令和の時代に目指すべきは、「開かれた共生社会」

令和の時代に目指すべきは、「開かれた共生社会」

新しい元号「令和」が発表された2019年4月1日、外国人労働者の受け入れ拡大の改正入管法が施行され、法務省の外局として「出入国在留管理庁」が発足した。平成元年(1989年)にも、日系人受け入れの入管法の大改正があった。人口減少の危機を背景に、平成は「入口と出口」で外国人の受け入れ拡大に大きく舵を切った時代だった。平成の時代も残すところ1か月。さて、令和はどんな時代になるのだろうか。

平成30年の昨年、安倍政権は思い切った外国人材受け入れ拡大を決断した。人手不足で中小企業は悲鳴を上げていた。アベノミクスが減速しそうになった。「開国」に踏み切らざるをえなかった。安倍政権は「移民政策とは異なる」と断ったうえで、「共生社会」の実現を目指すという。外国人から「選ばれる国」にならなければならないとも言った。

平成の時代を振り返ると、バブルに沸く中、「定住者」という日系人向けの在留資格を新設したことで、日系人がどっと来日した。もともと日本と血でつながる移民の子孫だ。事実上の移民のUターンだった。政府はデカセギだからすぐに帰るだろうとたかをくくっていたが、家族を呼び寄せるなどして、その数は一時30万人を超えた。

総務省は2006年、外国人との「多文化共生プラン」を作成。地方自治体の外国人対応の指針を示した。政府は外国人を「生活者」として扱うようにもなった。外国人の住民登録が始まり、「外国人市民」や「外国人町民」が私たちの隣人として暮らすようになった。外国人支援のボランティアが外国人に日本語を教え、NPOが困窮する外国人やその子供に手を差し伸べるようになった。

ところが、2008年のリーマンショックの際には、大手製造業の下請け企業は即座に日系人のクビを切り、政府は帰国支援金を出して帰国を促した。当時、日本人も職を失ったが、まずツケを押し付けられたのは外国人だった。だが、マスコミなどから企業への批判の声は出なかった。外国人は景気の調整弁でしかなかったのだ。傷心を胸の帰国した日系人は少なくなかった。

また、外国人受け入れでは、研修を名目にした技能実習生制度が拡大の一途を続けた。留学生を貴重な労働力として活用した。いわゆる「単純労働者」は受け入れない、と言っていながら、裏口から労働力としての外国人を受け入れてきた。平成の時代は、政府はそんな矛盾を抱えながら、外国人を受け入れてきた。

政府は昨年秋の臨時国会で入管法を改正し、ミドルスキルの外国人労働者の受け入れるため「特定技能」という在留資格を創設した。批判の多い技能実習生をシフトさせることを想定した仕組みだ。それでも5年間で14の業種に34万5000人の労働者の受け入れるという。従来の技能実習生や留学生なども受け入れるわけだから、外国人は急増するに違いない。

政府は、外国人支援のための「総合的対応策」をまとめているが、こちらの方は準備不足で対応の遅れが目に見えている。様々な機関での日本語教育をはじめ、多言語の相談窓口の設置、外国人児童生徒の教育の充実、外国人の支援組織の拡大、さらには日本人の意識を変えるための「多文化教育」が各方面で必要になるだろう。令和の時代には、様々な課題が待っている。平成から引き継いだ外国人問題の課題開設の対応に追われることになるのは間違いない。

日本が「外国人に選ばれる国」になるには、偏見や差別のない「共生社会」を作らなければならないのは当然だ。日本人が多様な文化を受容し、外国人の家族が住み続けたいと思う社会だ。内向きでない、寛容な「開かれた共生社会」。平成を引き継ぐ令和の時代には、そんな社会を目指すべきだ。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Excellent items from you, man. I’ve remember your stuff previous to and you are simply too fantastic.

    I really like what you’ve obtained here, certainly like what you are saying
    and the best way during which you assert it. You make it enjoyable and you continue to take care of to keep it smart.
    I cant wait to learn far more from you. That is really a terrific site.

  2. アバター

    Veterinary Cephalexin [url=http://deantxi.com]cialis overnight shipping from usa[/url] Nexium Dapoxetina Con Viagra

  3. アバター

    Amoxil Suspension Kamagra Oral Jelly 100mg Wiki Informacion Sobre La Viagra [url=http://allngos.com][/url] Where To Purchase Acticin Permite Levothyroxine In The Uk

  4. I got this site from my pal who informed me concerning this web site and now
    this time I am visiting this site and reading very informative content at this time.

