンをよく食べていたことから、日本のグルメに関心を持つようになり。「美味しい味を通して日本人の精神を感じることができる」と書いた作品もあった。作品集には、日本人も気づかない「日本の魅力」がちりばめられている。

「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力」は、コンクールに協力した日本語教師による「私の日本語作文指導法」の体験記も収録されている。日本僑報社刊2,000円

http://duan.jp/item/267.html

最優秀賞と一等賞の作品5点は後日、「にほんごぷらっと」でも紹介します。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Can You Buy Cipro 250mg Online Cialis Gastritis Cialis Apotheke Ohne Rezept [url=http://cialiviag.com]cialis[/url] Levitra Mit Paypal Bezahlen Propecia Tadacip

  2. アバター

    Excellent blog! Do you have any suggestions for aspiring writers?
    I’m planning to start my own site soon but I’m a little lost on everything.
    Would you propose starting with a free platform like WordPress or go for a paid option? There are so many
    choices out there that I’m totally overwhelmed .. Any tips?
    Thanks a lot! natalielise pof

  3. Hey there are using WordPress for your blog platform?

    I’m new to the blog world but I’m trying
    to get started and set up my own. Do you need any html coding expertise
    to make your own blog? Any help would be really appreciated!

  4. My brother suggested I might like this website. He was totally
    right. This post truly made my day. You can not imagine
    just how much time I had spent for this information! Thanks!

  5. アバター

    Acheter Du Nizagara En Ligne Fish Cephalexin [url=http://cialvia.com]cialis no prescription[/url] Tadalis Sx Pas Cher Cialis Kaufen In Der Schweiz Amoxil Causes Gallstones

