やさしい日本語とAI翻訳が出会う時 その3 「AIやさしい日本語」の提唱

やさしい日本語とAI翻訳が出会う時 その3 「AIやさしい日本語」の提唱

<「やさしい日本語」とAI翻訳の違い>

従来からの「やさしい日本語」は、もっぱら日本語を多少理解する外国人が対象であり、彼らが日本語で理解できるように日本語を話す側が表現を調整する。外国人が使う教科書や日本語能力試験の判定結果を参考にやさしさの目安を定め、日本語教育関係者らが言い換えや表現の工夫の研究や実践を進めてきた。

一方、AI技術を活用した多言語翻訳システム(以下「 AI翻訳」)は、日本語ネイティブが話す自由度の高い文章でも他の言語に翻訳できることを目標とする。昨今ではAI技術の一種である「ニューラルネットワーク」を使い、日本語文と他言語文の対訳データを大量に集め分析することで、極めて自然な翻訳に近い結果を出せるようになってきた。開発に関わっているのは主に言語学者とコンピュータ技術者である。

<AI翻訳の限界、英語の限界>

常にAI翻訳ツールを通じたコミュニケーションが実用的かどうかは別にして、多くの日本人は言語の壁をすべて技術が解決してくれることを望み、その日が来るのを待っているのではないだろうか。しかし、そのような日はそうそう来ないだろう。

 

  1. 英語翻訳ほどは進化しない、その他言語の翻訳

大量の対訳データを基にしたニューラルネットワークの出現で、AI翻訳の精度は飛躍的に向上した。日本語・英語間では自由度の高い表現でもズバリ翻訳する製品も登場している。だが、将棋のようにコンピュータが自己対戦を繰り返して強くなっていくような仕組みはAI翻訳の世界では使えない。他の言語を英語と同じ水準の精度にするためには、それぞれの言語で日英の翻訳データと同規模の対訳データを用意しなければならない。そのためには一つ一つの言語で莫大な投資が必要となる。おそらく今後もベトナム語やネパール語との翻訳が英語と同等精度になるとは考えづらいだろう。

 

  1. 英語を母語としない人と、英語翻訳を介して話すことの困難性

英語の翻訳精度が画期的に上がれば、相手が仮に英語を理解するタイ人であれば、タイ語ではなく英語でAI翻訳を使えばいいと考える人もいるだろう。しかし、それではまず機能しない。日英設定でAI翻訳ツールを使うということは、相手はAI翻訳が認識できる英語の発音で話す必要がある。タイ語に影響を受けた英語ではなく、アメリカ英語やイギリス英語の標準的な発音で話さないとまず認識しない。アメリカやイギリスなどの英語ネイティブ話者は別にして、世界中の人たちと日英のAI翻訳だけを使って双方向コミュニケーションするのは、相当無理がある。

 

<「 AIやさしい日本語」の提唱>

このように「やさしい日本語」と「AI翻訳」は様々な点で位相が違い、また英語のAI翻訳精度だけが向上しても現実の社会では適応できない場合も多いが、両者とも「多言語対応のための重要な手段」であるという点で一致している。実際、英語以外の言語についても、「やさしい日本語」の考え方を応用すれば、現在のAI翻訳でかなり実用レベルになっている。

私が所属する株式会社電通では、やさしい日本語ツーリズム研究会による社会啓発活動に加え、ダイバーシティ&インクルージョン課題のソリューション開発専門タスクフォースである「電通ダイバーシティ・ラボ」でもやさしい日本語のチームを立ち上げ、やさしい日本語による具体的なソリューションを提供していくことにしている。その中で、AI翻訳活用のためのやさしい日本語を「AIやさしい日本語」と命名し、以下のように定義した。

ここで大事なことは、AIやさしい日本語は「できるだけ多くの言語で共通に使える表現」であり、英語など特定言語のためのものではないという点である。役所の窓口や学校などでは、対応すべき言語がどんどん出てくる。そのような場合でも、AI翻訳が一般的に翻訳しやすい表現を使えば、すでに31言語に対応しているVoiceTraなどを活用してある程度の対応が可能になる。

