令和の2019年を振り返って 「にほんごぷらっと」のトップニュースは日本語教育推進法の制定だ

令和の2019年を振り返って 「にほんごぷらっと」のトップニュースは日本語教育推進法の制定だ

2019年も残すところあとわずか。振り返ってみれば、今年は「共生社会」の実現に向けて大きく踏み出した1年だった。外国人労働者受け入れ拡大のための改正入管法が4月に施行された。通常国会終盤の6月には、超党派の日本語教育推進議員連盟が提案した日本語教育推進法が成立した。在留外国人受け入れの新たな窓口が設けられ、重要な政策課題である日本語教育を進めるための法的枠組みができたわけだ。しかし、課題は山積している。政府は、共生のための「総合的対応策」に取り組むべき課題をまとめた。その実現に向けて積極的に取り組むよう期待したい。

マスメディアは、師走になると恒例の「今年の10大ニュース」を発表する。「令和の時代」の幕開け。大きな感動を呼んだ日本で初のラグビーワールドカップ開催。台風や集中豪雨で大きな被害にも見舞われた。国際的には隣国・韓国との関係が悪化。英国のEU離脱の動き、難民や移民の増大……。内外の大きなニュースが今年もあった。

それに比べると、日本語教育推進法成立は小さなニュースかも知れない。「10大ニュース」の中に盛り込む大手メディアはないだろう。ただ、外国人労働者の受け入れ拡大などの動きの中で、マスメディアがそれなりに日本語教育の問題を取り上げたのも事実だ。これまでほとんど世間の注目を集めなかった日本語教育が、重要な政策課題であるとの認識が社会に広がりつつある。法案の作成、国会での成立に尽力した日本語教育推進議員連盟の果たした役割は大きい。

私たち「にほんごぷらっと」は、2016年に日本語教育推進議員連盟の発足とともにその活動に注目し、議連の議論を紹介するとともに、関連する動きや話題をサイトに掲載してきた。また、日本語教育推進法の意義や社会的な位置づけを報じてきた。サイト見てもらえばわかると思うが、私たちには日本語教育推進法の成立を、堂々の今年のトップニュースとして位置付けたい。

しかし、推進法は日本語教育を進めるためのプログラムや枠組みを作成するための法律である。日本語教育を推進するための施策や事業を進めるのはこれからだ。政府は推進法に基づき政府内に日本語教育推進会議を設置し、同会議は来年6月に日本語教育推進のための基本方針を策定する意向だ。実際の「推進策」は来年から動き出す。基本方針ができれば、それに則った日本語教育推進の施策や事業が始まることなる。「にほんごぷらっと」はそうした動きも細かくフォローしていきたい。

推進法の付則に検討事項として盛り込まれた日本語教育機関の位置づけなどの議論もこれからだ。留学生の増加とともに日本語学校の開校が相次いでいるが、悪質エージェントによる留学生のあっせんの防止など、解決すべき課題は少なくない。設置形態の在り方の検討なども必要だ。今後、日本語学校の果たすべき役割がより大きくなるのは間違いない。日本語学校の法的な位置づけ、日本語教師の公的な資格の付与なども重要な検討課題だ。外国人児童生徒の日本語教育や、海外に移住した邦人や日系人の日本語教育にも政府が力を入れなければならない。

政府は、入管法を改正して外国人労働者を受け入れるために「特定技能」の在留資格を設けたが、その資格を取得した外国人はまだ2000人に満たない。昨年の臨時国会で政府は特定技能により初年度は4万7000人、5年間で約35万人を受け入れる考えを示していた。準備作業が遅れているとはいえ、そもそも特定技能という制度が、外国人にとって魅力的なものなのかどうか。

