やさしい日本語とAI翻訳が出会う時 その1 やさしい日本語が総務省にたどり着くまでの道

やさしい日本語とAI翻訳が出会う時。
その1 やさしい日本語が総務省にたどり着くまでの道。

総務省は2019年4月19日、「デジタル活用共生社会実現会議」報告書(以下「報告書」)で「多言語対応・オープンデータの推進等」の中に「多言語音声翻訳へのやさしい日本語活用」を明記した。法務省に続き、国政レベルで「やさしい日本語」の価値を認めるようになったことは大変な進歩である。こうした進歩の道をこのコラムを通じてお伝えしたい。

2014年に発足した「2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会(以下「協議会」)」は、「言葉のバリアフリー」と「ICT(情報通信技術)の活用」を掲げ、公共サインなどは日本語・英語+ピクトグラムを基本とした上で必要に応じ韓国語・中国語・その他の言語での併記を進め、口頭のコミュニケーションは多言語音声翻訳ツール(以下「AI翻訳」)を活用するという形で多言語対応に取り組んでいた。

当時小平市から東京都に出向し協議会事務局を担当していた萩元直樹氏は、リオデジャネイロ2016パラリンピック視察中に、総務省の関係機関である情報通信研究機構(NICT)が開発した多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra」を現地とのコミュニケーションで使ってみたところ、かんたんな日本語で入力すればポルトガル語でも十分翻訳できることに気がついた。そこから萩元氏は防災減災・公文書言い換えなどで研究が進んでいた「やさしい日本語」に注目し、ICT活用での連携を進めようと考えた。

そして2016年12月の協議会の「多言語対応・ICT化推進フォーラム」で「やさしい日本語の可能性」というタイトルのパネルディスカッション開いた。パネリストにはやさしい日本語研究の権威である弘前大学佐藤和之教授と一橋大学庵功雄教授、現場で導入している横浜市幹部に加え、当時柳川市でやさしい日本語ツーリズム事業を立ち上げた私も招聘された。「多言語対応」というテーマでやさしい日本語が取り上げられたシンポジウムは、初めてだったと思われる。

当時私は日本人側が言葉を調整することの意義を伝えるのに精一杯だったため、万能感で語られることの多いAI翻訳には否定的だった。しかし「やさしい日本語」に、どのように言葉を調整しどのように相手の理解を検証するか、そしてどのように継続的に学ぶ場を提供するか、ということに限界を感じ始めていた。さらに、「やさしい日本語」で「仲良くなる」ことは可能だとしても、命・人権にかかわることなど重要な情報については、プロの通訳やAI翻訳を使ってでも相手の母語を保障することが必要だと考えるようになった。

そして改めてVoiceTraに注目したところ、実はやさしい日本語のトレーニングツールとして最適であることに気がついた。そして2018年の日経BP「グローバル人材2018」で、「AI翻訳は『やさしい日本語』で使いこなす」という講演を行なった。これ以降、私の講演はすべてこの多言語対応の枠組みの中で話している。

この講演の直後に、小平市に戻っていた萩元氏から「『やさしい日本語×多言語音声翻訳』をテーマに、小平市の住民がVoiceTraを使って地元外国人・訪日外国人と交流する企画を実施する。初回はNICTからも講師を呼ぶので、やさしい日本語ツーリズム研究会として講演をしてくれないか」との依頼があり、受託した。萩元氏は小平市に戻ってからも自らの構想を着々と練り実現のために尽力していた。そして私はこの講演をきっかけにNICTとも直接面識を持つこととなり、AI翻訳活用に関する知見も増えていった。

小平市での一連の取り組みは、内閣官房が進める「beyond2020」の優良事例として選定された。時期を同じくして、私の活動に注目し「やさしい日本語」をゼミ活動にも取り入れていた明治大学国際日本学部の山脇啓造教授が、総務省のデジタル活用共生社会実現会議のICT地域コミュニティ創造部会委員となり、小平市の事例を総務省の事務方に紹介したところ、萩元氏自身が部会メンバーにプレゼンをする機会を得た。これが今回の総務省の方針決定に大きな影響を及ぼしているのは間違いない。

萩元氏は多言語対応・ICT活用の視点からやさしい日本語に行き着き、私は日本語教育から派生したやさしい日本語から、多言語対応や言語保障の新しいあり方に行き着いた。これら2つのやさしい日本語は、本来基準や性格が違うものである。

そもそもこれまで国政レベルでやさしい日本語が取り上げられてこなかった理由の一つに、定義があいまいで法制化にそぐわないということが挙げられる。しかし総務省は報告書でやさしい日本語について「その性質上、多言語音声翻訳システムと親和性が高く、(中略)多言語音声翻訳の精度向上が期待できる」と明記した。今後やさしい日本語は、日本語を多少でも理解するかしないかに関わらず、多言語対応のための重要な考え方として新たな発展を見せていくことだろう。

