第14回中国人の日本語作文コンクールの文集を読んで ――IT時代で深化する日本への関心と理解

第14回中国人の日本語作文コンクールの文集を読んで ――IT時代で深化する日本への関心と理解

第14回中国人の日本語作文コンクール(日本僑報社・日中交流研究所主催)の入賞作の作品集が日本僑報社から出版された。今回のテーマは「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力」「日本の『中国語の日』に私ができること」「心に残る、先生のあの言葉」の3つ。作品集に目を通して印象深かったのは、「新しい日本の魅力」については実に細かな視点と生き生きとした描写が目についたことだ。旅行や留学を通じての「日本体験」が増え、インターネットを通じた日中交流も急テンポで進んでいるようだ。

今回のコンクールの応募作品は計4288点。前回を約250点上回った。テーマ別では「中国の若者が見つけた日本語新しい魅力」が2045点でトップだった。女性の応募が圧倒的に多く、男性の4.4倍にのぼった。

昨年12月12日の「日本語の日」に北京の日本大使館で最優秀賞(日本大使賞)に選ばれた復旦大学の黄安琪(こう・あんき)さんらの表彰式が行われた。作品集の書名はテーマのひとつから取った「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力――見た・聞いた・書いた、新鮮ニッポン」。最優秀賞をはじめ一等賞から3等賞までの計81点の作文を掲載、そこには日本人が気づいていない「日本の魅力」が満載だ。

 

さて、中国の若者はどのように「日本の魅力」を発見したのか。最優秀賞の黄さんの「車椅子で、東京オリンピックに行く!」は、60歳になる祖母を東京オリンピックに連れて行きたいという話。2008年の北京五輪を前にして祖母は交通事故で車椅子の生活に。楽しみにしていた北京五輪に行けなかった。黄さんは短期交流プログラムで京都に留学してバスが車椅子のお客さんに丁寧に対応している光景を見て感激。黄さんはそこに日本の魅力を見つけ、「おばあちゃんを東京へ連れて行くよ、車椅子で」と言うのだ。

一等賞の中南財経政法大学の王美娜(おう・ぴな)さんは作品の中で「日本のことをいまだにひどい国だと思っている多くの中国人に、実際に日本に行って、本当の姿を見てもらいたい」と言う。というのは、王さんは東京に一人旅をして帰国間際に財布をなくしてしまった。宿泊先の大家さんが最寄の駅に問い合わせ、交番に連れていってくれ、遺失物届けに自分の財布を見つけた時の感激を書いた。「日本人はね、困った時、助けてくれるやさしい人がたくさんいるよ」と。

同じく一等賞の清華大学の王婧瀅(おう・せいえい)さんの作品も面白い。奈良の平城京跡を訪ねた際に出会ったのは82歳でボランティアとしての観光ガイドのおじいさん。65歳の時、中国に行って「まだ若く、時間もあるので中国語の勉強を始めた」と言う。その話を聞いた時、王さんは「涙が出そうなほど励まされたと感じた」と書いた。

このほか、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を通じた日中関係の親密ぶりを取り上げた作品も印象に残った。二等賞の作品ではフィギアスケートの羽生結弦選手が韓国・平昌の冬季オリンピックで演技を終えた時、中国CCTVが実況で「容姿は宝石の如く、姿は松の如し、軽さは大白鳥の如し、美しさは舞う龍の如し」と中継しことを取り上げた。この言葉を日本人が翻訳してツイッターで流したところ、「中国の人たちの言葉は本当に美しいな」などとのリツイートが7千を超えたことに注目、日本人が中国人を褒めたことに感動し、「日本の新しい魅力」だというのだ。

インターネットを通じて「くまモン」などの「ゆるキャラ」を紹介し、日本語の勉強を理解するようになった両親の話。アニメの「ワンピース」の主人公がラーメンをよく食べていたことから、日本のグルメに関心を持つようになり。「美味しい味を通して日本人の精神を感じることができる」と書いた作品もあった。作品集には、日本人も気づかない「日本の魅力」がちりばめられている。

「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力」は、コンクールに協力した日本語教師による「私の日本語作文指導法」の体験記も収録されている。日本僑報社刊2,000円

http://duan.jp/item/267.html

最優秀賞と一等賞の作品5点は後日、「にほんごぷらっと」でも紹介します。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Hey there are using WordPress for your blog platform?

    I’m new to the blog world but I’m trying
    to get started and set up my own. Do you need any html coding expertise
    to make your own blog? Any help would be really appreciated!

  2. My brother suggested I might like this website. He was totally
    right. This post truly made my day. You can not imagine
    just how much time I had spent for this information! Thanks!

