第14回中国人の日本語作文コンクールの文集を読んで ――IT時代で深化する日本への関心と理解

第14回中国人の日本語作文コンクールの文集を読んで ――IT時代で深化する日本への関心と理解

第14回中国人の日本語作文コンクール(日本僑報社・日中交流研究所主催)の入賞作の作品集が日本僑報社から出版された。今回のテーマは「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力」「日本の『中国語の日』に私ができること」「心に残る、先生のあの言葉」の3つ。作品集に目を通して印象深かったのは、「新しい日本の魅力」については実に細かな視点と生き生きとした描写が目についたことだ。旅行や留学を通じての「日本体験」が増え、インターネットを通じた日中交流も急テンポで進んでいるようだ。

今回のコンクールの応募作品は計4288点。前回を約250点上回った。テーマ別では「中国の若者が見つけた日本語新しい魅力」が2045点でトップだった。女性の応募が圧倒的に多く、男性の4.4倍にのぼった。

昨年12月12日の「日本語の日」に北京の日本大使館で最優秀賞(日本大使賞)に選ばれた復旦大学の黄安琪(こう・あんき)さんらの表彰式が行われた。作品集の書名はテーマのひとつから取った「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力――見た・聞いた・書いた、新鮮ニッポン」。最優秀賞をはじめ一等賞から3等賞までの計81点の作文を掲載、そこには日本人が気づいていない「日本の魅力」が満載だ。

 

さて、中国の若者はどのように「日本の魅力」を発見したのか。最優秀賞の黄さんの「車椅子で、東京オリンピックに行く!」は、60歳になる祖母を東京オリンピックに連れて行きたいという話。2008年の北京五輪を前にして祖母は交通事故で車椅子の生活に。楽しみにしていた北京五輪に行けなかった。黄さんは短期交流プログラムで京都に留学してバスが車椅子のお客さんに丁寧に対応している光景を見て感激。黄さんはそこに日本の魅力を見つけ、「おばあちゃんを東京へ連れて行くよ、車椅子で」と言うのだ。

一等賞の中南財経政法大学の王美娜(おう・ぴな)さんは作品の中で「日本のことをいまだにひどい国だと思っている多くの中国人に、実際に日本に行って、本当の姿を見てもらいたい」と言う。というのは、王さんは東京に一人旅をして帰国間際に財布をなくしてしまった。宿泊先の大家さんが最寄の駅に問い合わせ、交番に連れていってくれ、遺失物届けに自分の財布を見つけた時の感激を書いた。「日本人はね、困った時、助けてくれるやさしい人がたくさんいるよ」と。

同じく一等賞の清華大学の王婧瀅(おう・せいえい)さんの作品も面白い。奈良の平城京跡を訪ねた際に出会ったのは82歳でボランティアとしての観光ガイドのおじいさん。65歳の時、中国に行って「まだ若く、時間もあるので中国語の勉強を始めた」と言う。その話を聞いた時、王さんは「涙が出そうなほど励まされたと感じた」と書いた。

このほか、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を通じた日中関係の親密ぶりを取り上げた作品も印象に残った。二等賞の作品ではフィギアスケートの羽生結弦選手が韓国・平昌の冬季オリンピックで演技を終えた時、中国CCTVが実況で「容姿は宝石の如く、姿は松の如し、軽さは大白鳥の如し、美しさは舞う龍の如し」と中継しことを取り上げた。この言葉を日本人が翻訳してツイッターで流したところ、「中国の人たちの言葉は本当に美しいな」などとのリツイートが7千を超えたことに注目、日本人が中国人を褒めたことに感動し、「日本の新しい魅力」だというのだ。

インターネットを通じて「くまモン」などの「ゆるキャラ」を紹介し、日本語の勉強を理解するようになった両親の話。アニメの「ワンピース」の主人公がラーメンをよく食べていたことから、日本のグルメに関心を持つようになり。「美味しい味を通して日本人の精神を感じることができる」と書いた作品もあった。作品集には、日本人も気づかない「日本の魅力」がちりばめられている。

