「日本語教育推進法に期待する関係者の集い」を「いどばた」が動画で紹介 

「日本語教育推進法に期待する関係者の集い」を「いどばた」が動画で紹介 

日本語学校の校長ら71人が呼びかけ人となって10月21日に東京都内で「日本語教育推進法に期待する関係者の集い」と名付けたイベントを開催した。集いは第1部で日本語教育推進議員連盟の幹部4人をパネリストに招いてシンポジウムを、第2部は議連幹部らを交えて交流会を開いた。シンポジウムは、日本語教育のウエブマガジン「いどばた」(アスク出版)が動画で公開しているので、詳細は以下のサイトでご覧いただきたい。

https://www.idobata.online/?p=1949

パネリストは、日本語議連の中川正春会長代行▽馳浩事務局長▽里見隆治事務局次長▽石橋通宏事務局次長。幹部4人は議連内に設置した立法チームのメンバーとして、法案作成に携わった。シンポジウムでは立法当事者の立場から、推進法の狙いや今後の課題などを議論した。幹部4人がそろって議連の以外の公開の場で議論するのは初めて。

また、交流会では4議員に加えて、日本語議連会長の河村建夫元官房長官、国民民主党の泉健太政務調査会長らも参加し、100人を超える日本語学校関係者と懇談した。

今回、集いを事実上主催したのは、個人参加の呼びかけ人だ。日本語学校の業界団体が複数ある中、団体の垣根を超えて日本語学校の経営者や校長が一定数集まってイベントを開催したのは初めて。日本語教育推進法は、附則の中で日本語教育機関に在り方について検討するとしており、集いをきっかけに日本語学校サイドに新たな動きが出るのか、注目される。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
28
全日 外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所
外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所
3月 28 – 3月 29 全日
外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所 | 新宿区 | 東京都 | 日本
題目: 外から見る中国語、内から見る中国語 ――中国語・歴史探訪と文法散(三)策――※ 講義内容が一部変更になりました。 日時: 2020年3月28日(土)13:00~18:00 (90分講義×3コマ)、 29日(日)10:30~16:15 (90分講義×3コマ) 講師: 木村 英樹(東京大学名誉教授)  ※受講イメージ 定員: 50名 会場: 東京言語研究所(新宿区大久保1-3-21 新宿TXビル2階) Google Mapで見る 受講料: 一般 12,000円 学生・大学院生(当日学生証提示)・ 2019年度理論言語学講座受講生 9,000円
9:20 AM リフレクション”入門―ひとに相対す... @ (学)長沼スクール東京日本語学校
リフレクション”入門―ひとに相対す... @ (学)長沼スクール東京日本語学校
3月 28 @ 9:20 AM – 4:50 PM
イベント説明:教師の成長には「振り返り」や「気づき」が必要だと従来から言われてきましたが、ただただ「振り返ってみましょう。気づいたこと、学んだことはなんですか?」と問うだけでは、うまくいかなかったことについての曖昧な要因の推測しかできないこともあります。理想的なリフレクションのプロセスであるALACTモデルや深い気づきを生み出す鍵となる「8つの問い」を学び、自分と相手(学習者)を見つめなおすことで、教師としての「あり方」をリフレクションしてみませんか。(午前:基礎編/午後:応用編) 講師: 矢野博之先生(大妻女子大学家政学部/(一社)REFLECT理事) 坂田哲人先生(大妻女子大学家政学部/(一社)REFLECT理事) 講師より: 教育・看護・保育・福祉・各人材育成やスポーツといった、ひとがひとに相対して何かを施し/促していく業種のプロは、どのように自らの専門性を高めていくのか。オランダ発、欧米・日本・アジアへと、期待と探索が広がるリフレクションは、どのようなものなのか。基本編と応用編で、そのエッセンスと展望を体験的にダイジェストでまなびます。
6月
13
1:00 PM 第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
6月 13 @ 1:00 PM
  第61回 外国人による日本語弁論大会 The 61st International Speech Contest in Japanese 世界の人々に日本語で意見を発表する場を提供することにより、日本や国際社会のあり方をお互いに考え合うことを目的としています。1960年より毎年開催されております。第61回大会は、広島県福山市で以下の要領で開催されます。 日時 2020年6月13日(土)午後1時開始 会場: ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市) 応募受付期間: 2020年2月17日(月)から4月23日(木) 主催: 国際教育振興会、国際交流基金、福山市 後援: 外務省/文化庁/広島県/広島県教育委員会/福山市教育委員会/公益財団法人ひろしま国際センター/ふくやま国際交流協会/公益社団法人福山観光コンベンション協会/福山商工会議所/エフエムふくやま/ NHK / NHKエデュケーショナル/日本語教育学会 協賛: キッコーマン株式会社/専門学校新聞社/にほんこの凡人社/リコージャパン株式会社/株式会社スリーエーネットワーク/鞆鉄道株式会社/福山ニューキャッスルホテル/ツネイシホールディングス株式会社/株式会社エフピコ/アイデアル株式会社/学校法人 穴吹学園/外国人留学生を支援する会/一般財団法人義倉/学校法人教文学園 広島アカデミー/国際ソロプチミストローズ福山/有限会社ぬまくま夢工房/専門学校 福山国際外語学院/福山市日本中国友好協会/福山大学/福山元町通商店街振興組合/株式会社ブランパートナーズ/まごころ料理 ふな家 第61回実施要領、申込書などはこちら → ポスター → 実施要領 → 申込書(Word) → 申込書(PDF)
ページ上部へ戻る