令和の時代に目指すべきは、「開かれた共生社会」

令和の時代に目指すべきは、「開かれた共生社会」

新しい元号「令和」が発表された2019年4月1日、外国人労働者の受け入れ拡大の改正入管法が施行され、法務省の外局として「出入国在留管理庁」が発足した。平成元年(1989年)にも、日系人受け入れの入管法の大改正があった。人口減少の危機を背景に、平成は「入口と出口」で外国人の受け入れ拡大に大きく舵を切った時代だった。平成の時代も残すところ1か月。さて、令和はどんな時代になるのだろうか。

平成30年の昨年、安倍政権は思い切った外国人材受け入れ拡大を決断した。人手不足で中小企業は悲鳴を上げていた。アベノミクスが減速しそうになった。「開国」に踏み切らざるをえなかった。安倍政権は「移民政策とは異なる」と断ったうえで、「共生社会」の実現を目指すという。外国人から「選ばれる国」にならなければならないとも言った。

平成の時代を振り返ると、バブルに沸く中、「定住者」という日系人向けの在留資格を新設したことで、日系人がどっと来日した。もともと日本と血でつながる移民の子孫だ。事実上の移民のUターンだった。政府はデカセギだからすぐに帰るだろうとたかをくくっていたが、家族を呼び寄せるなどして、その数は一時30万人を超えた。

総務省は2006年、外国人との「多文化共生プラン」を作成。地方自治体の外国人対応の指針を示した。政府は外国人を「生活者」として扱うようにもなった。外国人の住民登録が始まり、「外国人市民」や「外国人町民」が私たちの隣人として暮らすようになった。外国人支援のボランティアが外国人に日本語を教え、NPOが困窮する外国人やその子供に手を差し伸べるようになった。

ところが、2008年のリーマンショックの際には、大手製造業の下請け企業は即座に日系人のクビを切り、政府は帰国支援金を出して帰国を促した。当時、日本人も職を失ったが、まずツケを押し付けられたのは外国人だった。だが、マスコミなどから企業への批判の声は出なかった。外国人は景気の調整弁でしかなかったのだ。傷心を胸の帰国した日系人は少なくなかった。

また、外国人受け入れでは、研修を名目にした技能実習生制度が拡大の一途を続けた。留学生を貴重な労働力として活用した。いわゆる「単純労働者」は受け入れない、と言っていながら、裏口から労働力としての外国人を受け入れてきた。平成の時代は、政府はそんな矛盾を抱えながら、外国人を受け入れてきた。

政府は昨年秋の臨時国会で入管法を改正し、ミドルスキルの外国人労働者の受け入れるため「特定技能」という在留資格を創設した。批判の多い技能実習生をシフトさせることを想定した仕組みだ。それでも5年間で14の業種に34万5000人の労働者の受け入れるという。従来の技能実習生や留学生なども受け入れるわけだから、外国人は急増するに違いない。

政府は、外国人支援のための「総合的対応策」をまとめているが、こちらの方は準備不足で対応の遅れが目に見えている。様々な機関での日本語教育をはじめ、多言語の相談窓口の設置、外国人児童生徒の教育の充実、外国人の支援組織の拡大、さらには日本人の意識を変えるための「多文化教育」が各方面で必要になるだろう。令和の時代には、様々な課題が待っている。平成から引き継いだ外国人問題の課題開設の対応に追われることになるのは間違いない。

日本が「外国人に選ばれる国」になるには、偏見や差別のない「共生社会」を作らなければならないのは当然だ。日本人が多様な文化を受容し、外国人の家族が住み続けたいと思う社会だ。内向きでない、寛容な「開かれた共生社会」。平成を引き継ぐ令和の時代には、そんな社会を目指すべきだ。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