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
26
10:00 AM 令和元年度兵庫県地域日本語教育の... @ 姫路市市民会館第6会議室
令和元年度兵庫県地域日本語教育の... @ 姫路市市民会館第6会議室
1月 26 @ 10:00 AM – 4:30 PM
【ご案内】日本語支援に関する研修会(1月26日姫路会場) 令和元年度兵庫県地域日本語教育の総合的な体制づくり推進事業 1月26日(日曜日) 第1部:午前10時~12時30分 「ICT教材活用のための研修会」 講師:三宅直子氏(国際交流基金関西国際センター日本語教育専門員) 第2部:午後2時~午後4時30分 「地域に根ざした日本語支援を考える研修会」 講師:金田智子氏(学習院大学 教授) 開催場所:姫路市市民会館第6会議室(姫路市総社本町112番地) 定員:第1部、第2部それぞれ65名(定員になり次第、締め切ります) 参加費:無料 参加方法:申込書に必要事項をご記入の上、郵送・FAX・Eメールでお送りください。 申込書は下記からダウンロードできます。 https://www.hyogo-ip.or.jp/…/rea…/nihongosuishin/kenshu.html WEB申込フォーム:フォームを開いて直接ご記入ください。 https://www.hyogo-ip.or.jp/…/documents/chiikinonihongo_2019… 締め切り:令和2年1月17日(金曜日)
2月
1
1:00 PM 第14回 日本語教師採用合同日本語... @ AP西新宿
第14回 日本語教師採用合同日本語... @ AP西新宿
2月 1 @ 1:00 PM – 5:00 PM
1. 主  催: 国際日本語研修協会 IJEC 2. 日  時: お時間内は入退場自由となります。 【東京】2020年2月1日(土)   13:00(開始) ~ 17:00 (終了) 【大阪】2020年2月2日(日)   13:00(開始) ~ 17:00(終了) https://www.facebook.com/IJECinJAPAN/ ※13時~17時のお時間内は入退場自由となります。 3. 会   場: 【東京】AP西新宿:東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル6F 【大阪】AP大阪駅前梅田1丁目:大阪府大阪市北区梅田1-12-12 東京建物梅田ビル 地下2F 4. 対  象: 2020年1月以降(即)、4月期以降での国内・海外日本語教師就職・転職希望で ・日本語教師養成講座の修了者または修了見込みの方 ・大学主専攻・副専攻の修了者または修了見込みの方 ・大学院日本語教育修士課程の修了者または修了見込みの方 ・その他、現役日本語教師、経験者、日本語教育能力検定試験合格者、 日本語教師検定合格者で就職を希望される方 ・地域の日本語教育に携わっている方 5. 出展ブースと実施セミナー(予定): ・国内日本語教育機関(専任・非常勤を募集) ・海外日本語教育機関(現地より採用責任者来日) IJEC事務局相談ブースでは、海外就職個別相談、日本語教師になるための研修受付 ★日本語教師虎の巻講座:未経験者必見!就職のための心得を伝授!★ (予定) ★海外就職セミナー★(予定)  (当日受付のみで整理券配布) ご入場時に受付で機関情報の掲載された冊子をお受け取りいただいた後は ご興味のあるブースにお進みください。 出展ブースについては随時掲載予定です。 国内・海外とも主要優良機関が参加!
1:30 PM 明日から始められる!ICTを活用し... @ 凡人社麹町店
明日から始められる!ICTを活用し... @ 凡人社麹町店
2月 1 @ 1:30 PM – 4:00 PM
[日時]2020年2月1日(土)13:30~16:00(受付開始13:00) [場所]凡人社麹町店 千代田区平河町1-3-13 ヒューリック平河町ビル8階 [交通アクセス] ◆電車 東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅(出口1)より徒歩3分 東京メトロ有楽町線 麹町駅(出口1)より徒歩3分 JR/東京メトロ丸の内線 四ッ谷駅(麹町口)より徒歩13分 [参加費] 無料 ※要予約 [定員] 定員:20名(先着順、定員になり次第締め切ります) [講師] 藤本かおる先生(武蔵野大学グローバル学部日本語コミュニケーション学科) [内容] ICTを授業に使おうと考えても,そもそも何から取り入れたらいいか悩むことはありませんか。 このワークショップでは、参加者に限定して、フローチャートを配布します。 そのフローチャートでご自身の仕事内容からすぐに取り入れられるICTを探してみます。 また、だれでもすぐに利用できる利用法として、クラウドのサービスを使って宿題を提出してもらい、 それを授業で共有する方法などを紹介します。 [お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社麹町店)] TEL:03-3239-8673 FAX:03-3238-9125 E-mail:kojimachiten@bonjinsha.co.jp ※ご参加申し込みの際はタイトルに「麹町店店頭イベント(2/1)」と入れて 本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)
1:30 PM 第18回全養協公開講座「日本語教育... @ 東京富士大学 二上講堂(東京・高田馬場)
第18回全養協公開講座「日本語教育... @ 東京富士大学 二上講堂(東京・高田馬場)
2月 1 @ 1:30 PM – 4:30 PM
ウェブサイト:https://www.zenyoukyou.jp/extension/ イベント説明:第18回全養協公開講座 「日本語教育推進法と“公認日本語教師”〜国内外でさらに広がる日本語教育の可能性〜」 【プログラム概要】 第1部 講演 「日本語教師の資格と日本語教育の標準の策定について 〜文化審議会国語分科会日本語教育小委員会の審議状況〜」 講師:津田 保行 氏 (文化庁国語課日本語教育専門官) 第2部 講演 「日本語教育推進法と今後の日本語教育 〜日本語教育推進関係者会議の議論も踏まえて〜」 講師:伊東 祐郎 氏 (国際教養大学グローバル・コミュニケーション実践研究科 日本語教育実践領域代表 東京外国語大学名誉教授・一般社団法人全国日本語教師養成協議会会長) 第3部 講演 「海外で拡大する日本語教育の需要と国際交流基金の日本語事業 〜海外日本語教育事情と国際交流基金日本語基礎テストも交えて〜」 講師:村田 春文 氏 (独立行政法人国際交流基金日本語第1事業部部長) 講師:下山 雅也 氏 (独立行政法人国際交流基金日本語第2事業部部長) 日時:2020年2月1日(土)13:30〜16:30(13:00開場) 会場:東京富士大学 二上講堂(東京・高田馬場) 参加費:¥2,000(資料代)※後日、公開講座報告書をお送りいたします
ページ上部へ戻る