  3. アバター

    Acheter Du Nizagara En Ligne Fish Cephalexin [url=http://cialvia.com]cialis no prescription[/url] Tadalis Sx Pas Cher Cialis Kaufen In Der Schweiz Amoxil Causes Gallstones

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
19
全日 教育ITソリューションEXPO @ 青海展示棟
教育ITソリューションEXPO @ 青海展示棟
6月 19 – 6月 21 全日
インターカルト日本語学校EdTechセンター 教育分野 日本最大の専門展 『教育ITソリューションEXPO』出展! グローバルニーズに応える日本語・日本文化オンライン学習教材のご紹介 インターカルト日本語学校EdTechセンターは、2019/6/19(水)~6/21(金)に開催される『教育ITソリューションEXPO』に今回で4度目となる出展をします。(ブース番号:B4-23) リニューアルした日本語を学ぶビジネスユーザー・一般ユーザー向けのオンライン学習教材『スーパー日本語』のN1からN5、全レベル対応の「JLPT日本語能力試験対策シリーズ」と、BJTを主催する公益財団法人日本漢字能力検定協会と提携した「BJTビジネス日本語テスト対策シリーズ」のオンライン学習教材をご紹介します。また、今夏リリース予定の「日本社会と文化を学ぶJapanese Expressコース」もいち早く公開。 新しく生まれ変わった『スーパー日本語』では、個人で学習記録を一覧できるカルテ機能「My Portfolio」が搭載。学習時間をはじめとした客観的なデータをグラフや表で分かりやすく表示され、学びの成果を数字で実感できることで自身の学習行動の見直しやモチベーション維持につながる仕組みがあります。 2019/9/25(水)~9/27(金)開催の『教育ITソリューションEXPO 大阪展』にも出展予定! <教育ITソリューションEXPOのご案内> https://www.edict.jp/ja-jp.html
6月
23
1:30 PM 多言語化現象研究会 第71回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス1005号教室(アプローズタワー10階) 
多言語化現象研究会 第71回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス1005号教室(アプローズタワー10階) 
6月 23 @ 1:30 PM – 5:30 PM
日時:2019年6月23日(日)13:00〜17:30 場所:関西学院大学梅田キャンパス1005号教室(アプローズタワー10階) https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/ 阪急「梅田駅」・大阪メトロ「梅田駅」・JR「大阪駅」下車 参加費:500円(資料代として) 初めての方も歓迎します。準備の都合上、 懇親会出席の出欠とともに、 webmaster@tagengoka.sakura.ne.jpまでお申し込みください。 【あいさつ 13:00-13:15】 「創立20周年をむかえて」 庄司博史さん(国立民族学博物館名誉教授) 【特別報告 13:15-13:55】 「盲ろう者のコミュニケーションと様々な相違、生活をしていて思うこと」 木村敬さん(大阪盲ろう者友の会立ち上げ時メンバー)・木村美代さん(盲ろう者・大阪盲ろう者友の会会員) (要旨)「盲ろう」という障害をご存知だろうか? ヘレン・ケラーのお話を知っている人はいても、「盲ろう」という言葉を聞いたことはないのではないだろうか? 視聴覚重複障害という言い方もありますが、障害当事者は、「盲ろう」という言い方を使っている。 「盲ろう」という障害は、一言で言うほど簡単ではない。障害の程度だけでも、全盲ろう、弱視ろう、弱視難聴、盲難聴、弱視難聴の違いがあり、生育歴によっても大きな個人差がうまれ、そのもちいるコミュニケーション方法も、点字・指点字・手話・触手話・要約筆記・手書き文字など、人によってバラエティが広く、単純化して理解することはできないということがわかっていただけると思う。私たち夫婦は大阪盲ろう者友の会の活動の中で出会い、結婚し、子どもを育ててきた。私たちのお話が盲ろうという障害の理解とその文化の特殊性、コミュニケーション方法などの理解のきっかけになればと思う。 【コメント 13:55-14:20】 山下仁さん(大阪大学)・中島武史さん(大阪府立中央聴覚支援学校) 【報告1 14:35-15:55】 「居酒屋における喫煙者の言語行動」 中田梓音さん(国立民族学博物館外来研究員) (要旨)喫煙は、休憩時や食後という区切りに多くみられる行動であるが、居酒屋においては飲食が完了しないうちに喫煙がおこなわれる光景をよく見る。