外務省・IOMの国際ワークショップが映す時代の変化

外務省・IOMの国際ワークショップが映す時代の変化

外務省と国際移住機関(IOM)主催の「社会統合のための国際フォーラム」が10月31日、東京都港区の赤坂区民センターで開かれた。外国人受け入の在り方を一歩踏み込んで考える政府の催しの1つで、今年で15回目。昨年12月の入管法の大幅改正により、「特定技能」という外国人労働者の受入れ拡大の仕組みができて初めてのフォーラムだ。

今回のテーマは「地域社会における外国人の円滑な受入れ」。外国人が急増する時代にあって、外国人と地域社会の関わりをどのようにとらえるか。全国の自治体、地域住民などが真剣に考えるべきテーマだ。パネルディスカッションなどの顔ぶれからも、主催者サイドの意図が読み取れる。

パネリストは、外国人市民の支援に心血を注ぐ岡山県総社市長の片岡聡一さん▽外国人との交流イベントを開催するなど国際交流の最前線で活動する名古屋国際センターの加藤理絵さん▽ブラジル出身の日系二世で、デカセギ先の日本で起業してビジネスに成功し、架け橋人材の育成に取り組む斉藤俊男さん▽きめの細かなサポートで4000人を超えるインドネシアから技能実習生を受け入れながら1人の失踪者も出していない、日本・インドネシア経済協力協会専務理事の柴田雅代さんの4人。

ここでパネリストの発言を詳しく紹介する余裕はないが、活動する地域は違っていても、自治体のリーダーシップ、「やさしい日本語」を使った交流活動をはじめ、外国人の起業家や外国人の育成・活用の取り組みの様々な「好事例」は、多様な示唆を聴く人に与えたと思う。この4者が同じ地域で連携、協力しながら活動したら……。多文化共生の輝くような社会ができるかもしれない。

パネルディスカッションに先立ってシンガポール国立大アジア研究所の研究員が多民族国家シンガポールの移民受け入れの現状や課題、教訓などを紹介。この中でカレーを作る事から起きたインド人と中国人の近隣トラブルの修復への取り組みを報告した。ディスカッションのコーディネーターを務めた山脇啓造明治大学教授は「『カレー事件』などシンガポールの事例は日本にとって大変参考に興味深いものであり、4人パネリストが多様な観点から外国人と地域社会の関係を議論したことは有意義だった」と総括した。

話は変わるが、三重、愛知、岐阜の3県では、地域社会における外国人支援に関して新たな動きが出ている。外国人支援のNPOの計9団体がこのほど、「外国人支援・多文化共生ネット」(代表・三重のNPO法人愛伝舎の坂本久海子理事長)を発足させた。地方自治体・地域や外国人を雇用する企業との連携を目指している。この動きを主導したのは、藤原浩昭・前名古屋出入国在留管理局長だ。

改正入管法は、その目的に外国人の「公正な管理」を書き加えた。そのために政府は126の施策を盛り込んだ「外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策」を策定。藤原前入管局長はその施策の1つである「外国人の支援に関わる人材・団体の育成とネットワークの構築」に着目し、旧知の愛伝舎理事長に呼びかけてできたのがネットワークだ。不法就労の外国人の摘発などが任務の入管が「多文化共生」の社会づくりに動こうとしている。

ちなみに藤原前入管局長は外務省から出向した外交官。しかも約10年前の「社会統合のための国際ワークショップ(当時)」の開催の取り仕切った外国人課長の経験者だった。私も国際ワークショップのパネリストを務めたことがある。その縁で藤原前入管局長、坂本理事長とつながりができ、「外国人支援・多文化共生ネット」のアドバイザーを務めている。

人と人とのつながりで点が線になった。どのようにそれを共生社会という面にするのか。時代が大きく変わる中で、様々な取り組みが始まっている。今回の国際フォーラムでは、パネリストらの発言から新たな時代の胎動が感じられた。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