「やさしい日本語」とAIやさしい日本語の違いは今後の研究対象となっていくが、現時点で私が考えるポイントをまとめてみた。

この中でもっとも大事なコツは、「ハサミの法則(はっきり言う・最後まで言う・短く言う)」のうちの「短く言う」だと考えている。AI翻訳では1文を短く表現することで劇的に翻訳効率が向上する。また1文を短く言うリズムは、小さい子供に説明するときや、中学校の英作文で書く文に似ていることもあり、自然に選ぶ語彙もかんたんになっていく。このような話し方は同時に日本語初級の外国人にもわかりやすいものになっている。

日本語初級の外国人向けのやさしい日本語が、実際に相手にとってわかりやすかったかどうかを検証するのは難しい。これに対しVoiceTraなら、一定の秒数で音声吹き込みを打ち切り、翻訳結果をさらに日本語に戻した結果を表示することで、入力した文章や翻訳結果の精度を自分で検証できる。VoiceTraは、1文を短く言ったり、かんたんな言葉を選んだり、方言を使わないといったことを実践する「やさしい日本語のトレーニングツール」としても活用可能なのである。

<多言語対応とSDGs>

現在行政サービスの場などでは11カ国語を目処にした多言語対応が求められている。多文化共生における多言語対応とは、必要な場面では相手の母語での対応を保障しようということに他ならない。それは国連が決めたSDGsの「誰一人取り残さない-No one will be left behind」の考え方に近いといえよう。この観点からは、英語の対応体制を整えるよりも、対応できる言語数を増やす方が重要なのである。そしてその際はAI翻訳の活用が不可欠である。

AI翻訳は語彙レベルでは大変な情報量があるため、AIやさしい日本語をそのまま日本語初学者の外国人に話しても分からない場合も多いであろう。しかしまずはAI翻訳の活用で1文を短かく言い語彙を調整する習慣を身につけることで、一橋大学庵功雄教授の言う「地域における共通言語」としてのやさしい日本語の普及も加速化することができると考えている。

多言語対応におけるAIやさしい日本語から始め、多文化共生における「やさしい日本語」の本格普及を図ることは、SDGsにも沿う施策と言えるのではないだろうか。やさしい日本語とAI翻訳の親和性を明記した総務省は、ICTと地方自治の両方を所管する官庁である。総務省の今後のリーダーシップを期待したい。

吉開 章

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. does hydroxychloroquine cause heart problems https://plaquenilx.com/# hydroxychloroquine high

    • Patricksof
    • 2021年 9月 05日

    cialis 20 mg cialis 20 mg

  2. No matter if some one searches for his necessary thing, therefore he/she desires to be available that in detail, so that thing is maintained
    over here.

  3. With havin so much written content do you ever run into
    any problems of plagorism or copyright infringement?
    My website has a lot of exclusive content I’ve either authored myself or outsourced but it seems a lot of it is popping it up all over the internet without my permission.
    Do you know any solutions to help prevent content from being stolen? I’d genuinely
    appreciate it.

    • RonaldAbevy
    • 2021年 8月 08日

    generic viagra 50mg generic viagra coupon bexbsgt – viagra single packs commercial

  4. can hydroxychloroquine cause blindness https://www.pharmaceptica.com/

    • BepMeache
    • 2021年 6月 11日

    buy generic cialis online cheap[/url]

  5. If some one wants to be updated with newest technologies then he must be visit this web site and be up to date daily.

  6. This post is actually a fastidious one it assists new internet users, who are wishing for blogging.

  7. May I ѕimply sayy wһat a comfort to find sⲟmeone that
    really understands what they’re discussing on the web.
    Youᥙ definitely understand how to bгing a problem to liyht and
    make it importɑnt. A lot more people muzt check this out and understand this side off the story.
    I can’t ƅelieve you aгen’t more poopuⅼar because you definitely ⲣossess the ցift.

