2020年元旦 「オリ・パラ」がもたらす共生社会とは

明けましておめでとうございます。令和2年、2020年が幕を開けました。今年はオリンピック・パラリンピックが開かれる「特別な年」です。世界のトップアスリートたちが演じるであろう「熱戦のドラマ」に思いをめぐらせると、いまから胸をワクワクさせるのは私だけではないでしょう。ともあれ、「にほんごぷらっと」に日ごろからアクセスいただいています皆様にとりまして、素敵な1年になるよう心より祈念申し上げます。

さて、日本の人口減少がテンポを早める中、昨年4月に改正入管法が施行され、「特定技能」という新しい在留資格による外国人労働者の受け入れが始まりました。日本は制度のうえで「外国人労働者」の受け入れに初めて正面から向かい合うことになったわけです。同6

月には日本語教育推進法が成立し、施行されました。日本語教育は共生社会を作るための基盤となる重要な施策です。「にほんごぷらっと」は日本語教育の法的整備の重要性を繰り返し訴えてきたこともあり、「日本語教育推進法の成立」を昨年1年のトップニュースに位置づけました。

昨年9月から1カ月半は、ラグビーワールドカップの迫力あふれるプレーに日本中が沸きに沸きました。ラグビーW杯はは国籍よりも多様性を尊重し、フェアプレーを重んじる大会です。日本チームもメンバーの半数が外国籍を持っていました。桜のジャージが「ワンチーム」となって活躍し、多くの日本人が拍手をおくりました。「2020オリ・パラ」も「多様な感動」を私たちに与えてくれるものと期待しています。

2020年は前年の流れが加速し、新たな時代の幕開けになるのではないか。そんなことをぼんやり考えていたところ、昨年12月23日の毎日新聞夕刊の「この国はどこへ これだけは言いたい」という特集記事で、ノンフィクション作家の石川好さんのこんな言葉に目が止まりました。

「日本の最大の課題は外国人がどう暮らせるかです。日本は世界中の政治、経済難民にとって最後のフロンティアです。移民という言葉を政府が使いたがらないだけであって、とっくに始まっている。受け入れ態勢を整えるためには国民的なエネルギーがいるのです」

「日本最大の課題」「世界中の政治、経済難民の最後のフロンティア」との言い回しはいささかオーバーな表現だと思いましたが、その課題が「外国人とどう暮らせるのか」でなく、「外国人がどう暮らせるか」という外国人の側に立った発言であることに、私は注目しました。

石川さんは、米カリフォルニア州のいちご農場での自身の体験をもとに書いた「ストロベリー・ロード」で、1989年の大宅壮一ノンフィクション賞を受賞しました。1965年、18歳の時に伊豆大島から「短期農業実習生」の兄の後を追ってアメリカ大陸に渡り、イチゴ農場で働いた体験を描いたのが「ストロベリー・ロード」です。

灼熱の太陽が照りつける「キャリフォーニ」の大地。そこには汗をしたたらせながら土にまみれる日系人や、密入国を繰り返して不法就労で生活の糧を得ようとするメキシカンの息づかいがありました。石川さんは「アメリカとは何か」「アメリカ人とは何なのか」と問い詰め、「インビジブル(見えない)・アメリカン」を見つけた――そんな鋭い視点随所にみられる作品でした。

半世紀以上前の「ストロベリー・ロード」に登場する日系移民が、日本の今に生きる在留外国人の姿をだぶって見える、というのは言いすぎでしょうか。実なかなり重なる部分があるのではないか、というのが私の見方です。銀座を歩けば、大勢の外国人観光客を目にする時代になりましたが、私たちの隣人である在留外国人は、日本人との親密な交流が少なく、依然として「インビジブル」な存在なのではないでしょうか。

かつて在日韓国・朝鮮人を「見えない日本人」と呼んだ人がいました。日本社会の民族的な差別と偏見の中で、日本人は彼らに目を向けず、彼らは日本名を使い、自らの存在を隠して生きてきました。いまではベトナムやタイ、インドネシアなど東南アジアの人たちは顔つきを見れば外国人だとわかりますが、日本社会が彼らをビジブルな存在として受け入れているのかどうかは極めて疑問です。

とはいえ、日本の農業や水産業をはじめ、製造業、飲食業、観光業など様々な分野で、貴重な労働力を提供してくれているのは外国人です。首都近郊の農業地域では、中国人やベトナムの技能実習生の「ベジタブル・ロード」が私たちに新鮮な野菜を供給してくれています。インドネシア人のフィッシャーマンがいなければ、カツオのたたきに舌鼓も打つことができない時代です。

