「やさしい日本語は社会現象に」「多文化共生社会の実現に」 吉開章氏インタビュー

「やさしい日本語は社会現象に」「多文化共生社会の実現に」 吉開章氏インタビュー

外国人労働者の受け入れ拡大が始まった。インバウンドの外国人観光客も増加する一方だ。そうした中で、外国人とのコミュニケーション・ツールとして「やさしい日本語」が注目を集めている。大手広告会社の電通で「やさしい日本語ツーリズム研究会」(注1)の代表として活動する吉開章氏。その吉開氏が、自治体から「やさしい日本語」の研修の講師として引っ張りだこだ。吉開氏が11月に東京都内で自治体の研修担当職員の向けの「やさしい日本語」のワークショップ(注2)を開く。にほんごぷらっとの世話人でもある吉開氏にその狙いなどを聞いた。

(聞き手は、にほんごぷらっと編集長・石原進)

――日本語教育推進法も施行され、自治体の「やさしい日本語」への関心が高まっているようですが、研修講師の要請が増えていると聞いています。

吉開氏 はい、最近徐々に私の講演が口コミで広まっているようです。昨年は38回講演しました。今年はそれを大幅に上回り1.5倍程度になりそうです。4年前に「やさしい日本語ツーリズム研究会」を立ち上げ、故郷の福岡県柳川市でやさしい日本語ツーリズム事業を始めました。当初は本当に日本語で大丈夫なのと疑問を抱く人もいましたが、4年目の現在では、市内の商店街でも「やさしい日本語」でインバウンド対応しようという機運も出てきました。ほかにも「やさしい日本語」の効用はいろいろあって、多文化共生社会という新たな社会作りのために「やさしい日本語」が役立つことに自治体が気づいたのでしょう。

――自治体研修担当職員向けの講演では、どんな話をされているのですか。

吉開氏 外国人が増えて求められているのは、まずは多言語対応が前提です。しかし現実には自治体が多くの言語で通訳を雇う余裕などはありません。「それなら英語だね」と言う人がいるかもしれませんが、耳慣れないタイ人やブラジル人の英語や、日本人のカタカナ英語などで会話をしようとしても、なかなかうまくいきません。だったら「やさしい日本語を使ってみては」と提案するわけです。講演では「やさしい日本語の『はさみの法則』」を丁寧に説明します。「っきり言う」「いごまで言う」「じかく言う」ということです。これをまず覚えてもらうわけですが、日本語の難しい点や文化の違いによって起きたトラブルの事例なども紹介しています。

――自治体側が職員に「やさしい日本語」を研修させる大きな目的は何なのでしょうか。

吉開氏 やはり多文化共生社会への認識を深め、具体的に行動を起こすためだと思います。私自身もびっくりしているのですが、同じ自治体で、「全職員に徹底したいから、同じ内容で何コマもやってくれ」と依頼されたこともあります。「多文化共生」という考えが急速に定着しつつあると感じています。この企画はツーリズムから入りましたが、私は日本語教育を学び日本語教師の資格も持っており、常に多文化共生社会を作るための「やさしい日本語」啓発を意識しています。

――やさしい日本語に関しては、ツーリズムや多文化共生のほか、外国人の防災・減災を目的したものもあります。AI翻訳との親和性にも言及されていますが。

吉開氏 私は昨年7月ごろから講演で「AI翻訳とやさしい日本語」について話をしています。AI翻訳の精度が急速にアップしていますが、AI翻訳に「やさしい日本語」を使うと、よりいい翻訳結果がでます。2019年には総務省もそれを認めるようになりました。今後、商店街での外国人対応など幅広く活用されるよう期待しています。また、「やさしい日本語」は障害がある人や高齢者との会話にも役に立ちます。まさに「優しい日本語」です。

