やさしい日本語とAI翻訳が出会う時 その1 やさしい日本語が総務省にたどり着くまでの道

やさしい日本語とAI翻訳が出会う時。
その1 やさしい日本語が総務省にたどり着くまでの道。

総務省は2019年4月19日、「デジタル活用共生社会実現会議」報告書(以下「報告書」)で「多言語対応・オープンデータの推進等」の中に「多言語音声翻訳へのやさしい日本語活用」を明記した。法務省に続き、国政レベルで「やさしい日本語」の価値を認めるようになったことは大変な進歩である。こうした進歩の道をこのコラムを通じてお伝えしたい。

2014年に発足した「2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会(以下「協議会」)」は、「言葉のバリアフリー」と「ICT(情報通信技術)の活用」を掲げ、公共サインなどは日本語・英語+ピクトグラムを基本とした上で必要に応じ韓国語・中国語・その他の言語での併記を進め、口頭のコミュニケーションは多言語音声翻訳ツール(以下「AI翻訳」)を活用するという形で多言語対応に取り組んでいた。

当時小平市から東京都に出向し協議会事務局を担当していた萩元直樹氏は、リオデジャネイロ2016パラリンピック視察中に、総務省の関係機関である情報通信研究機構(NICT)が開発した多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra」を現地とのコミュニケーションで使ってみたところ、かんたんな日本語で入力すればポルトガル語でも十分翻訳できることに気がついた。そこから萩元氏は防災減災・公文書言い換えなどで研究が進んでいた「やさしい日本語」に注目し、ICT活用での連携を進めようと考えた。

そして2016年12月の協議会の「多言語対応・ICT化推進フォーラム」で「やさしい日本語の可能性」というタイトルのパネルディスカッション開いた。パネリストにはやさしい日本語研究の権威である弘前大学佐藤和之教授と一橋大学庵功雄教授、現場で導入している横浜市幹部に加え、当時柳川市でやさしい日本語ツーリズム事業を立ち上げた私も招聘された。「多言語対応」というテーマでやさしい日本語が取り上げられたシンポジウムは、初めてだったと思われる。

当時私は日本人側が言葉を調整することの意義を伝えるのに精一杯だったため、万能感で語られることの多いAI翻訳には否定的だった。しかし「やさしい日本語」に、どのように言葉を調整しどのように相手の理解を検証するか、そしてどのように継続的に学ぶ場を提供するか、ということに限界を感じ始めていた。さらに、「やさしい日本語」で「仲良くなる」ことは可能だとしても、命・人権にかかわることなど重要な情報については、プロの通訳やAI翻訳を使ってでも相手の母語を保障することが必要だと考えるようになった。

そして改めてVoiceTraに注目したところ、実はやさしい日本語のトレーニングツールとして最適であることに気がついた。そして2018年の日経BP「グローバル人材2018」で、「AI翻訳は『やさしい日本語』で使いこなす」という講演を行なった。これ以降、私の講演はすべてこの多言語対応の枠組みの中で話している。

この講演の直後に、小平市に戻っていた萩元氏から「『やさしい日本語×多言語音声翻訳』をテーマに、小平市の住民がVoiceTraを使って地元外国人・訪日外国人と交流する企画を実施する。初回はNICTからも講師を呼ぶので、やさしい日本語ツーリズム研究会として講演をしてくれないか」との依頼があり、受託した。萩元氏は小平市に戻ってからも自らの構想を着々と練り実現のために尽力していた。そして私はこの講演をきっかけにNICTとも直接面識を持つこととなり、AI翻訳活用に関する知見も増えていった。

小平市での一連の取り組みは、内閣官房が進める「beyond2020」の優良事例として選定された。時期を同じくして、私の活動に注目し「やさしい日本語」をゼミ活動にも取り入れていた明治大学国際日本学部の山脇啓造教授が、総務省のデジタル活用共生社会実現会議のICT地域コミュニティ創造部会委員となり、小平市の事例を総務省の事務方に紹介したところ、萩元氏自身が部会メンバーにプレゼンをする機会を得た。これが今回の総務省の方針決定に大きな影響を及ぼしているのは間違いない。

萩元氏は多言語対応・ICT活用の視点からやさしい日本語に行き着き、私は日本語教育から派生したやさしい日本語から、多言語対応や言語保障の新しいあり方に行き着いた。これら2つのやさしい日本語は、本来基準や性格が違うものである。