そうした中で日本は「オリ・パラ・イヤー」を迎えました。1万人を超える外国からアスリートがやってきます。外国人観光客の方はこの1年で4000万人にのぼると、政府はそろばんをはじいています。国際スポーツに沸く1年になるのは確実です。ただ、単なるスポーツの祭典というのではなく、「オリ・パラ」は、多様な民族から多様な文化的なメッセージを発信するのではないでしょうか。

その一方で、「特定技能」と「日本語教育推進法」は2年目を迎えます。その時期、石川さんの「日本の最大の課題は外国人がどう暮らせるかです」という問い掛けに、私たちは答えを出す努力をしなければなりません。

政府だけでなく、私たちも「共生社会」という言葉をよく使います。「共生社会」の意味を突き詰めれば、「外国人がどう日本社会で暮らせるか」ということになるのか。加えて石川さんは「受け入れ態勢を整えるには国民的なエネルギーがいるのです」とも言っています。「オリ・パラ」が「国民的なエネルギー」を引き出し、「共生社会」を作り出す力になれば……。

新年にあたり、石川さんの言葉を重く受け止めたいと思います。

石原 進

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. I bеlieνe that is amoց the so much important imfo for me.
    And i’m satisfied studying your article. Bսt wanna
    stɑtеmеnt оnn few common issues, The site style is perfect,
    the articles is acftualⅼy ɡreɑt :D. Just right task, cheers

