「社会を支える人材を国が積極支援を」――日系人としての想いを朝日新聞のインタビュー記事で語るオチャンテさん

「社会を支える人材を国が積極支援を」――日系人としての想いを朝日新聞のインタビュー記事で語るオチャンテさん                                                                                                                                                                                                          

朝日新聞は4月16日の朝刊のオピニオンの欄で、日系ペルー人4世のオチャンテ・村井・ロサ・メルセデスさんのインタビュー記事を掲載した。オチャンテさんは2018年2月3日「にほんごぷらっと」の当欄(時代のことば)に「『日系4世』そして、『移民第1.5世代』として生きて」と題した一文を寄稿してくれた。大学教員となって外国にルーツのある子供たちの教育を研究するオチャンテさん。今回のインタビュー記事でも、「『とにかく頑張って高校を卒業するように』と、親にも本人にもいつも伝えています」と教育の重要性を訴える。

オチャンテさんはデカセギで日本に渡航していた両親の呼び寄せで来日。三重県伊賀市の中学校に3年に編入した時は「日本語ゼロ」だった。国際教室で日本語を勉強し、音楽、体育、英語の授業の時だけクラスに戻った。中学校にはわずか2カ月しか通わなかったが、定時制高校の試験を受けて合格。がんばり屋のオチャンテさんは、その後、大学に進学して母校の中学校で外国にルーツのある子供の支援をしたことで教育の重要性を痛感し、教育者になることを決意し大学院に進んだ。

定時制高校の時代をインタビュー記事でこう振り返る。「外国出身や60歳を過ぎた生徒もいて、頑張ろうという雰囲気がありました。朝8時からカメラの部品工場で働き、夕方5時半から授業でした。熱心な先生が毎日その30分前から日本語を特訓してくださいました。夜9時の学校を終え、自転車で40分かけて家に帰ると、寝るだけです。4年間、そんな生活を続けて卒業しました」。「熱心な先生が毎日その30分前から日本語を特訓してくださいました。夜9時に学校を終え、自転車で40分かけて家に帰ると、寝るだけです。4年間、そんな生活を続けて卒業しました」

そう語るオチャンテさんだが、「私が大学院まで進めたのは、偶然の積み重ねです」とあくまで謙虚だ。「授業時間以外に日本語を教えてくれた先生、生活の相談に応じてくれたスペイン語の話せる日本人ボランティアの方。たまたま、いい人たちに巡りあえたからです」と言うのだ。外国人の子供が成長する過程では、日本人のサポートが大きな支えになるのも事実だろう。

1989年の入管法改正によって「定住者」という在留資格ができたことで、ブラジル、ペルーなど南米から日系が相次ぎデカセギとして来日するようになった。オチャンテさんのような移民第二世代も20代から30代を迎える。日本生まれの日系人も増えているが、マイノリティの子供はいじめを対象になるなど様々な課題を抱えている。高校の進学率はまだ低い。進学しても中退してしまう生徒も少なくない。

「言葉がわからず勉強についていけないのです。親が病気になり、学費が払えないこともあります。中退すると居場所がなくなり、悪いことをする若者も出てきます。就職しても不安定な職しかありません。『とにかく頑張って高校を卒業するように』と、親にも本人にも伝えています」と話すオチャンテさん。自身が大学の教壇に立つようになり、「教え子は小中学校の教員を目指しています。これからは全国どこの学校にも、外国にルーツを持つ子供がいる時代になります。私の経験が生かされ、どんな子供にとっても居心地のいい教室があちこちにできるとうれしいです」と語る。

2018年12月の入管法の改正で外国人の受け入れ枠が拡大され、生活者としての外国人がさらに増える見通しだ。その受け入れに関してオチャンテさんは「もはや民間任せの支援や人々の善意だけでは限界です。外国人は『お荷物』ではなく社会を支える人材です。国が十分な予算を確保し積極的に生活支援に乗り出して欲しい」と期待感を示す。