――自治体の研修担当者向けの「やさしい日本語」の講演・ワークショップを無償で開くと聞いていますが、どのような目的で開催するのでしょうか。

吉開氏 地方を含めたより多くの自治体の担当者の方に「やさしい日本語」について理解を深めていただきたいと考えています。「やさしい日本語」の言葉をネットで検索してもらえば、すでにいろいろな地域でセミナーが開かれています。そうした取り組みを自治体の方にしっかりと受け止めてもらい、共生のための施策を推進してもらえばと思います。

――政府も「やさしい日本語」の重要性を認識し始めたようですね。

吉開氏 法務省が生活・仕事ガイドブックのやさしい日本語版を作成しましたが、これは大きな意味があると考えます。その範囲で行政が外国人に情報を提供するようになるし、日常のコミュニケーションのガイドラインにもなります。一方、文部科学省・文化庁なども生活者としての外国人への日本語教育について検討している最中ですが、そこでの基準も私たち日本人にとっても外国人とのコミュケーションをとる際の参考にもなるはずです。

これまでは日本語能力試験の旧3級などが基準とされてきましたが、今後は様々な省庁の政策の中で、新しいガイドラインが策定されていくと思います。

(注1)https://www.yasashii-nihongo-tourism.jp

(注2)https://yasashii-nihongo-tourism.jp/2019/10/24/1663

—-  吉開章氏 —-
やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。
2010年日本語教育能力検定試験合格。
会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。
ネットを活用した自律学習者に詳しい。
2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
13
1:00 PM 第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
6月 13 @ 1:00 PM
  第61回 外国人による日本語弁論大会 The 61st International Speech Contest in Japanese 世界の人々に日本語で意見を発表する場を提供することにより、日本や国際社会のあり方をお互いに考え合うことを目的としています。1960年より毎年開催されております。第61回大会は、広島県福山市で以下の要領で開催されます。 日時 2020年6月13日(土)午後1時開始 会場: ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市) 応募受付期間: 2020年2月17日(月)から4月23日(木) 主催: 国際教育振興会、国際交流基金、福山市 後援: 外務省/文化庁/広島県/広島県教育委員会/福山市教育委員会/公益財団法人ひろしま国際センター/ふくやま国際交流協会/公益社団法人福山観光コンベンション協会/福山商工会議所/エフエムふくやま/ NHK / NHKエデュケーショナル/日本語教育学会 協賛: キッコーマン株式会社/専門学校新聞社/にほんこの凡人社/リコージャパン株式会社/株式会社スリーエーネットワーク/鞆鉄道株式会社/福山ニューキャッスルホテル/ツネイシホールディングス株式会社/株式会社エフピコ/アイデアル株式会社/学校法人 穴吹学園/外国人留学生を支援する会/一般財団法人義倉/学校法人教文学園 広島アカデミー/国際ソロプチミストローズ福山/有限会社ぬまくま夢工房/専門学校 福山国際外語学院/福山市日本中国友好協会/福山大学/福山元町通商店街振興組合/株式会社ブランパートナーズ/まごころ料理 ふな家 第61回実施要領、申込書などはこちら → ポスター → 実施要領 → 申込書(Word) → 申込書(PDF)
6月
27
12:30 PM 第29回 小出記念日本語教育研究会 @ 国際基督教大学
第29回 小出記念日本語教育研究会 @ 国際基督教大学
6月 27 @ 12:30 PM – 5:30 PM