    Feеl free to vist my weƅ blog: payday loans in texas

  8. Howdy! I know this is kinda off topic however I’d figured I’d ask.
    Would you be interested in exchanging links or maybe guest writing a blog article or vice-versa?

    My website goes over a lot of the same topics
    as yours and I think we could greatly benefit from each other.

    If you are interested feel free to shoot me an e-mail.

    I look forward to hearing from you! Excellent blog by the way!
    0mniartist asmr

  9. buy hydroxychloroquine online https://chloroquine1st.com/

  10. buy cialis https://www.wisig.org/

  11. careprost bimatoprost ophthalmic solution https://www.jueriy.com/

  12. cialis without prescription

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

10月
20
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM)
10月 20 @ 7:00 PM – 11月 17 @ 8:30 PM
漢字の知識は、日本の学校教育では国語科で学びます。しかし、その多くは「漢字テスト」の対策であり、文化的な側面や日本語を表記する方法の一つであるという認識が疎かになっているように思います。また漢字文化圏の学生にとっても母語での漢字の位置づけは、日本語のそれと同じものではありません。この講座では、漢字表記を通した日本語の特徴、そして漢字文化圏の日本語学習者を理解することを目的にしたいと考えています ▼▼こんな方におすすめ▼▼ 日本語を教えている方 日本語教育関係の学部を選考されている方 日本語教師養成講座を修了された方 テーマにご興味のある方 ▼▼日時▼▼ 第1回 2021年10月20日(水)19:00〜20:30 文字としての漢字 漢字とかな・アルファベットとの違いを理解し、送り仮名・振り仮名の存在などから、漢字とかなの両方を用いる日本語表記の特殊性を考えます。後半では、漢字の構造(なりたちと構成方法)を理解します。 第2回 2021年10月27日(水)19:00〜20:30 字形 漢字の構造に慣れるために理解したい、部首と偏旁冠脚とのちがい。また、文化庁の「常用漢字表(付)字体についての解説」「常用漢字表の字体・字形に関する指針」や漢字文化圏諸国の「漢字表」を手引きに、「標準字体」とは、どういうものなのかを考えます。 第3回 2021年11月10日(水)19:00〜20:30 意味と読み 音読み(一字多音の理由)、訓読み(同訓異字のある理由と「使い分け」)、熟語の構成の理解から、日本語と漢語との文法構造の違いについて考えます。 第4回 2021年11月17日(水)19:00〜20:30 漢字文化圏 中国・台湾・韓国朝鮮およびベトナムでの漢字文化や社会における漢字の位置づけを理解し、漢字文化圏の日本語学習者への理解につなげます。   受講料:9,000円(税込) ※全回の受講をお勧めしますが、ご希望の回のみのお申し込みは1回2,500円(税込)となります。 場所:オンライン(ZOOM開催) 定員:80名 【講師紹介】 久保 裕之 クボ ヒロユキ 立命館大学 白川静記念 東洋文字文化研究所   立命館大学法学部卒業後、 1997年財団法人日本漢字能力検定協会(現・公益財団法人)入職。 2005年学校法人立命館入職。現在は立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所文化事業担当職員。 2015年放送大学大学院文化科学専攻修了。修士(学術)、漢字教育士、全国通訳案内士(中国語)。日本漢字学会評議員。
10月
23
9:30 AM 第1回 日本語コミュニケーション... @ オンライン(ZOOM開催)
