令和の時代に目指すべきは、「開かれた共生社会」

令和の時代に目指すべきは、「開かれた共生社会」

新しい元号「令和」が発表された2019年4月1日、外国人労働者の受け入れ拡大の改正入管法が施行され、法務省の外局として「出入国在留管理庁」が発足した。平成元年(1989年)にも、日系人受け入れの入管法の大改正があった。人口減少の危機を背景に、平成は「入口と出口」で外国人の受け入れ拡大に大きく舵を切った時代だった。平成の時代も残すところ1か月。さて、令和はどんな時代になるのだろうか。

平成30年の昨年、安倍政権は思い切った外国人材受け入れ拡大を決断した。人手不足で中小企業は悲鳴を上げていた。アベノミクスが減速しそうになった。「開国」に踏み切らざるをえなかった。安倍政権は「移民政策とは異なる」と断ったうえで、「共生社会」の実現を目指すという。外国人から「選ばれる国」にならなければならないとも言った。

平成の時代を振り返ると、バブルに沸く中、「定住者」という日系人向けの在留資格を新設したことで、日系人がどっと来日した。もともと日本と血でつながる移民の子孫だ。事実上の移民のUターンだった。政府はデカセギだからすぐに帰るだろうとたかをくくっていたが、家族を呼び寄せるなどして、その数は一時30万人を超えた。

総務省は2006年、外国人との「多文化共生プラン」を作成。地方自治体の外国人対応の指針を示した。政府は外国人を「生活者」として扱うようにもなった。外国人の住民登録が始まり、「外国人市民」や「外国人町民」が私たちの隣人として暮らすようになった。外国人支援のボランティアが外国人に日本語を教え、NPOが困窮する外国人やその子供に手を差し伸べるようになった。

ところが、2008年のリーマンショックの際には、大手製造業の下請け企業は即座に日系人のクビを切り、政府は帰国支援金を出して帰国を促した。当時、日本人も職を失ったが、まずツケを押し付けられたのは外国人だった。だが、マスコミなどから企業への批判の声は出なかった。外国人は景気の調整弁でしかなかったのだ。傷心を胸の帰国した日系人は少なくなかった。

また、外国人受け入れでは、研修を名目にした技能実習生制度が拡大の一途を続けた。留学生を貴重な労働力として活用した。いわゆる「単純労働者」は受け入れない、と言っていながら、裏口から労働力としての外国人を受け入れてきた。平成の時代は、政府はそんな矛盾を抱えながら、外国人を受け入れてきた。

政府は昨年秋の臨時国会で入管法を改正し、ミドルスキルの外国人労働者の受け入れるため「特定技能」という在留資格を創設した。批判の多い技能実習生をシフトさせることを想定した仕組みだ。それでも5年間で14の業種に34万5000人の労働者の受け入れるという。従来の技能実習生や留学生なども受け入れるわけだから、外国人は急増するに違いない。

政府は、外国人支援のための「総合的対応策」をまとめているが、こちらの方は準備不足で対応の遅れが目に見えている。様々な機関での日本語教育をはじめ、多言語の相談窓口の設置、外国人児童生徒の教育の充実、外国人の支援組織の拡大、さらには日本人の意識を変えるための「多文化教育」が各方面で必要になるだろう。令和の時代には、様々な課題が待っている。平成から引き継いだ外国人問題の課題開設の対応に追われることになるのは間違いない。

日本が「外国人に選ばれる国」になるには、偏見や差別のない「共生社会」を作らなければならないのは当然だ。日本人が多様な文化を受容し、外国人の家族が住み続けたいと思う社会だ。内向きでない、寛容な「開かれた共生社会」。平成を引き継ぐ令和の時代には、そんな社会を目指すべきだ。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター
    • PeterVof
    • 2020年 1月 13日

    Hello, reprimand you http://cialisxtl.com in spite of phrase! show cialis working
    viagra results

  2. What’s up i am kavin, its my first time to commenting anyplace,
    when i read this article i thought i could also create comment due
    to this sensible piece of writing.

  3. Hi there to every , for the reason that I am really keen of reading this website’s post to be updated regularly.
    It includes good data.

  4. アバター

    Do you mind if I quote a couple of your posts as
    long as I provide credit and sources back to your website?
    My blog site is in the very same area of interest as yours and my users
    would certainly benefit from a lot of the information you provide here.
    Please let me know if this alright with you. Appreciate it!