2020年は東京オリンピック・パラリンピックの年だ。様々な国から多くのアスリートや外国人観光客がやって来る。国際交流の輪が飛躍的に広がる。推進法の「目的」には「共生社会」の実現や日本語の海外への普及が盛り込まれている。日本語教育の進展とともに、「共生社会」に向けた取り組みも大きく前進するに違にない。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
28
全日 外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所
外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所
3月 28 – 3月 29 全日
外から見る中国語、内から見る中国語 @ 東京言語研究所 | 新宿区 | 東京都 | 日本
題目: 外から見る中国語、内から見る中国語 ――中国語・歴史探訪と文法散(三)策――※ 講義内容が一部変更になりました。 日時: 2020年3月28日(土)13:00~18:00 (90分講義×3コマ)、 29日(日)10:30~16:15 (90分講義×3コマ) 講師: 木村 英樹(東京大学名誉教授)  ※受講イメージ 定員: 50名 会場: 東京言語研究所(新宿区大久保1-3-21 新宿TXビル2階) Google Mapで見る 受講料: 一般 12,000円 学生・大学院生(当日学生証提示)・ 2019年度理論言語学講座受講生 9,000円
9:20 AM リフレクション”入門―ひとに相対す... @ (学)長沼スクール東京日本語学校
リフレクション”入門―ひとに相対す... @ (学)長沼スクール東京日本語学校
3月 28 @ 9:20 AM – 4:50 PM
イベント説明:教師の成長には「振り返り」や「気づき」が必要だと従来から言われてきましたが、ただただ「振り返ってみましょう。気づいたこと、学んだことはなんですか?」と問うだけでは、うまくいかなかったことについての曖昧な要因の推測しかできないこともあります。理想的なリフレクションのプロセスであるALACTモデルや深い気づきを生み出す鍵となる「8つの問い」を学び、自分と相手(学習者)を見つめなおすことで、教師としての「あり方」をリフレクションしてみませんか。(午前:基礎編/午後:応用編) 講師: 矢野博之先生(大妻女子大学家政学部/(一社)REFLECT理事) 坂田哲人先生(大妻女子大学家政学部/(一社)REFLECT理事) 講師より: 教育・看護・保育・福祉・各人材育成やスポーツといった、ひとがひとに相対して何かを施し/促していく業種のプロは、どのように自らの専門性を高めていくのか。オランダ発、欧米・日本・アジアへと、期待と探索が広がるリフレクションは、どのようなものなのか。基本編と応用編で、そのエッセンスと展望を体験的にダイジェストでまなびます。
6月
13
1:00 PM 第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
第61回 外国人による日本語弁論大会 @ ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市)
6月 13 @ 1:00 PM
  第61回 外国人による日本語弁論大会 The 61st International Speech Contest in Japanese 世界の人々に日本語で意見を発表する場を提供することにより、日本や国際社会のあり方をお互いに考え合うことを目的としています。1960年より毎年開催されております。第61回大会は、広島県福山市で以下の要領で開催されます。 日時 2020年6月13日(土)午後1時開始 会場: ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ(広島県福山市) 応募受付期間: 2020年2月17日(月)から4月23日(木) 主催: 国際教育振興会、国際交流基金、福山市 後援: 外務省/文化庁/広島県/広島県教育委員会/福山市教育委員会/公益財団法人ひろしま国際センター/ふくやま国際交流協会/公益社団法人福山観光コンベンション協会/福山商工会議所/エフエムふくやま/ NHK / NHKエデュケーショナル/日本語教育学会 協賛: キッコーマン株式会社/専門学校新聞社/にほんこの凡人社/リコージャパン株式会社/株式会社スリーエーネットワーク/鞆鉄道株式会社/福山ニューキャッスルホテル/ツネイシホールディングス株式会社/株式会社エフピコ/アイデアル株式会社/学校法人 穴吹学園/外国人留学生を支援する会/一般財団法人義倉/学校法人教文学園 広島アカデミー/国際ソロプチミストローズ福山/有限会社ぬまくま夢工房/専門学校 福山国際外語学院/福山市日本中国友好協会/福山大学/福山元町通商店街振興組合/株式会社ブランパートナーズ/まごころ料理 ふな家 第61回実施要領、申込書などはこちら → ポスター → 実施要領 → 申込書(Word) → 申込書(PDF)
ページ上部へ戻る