オチャンテさんは昨年2月に「にほんごぷらっと」に寄稿してくれた時は、奈良学園大学人間教育学部人間教育学科助教だったが、その後、桃山学院教育大学講師に。順調にステップアップしているようだ。

オチャンテさんが「にほんごぷらっと」に投稿してくれた原稿は、以下のURLで読むことができます。

http://www.nihongoplat.org/author/rosa-mercedes-ochante-muray/

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Howdy! Quick question that’s entirely off topic. Do you know how to make your site mobile friendly?
    My web site looks weird when viewing from my iphone 4.
    I’m trying to find a theme or plugin that might be
    able to correct this problem. If you have any suggestions, please
    share. Cheers!

  2. Hello, i feel that i saw you visited my site thus i got
    here to go back the favor?.I’m trying to find issues to
    enhance my website!I guess its good enough to use some of your ideas!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

11月
30
12:15 PM 日本e-Learning学会 第22回学術講演会 @ 上智大学 四谷キャンパス
日本e-Learning学会 第22回学術講演会 @ 上智大学 四谷キャンパス
11月 30 @ 12:15 PM – 5:10 PM
◆◆日本e-Learning学会 第22回学術講演会◆◆ 【開催概要】 日 時:2019年11月30日(土)12:45~(受付 12:15~) 場 所:上智大学 四谷キャンパス(東京都千代田区紀尾井町7-1) https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html 参加費:会 員   6,000 円(当日 8,000 円) 非会員   8,000 円(当日 10,000 円) 学生会員  無料 学生非会員 4,000 円(当日 4,000 円) 【詳細、参加お申込みURL】 http://jela.jp/event/22th/ 【当日のプログラム 】 12:15~12:45 受付 12:45~13:00 開会式 13:00~13:20 学生セッション(1) 脇弘太(静岡大学) 「代数的変形に対応した拡張数式検索システムの提案」 13:20~13:40 学生セッション(2) 平田康人(神奈川大学) 「大規模システムに対応可能なビジュアル型言語の設計と開発」 13:40~14:00 学生セッション(3) 田尻紘生(神奈川大学) 「ファイバスコープを用いた昆虫3D映像撮影システム」 14:00~14:20 学生セッション(4) 張晋華、福田隼翼(神奈川大学) 「RoBoHoNを用いた子供向け学習システムの提案」 14:20~14:40 学生セッション(5) 佐々木卓也、齋藤 尭之(神奈川大学) 「英会話時における心理的不安を除いた Pepper英会話学習システムの開発」 14:50~15:10 学生セッション(6) ミルシャティトゥラフ(東京工科大学) 「オフラインで利用できる顔認識カメラを用いた 教育支援システムの効果について」 15:10~15:30 学生セッション(7) 黒須崚太(神奈川大学) 「学習者の理解度によって難易度が変化する電子書籍執筆 システムの研究」 15:30~15:50 学生セッション(8) 中島大樹(神奈川大学) 「VRを用いた応急手当学習システムの提案」 15:50~16:10 学生セッション(9) 福田大貴、村上力哉(神奈川大学) 「処理のイメージと作成過程の動画を用いた初学者向け Scratch学習システムの提案」 16:20~16:45 一般・実践セッション(1) 筒井洋一(成安造形大学) 「既存の枠組みを越えるオンライン高大連携授業 ―Zoomオンライン・インタビューの意義―」 16:45~17:10 一般・実践セッション(2) 浦野新(株式会社ITSC) 「電子書籍(EPUB)による学習環境の構築」 17:20~     閉会式 【お問合せ先】 特定非営利活動法人日本e-Learning学会 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学理工学部情報理工学科田村研究室内 Mail:staff@ml.jela.jp JeLAお問合せフォーム:http://jela.jp/contact/