吉開 章

吉開 章(よしかい・あきら)

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター
    • TugCluct
    • 2020年 3月 24日

    cialis for sale in philippines generic cialis – cheapest price generic cialis

  2. アバター

    cialis 10mg cialis professional buy cialis vietnam

  3. アバター
    • TugCluct
    • 2020年 2月 19日

    viagra buy shop cialis patent expiration buy viagra online usa

  4. Hey There. I discovered your blog the use of
    msn. This is an extremely well written article.
    I will make sure to bookmark it and come back to read more
    of your useful info. Thanks for the post. I’ll definitely return.

  5. アバター

    I couldn’t resist commenting. Well written!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
28
全日 外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所
外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所
3月 28 – 3月 29 全日
外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所 | 新宿区 | 東京都 | 日本
題目: 外から見る中国語、内から見る中国語 ――中国語・歴史探訪と文法散(三)策――※ 講義内容が一部変更になりました。 日時: 2020年3月28日(土)13:00~18:00 (90分講義×3コマ)、 29日(日)10:30~16:15 (90分講義×3コマ) 講師: 木村 英樹(東京大学名誉教授)  ※受講イメージ 定員: 50名 会場: 東京言語研究所(新宿区大久保1-3-21 新宿TXビル2階) Google Mapで見る 受講料: 一般 12,000円 学生・大学院生(当日学生証提示)・ 2019年度理論言語学講座受講生 9,000円
9:20 AM リフレクション”入門―ひとに相対す... @ (学)長沼スクール東京日本語学校
リフレクション”入門―ひとに相対す... @ (学)長沼スクール東京日本語学校
3月 28 @ 9:20 AM – 4:50 PM
イベント説明:教師の成長には「振り返り」や「気づき」が必要だと従来から言われてきましたが、ただただ「振り返ってみましょう。気づいたこと、学んだことはなんですか?」と問うだけでは、うまくいかなかったことについての曖昧な要因の推測しかできないこともあります。理想的なリフレクションのプロセスであるALACTモデルや深い気づきを生み出す鍵となる「8つの問い」を学び、自分と相手(学習者)を見つめなおすことで、教師としての「あり方」をリフレクションしてみませんか。(午前:基礎編/午後:応用編) 講師: 矢野博之先生(大妻女子大学家政学部/(一社)REFLECT理事) 坂田哲人先生(大妻女子大学家政学部/(一社)REFLECT理事) 講師より: 教育・看護・保育・福祉・各人材育成やスポーツといった、ひとがひとに相対して何かを施し/促していく業種のプロは、どのように自らの専門性を高めていくのか。オランダ発、欧米・日本・アジアへと、期待と探索が広がるリフレクションは、どのようなものなのか。基本編と応用編で、そのエッセンスと展望を体験的にダイジェストでまなびます。
6月
13
1:00 PM 第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
6月 13 @ 1:00 PM
  第61回 外国人による日本語弁論大会 The 61st International Speech Contest in Japanese 世界の人々に日本語で意見を発表する場を提供することにより、日本や国際社会のあり方をお互いに考え合うことを目的としています。1960年より毎年開催されております。第61回大会は、広島県福山市で以下の要領で開催されます。 日時 2020年6月13日(土)午後1時開始 会場: ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市) 応募受付期間: 2020年2月17日(月)から4月23日(木) 主催: 国際教育振興会、国際交流基金、福山市 後援: 外務省/文化庁/広島県/広島県教育委員会/福山市教育委員会/公益財団法人ひろしま国際センター/ふくやま国際交流協会/公益社団法人福山観光コンベンション協会/福山商工会議所/エフエムふくやま/ NHK / NHKエデュケーショナル/日本語教育学会 協賛: キッコーマン株式会社/専門学校新聞社/にほんこの凡人社/リコージャパン株式会社/株式会社スリーエーネットワーク/鞆鉄道株式会社/福山ニューキャッスルホテル/ツネイシホールディングス株式会社/株式会社エフピコ/アイデアル株式会社/学校法人 穴吹学園/外国人留学生を支援する会/一般財団法人義倉/学校法人教文学園 広島アカデミー/国際ソロプチミストローズ福山/有限会社ぬまくま夢工房/専門学校 福山国際外語学院/福山市日本中国友好協会/福山大学/福山元町通商店街振興組合/株式会社ブランパートナーズ/まごころ料理 ふな家 第61回実施要領、申込書などはこちら → ポスター → 実施要領 → 申込書(Word) → 申込書(PDF)
ページ上部へ戻る