2月
22
9:30 AM 公開国際研究集会 多文化化するコ... @ 東京工業大学キャンパスイノベーション センター 多目的室2
公開国際研究集会 多文化化するコ... @ 東京工業大学キャンパスイノベーション センター 多目的室2
2月 22 @ 9:30 AM – 4:40 PM
日本では、外国人人材の受入れがさまざまな分野で急激に進んでいますが、外国人が生活をするコミュニティでは、どのような変化が起こり、どのような対応が求められるのでしょうか。今回の研究会では、「多文化化するコミュニティの再構築に関わる人々」について考えます。研究会の第1部(午前)は、コミュニティで求められる「声を相手に届ける力」についてワークショップを行います。第2部(午後)は、ドイツ、日本のコミュニティにおける外国人受入事例の報告とディスカッションを行います。この2つを通じて、コミュニティ再構築とその人材の力について、皆さまと一緒に考えていきます。ご参加をお待ちしております。 プログラム 【第1部】9:30-11:30 ワークショップ 「声を生み出す力を考える―コミュニティでコミュニケーション」 講師:多田慶子(女優) 【第2部】12:30-16:40 報告・ ディスカッション 「多文化化するコミュニティの再構築―新たなまちを作る人々」 <前半:報告> 難民を受け入れたコミュニティ作り  Dominik M.W.HAUBRICH(ドイツ・interkular gGmbH)※ドイツ語→日本語逐次通訳あり 地域のダイバーシティを高める     田村太郎(ダイバーシティ研究所) <後半:ディスカッション> 「新たなコミュニティを作る人々」 田村太郎(ダイバーシティ研究所) 春原憲一郎(京都日本語学校) コメンテーター Dominik M.W.HAUBRICH(ドイツ・interkular gGmbH)
1:00 PM 外国人留学生のインターンシップに... @ 神戸学院大学 ポートアイランド第1キャンパス D218
外国人留学生のインターンシップに... @ 神戸学院大学 ポートアイランド第1キャンパス D218
2月 22 @ 1:00 PM – 5:00 PM
2019年度研究会 第28回(2020年2月)研究会 日本で就職する外国人外国人留学生のインターンシップについて考える ■日時:2020年2月22日(土)13:00~17:00 ■場所:神戸学院大学 ポートアイランド第1キャンパス D218 ■プログラム 13:00~13:20 趣旨説明 奥田純子(ビジネス日本語研究会代表幹事・コミュニカ学院) 13:20~15:10 インターンシップ事例紹介 テーマ:神戸学院大学における留学生インターンシップ パネルセッション: テーマ:外国人留学生のインターンシップについて考える 司会:栗原由加(ビジネス日本語研究会幹事・神戸学院大学) <参加企業> ※パネルセッションの参加企業については、後日研究会ホームページにてお知らせいたします。 15:30~16:45 ポスター発表 16:45~17:00 まとめ、諸報告 ■ポスター発表応募要領 ●テーマ:外国人材の活用と教育 ●応募要領: ・応募資格:会員を中心として発表を募りますが、これを機にご入会くださる方も大歓迎です。 また、実践報告や大学院生の萌芽的研究も歓迎します。 ・発表形態はポスター発表(A1)です。 ・発表を希望する方は,発表タイトルと概要(800字程度,書式自由)を2020年1月24日(金)までに事務局宛にE-mailにてお送りください。 (E-mail:businessjapanese「アットマーク」gmail.com) *上記の「アットマーク」部分を記号に置き換えてください。 *応募を確認し次第、受付確認メールをお送りします。応募後、受け付け確認メ ールが届かない場合は、問い合わせメールにご連絡をいただけますよう、お願 いします。 *メール送信の際は、件名を「28回発表応募」としてください。 ・原則として発表ご希望の方には全員発表していただく予定ですが、本研究会の 趣旨と異なる場合には幹事会で判断の上ご遠慮頂くこともあります。 ■参加費 会員無料、非会員1,000円(発表者には別途応募料はかかりません) ■参加申込み →会員用申し込みはこちら →非会員用申し込みはこちら ■会費のお振込み 入会希望の方は今年度の年会費2,000円をお振込みください。その場合、研究会参加費は無料となります。 ・会費や入会に関する問い合わせ ビジネス日本語研究会事務局 村上佳恵 (businessjapanese「アットマーク」gmail.com) *上記の「アットマーク」部分を記号に置き換えてください。 多くの皆様ご参加をお待ちしております。(この情報は拡散歓迎です。) ■お問い合わせ ビジネス日本語研究会 担当:村上佳恵
1:00 PM 第28回ビジネス日本語研究会 @ 神戸学院大学ポートアイランド第1キャンパス D218