「中国の若者が見つけた日本の新しい魅力」は、コンクールに協力した日本語教師による「私の日本語作文指導法」の体験記も収録されている。日本僑報社刊2,000円

http://duan.jp/item/267.html

最優秀賞と一等賞の作品5点は後日、「にほんごぷらっと」でも紹介します。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
26
全日 日本を救う「やさしい日本語」 – ... @ 龍谷大学 深草キャンパス 紫光館
日本を救う「やさしい日本語」 – ... @ 龍谷大学 深草キャンパス 紫光館
1月 26 – 2月 23 全日
講座概要  「やさしい日本語」とは、普通の日本語情報に、「人為的な加工」を施して、多くの人にとって理解しやすい情報にする取り組みです。外国人、高齢者、身体障害者といった情報弱者に必要な情報を提供し、また彼らの伝えたい情報をくみとることができるようになります。  大規模災害の際の情報提供はもちろん、平時における自分たちコミュニケーションスタイルの見直し、外国籍住民との交流や、インバウンド観光客へのアプローチなど、様々な面での応用が、大規模なコストをかけることなく実現できる可能性を秘めています。  「やさしい日本語」は「苦行」ではなく、「易行」です。「やさしい日本語」はやさしい日本人の心の中にあります。  この講座で「やさしい日本語」を是非ご体験ください。 講座回数 5 回 日 程2019-01-26(土) ~ 2019-02-23(土) 15:00 ~ 16:30 (1) 1月26日(土) 「やさしい日本語」の歴史と多文化共生社会 担当:三原 龍志 (2) 2月2日(土) 「やさしい日本語」と防災 担当:近藤 正憲 (3) 2月9日(土) 「やさしい日本語」と行政サービス 担当:近藤 正憲 (4) 2月16日(土) 「やさしい日本語」と観光 担当:近藤 正憲 (5) 2月23日(土) 「やさしい日本語」と私 担当:近藤 正憲
2月
23
10:00 AM 文部科学省委託「外国人児童生徒等... @ TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C
文部科学省委託「外国人児童生徒等... @ TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C
2月 23 @ 10:00 AM – 5:00 PM
文部科学省委託「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」シンポジウム2018 日時:2019年2月23日(土)10:00-17:00 会場:TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C(JR品川駅高輪口徒歩1分) 定員:先着150名 ※参加費無料・要事前予約 詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.nkg.or.jp/…/…/uploads/2018/12/20190223momopro.pdf なお,本シンポジウムにてご報告いただく「モデルプログラムを活用した授業・研修事例」の報告者も募集しております。 http://www.nkg.or.jp/…/…/uploads/2018/11/20181009momopro.pdf
2:00 PM 「外国語習得を探検する~究極の言... @ 聖心女子大学4号館ブリット記念ホール
「外国語習得を探検する~究極の言... @ 聖心女子大学4号館ブリット記念ホール
2月 23 @ 2:00 PM – 4:00 PM
【学会連携】言語系学会連合主催イベント(参加費無料・要事前申込) 高野秀行氏(辺境ノンフィクション作家)特別講演会 「外国語習得を探検する~究極の言語学習者が語る言葉の世界~」 日時:2019年2月23日 (土)14:00-16:00 会場:聖心女子大学4号館ブリット記念ホール 参加費無料・要事前申込(定員先着300名) 詳しくはこちら http://www.nacos.com/gengoren/pdf/2018/UALS_poster.pdf
2月
24
全日 第47回 アカデミック・ジャパニー... @ 東京海洋大学
第47回 アカデミック・ジャパニー... @ 東京海洋大学
2月 24 全日
第47回 アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会 開催と発表者募集のお知らせ @ 東京海洋大学 | 港区 | 東京都 | 日本
第47回AJG研究会は2019年2月24日(日) 次回の第47回AJG研究会は2019年2月24日(日)10:00〜17:00(予定)に東京海洋大学品川キャンパスで行います。午前中は会員発表、午後は日向野幹也をお招きし「権限なきリーダーシップ」というテーマで講演とワークショップを行います。詳細は「研究会のご案内」をご覧ください。 参考ファイル:ダウンロード
ページ上部へ戻る