  5. Excellent items from you, man. I’ve remember your stuff previous to and you are simply too fantastic.

    I really like what you’ve obtained here, certainly like what you are saying
    and the best way during which you assert it. You make it enjoyable and you continue to take care of to keep it smart.
    I cant wait to learn far more from you. That is really a terrific site.

  6. アバター

    Veterinary Cephalexin [url=http://deantxi.com]cialis overnight shipping from usa[/url] Nexium Dapoxetina Con Viagra

  7. アバター

    Amoxil Suspension Kamagra Oral Jelly 100mg Wiki Informacion Sobre La Viagra [url=http://allngos.com][/url] Where To Purchase Acticin Permite Levothyroxine In The Uk

  8. I got this site from my pal who informed me concerning this web site and now
    this time I am visiting this site and reading very informative content at this time.

  9. Hello i am kavin, its my first occasion to commenting anyplace,
    when i read this article i thought i could also create comment due to this sensible article.

  10. Hi there, You’ve done an excellent job. I’ll definitely digg
    it and personally recommend to my friends. I’m confident they’ll be
    benefited from this site.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
18
12:00 PM パワーポイント入門! なりたい日本... @ 東京スクエアーガーデン6階 環境情報センター セミナー室
パワーポイント入門! なりたい日本... @ 東京スクエアーガーデン6階 環境情報センター セミナー室
1月 18 @ 12:00 PM – 2:00 PM
日本語教師の皆さん! まだ紙のフラッシュカードを使って授業していますか? イラストは手書きですか? お家の中は教材でいっぱいじゃありませんか? 時間がかかるし、イラストも苦手・・ 紙のフラッシュカードはバラバラになっちゃう・・・ 日本語業界でもICT化が進んでいるけど、とにかくまずはパワーポイントが使えなきゃ! でも今さら誰にも聞けない・・・ そんなお悩みを持っている先生にやさしくパワーポイントの使い方をお教えします。 パワーポイントでできること 作成や保存の仕方 基本的な文字入力 イラストの挿入方法 イラスト教材の作り方の基礎 などなど、文字のフラッシュカードとイラスト教材を1つ作ることを目標に学んでいきましょう!
1月
19
2:00 PM 外国につながりのある生徒のための... @ kokoka京都市国際交流会館 3 階研修室
外国につながりのある生徒のための... @ kokoka京都市国際交流会館 3 階研修室
1月 19 @ 2:00 PM – 4:00 PM
外国につながりのある生徒のための日本語支援のあり方について ―『中学生のにほんご』を例としてー http://kicainc.jp/seminar/images/s20200119.pdf 日 時: 2020 年 1 月 19 日(日)14:00~16:00 (受付 13:30~) 会 場: kokoka京都市国際交流会館 3 階研修室 (京都市左京区粟田口鳥居町2-1) 京都市営地下鉄東西線 「蹴上駅」 下車 北へ徒歩 5 分 定 員: 40 人 参 加 費: 1,000 円(KICA 会員 無料) 主 催: 一般財団法人 京都国際文化協会(KICA) 協 力: スリーエーネットワーク 問合せ/申込み (一財)京都国際文化協会 Mail:kica@kicainc.jp Tel:075-751-8958
1月
25
1:00 AM 多文化共生シンポジウム @ TKP 大阪本町カンファレンスセンター
多文化共生シンポジウム @ TKP 大阪本町カンファレンスセンター
1月 25 @ 1:00 AM – 5:30 AM
多文化共生シンポジウム テーマ:地域連携、異文化コミュニケーション、多文化共生、人づくり、街づくり 今まで以上に様々な国の人たちが関わって社会を創っていく日本にとって、必要なことはどんなことか、何をすべきかなど、様々な分野の方の意見をもとに話し合います。これまでの日本語教育の視点だけではなく、「共に生きる」から、テーマを掘り下げていきます。地域において外国人の生活や日本語の支援をしている方、地方公共団体のご担当者、日本語学校の先生など、ぜひご参加ください。 スケジュール 13:00 受付開始 13:30~15:30 パネルディスカッション(パネリスト講演) 15:30~15:45 休憩 15:45~16:45 パネルディスカッション 16:45~17:30 まとめ 登壇者(敬称略) 伊東祐郎(国際教養大学専門職大学院教授) 澤田幸子(合同会社おおぞら日本語サポート理事) 徳井厚子(信州大学教育学部教授) 深江新太郎(NPO多文化共生プロジェクト代表) 増田麻美子(文化庁国語課日本語教育専門職) 主催:株式会社アルク、株式会社凡人社
ページ上部へ戻る