2:00 PM 再開催!東京 なりたい日本語教師に... @ 東京交通会館ビル10F メディア総研株式会社会議室
再開催!東京 なりたい日本語教師に... @ 東京交通会館ビル10F メディア総研株式会社会議室
11月 30 @ 2:00 PM – 4:00 PM
再開催!ワークショップ ① 学習者が主体のアクティブな授業作り〜イラストからアプローチする方法〜 学習者が主体の授業を!と言われるけれど・・・ まず何から始めますか? どのように学習者を動かしますか? 教材をどう料理しますか? 学習者が主体の授業といってもそのアプローチの仕方や方法は様々です。 「学習意欲」を高め、「自ら学び考える力」を身に付けさせ、「日本語力」を向上させるために 我々教師こそが脳内を変化させ、たくさんのアイテムを持ち合わせていかなければなりません。 しかし学習者だって教師だって突然「アクティブな授業を!」と言われても戸惑ってしまいますものね。 山頂を目指すには準備と訓練が必要です。我々教師も一歩ずつ「学習者が主体の授業作り」を理解し訓練していきましょう。 今回はイラストなどのビジュアル教材を使用したアプローチの仕方を考えていきます。 ビジュアル教材を単なる「見るもの」としてだけではなく「読む」「話す」「書く」に導く方法を一緒に学びたいと思います。 初期の段階から学習者の「考える脳」を鍛えられるようなAYA流の授業作りを体感してみませんか。 ✅アクティブラーニングって何? ✅本当はどうすればいいの? ✅「発問」って何? どうするの? と悩んでいる先生方、もっと腕を磨きたいと思っている先生方、活動をきちんと分析して授業し、効果が出せるようにしませんか。 一緒に語り合い学べば山頂もいつか必ず見えてくるはずです。 ※日本語教師AYAのワークショップは、知らず知らずのうちにテーマの世界に入っていき、リフレクションして、気が付いたらテーマを理解していたという流れになっています。ワークとAYAの実践例を交えた解説でしっかりと脳の中に刻まれていくことと思います。まずは日本語教師が学び、新しい思考を持つこと。思考は体感することでしか変わりません。
12月
1
1:30 PM 【名古屋】 日本語サロン研修会@... @ ECC 日本語学院名古屋校
【名古屋】 日本語サロン研修会@... @ ECC 日本語学院名古屋校
12月 1 @ 1:30 PM – 3:30 PM
【名古屋】 日本語サロン研修会@名古屋 語彙学習を考えよう ~『語彙ドン!』(くろしお出版発行)コンセプト・活用例とともに~ [日時] 2019年12月1日(日)13:30~15:30(受付開始13:00) 場所:ECC 日本語学院名古屋校 (名古屋市金山 1-16-16 金山ビル7階) <アクセス> [対象] 日本語教師(主に地域学習支援者日本語学校/専任・非常勤、大学非常勤),語学教師 [参加費] 無料 ※要予約 [定員] 定員:60名(先着順、定員になり次第締め切ります) [講師] 石澤徹先生(東京外国語大学 大学院国際日本学研究院) [内容/スケジュール] 学習者が「どうやって語彙を覚えればいいかわからない」と悩んでいるとき、皆さんはどんなアドバイスをしますか。『語彙ドン!』は、大学・専門学校で学ぶうえで不可欠なことばを、効率よく・楽しく・繰り返し学習できる教材を提供したいと考えて制作いたしました。 今回の研修会では、コンセプトや活用例を交えたお話をさせていただければと思います。 皆さんの目の前にいる学生の学びをどう支えるか、考えるきっかけにしていただけると幸いです。 講義とワークショップを織り交ぜながら進める予定です。語彙の増やし方についていっしょに考えてみませんか。 [主催] 凡人社 [お問い合わせ・申し込み先 (担当:凡人社/坂井)] TEL:03-3263-3959 FAX:03-6733-7887 E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp ※ご参加申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会@名古屋(12/1)」と入れて, 本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。)
ページ上部へ戻る