そもそもこれまで国政レベルでやさしい日本語が取り上げられてこなかった理由の一つに、定義があいまいで法制化にそぐわないということが挙げられる。しかし総務省は報告書でやさしい日本語について「その性質上、多言語音声翻訳システムと親和性が高く、(中略)多言語音声翻訳の精度向上が期待できる」と明記した。今後やさしい日本語は、日本語を多少でも理解するかしないかに関わらず、多言語対応のための重要な考え方として新たな発展を見せていくことだろう。

吉開 章

吉開 章(よしかい・あきら)

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Hey There. I discovered your blog the use of
    msn. This is an extremely well written article.
    I will make sure to bookmark it and come back to read more
    of your useful info. Thanks for the post. I’ll definitely return.

  2. アバター

    I couldn’t resist commenting. Well written!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
18
12:00 PM パワーポイント入門! なりたい日本... @ 東京スクエアーガーデン6階 環境情報センター セミナー室
パワーポイント入門! なりたい日本... @ 東京スクエアーガーデン6階 環境情報センター セミナー室
1月 18 @ 12:00 PM – 2:00 PM
日本語教師の皆さん! まだ紙のフラッシュカードを使って授業していますか? イラストは手書きですか? お家の中は教材でいっぱいじゃありませんか? 時間がかかるし、イラストも苦手・・ 紙のフラッシュカードはバラバラになっちゃう・・・ 日本語業界でもICT化が進んでいるけど、とにかくまずはパワーポイントが使えなきゃ! でも今さら誰にも聞けない・・・ そんなお悩みを持っている先生にやさしくパワーポイントの使い方をお教えします。 パワーポイントでできること 作成や保存の仕方 基本的な文字入力 イラストの挿入方法 イラスト教材の作り方の基礎 などなど、文字のフラッシュカードとイラスト教材を1つ作ることを目標に学んでいきましょう!
1月
19
2:00 PM 外国につながりのある生徒のための... @ kokoka京都市国際交流会館 3 階研修室
外国につながりのある生徒のための... @ kokoka京都市国際交流会館 3 階研修室
1月 19 @ 2:00 PM – 4:00 PM
外国につながりのある生徒のための日本語支援のあり方について ―『中学生のにほんご』を例としてー http://kicainc.jp/seminar/images/s20200119.pdf 日 時: 2020 年 1 月 19 日(日)14:00~16:00 (受付 13:30~) 会 場: kokoka京都市国際交流会館 3 階研修室 (京都市左京区粟田口鳥居町2-1) 京都市営地下鉄東西線 「蹴上駅」 下車 北へ徒歩 5 分 定 員: 40 人 参 加 費: 1,000 円(KICA 会員 無料) 主 催: 一般財団法人 京都国際文化協会(KICA) 協 力: スリーエーネットワーク 問合せ/申込み (一財)京都国際文化協会 Mail:kica@kicainc.jp Tel:075-751-8958
1月
25
1:00 AM 多文化共生シンポジウム @ TKP 大阪本町カンファレンスセンター
多文化共生シンポジウム @ TKP 大阪本町カンファレンスセンター
1月 25 @ 1:00 AM – 5:30 AM
多文化共生シンポジウム テーマ:地域連携、異文化コミュニケーション、多文化共生、人づくり、街づくり 今まで以上に様々な国の人たちが関わって社会を創っていく日本にとって、必要なことはどんなことか、何をすべきかなど、様々な分野の方の意見をもとに話し合います。これまでの日本語教育の視点だけではなく、「共に生きる」から、テーマを掘り下げていきます。地域において外国人の生活や日本語の支援をしている方、地方公共団体のご担当者、日本語学校の先生など、ぜひご参加ください。 スケジュール 13:00 受付開始 13:30~15:30 パネルディスカッション(パネリスト講演) 15:30~15:45 休憩 15:45~16:45 パネルディスカッション 16:45~17:30 まとめ 登壇者(敬称略) 伊東祐郎(国際教養大学専門職大学院教授) 澤田幸子(合同会社おおぞら日本語サポート理事) 徳井厚子(信州大学教育学部教授) 深江新太郎(NPO多文化共生プロジェクト代表) 増田麻美子(文化庁国語課日本語教育専門職) 主催:株式会社アルク、株式会社凡人社
ページ上部へ戻る