やさしい日本語とAI翻訳が出会う時 その1 やさしい日本語が総務省にたどり着くまでの道

やさしい日本語とAI翻訳が出会う時。
その1 やさしい日本語が総務省にたどり着くまでの道。

総務省は2019年4月19日、「デジタル活用共生社会実現会議」報告書(以下「報告書」)で「多言語対応・オープンデータの推進等」の中に「多言語音声翻訳へのやさしい日本語活用」を明記した。法務省に続き、国政レベルで「やさしい日本語」の価値を認めるようになったことは大変な進歩である。こうした進歩の道をこのコラムを通じてお伝えしたい。

2014年に発足した「2020年オリンピック・パラリンピック大会に向けた多言語対応協議会(以下「協議会」)」は、「言葉のバリアフリー」と「ICT(情報通信技術)の活用」を掲げ、公共サインなどは日本語・英語+ピクトグラムを基本とした上で必要に応じ韓国語・中国語・その他の言語での併記を進め、口頭のコミュニケーションは多言語音声翻訳ツール(以下「AI翻訳」)を活用するという形で多言語対応に取り組んでいた。

当時小平市から東京都に出向し協議会事務局を担当していた萩元直樹氏は、リオデジャネイロ2016パラリンピック視察中に、総務省の関係機関である情報通信研究機構(NICT)が開発した多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra」を現地とのコミュニケーションで使ってみたところ、かんたんな日本語で入力すればポルトガル語でも十分翻訳できることに気がついた。そこから萩元氏は防災減災・公文書言い換えなどで研究が進んでいた「やさしい日本語」に注目し、ICT活用での連携を進めようと考えた。

そして2016年12月の協議会の「多言語対応・ICT化推進フォーラム」で「やさしい日本語の可能性」というタイトルのパネルディスカッション開いた。パネリストにはやさしい日本語研究の権威である弘前大学佐藤和之教授と一橋大学庵功雄教授、現場で導入している横浜市幹部に加え、当時柳川市でやさしい日本語ツーリズム事業を立ち上げた私も招聘された。「多言語対応」というテーマでやさしい日本語が取り上げられたシンポジウムは、初めてだったと思われる。

当時私は日本人側が言葉を調整することの意義を伝えるのに精一杯だったため、万能感で語られることの多いAI翻訳には否定的だった。しかし「やさしい日本語」に、どのように言葉を調整しどのように相手の理解を検証するか、そしてどのように継続的に学ぶ場を提供するか、ということに限界を感じ始めていた。さらに、「やさしい日本語」で「仲良くなる」ことは可能だとしても、命・人権にかかわることなど重要な情報については、プロの通訳やAI翻訳を使ってでも相手の母語を保障することが必要だと考えるようになった。

そして改めてVoiceTraに注目したところ、実はやさしい日本語のトレーニングツールとして最適であることに気がついた。そして2018年の日経BP「グローバル人材2018」で、「AI翻訳は『やさしい日本語』で使いこなす」という講演を行なった。これ以降、私の講演はすべてこの多言語対応の枠組みの中で話している。

この講演の直後に、小平市に戻っていた萩元氏から「『やさしい日本語×多言語音声翻訳』をテーマに、小平市の住民がVoiceTraを使って地元外国人・訪日外国人と交流する企画を実施する。初回はNICTからも講師を呼ぶので、やさしい日本語ツーリズム研究会として講演をしてくれないか」との依頼があり、受託した。萩元氏は小平市に戻ってからも自らの構想を着々と練り実現のために尽力していた。そして私はこの講演をきっかけにNICTとも直接面識を持つこととなり、AI翻訳活用に関する知見も増えていった。

小平市での一連の取り組みは、内閣官房が進める「beyond2020」の優良事例として選定された。時期を同じくして、私の活動に注目し「やさしい日本語」をゼミ活動にも取り入れていた明治大学国際日本学部の山脇啓造教授が、総務省のデジタル活用共生社会実現会議のICT地域コミュニティ創造部会委員となり、小平市の事例を総務省の事務方に紹介したところ、萩元氏自身が部会メンバーにプレゼンをする機会を得た。これが今回の総務省の方針決定に大きな影響を及ぼしているのは間違いない。

萩元氏は多言語対応・ICT活用の視点からやさしい日本語に行き着き、私は日本語教育から派生したやさしい日本語から、多言語対応や言語保障の新しいあり方に行き着いた。これら2つのやさしい日本語は、本来基準や性格が違うものである。