    Feel frde tto suef to my web page – payday loans houston; paydayloanusaone.com,

  2. tinder online , tinder login https://tinderdatingsiteus.com/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
5
終日 オンライン授業のための日本語教師... @ オンライン(Zoom)
オンライン授業のための日本語教師... @ オンライン(Zoom)
1月 5 – 4月 5 終日
リンゲージではICTを活用した日本語学校の運営を強みとし、2021年6月に「オンライン授業のための日本語教師育成コース」を開講しました。 ご好評をいただき、この度第三期(2022年1月~3月)の開講が決まりました。 第三期はすべての科目が平日の午前(10:00-11:00)開講です。 日本語教師養成講座終了した方や日本語教育能力検定試験に合格している方を対象に、オンラインに特化した講師として活動することを目指す内容になっています。 知識習得→見学→演習→実習とステップアップしていきますので、PC操作が苦手な方でも安心してご参加いただけます。 また、動画視聴や課題提出などのために「talent」というLMS(ラーニングマネジメントシステム)を使用します。 いつでもどこでも受講生同士でディスカッションもでき、「協働学習」を経験できることも、当講座の大きな特徴です。 さらに、オンライン授業では欠かせない声のトレーニングが含まれるのも本コースの魅力です。 元NHKエグゼクティブアナウンサーの近藤冨士雄さんによるプロのボイストレーニングを受けることができます。 具体的な科目の内容やスケジュール、料金・申し込み方法は、以下のHPをご覧ください。 https://sites.google.com/view/linguage-online/ みなさんのご受講をお待ちしています。
1月
23
8:00 PM 第3期『入門・やさしい日本語』認... @ オンラインセミナー(Zoom)
第3期『入門・やさしい日本語』認... @ オンラインセミナー(Zoom)
1月 23 @ 8:00 PM – 2月 27 @ 10:00 PM
第3期『入門・やさしい日本語』認定講師養成講座募集概要 119人の認定講師が誕生した『入門・やさしい日本語』認定講師養成講座の第3期を2022年1月に開講します。 ●主催者など 主催:にほんごぷらっと 共催:ことばとまなびインターナショナル株式会社 協力:株式会社アスク出版 後援:株式会社BRICK’s 企画・運営:吉開章(『入門・やさしい日本語』著者) ●日程 2022年1月23日(日)~2月27日(日)の毎日曜・木曜20:00-22:00、合計11コマ すべての回で事後ビデオ視聴可能 ※開講前に企画責任者の吉開氏との個人懇談(1時間)を行います。 ※2022年1月16日(日)20:00-21:00にプレ懇談会を開催し、Zoom操作やブレイクアウトルームに慣れていただきます(任意参加) ●参加資格 「やさしい日本語を必要とする人を支える・支えたいと思っているすべての人」とします。日本語教育関係に限定しません。 『入門・やさしい日本語』(アスク出版)は必読書とし、講座でも使用します。事前にご購入の上熟読しておいてください。 特にろう・聴覚障害者支援との連携を視野に、手話ができる聞こえる人を歓迎し、特別料金を設定します。これらの方は『ろうと手話 やさしい日本語がひらく未来』(筑摩選書)も事前にお読みください。 ●参加条件 ・今回は聞こえる人および日本語を母語とする人を対象とした集中講座としていますのでご了承ください。 ・Zoomを使える環境をご用意ください。 ・お支払いはクレジットカードまたは銀行振り込みです。振込手数料はご負担ください。海外からのお支払はクレジットカードのみです。 ・Facebookグループを活用しますので、Facebookアカウントをご用意ください。 ・『入門・やさしい日本語』(アスク出版)は必ず事前にご購入の上熟読しておいてください(講座でも使用します)。 ●定員 66名 できるだけ多くの県から受け入れるために、一部の都府県などからの受付を制限することがあります。  ●主な内容(予定) 各項目をクリックすると過去の修了生の感想が見られます。 ・吉開章講演『入門・やさしい日本語』 ・吉開章特別講演「やさ日関係者のための、ろう・聴覚障害基礎知識」 ・「アンちゃんから見た日本」アン・クレシーニ北九州市立大学准教授 ・「立場を入れ替える」井上くみ子、多文化子育ての会Coconico代表) ・「言葉をうたがう」近藤正憲、合同会社オーイン代表社員 ・「フリーランスとして活躍するコツ」船見和秀、ヒューマンアカデミーやさしい日本語指導者養成講座講師 ・「「伝えるウェブ」活用法」野田純生アルファサード代表取締役社長 ・1・2期生活動紹介 ・その他外部からのゲスト講師 すべての回でグループディスカッションを実施します。 修了者のアンケートはこちら ●認定基準 8割の出席またはビデオ事後視聴により修了を認定します。 ●修了時に提供されるもの ・認定証書 ・名刺などに入れられる認定講師ロゴ ・『入門・やさしい日本語』公式ハンドアウト(パワーポイント形式) ・吉開氏が講演で使用しているパワーポイントファイル ●講座のポイント ・やさしい日本語の言い換えの技術を学ぶのではなく、やさしい日本語の社会啓発に関わるものとしての心構えを学び、実際にどのように活動するかのヒントを得るための講座です。 ・全国各地に活躍できる人材をネットワークするため、すべてオンライン(Zoom)を使った講座とし、受講者同士交流しながら力をつけ、人脈を作っていきます。 ・毎回違う人とグループワークの班を組むシステムを導入し、講座終了までに全員と知り合えるようにします。 ・自治体や組織など地域に根差したやさしい日本語のアドバイスや書き換え業務を受けられるよう、AIやさしい日本語翻訳システム「伝えるウェブ」(アルファサード社)のやさしい日本語化支援ツールライセンスを提供し、その使い方をまなびます。 ・全体を通したテーマは「寛容になるためのヒント」です。言い換えのテクニックは盛り込まれません。