4月
28
9:30 AM 日本語能力試験(JLPT)対策講座 – N... @ 千葉センタービル
日本語能力試験(JLPT)対策講座 – N... @ 千葉センタービル
4月 28 @ 9:30 AM – 3:30 PM
日本語教師のための実践勉強会」日本語能力試験(JLPT)対策講座  〜N3からN2へ〜 「効果的なJLPT対策の教え方を考えよう」  ※【満員御礼】4月14日「教師力アップ!JLPT対策講座」 キャンセル待ち多数、同一内容での開催のご要望多数! 好評につき追加開催決定しました! 今回はリクエスト企画といたしまして、ご要望の多かった JLPT対策講座 「教師力アップ!JLPT対策講座」1日集中セミナーです。 ********** ★第1部:「効果的な文法対策の教え方とは?」 ★第2部: 「効果的な読解対策の教え方とは?」  を2部制で開催します。  【セミナー概要】 「日本語能力試験対策をこれから始める方・教えている方向けのセミナー」です。  第1部: 「効果的な文法対策の教え方とは?」 皆さんは、JLPT対策の教え方に悩んでいませんか。  JLPT対策を教えている日本語教師からこんなお悩みをよく聞きます。 「これからJLPT対策を教えるが、教え方がわからない」 「文法の教え方に悩んでいる」 「学習者がなかなか文法が定着しない」 「JLPT対策のテキストがうまく使いこなせない」 「総合テキストの中の文法や語彙とJLPT対策の文法の教え方の違いがわからない」 「文法の類似表現の教え方がわからない」 など、日本語教師の方々のお悩みの方は少なくなりません。 第1部では「文法」に焦点をあて、 効果的な教え方を考えたいと思います。 JLPT対策の教え方は通常の授業の教え方とは異なります。  日本語学校では指定の教材で決められたスケジュールの下に、  各教師が工夫しながら教えなければなりません。 日本語学校や専門学校、また企業研修などでは教師裁量で教えるというところも多いようです。 また、プライベートレッスンでも教師裁量で教師が工夫しながら教えなければなりません。 専門学校の入試ではN2が合格の目安となっています。  就職試験でもN2取得必須という企業が多いです。  つまり、N2合格させることが一つの課題です。 ある日突然、JLPT対策を担当し、  非漢字圏学習者にJLPT対策の授業したとたん、  学生の反応もやる気も下がったという経験のある教師も少なくありません。  ただ単に与えられたスケジュールと教材をこなすだけでは効果は上がりません。 では、どうすればいいのでしょうか。  「学習者がワクワクするような仕掛け作り」が必要です。  それには「教師が教え方の幅を広げること」が必要です。 工夫次第では単調になりがちな試験対策の授業も  学習者がワクワクするような授業づくりが可能です。 単なる問題を解かせ、答え合わせをするだけの試験対策の授業では意味がありません。  では何のために、わざわざレッスンをするのでしょうか。  それは教師が学習者に「合格させるためのコツ」を教える必要があるからです。  N3からN2へ合格させるのはかなりの至難の技です。  「合格させるためのコツ」とは何でしょうか。 勉強会では単なる試験対策での教え方にならないような 「学習者がワクワクするような仕掛け作り」と、  「合格させるためのコツ」について以下の内容で行いたいと思います。 ✔︎JLPTとは? ✔︎JLPT対策の文法とは?  ✔︎JLPT対策を教える上での指導上のポイント  ✔︎授業例の紹介  ✔︎ワークショップ「市販教材を使って効果的な教え方を考えよう」 など 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ★第2部: 「効果的な読解対策の教え方とは?」  JLPT対策の読解を教えている日本語教師からこんなお悩みをよく聞きます。 「これからJLPT読解対策を教えるが、教え方がわからない」 「非漢字圏学習者と漢字圏学習者の混合クラスで教え方に悩んでいる」 「非漢字圏学習者の読解力が上がらず、教え方に悩んでいる」 「非漢字圏学習者に読解を教える際に、学習者が難しいと言って諦めてしまい、授業がうまくいかない」 「非漢字圏学習者の読解を教える際に、学習者に何を教えるか指導すべきポイントがわからない」 「読解の授業は設問に答えさせ、答え合わせをするというような単調な授業になってしまう」 「JLPT対策の読解の授業と通常の読解の授業との教え方の違いがわからない」 など、頭を悩ませている日本語教師の方が少なくありません。 JLPTの合格の分かれ道は、「読解」です。  いかに、読解で高得点を叩き出すかが問われます。  今回は「読解」に焦点をあて、 効果的な教え方を考えたいと思います。 専門学校の入試ではN2が合格の目安となっています。  就職試験でもN2取得必須という企業が多いです。  つまり、N2合格させることが一つの課題です。  N3からN2へ合格させるのはかなりの至難の技です。  N2合格者でも読解のスコアが低かったり、読解苦手だという声も少なくありません。 ある日突然、JLPT対策を担当し、非漢字圏学習者にJLPT対策の授業したとたん、  学生の反応もやる気も下がったという経験の教師も少なくありません。 では、どうすればいいのでしょうか。  「学習者がワクワクするような仕掛け作り」が必要です。  それには「教師が教え方の幅を広げること」が必要です。 