そもそもこれまで国政レベルでやさしい日本語が取り上げられてこなかった理由の一つに、定義があいまいで法制化にそぐわないということが挙げられる。しかし総務省は報告書でやさしい日本語について「その性質上、多言語音声翻訳システムと親和性が高く、(中略)多言語音声翻訳の精度向上が期待できる」と明記した。今後やさしい日本語は、日本語を多少でも理解するかしないかに関わらず、多言語対応のための重要な考え方として新たな発展を見せていくことだろう。

吉開 章

吉開 章(よしかい・あきら)

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

8月
29
全日 第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
8月 29 – 8月 31 全日
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム 主催:ヨーロッパ日本語教師会(AJE) 日時:  2019年8月29日(木)〜 31日(土) 場所(会場): ベオグラード大学(セルビア) テーマ:ローカル・グローバルな日本言語・文化教育 Sections: Spheres of Use Teaching Methodologies Teaching Experience Multiculturalism and Teaching Teaching Resources 発表募集は10月から公開いたします。
8月
31
1:00 PM 『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
8月 31 @ 1:00 PM – 5:00 PM
『みんなの日本語 初級』を使ったことはあるけれど「基本的な授業の組み立て方がイマイチよくわからない」「練習がワンパターンになりがちで…」「学習項目が定着しないのはなぜ?」「もっと上手く教科書を活用したいんだけど…」といったお悩みをお持ちの新人日本語教師を対象として、『新日本語の基礎』『みんなの日本語 初級』『同 中級』の制作に携わってこられた石澤弘子先生にお話しいただきます。 セミナーでは本シリーズを改めてご紹介しながら、本書を使った基本的な教え方を確認し、初級の学習項目の定着を促すための練習や、活動を進めるために必要な手順・段取りを、具体的に紹介するような構成を考えております。 【講 師】 石沢弘子(KOYO国際学院 校長、元目白大学教授、『みんなの日本語』監修者) 【内 容】 第1部 『みんなの日本語 初級Ⅰ』を使った初級前期の授業づくり ・『みんなの日本語 初級Ⅰ 第2版』の概要 ・日本語でできるようになること(目標) ・各課の授業の流れと教科書の流れ ・授業の準備、効果的な授業の進め方(導入、練習方法、会話) ・授業例:(動詞文、動詞の活用など) 第2部 『みんなの日本語 初級Ⅱ』を使った初級後期の授業づくり ・初級後期の日本語能力の目標 ・『みんなの日本語 初級Ⅱ 第2版』の全体的俯瞰 ・授業例:(30・31課など) ・指導上の留意点と対応 ・コミュニケーションに必要な日本語能力
9月
7
10:00 AM 日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
9月 7 @ 10:00 AM – 5:00 PM
プログラム ​10:30~12:00 講演 *「日常会話」のためのコミュニケーション能力を育てる ―学習者が日本語で適切に意図を伝えられるようになるために― 講師 清水崇文氏(上智大学) ​13:30~15:00 ワークショップ①(講師名五十音順) 下記より1つお選びいただけます。 *変わりゆく入管政策―日本語教育者が知っておきたい改正入管法の見方― 講師 小松原祥一氏(東京ビザ申請サポート 行政書士 小松原事務所) *ライティング評価における「構成」を考える―フローチャートを活用して― 講師 田中真理氏(名古屋外国語大学・名誉教授)、坪根由香里氏(大阪観光大学) *はじめよう、授業でディベート 講師 内藤真理子氏(神田外語大学) *そもそも論から考える教育とICT―授業に取り入れるために― 講師 藤本かおる氏(武蔵野大学) ​15:30~17:00 ワークショップ②(講師名五十音順) 下記より一つお選びいただけます。 *コーパスからのデータを授業に生かすには 講師 中俣尚己氏(京都教育大学) *非漢字系学習者を対象にした漢字指導―多様な活動で楽しさを―【第2弾】 講師 濱川祐紀代氏(目白大学) *映像メディアを授業に取り入れるときの留意点を考えよう! 講師 保坂敏子氏(日本大学)、高橋薫氏(早稲田大学) ◆本ワークショップは反転授業で行いますので、事前に下の映像教材を視聴の上、ワークショップにご参加ください。ワークショップのはじめにビデオ内容に関するグループ討論を行います。 NHK for schoolのメディアタイムズ19回(10分)「どうやって作られる? イメージ」 *言語習得につなげる聴解指導―大規模テストでは測れない聴解能力に注目して― 講師 横山紀子氏(昭和女子大学)
ページ上部へ戻る