寛容な社会づくりのためのやさしい日本語の意義について深く理解をし、どのようにそれを研修で一般の方に伝えられるかに重点をおきます。 ●受講料金 受講料金は79,750円とします。 ただし以下の割引・特別金額があります。割引の重複措置はありません。 (1)応募締め切りまで特別料金 青森県、岩手県、山形県、島根県、鳥取県、山口県、長崎県、鹿児島県在住者 ⇒1割引71,775円 全国手話検定2級以上、手話技能検定2級以上(ただし聴者に限ります) 登録手話通訳者、手話通訳士 ⇒特別料金55,000円  (2)2021年12月31日入金完了まで、どなたでも特別料金 全都道府県(海外含む)⇒1割引71,775円 ●その他 ・海外からの応募の場合、入力する都道府県は「東京都」を選んでください。 ・事務局からのメールが迷惑フォルダに入る現象が確認されています。連絡が取れない場合ショートメッセージをお送りしますので、連絡先の電話は必ず携帯電話でお願いします ・応募者数が少なかった場合は開催せず、申込者には2022年1月末までに手数料当方持ちで返金します。 ●参加費用のお支払方法など お申し込み完了後、事務局よりお支払ご案内(クレジットカード決済案内・お振込口座案内)をメールにてお知らせいたします。
2月
3
7:00 PM 「デジタル時代の日本語教育に必須... @ オンライン(Zoom)
「デジタル時代の日本語教育に必須... @ オンライン(Zoom)
2月 3 @ 7:00 PM – 8:30 PM
「デジタル時代の日本語教育に必須~明日から使える発音指導のコツ~」 @ オンライン(Zoom)
【イベント概要】 こんな日本語学習者のお困りに直面したことはありませんか? ①学習者が書いた原稿を見ると、とてもよくできているにも関わらず、その内容を話しても相手に上手く伝わらず、何度も聞き返される(それにより話すことに自信が無くしてしまう) ②筆記では高く評価されるのに、面接だと日本語力の評価が低く落ちてしまう ③オンラインでコミュニケーションを取る機会が増えてきているが、ジェスチャーなどを使ってコミュニケーションを取ることが対面よりも難しく、さらに上手く伝わらないこういった学習者の問題を解決するために、教師に求められる発音指導について、本セミナーでは解説や実践トレーニングを行っていきます。発音指導のコツをつかみ、明日の授業・レッスンから活かす事が出来る、貴重な講座となっています。 【こんな人におススメ】 ・効果的な発音指導について悩んでいる ・毎日発音の指導をしているのに、学習者の改善が見られない ・発音が上手くなって、学習者に自信を持ってほしい 【日 時】2022年2月3日(木)19:00-20:30 【定 員】100名 【講 師】河須崎 英之先生(博士 文学) ・東京大学文学部言語学科卒業 ・東京大学大学院にて言語学専攻(専門分野:音韻論) ・中国黒竜江省にて中国朝鮮族の言語を調査 ・複数の大学にて言語学概説などを担当 ・教育報告「外国語カリキュラムの新機軸について:英独仏から世界の言語と文化へ」(日本医科大学基礎科学紀要49号・高濱愛、﨑村耕二と共著)https://www.nms.ac.jp/var/rev0/0033/8818/49thebulletin_p3.pdf 【参加費】3,300円(税込) 【会 場】オンライン(Zoom) 【主 催】TCJ日本語総合研究所 【メーリングリスト登録】https://forms.gle/M22kCUNspT8HtSxC6 TCJ日本語総合研究所では、定期的にイベントを開催して参ります。メーリングリストにご登録いただいている方に、いち早くイベントの情報をご案内いたします。ご希望の方は、ご登録をお願いいたします。 【TCJ ホームページ】https://tcj-education.com/ja/
2月
11
10:00 AM ももの会主催【日本語教師対象】自... @ オンライン
ももの会主催【日本語教師対象】自... @ オンライン
2月 11 @ 10:00 AM – 12:00 PM
みなさん、ご自身の契約書をじっくり読んだことがありますか。 給与明細で何が引かれているか、引かれている金額が何をもとしているか知っていますか。今回は、社会保険労務士の山本美香氏をお招きし、契約形態や、利用できる制度・年金等について理解を深める機会を設けました。お手元に、契約書や給与明細、源泉徴収票をご準備の上、ご参加ください。 ◆こんな人におススメ! ◎契約について理解を深めたいと思っている方 ◎知識を身につけて、自分を守りたい方 ◎契約書や給与明細をじっくり読んだことがない方 1.日時 2022年2月11日(金・祝)10:00-12:00 ・10:00-11:45 セミナー ・11:45-12:00 質疑応答 2.開催方法 オンライン(zoom) ※グループワークがございますので、マイクをご準備いただき、話せる環境でご参加ください。 3.講師 オフィスこん 山本 美香 氏 (社会保険労務士、コーチ)   派遣社員で数社勤務後メーカー人事担当勤務を経て、2020年4月独立。 「誰もが生き生きとはたらける世の中に」したいと、企業の労務や人事に関するコンサルティング、個人向けコーチングセッション提供、研修講師などの業務に従事。 4.参加費 2,000円 5.お申込み https://momonokai-event-220211.peatix.com/ 6.主催者 ももの会 ももの会についてはこちらをご覧ください。 https://note.com/2021momonokai/n/n71afd95af03b 7.ももの会では、ももの会主催のイベント情報をお届けするためにメーリングリストを作成しています。ご希望の方は、こちらからお申し込みください。 https://note.com/2021momonokai/n/n47141a496dcc

注目の記事

  1. お知らせ 「にほんごぷらっと」は、来年1月下旬から2月上旬にかけて第3期「『入門やさしい日本語…
  2. 日本語教育推進法が成立 「共生社会」への大きな一歩に 待望の日本語教育推進法案が6月21日に成…
  3. 日本語教師の国家資格創設の報告書を了承 山積する課題をどう解決? 第9回日本語教師の資格に関する…

Facebook

ページ上部へ戻る