また、飲食と会話(従業員やその場に居合わせた客などと)が並行しておこなわれることもしばしばある。この、発話と飲食そして喫煙という行為がどのように並行しておこなわれているのかに注目した。とりわけ、喫煙習慣を持つ中高齢者を対象とし、飲食や会話のどのような場面において喫煙行動をとるのかといった調査から、なんらかのパターンを抽出することを試みる。このうち長い喫煙年数を持つ喫煙者を対象としたのは、喫煙習慣が長いほど、喫煙行動が身体の中でパターン化している可能性が高いからである。ここでみられる喫煙という行動が、会話のひとつのきっかけや、道具、あるいは比喩的にいえば潤滑油というような役割を果たしているとも考えられる。どのタイミングで喫煙があらわれるのかを明らかにし、また、そのタイミングと言語行動との関連を考察する。 【報告2 16:10-17:30】 「台湾の学校カリキュラムにおける移民受け入れに伴う言語教育の変質—日本との比較の視点を含む一研究—」 藤井久美子さん(宮崎大学語学教育センター) (要旨)台湾では、1990年代に移民の受け入れが検討され始め、現在は、移民として受け入れた「新住民」と呼ばれる外国人配偶者とその子どもの増加が社会現象として顕著に表れている。2016年度に台湾の小中学校に在籍した新住民の子どもの数は約20万人で、小中学校の児童生徒数の10%強を占め、これは10年前の数値の3倍以上である。このように、台湾では、「新住民」を含むさまざまなタイプの移民増加に伴い、学校教育現場での言語教育にも変化がもたらされている。台湾の学校における言語使用・言語教育の歴史について略述しておくと、1980年代までは「国語」一辺倒であったものが、1990年代以降は「国語」の地位が相対的に下がり、代って「本土語言」(「郷土語言」)や外国語(この当時は「英語」)も重視されるようになった。それが、2000年代後半からは「新住民」の言語教育も検討され始め、現在は、選択可能なものとして、正式なカリキュラムにも組み込まれるようになったのである。今回の発表では、日本が2014年4月にスタートさせた、日本語指導が必要な児童生徒を対象とした「特別の教育課程」を編成・実施する制度との比較も含め、台湾の学校における言語教育の近年の変化を明らかにしたい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 主催:多言語化現象研究会 http://tagengoka.sakura.ne.jp/
3:00 PM 第7回研究集会 プレ企画 「ベトナ... @ オンライン会議システムZOOM上
第7回研究集会 プレ企画 「ベトナ... @ オンライン会議システムZOOM上
6月 23 @ 3:00 PM – 4:30 PM
第7回研究集会 プレ企画 「ベトナムの日本語教育を知る」 @ オンライン会議システムZOOM上
ベトナムの日本語学習者は増加しており,日本国内では,中国に次いで2番目にベトナムからの留学生が多くなっています。しかし,私達はベトナムの日本語学習者や日本語教育についてどれぐらい知っているのでしょうか。2019年12月に行われるベトナムでの研究集会に向けて,少しでもベトナムについて学べればと考え,プレ企画を計画しました。 「ベトナムの研究集会には行けないけど…」という方もご参加いただけます。みなさまのご参加,お待ちしております。 第2回 「ベトナム日本語教育の“後退期”を支えた世代の語りから見えてきたもの」 坪田珠里(京都外国語大学) これまでの日本語教育史では「後退期」と称されていた1980年代のベトナム日本語教育。しかし,この世代を生きた日本語関係者の語りからは,少し違った事実が見えてきました。ベトナム人により支えられ繋がっている日本語教育の姿を共有する機会にしたいと思っています。 日時: 2019年6月23日(日)15:00〜16:30(日本時間) 会場: オンライン会議システムZOOM上(参加申し込みをされた方にはZOOMのリンクをお送りします) 参加費: 無料 チラシをダウンロード 参加方法: 参加申込フォームからお願いします。
6月
28
4:00 PM 第10回全養協日本語教師採用合同説... @ ワイム貸会議室 高田馬場
第10回全養協日本語教師採用合同説... @ ワイム貸会議室 高田馬場
6月 28 @ 4:00 PM – 8:00 PM
開催日時・会場 日時:2019年6月28日(金)16:00~20:00 会場:【東京・高田馬場】ワイム貸会議室 高田馬場(東京都新宿区高田馬場1-29-9 TDビル3階) アクセス: JR山手線・西武新宿線「高田馬場」駅 戸山口 徒歩2分 東京メトロ東西線「高田馬場」駅 5番出口 徒歩5分 対象: 日本語教師養成講座の修了者または修了見込の方 日本語教育を専攻している大学生・大学院生 日本語教育能力検定試験合格の方 現役日本語教師、日本語教師経験者 地域の日本語教育に携わっている方 その他、日本語教師というお仕事に興味のある方
ページ上部へ戻る