「外国人との共生社会」構築という壮大な社会実験

「外国人との共生社会」構築という壮大な社会実験

「『外国人との共生社会』という時代にあって、入管庁の果たす役割はますます重要になっていくと思う」

月刊誌「文芸春秋」10月号に掲載された「時代を切り拓く〝異能〟の人びとの物語・令和の開拓者たち」のシリーズ。冒頭に紹介した言葉は、出入国在留管理庁(入管庁)の佐々木聖子長官の発言だ。

なぜ、佐々木長官が「令和の開拓者」なのか。2018年12月には改正入管法が成立し、政府は「外国人受け入れ・共生のための総合的対応策」を策定した。一連の法改正や施策のとりまとめを主導したのが佐々木長官だ。新たな在留資格「特定技能」の創設で外国人労働者の受け入れを拡大するとともに、政府は外国人との共生のための126の施策を初めてまとめた。令和の時代とともに日本は「開国」に舵を切った、というわけだ。

前身の法務省入国管理局は外国人の入国に関する許諾権を持ち、不法滞在者を摘発する権限をもっていた。改正入管法には、法の目的に「本邦に在留する全ての外国人の在留の公正な管理を図る」との新たに一文を加えた。法律用語としての「外国人の在留の公正な管理」を突き詰めていくと、「外国人との共生社会」の構築に行きつくと思う。入管庁には、新たなミッションとして「共生」が課せられたのだ。

しかし、大手メディアは改正入管法に関して外国人労働者の受け入れ拡大を「歴史的な政策転換だ」として大きく報じながら、なぜか「在留の公正な管理」→「共生社会の実現」にはほとんど触れなかった。その意味では「文芸春秋」の記事は、異色の女性官僚としての佐々木聖子氏の人物像を紹介しつつ、法整備の進め方や「入管庁が果たす役割」に言及したことは大きな意味がある。

ここで同誌の詳細を紹介する余裕はないが、記事の最後で入管法改正時の法務事務次官で現東京高検幹事長の黒川弘務氏がこう言っている。「それを決める壮大な社会実験といってよい。失敗すると開国はしばらく頓挫する。成功するかどうかは、佐々木の舵取りにかかっている」。共生社会が実現できるかどうか。その成否を入管庁という新たな役所が握っているということだ。

ところで、入管庁は「共生社会」の構築に向けた新たな任務を遂行するために本庁内に在留管理支援部を設け、全国8つの地方出入国在留管理局と3つの支局に外国人の受け入れ環境調整担当の総括審査官を配置した。政府の総合的対応策の共生分野の施策について政府内の調整役などを行うのが仕事だ。

一方、政府の取り組みとは別に270万人を超える在留外国人との交流はすでに様々な形に始まっている。留学生が日本語を習う日本語学校では、1983年の「留学生10万人計画」以来、日本語教育だけでなく様々な生活支援を留学生に行ってきた。これを「共生」と呼ぶのかどうかはともかく、そうした交流の積み重ねの上に共生社会が構築されてきたはずだ。日本型移民政策の「壮大な社会実験」への取り組みはまだ緒についたばかりだ。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

12月
4
2:00 PM 外国語不要!日本語だけで外国人人... @ みんなの会議室 東京駅前3階
外国語不要!日本語だけで外国人人... @ みんなの会議室 東京駅前3階
12月 4 @ 2:00 PM – 4:30 PM
少子高齢化の影響で、どこもかしこも人手不足です。その結果、外国人人材を採用する会社も増えています。そうした企業で必ず問題になるのが、外国人人材の定着、育成です。 今回は大手広告会社電通とともに「やさしい日本語」の普及を行い、一般企業や地方自治体への普及活動を行っている株式会社エルロン・石川社長をお招きして企業様向けに今回は『外国語不要!日本語だけで外国人人材が育つ方法』というセミナーを開催することになりました。 石川社長のご好意で参加費は無料となっております。 ぜひ、関心のある方はご参加ください。
12月
8
2:00 PM 日本語を陰陽から紐解く大和言葉の... @ 地域交流センター恵比寿
日本語を陰陽から紐解く大和言葉の... @ 地域交流センター恵比寿
12月 8 @ 2:00 PM – 5:00 PM
面白くてわかりやすい、暮らしと人生にすぐに活かせる東洋医学と哲学の智慧を日本語(大和言葉)から考え学ぶ講座です。 マクロビオティックの理論の根底とも深くつながる、東洋哲学の考え方。 これからの令和の新しい時代をサバイバルするためには、健康な身体はもちろん大切ですが、しなやかな思考力を身につけ、知性と感性を磨いていく事が重要だと思いませんか? 森羅万象を司る陰陽のリズム、季節や暦といった自然の営み、日本語の持つ不思議な力、善悪二元論を脱した考え方・・・ 深いタオイズムの世界をわかりやすく面白く学べる講座です。 自然のしくみに学ぶ養生法、食育、自然農、発酵、ホリスティック医療などに興味のある方もお気軽にお越しください。 東洋では「つながり 広がり 関係性」を大切にして健康を考えていきますが、日本にも古来から伝わる『和の養生法』があります。 和の養生の考え方の土台となった言葉 日本語(大和言葉)がどれほど考えられ、 その言葉に意味や力があるのかご存知ですか? からだと心 人と環境 いのちと食 東洋哲学では全体の調和をとれるバランスを大切にしていきます。 そんな東洋の感性を身につけ、本当の健康と幸せな人生を手に入れたいあなたの為に・・ 特別講師は、昨年環境大臣賞を受賞さた波多野先生(TAOさん)。 TAO塾HPはこちら→ https://taojuku.jimdo.com このセミナーは、人生のヒントがたくさんつまった、東洋医学・東洋哲学の本当の面白さと智慧が手に取るようにわかる内容になっております。 誰もが引き込まれる波多野先生の話術で、楽しく深い東洋思想ワールドに誘います♪ そして、創業96年目の漢方相談薬局、マツオ十字堂の四代目、松尾賢先生から、言葉から意識を変えるコツを教えて頂きます❗️ 今回は、どこでも聞けない東洋哲学的な視点から日本語(大和言葉)を深く学び健康な身体を保つ養生法につながるセミナーになっております。 笑いながら、今まで気づかなかった自分の中にある、自然治癒力に必要な「なにか」を見つけられる貴重な時間になると思います。 マツオ十字堂薬局の健康教室、ホリスティック心を育む会主催 「日本語を陰陽から紐解く大和言葉の魅力」 ~コトバの秘密から考える東洋哲学的養生~ 「言葉から意識を変える波動セミナー」 の二本立てで開催します! 是非ご来場をお持ちしております(*^^*)
ページ上部へ戻る