第29回小出記念日本語教育研究会 ――開催のお知らせと発表の募集―― 小出記念日本語教育研究会を下記の通り開催いたします。今回も、口頭発表とポスター発表を募集いたします。募集要項をご覧の上、ふるってご応募ください。 さて、社会の変化に伴い、学習は教えられた知識をただ覚えることから、知識を社会と結びつけること、社会において実践すること、複雑化する社会の問いに対して、自分と他者との意見をまとめてよりよい答えを提案することへと変化しようとしています。また、このように急速に社会が変化する中で、グローバル化は進み、日本語教育も大きな変化の時期を迎えていると言えるでしょう。今後、日本社会の変化に伴いどのような変化の局面を迎えるかは計り知れません。複雑化する社会の問いに対して、新たな価値を生み出す人材が求められていると言えるのではないでしょうか。 このような変化の流れの中で、言語教育/学習はどう捉えなおされるべきか、学習者の主体的な学びを支えるために教師は何ができるか、また、学習を活性化する活動にはどのようなものがあり、それは言語学習にどう取り入れることができるか、新たな学びを評価するとはどういうことか。このような様々な問いを参加者の皆さんとともに考え、明日の現場につながる何かを持って帰ることができる機会を持つことができないだろうかと考えました。 そこで、今回は、学習科学の分野を牽引していらっしゃる白水始氏(東京大学)をお迎えし、ワークショップを含みご講演いただくこととなりました。学習理論をベースとし、協調活動やテクノロジーを利用し学びの質を上げようとする実践的教育学である学習科学の視点から、複雑な社会に立ち向かっていく学習者とその学びを支える教師に有益な示唆をいただけると期待しています。 多くの方々のご参加をお待ちしております。 2020年1月19日 第29回小出記念日本語教育研究会研究委員 世良時子・山岸宏明・高橋亘・中岡樹里 記 日時:2020年6月27日(土)12時30分より(会員総会は11時30分より) 場所:国際基督教大学(〒181-8585東京都三鷹市大沢3-10-2) 予定:11:30-11:45 会員総会 12:30-12:45 開会・プログラム説明 12:45-14:50  講演・ワークショップ「学習科学の視点から見た21世紀型スキルと言語学習-変化の時代における新しい学びと評価を支える」 講師:白水始氏(東京大学 高大接続研究開発センター 教授) 15:00-16:40 研究発表(口頭発表とポスター発表) 16:45-17:30  閉会・お茶の会 発表テーマ:日本語教育にかかわる研究(日本語学、異文化理解教育なども含む) ※オリジナリティのある未発表のものに限ります。 ※理論的な研究も実践報告もどちらも歓迎いたします。特に、日本語教育の現場における実践に基づいた研究の成果、および、現場と理論がどうつながるのかを問う内容を歓迎します。 発表形態:①口頭発表(発表20分、質疑応答10分) ②ポスター発表(A0判 84㎝×119㎝1枚以内の掲示および参加者との意見交換) 応募の資格: 応募の時点での会員資格は問いません。ただし、発表の採択決定後、発表年度(2020年度)の会費納入手続きが始まり次第、速やかに発表年度の会費を納入してください(会費納入状況によっては、発表取り下げとなる場合があります)。また、共同発表者の入会手続きは、筆頭発表者が責任をもって期日までに完了させてください。 ※年会費は支払いのあった年度のみ有効です。2020年3月末より前に納入された会費は2019年度分になりますので、ご注意ください。 応募方法:申込締切日までに研究発表申込フォームよりご提出ください。 https://bit.ly/2E5jNZt 何等かの理由により、オンラインフォームによる発表申し込みができない場合、下のURLからMicrosoft Word形式の「発表申し込みフォーム」をダウンロードし、必要事項をご記入の上、メールに添付し、下記の連絡先までお送りください。 https://bit.ly/36ojDsb 申込期間:2020年1月27日(月)~2020年2月23日(日) 締め切り日の2月23日(日)は、日本時間17時 必着 採否の通知:4月上旬までに審査の結果をメールでお知らせいたします。 連絡先: koide.happyo@gmail.com ※ご質問やお問い合わせもこちらへどうぞ。 注意:・応募の時点で未発表のものに限ります。他の学会・研究会の発表に応募している人が、同様の内容で本研究会の発表に応募すること(二重投稿)はできません。 ・いかなる理由があっても発表題目と内容の変更、発表者の増減は認められません。 その他:・採択の際に、研究委員より発表内容等に助言を与えることがあります。 ・採択の場合は、5月中旬までに予稿集の原稿をお送りいただくことになります。 ・研究会後、10月下旬までに論文集(2021年3月発行予定)掲載用要旨をご提出いただきます。 ・ご応募いただいたデータは、採否にかかわらず、1年間の保存期間のあとで責任をもって削除いたします。
ページ上部へ戻る
Secured By miniOrange