  5. Hello i am kavin, its my first occasion to commenting anyplace,
    when i read this article i thought i could also create comment due to this sensible article.

  6. Hi there, You’ve done an excellent job. I’ll definitely digg
    it and personally recommend to my friends. I’m confident they’ll be
    benefited from this site.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

8月
29
全日 第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
8月 29 – 8月 31 全日
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム 主催:ヨーロッパ日本語教師会(AJE) 日時:  2019年8月29日(木)〜 31日(土) 場所(会場): ベオグラード大学(セルビア) テーマ:ローカル・グローバルな日本言語・文化教育 Sections: Spheres of Use Teaching Methodologies Teaching Experience Multiculturalism and Teaching Teaching Resources 発表募集は10月から公開いたします。
8月
31
1:00 PM 『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
8月 31 @ 1:00 PM – 5:00 PM
『みんなの日本語 初級』を使ったことはあるけれど「基本的な授業の組み立て方がイマイチよくわからない」「練習がワンパターンになりがちで…」「学習項目が定着しないのはなぜ?」「もっと上手く教科書を活用したいんだけど…」といったお悩みをお持ちの新人日本語教師を対象として、『新日本語の基礎』『みんなの日本語 初級』『同 中級』の制作に携わってこられた石澤弘子先生にお話しいただきます。 セミナーでは本シリーズを改めてご紹介しながら、本書を使った基本的な教え方を確認し、初級の学習項目の定着を促すための練習や、活動を進めるために必要な手順・段取りを、具体的に紹介するような構成を考えております。 【講 師】 石沢弘子(KOYO国際学院 校長、元目白大学教授、『みんなの日本語』監修者) 【内 容】 第1部 『みんなの日本語 初級Ⅰ』を使った初級前期の授業づくり ・『みんなの日本語 初級Ⅰ 第2版』の概要 ・日本語でできるようになること(目標) ・各課の授業の流れと教科書の流れ ・授業の準備、効果的な授業の進め方(導入、練習方法、会話) ・授業例:(動詞文、動詞の活用など) 第2部 『みんなの日本語 初級Ⅱ』を使った初級後期の授業づくり ・初級後期の日本語能力の目標 ・『みんなの日本語 初級Ⅱ 第2版』の全体的俯瞰 ・授業例:(30・31課など) ・指導上の留意点と対応 ・コミュニケーションに必要な日本語能力
9月
7
10:00 AM 日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
9月 7 @ 10:00 AM – 5:00 PM
プログラム ​10:30~12:00 講演 *「日常会話」のためのコミュニケーション能力を育てる ―学習者が日本語で適切に意図を伝えられるようになるために― 講師 清水崇文氏(上智大学) ​13:30~15:00 ワークショップ①(講師名五十音順) 下記より1つお選びいただけます。 *変わりゆく入管政策―日本語教育者が知っておきたい改正入管法の見方― 講師 小松原祥一氏(東京ビザ申請サポート 行政書士 小松原事務所) *ライティング評価における「構成」を考える―フローチャートを活用して― 講師 田中真理氏(名古屋外国語大学・名誉教授)、坪根由香里氏(大阪観光大学) *はじめよう、授業でディベート 講師 内藤真理子氏(神田外語大学) *そもそも論から考える教育とICT―授業に取り入れるために― 講師 藤本かおる氏(武蔵野大学) ​15:30~17:00 ワークショップ②(講師名五十音順) 下記より一つお選びいただけます。 *コーパスからのデータを授業に生かすには 講師 中俣尚己氏(京都教育大学) *非漢字系学習者を対象にした漢字指導―多様な活動で楽しさを―【第2弾】 講師 濱川祐紀代氏(目白大学) *映像メディアを授業に取り入れるときの留意点を考えよう! 講師 保坂敏子氏(日本大学)、高橋薫氏(早稲田大学) ◆本ワークショップは反転授業で行いますので、事前に下の映像教材を視聴の上、ワークショップにご参加ください。ワークショップのはじめにビデオ内容に関するグループ討論を行います。 NHK for schoolのメディアタイムズ19回(10分)「どうやって作られる? イメージ」 *言語習得につなげる聴解指導―大規模テストでは測れない聴解能力に注目して― 講師 横山紀子氏(昭和女子大学)
ページ上部へ戻る