第1回 日本語コミュニケーション... @ オンライン(ZOOM開催)
10月 23 @ 9:30 AM – 3:30 PM
<大会テーマ> 「ポストコロナ禍における国際教育の展開と課題 ―日本語コミュニケーションを中心として―」 <開催日程> ・日時: 2021年10月23日(土曜日) 9時30分~15時30分予定 ・会場: オンライン(Zoom)予定 (参加申込者には事前にZoom情報等をご案内いたします) 実施内容 ※一部変更する場合があります。随時本ページにおいて更新いたします。 開会: 30分(9:30~10:00) ・諸注意と承諾事項説明 ・開会挨拶: 岡田昭人(本会会長、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授) ・進行概要説明 第1部 シンポジューム: 60分(10:00~11:00) ・テーマ: 「コロナ禍における留学生教育と日本語コミュニケーションの現状と課題」 ・基調講演者: ※現在調整中 第2部 パネルディスカッション: 90分(11:15~12:45) ・テーマ: 「ニューノーマルにおける日本語コミュニケーションの新しい地平」 ・モデレーター: 岡田昭人(本会会長、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授) ・パネラー: 予定 王智新(早稲田大学教師教育研究所招聘研究員) 楠本徹也(東京外国語大学名誉教授) 近藤佐知彦(大阪大学国際教育交流センター教授) 石原進(日本語教育情報プラットフォーム代表世話人) ※他現在調整中 第3部 研究発表: 120分(13:30~15:30) ※発表数によっては延長する場合があります。 ・発表形態: 個人または共同による「口頭発表」30分(発表20分+質疑応答10分) <参加/研究発表申込> ・参加費 会員:無料 非会員:1,000円 ※研究発表へのお申込みは会員に限ります。 ・申込期日 参加申込: 2021年10月22日(金曜日) 発表申込: 2021年10月11日(月曜日) ・申込方法 参加または研究発表のお申込みは「申込ページ」よりお願いいたします。 本学会への入会手続は「入会案内」よりお願いいたします。 ※研究発表を希望される場合は、申込ページよりエントリーをお願いいたします。 (本学会において審査の上、事務局より予稿作成や発表方法等についてご連絡いたします) ※本大会での優れた研究発表等には、表彰や学会誌への掲載をさせていただく場合があります。 ※研究発表関連スケジュール(予定) 2021年10月11日(月): 発表申込締切 ※審査は随時実施 2021年10月13日(水): 発表スケジュール公表 2021年10月15日(金): 予稿投稿締切 2021年10月18日(月): 予稿集公開
12月
18
10:00 AM リンゲージスペシャル 「授業とラ... @ Zoomライブ配信 / 録画配信
リンゲージスペシャル 「授業とラ... @ Zoomライブ配信 / 録画配信
12月 18 @ 10:00 AM – 11:30 AM
リンゲージスペシャル 「授業とラジオのクロスボーダー」ーー「日本語」という切り口で見えてきたことーー さくらFMでパーソナリティーを務める近藤冨士雄さんは、元NHKエグゼクティブアナウンサーで有資格の日本語教師でもあります。 これまでのラジオの活動と日本語授業を通して見えてきたことを、嶋田和子さん(アクラス日本語教育研究所代表理事)他、豪華ゲスト陣といっしょに語ります。 【スピーカー&インタビュアー】 近藤冨士雄さん 【スピーカー】 嶋田和子さん 小山暁子さん 仲山淳子さん Akoさん 詳しくは以下をご欄ください。 https://sites.google.com/zenken.co.jp/linguagespecial-kondo 《主催者名》 全研本社株式会社リンゲージ事業本部グローバルキャリア事業部日本語課 《日時》 12月18日(土)10:00-11:30 《会場》 オンライン (Zoomライブ配信 / 録画配信) 《料金》 3000円 《お申込みはHPから》 https://sites.google.com/zenken.co.jp/linguagespecial-kondo 担当:阿部 電話:03-5909-0421

注目の記事

  1. 日本語教師の国家資格創設の報告書を了承 山積する課題をどう解決? 第9回日本語教師の資格に関する…
  2. 日本語コミュニケーション学会が発足 10月23日に年次大会 日本語コミュニケーション学会(会長…
  3. 元文科相で日本語議連事務局長の馳浩自民党衆院議員が石川県知事選に立候補へ 日本語議連が…

Facebook

ページ上部へ戻る