留学生教育学会に300人 外国人が増加する中、日本語教育を多角的に議論

留学生教育学会に300人 外国人が増加する中、日本語教育を多角的に議論

留学生教育学会は8月23、24の両日、東京都荒川区の赤門会日本語学校などで、2019年度の研究大会を開いた。4月に改正入管法が施行され、先の通常国会では日本語教育推進法が成立したのを受け、今回は「岐路に立つ高等教育と日本語教育―新しい外国人制度について考える」がテーマ。時宜を得たシンポジウムや研究発表に、2日間の参加者は前会を大きく上回る約300人にのぼり、熱心な議論が展開された。

留学生教育学会は、留学生に対する教育あるいは指導・支援に携わるすべての国内外の留学生関係者に開かれた学会で、留学生に関する生きた学問研究を遂行することを目的としている。大学をはじめ、専門学校学会や日本語学校の研究者や教員などが会員の多くを占め、多岐にわたるテーマを実践的に取り上げている。最近では非漢字圏の留学生の急増などの情勢の変化を踏まえ、各教育機関が垣根を超えてより魅力ある留学環境の整備に取り組むことが求められている。

今回の研究大会は、入管法の改正で外国人労働者の受け入れ枠が拡大し、日本語教育の重要性か高まっていることから、より多角的な日本語教育の在り方を議論した。留学生の日本語教育の基盤を支える日本語学校が初めて会場として選ばれたのも、そうした時代の要請に応えたものだ。

初日のシンポジウムでは出入国在留管理庁の根岸功・在留管理課長と文部科学省の丸岡充学生・留学生課長補佐が基調講演を行った。根岸課長は改正入管法で新たに創設された「特定技能」の在留資格や「外国人材受入れ・共生のための総合的対応策」など、政府の取り組みについて説明。この中で「共生社会」をつくるための外国人支援と日本語教育の重要性を強調した。根岸課長は「総合的対応策」の中に「日本語」という言葉が95回、「日本語教育」も44回使われていることを紹介したうえで、「外国人受け入れのインフラとして極めて日本語教育が重要だということです」と述べた。

丸岡課長補佐は留学生受け入れをめぐる最近の動向を報告した。留学生が増加する中で、大学や専門学校にも「留学」の趣旨を逸脱した事例が見られると警鐘を鳴らし、適切な在留管理の徹底を呼び掛けた。

また、ワークショップでは赤門会日本語学校や東京ギャラクシー日本語学校の教師が自校の教育の実践報告を行ったほか、早稲田大学日本語教育研修センターの金孝卿(キム ヒョギョン)准教授が「協働学習に基づく活動デザイン」と題して講演した。さらに「外国人との協働・共生」に関するシンポジウムやアセアンからの人材獲得に向けての関西経済団体連合会の取り組の報告もあった。

また24日には、専門学校・日本語学校からの事例報告として、非漢字圏学生への指導や、地域との共生などについて発表をはじめ、特定技能の現状についても現場からの報告も行われた。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Hi! I could have sworn I’ve visited this web site before but after going through many of the posts I realized it’s new to me.

    Anyways, I’m definitely pleased I stumbled upon it and I’ll be book-marking it
    and checking back often!

  2. アバター

    Hmm is anyone else encountering problems with the images on this blog loading?
    I’m trying to find out if its a problem on my end or if it’s the blog.
    Any suggestions would be greatly appreciated.

  3. アバター

    Hi there! I just wanted to ask if you ever have any issues with hackers?
    My last blog (wordpress) was hacked and I ended up
    losing a few months of hard work due to no backup. Do
    you have any solutions to stop hackers?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
28
全日 外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所
外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所
3月 28 – 3月 29 全日
外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所 | 新宿区 | 東京都 | 日本
題目: 外から見る中国語、内から見る中国語 ――中国語・歴史探訪と文法散(三)策――※ 講義内容が一部変更になりました。 日時: 2020年3月28日(土)13:00~18:00 (90分講義×3コマ)、 29日(日)10:30~16:15 (90分講義×3コマ) 講師: 木村 英樹(東京大学名誉教授)  ※受講イメージ 定員: 50名 会場: 東京言語研究所(新宿区大久保1-3-21 新宿TXビル2階) Google Mapで見る 受講料: 一般 12,000円 学生・大学院生(当日学生証提示)・ 2019年度理論言語学講座受講生 9,000円
9:20 AM リフレクション”入門―ひとに相対す... @ (学)長沼スクール東京日本語学校
リフレクション”入門―ひとに相対す... @ (学)長沼スクール東京日本語学校
3月 28 @ 9:20 AM – 4:50 PM
イベント説明:教師の成長には「振り返り」や「気づき」が必要だと従来から言われてきましたが、ただただ「振り返ってみましょう。気づいたこと、学んだことはなんですか?」と問うだけでは、うまくいかなかったことについての曖昧な要因の推測しかできないこともあります。理想的なリフレクションのプロセスであるALACTモデルや深い気づきを生み出す鍵となる「8つの問い」を学び、自分と相手(学習者)を見つめなおすことで、教師としての「あり方」をリフレクションしてみませんか。(午前:基礎編/午後:応用編) 講師: 矢野博之先生(大妻女子大学家政学部/(一社)REFLECT理事) 坂田哲人先生(大妻女子大学家政学部/(一社)REFLECT理事) 講師より: 教育・看護・保育・福祉・各人材育成やスポーツといった、ひとがひとに相対して何かを施し/促していく業種のプロは、どのように自らの専門性を高めていくのか。オランダ発、欧米・日本・アジアへと、期待と探索が広がるリフレクションは、どのようなものなのか。基本編と応用編で、そのエッセンスと展望を体験的にダイジェストでまなびます。
6月
13
1:00 PM 第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
6月 13 @ 1:00 PM
  第61回 外国人による日本語弁論大会 The 61st International Speech Contest in Japanese 世界の人々に日本語で意見を発表する場を提供することにより、日本や国際社会のあり方をお互いに考え合うことを目的としています。1960年より毎年開催されております。第61回大会は、広島県福山市で以下の要領で開催されます。 日時 2020年6月13日(土)午後1時開始 会場: ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市) 応募受付期間: 2020年2月17日(月)から4月23日(木) 主催: 国際教育振興会、国際交流基金、福山市 後援: 外務省/文化庁/広島県/広島県教育委員会/福山市教育委員会/公益財団法人ひろしま国際センター/ふくやま国際交流協会/公益社団法人福山観光コンベンション協会/福山商工会議所/エフエムふくやま/ NHK / NHKエデュケーショナル/日本語教育学会 協賛: キッコーマン株式会社/専門学校新聞社/にほんこの凡人社/リコージャパン株式会社/株式会社スリーエーネットワーク/鞆鉄道株式会社/福山ニューキャッスルホテル/ツネイシホールディングス株式会社/株式会社エフピコ/アイデアル株式会社/学校法人 穴吹学園/外国人留学生を支援する会/一般財団法人義倉/学校法人教文学園 広島アカデミー/国際ソロプチミストローズ福山/有限会社ぬまくま夢工房/専門学校 福山国際外語学院/福山市日本中国友好協会/福山大学/福山元町通商店街振興組合/株式会社ブランパートナーズ/まごころ料理 ふな家 第61回実施要領、申込書などはこちら → ポスター → 実施要領 → 申込書(Word) → 申込書(PDF)
ページ上部へ戻る