勉強会では単なる試験対策での読解にならないような 「学習者がワクワクするような仕掛け作り」と、 「合格させるためのコツ」について以下の内容で行いたいと思います。 ✔︎通常授業の読解とは?  ✔︎JLPT対策の読解とは?  ✔︎JLPT対策の読解の指導上のポイントと授業例の紹介  ✔︎ワークショップ「読解嫌いな学習者の教え方を考えよう」  など 「三人寄れば文殊の知恵」 教え方には「マニュアル」はありません。  教え方の幅を広げ、教え方の引き出しをたくさん作ってみませんか。  皆さんで効果的な授業を考えてみませんか。  きっと明日への授業のヒントが見つかるはずです。  一人で悩まずに皆さんでお悩みをシェアしてお悩み解決の糸口を探しましょう!  皆さんで、キラキラ輝く日本語教師になりましょう。 ******** 【好評につき追加開催決定】 日本語能力試験(JLPT)対策講座  〜N3からN2へ〜 「効果的なJLPT対策の教え方を考えよう」 【主催】「日本語教師のための実践勉強会」【日時】:4月28日(日) ★第1部:9:30- 12:00「効果的な文法対策の教え方とは?」 ★第2部:13:00- 15:30「効果的な読解対策の教え方とは?」 【会場】:千葉県千葉市中央区富士見1丁目13-9 千葉センタービル3階A号室  【参加費】:5000円  ペア割(2人以上):4,500円 ※お申し込み時にお知らせください。 […]
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
5月
24
3:00 PM <2019年度大養協 春季大会シンポジ... @ 早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室
<2019年度大養協 春季大会シンポジ... @ 早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室
5月 24 @ 3:00 PM – 6:30 PM
本シンポジウムでは「改正入管法」に伴って日本社会において日本語教育がどのように変化し、これをどのように推進し実践していくべきかについて議論を深めます。 イベント詳細 2019年度 大養協春季大会シンポジウム 「改正入管法」と変化する日本語教育    周知の通り、2018年12月に外国人労働者の受け入れ拡大を目指す「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律(所謂、「改正入管法」)」が成立し、公布されました。特に特定1号外国人に対して、日常生活上、職業生活上又は社会生活上の支援を実施することが求められ、日本語教育は重要な課題の一つとなりました。さらに、超党派からなる日本語教育推進議員連盟は、国の責務として日本語教育を推進する法の準備を進めており、ここでも外国人労働者を雇用する企業に対し日本語学習を支援するよう求めています。  まさに、新たな日本社会が到来し、日本語教育の存在力が問われているといってよいでしょう。しかし、その一方で、日本語教師の待遇・高齢化やその資質と能力のあり方、各学習者に見合った短期間で効果的に日本語教育を行う方法の見直し等、課題は山積しております。また、都市圏と地方の違いも無視できません。  以上の問題意識から、本シンポジウムでは、日本語教育を推進している国会議員、外国人技能実習生の受け入れ監理団体及びそれに対する日本語教育関係者、外国人支援の専門家をお招きし、「改正入管法」に伴って日本社会において日本語教育がどのように変化し、そしてどのようにこれを推進し実践していくべきかを皆様と一緒に議論を深めたいと思います。   日時:2019年5月24日(金) 15時~18時30分 会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室 参加費:会員:1,000円、非会員:1,500円   <スケジュール> 14:30~15:00  受付開始 15:00〜           春季大会シンポジウム 司会:酒井順一郎(九州産業大学教授) 15:00~15:05  開会の挨拶 山本忠行(大養協代表理事 創価大学教授) 15:05~15:35 「『改正入管法』に伴う外国人労働者受け入れの課題と日本語教育」  山下ゆかり(NPO法人グローバルサポートセンター代表理事、行政書士) 15:35~16:05 「介護関連在留資格と日本語教育の強化」  宮崎里司(早稲田大学教授) 16:05~16:35 「外国人技能実習生の事業から見た「改正入管法」と日本語教育の問題点」  又賀良子(協同組合エヌケーユー代表理事 兼 東西商工協同組合企画部部長) 16:35~16:45  休憩 16:45~17:15 「日本語教育は外国人の受け皿の担い手になれるのかー『改正入管法』と日本語教育推進基本法案の視点からー」  田中宝紀(NPO法人青少年自立援助センター定住外国人支援事業部責任者) 17:15~17:45 「日本語教育推進基本法案と新たな日本語教育とは」  里見隆治(参議院議員、日本語教育推進議員連盟事務局次長) 17:45~18:25  パネルディスカッション・全体討論  パネラー:上述の報告者、在住外国人の方々(予定) 18:25~18:30 閉会の挨拶 鎌田美千子(大養協副代表理事 宇都宮大学准教授)
ページ上部へ戻る