第28回ビジネス日本語研究会 @ 神戸学院大学ポートアイランド第1キャンパス D218
2月 22 @ 1:00 PM – 5:00 PM
■プログラム 13:00~13:20 趣旨説明 奥田純子(ビジネス日本語研究会代表幹事・コミュニカ学院) 13:20~15:10 インターンシップ事例紹介 テーマ:神戸学院大学における留学生インターンシップ パネルセッション: テーマ:外国人留学生のインターンシップについて考える 司会:栗原由加(ビジネス日本語研究会幹事・神戸学院大学) <参加企業> ※パネルセッションの参加企業については、後日研究会ホームページにてお知らせいたします。 15:30~16:45 ポスター発表 16:45~17:00 まとめ、諸報告 ■ポスター発表応募要領 ●テーマ:外国人材の活用と教育 ●応募要領: ・応募資格:会員を中心として発表を募りますが、これを機にご入会くださる方も大歓迎です。 また、実践報告や大学院生の萌芽的研究も歓迎します。 ・発表形態はポスター発表(A1)です。 ・発表を希望する方は,発表タイトルと概要(800字程度,書式自由)を2020年1月24日(金)までに事務局宛にE-mailにてお送りください。 (E-mail:businessjapanese「アットマーク」gmail.com) *上記の「アットマーク」部分を記号に置き換えてください。 *応募を確認し次第、受付確認メールをお送りします。応募後、受け付け確認メ ールが届かない場合は、問い合わせメールにご連絡をいただけますよう、お願 いします。 *メール送信の際は、件名を「28回発表応募」としてください。 ・原則として発表ご希望の方には全員発表していただく予定ですが、本研究会の 趣旨と異なる場合には幹事会で判断の上ご遠慮頂くこともあります。 ■参加費 会員無料、非会員1,000円(発表者には別途応募料はかかりません) ■参加申込み →会員用申し込みはこちら →非会員用申し込みはこちら ■会費のお振込み 入会希望の方は今年度の年会費2,000円をお振込みください。その場合、研究会参加費は無料となります。 ・会費や入会に関する問い合わせ ビジネス日本語研究会事務局 村上佳恵 (businessjapanese「アットマーク」gmail.com) *上記の「アットマーク」部分を記号に置き換えてください。 多くの皆様ご参加をお待ちしております。(この情報は拡散歓迎です。)■お問い合わせ ビジネス日本語研究会 担当:村上佳恵
2月
29
1:00 PM プライベートレッスンってどうやる... @ 貸会議室ビズモア東京駅八重洲
プライベートレッスンってどうやる... @ 貸会議室ビズモア東京駅八重洲
2月 29 @ 1:00 PM – 3:30 PM
プライベートレッスンってどうやるの? 日本語教師のための プライベートレッスン勉強会 @ 貸会議室ビズモア東京駅八重洲 | 中央区 | 東京都 | 日本
  プライベートレッスンってどうやるの? 〜日本語教師のための プライベートレッスン勉強会〜 【主催】日本語教師のための実践勉強会 【対象】日本語教育関係者 (現役日本語教師・有資格者・大学生・大学院生・日本語教師養成講座受講生)など 【日時】2020年2月29日(土) 13:00〜15:30(12時45分~ 開場・受付開始) 【会場】<貸会議室ビズモア東京駅八重洲> 東京都中央区京橋1丁目6-5 【アクセス】JR山手線 東京駅 徒歩4分 【参加費】3,500円  ・ ペア割(2人):3,000円 【懇親会参加費】1,000円 【定員】16名(定員になり次第終了、受付終了) 【お支払い方法】※受付にてこくちーずお申し込み完了メールをご提示ください。 ※会費は当日会場でお支払いください。お釣りのなきようご協力願います。 こんな日本語教師の方、いませんか。 「これからプライベートレッスンを始めたいが、何をすればいいかわからない」 「プライベートレッスンを始める前にすることが知りたい」 「プライベートレッスンをしているけれど、教え方に悩んでいる」 「学校などのクラスレッスンと何が違うか知りたい」 「プライベートレッスンが長く続かない」 「他の方がどのようにプライベートレッスンをしているのか知りたい」 「プライベートレッスンでのレッスンプランがうまくできない」 など、プライベートレッスンについてシェアしたいというご要望が多数寄せられていました。 そこで今回は、こうしたご要望にお応えすべく、プライベートレッスンを始めたい方・プライベートレッスンをしている方の勉強会を行います。 ワークショップでは実際に                      プライベートレッスンを考えていただこうと思います。 今回は参加者同士の意見交換会も行いますので、日頃のお悩みを思う存分お話しください。皆さんでシェアしましょう。 *勉強会後に別会場にて懇親会を行います。
ページ上部へ戻る