特定技能は「共生社会のバロメーター」になるのか

特定技能は「共生社会のバロメーター」になるのか

新たな在留資格「特定技能」による外国人の受け入れが始まって1年3カ月が経過した。人手不足に対応するための即戦力の労働者を受け入れるのが狙いだったが、受け入れは伸び悩み、加えて新型コロナウイルスの感染拡大で外国人の入国がストップしてしまった。日本は相対的に外国人労働者の賃金が低下している。日本の魅力は共生社会をどう作り、選ばれる国なるか、にかかっている。今後、特定技能が増えるのかどうか。共生社会がそのバロメーターになるのではないか。

日本経済新聞が7月3日の朝刊で「伸びぬ特定技能 遠い『開国』」の見出しの特集記事を掲載した。特定技能の外国人受け入れが新型コロナウイルス感染症の収束後の経済再生の大きな課題となるとして、「日本が働く場所として外国人に選ばれる国にしていけるかが問われている」と言う。

特定技能は外食や宿泊、介護、建設など14業種を対象とする。3年間の技能実習を修了するか、日本語の試験や業種ごとの技能評価試験で合格した外国人に付与される。賃金は日本人と同水準とし、技能実習では原則認めていなかった転職も同じ業種内では認める仕組みだ。優秀な人材を即戦力として呼び込めるとの期待があった。

しかし、同紙によると、昨年4月から今年4月末までの特定技能の資格を得た外国人は4496人。当初の目標は2019年度で最大4万7550人だったから、1割にも満たない数だ。しかも、3月末時点で受け入れた3987人のうち、9割を超える3663人が国内の技能実習生からの移行だ。海外からの受験に合格して入国したのは281人しかいない。手続きの複雑さや企業側の負担が重荷なって伸び悩んでいると同紙は指摘する。

アジアでは外国人材の争奪合戦が始まっている。賃金で日本は競争力を失いつつある。韓国、台湾、シンガポールなどのほか、中東も立派なライバルだ。ベトナムやインドネシア、フィリピンなどから他国への出稼ぎの選択肢が広がっている。フィリピンからは世界各国に人材が派遣されているが、2018年に日本へは約7万6000人だったのに対し、サウジアラビアに行った労働者は約56万人にのぼった。

同紙で佐々木聖子入管庁長官がインタビュー記事に答え、特定技能について「もともと特定技能という制度は人材不足に対応するために即戦力となる外国人を受け入れるというのが目的だ。受け入れたいと思う方が制度を活用できるようにするのが大前提となる」と語り、複雑な制度をより分かりやすくすることが必要だとの認識を示した。

一方で佐々木長官は「日本社会そのものが魅力的か、暮らしやすいかについては、やはり上手な共生社会づくりに努めていく必要がある。2018年末に『外国人材の受け入れ・共生のための総合的対応策』というメニューを政府全体で作った。メニューをいかに実現していくかが、日本が選ばれる国になる一つの要素だろう」と話す。

特定技能で来日する外国人が増えるかどうかは、魅力的な共生社会を作っていけるかにかかっているという。だとすると、特定技能の受け入れの状況が共生社会のあり様を示すバロメーターになるのではないか。日本の社会の在り様が問われることになる。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. sildenafil 50 prix sildenafil 50 viagra france

  2. viagra alternative cheap viagra sildenafil 50 mg

  3. tinder date , tindr
    [url=”http://tinderdatingsiteus.com/?”]what is tinder [/url]

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
31
2:00 PM 日本語学校の進路指導担当者が知る... @ オンラインセミナー(Zoom)
日本語学校の進路指導担当者が知る... @ オンラインセミナー(Zoom)
7月 31 @ 2:00 PM – 4:15 PM
日本語学校の進路指導担当者が知るべき 自動車大学校の留学生事情 近年、自動車大学校に進学し、自動車整備士としての活躍を夢見る留学生が増えています。決して安くない学費、学科と実技を伴う国家試験などハードルは高いですが、その熱は冷めそうにありません。なぜ、令和の時代に留学生と自動車整備士がマッチングするのでしょうか。そして、彼らを受け入れる自動車大学校はどのような教育をして、就職に結びつけているのでしょうか。業界の識者に留学生受け入れの背景から就労事情の最前線まで数値分析を踏まえて解説していただきます。 ●講師 東京工科自動車大学校世田谷校・品川校 佐藤康夫校長 国立苫小牧工業高等専門学校機械工学科卒業。札幌トヨタ自動車株式会社から学校法人小山学園東京工科専門学校の自動車整備分野専任教員に転職。その後、産業技術大学院大学創造技術専攻にて創造技術修士を取得。自動車技術会正会員。全国自動車大学校整備専門学校協会における各種委員会委員長を歴任。文部科学省委託事業では「自動車設計開発技術者育成のための4年制カリキュラム開発」「自動車整備専門学校における職業実践専門課程の第三者評価について」の代表。東京都専門学校各種学校協会においては各種委員会に委員として参画。学校法人小山学園理事も務める。 日産・自動車大学校広報支援部 橋本 健 大阪産業大学工学部卒業。日産京都自動車大学校に教員として入社。20年超の学生指導経験を活かして、募集・就職担当部署へ異動。現在は全国に5校ある日産・自動車大学校の募集、就職、広報を統括する広報支援部で活動中。 ●日時 2021年7月31日(土) 14:00~16:15 14:00~14:05 開会宣言 14:05~15:20 講演「自動車大学校の留学生事情」(東京工科自動車大学校 佐藤校長) 15:20~16:00 講演「メーカー系大学校の留学生事情」(日産・自動車大学校 橋本氏) 16:00~16:15 質疑応答&次回宣伝等 ※Zoomによるオンラインセミナー ●参加費 2000円 ●定員 40名 ●申込み 以下のPeatixサイトよりお申込みください。 http://ptix.at/vDlfIu ●主催 日本語教師センター ●注意事項 Zoomによるオンラインセミナーです。 実名参加が可能な方のみお申し込みいただけます。 1チケットにつき1名の参加が可能です。 パソコンまたはタブレットでの参加を推奨いたします。お申し込みの際に携帯電話のメールアドレスをご記入いただくことはご遠慮ください。 領収書はPeatixの画面から発行できます。セミナー開催後の領収書の発行はできません。 チケットの購入により、上記の注意事項に同意したものとみなします。
8月
7
10:00 AM リンゲージスペシャル2021DXセミナ... @ オンライン上(Zoom会議室)
リンゲージスペシャル2021DXセミナ... @ オンライン上(Zoom会議室)
8月 7 @ 10:00 AM – 12:00 PM
日本語業界の最前線でDXを実践するプロフェッショナルたちにご登壇頂くセミナーシリーズも今回で第4回になりました。 リンゲージDXセミナー第4回は、東京大学などで教鞭をとるかたわら、NPO法人YYJ「ゆるくてやさしい日本語のなかまたち」の体表を務める大隅紀子さんのご登場です。 大隅さんは、世の中でzoomが世に定着するずっと前からこのツールに注目し、オンラインならではの授業やミーティングの可能性について追及を続けています。 当日は参加者のみなさんにオンラインファシリテーションを体験していただく時間も! オンライン(Zoom)での開催です。(*ライブ・録画配信の両方視聴できます) ↓お申込みはこちらから↓ https://form.run/@linguagespecial2021 *お申込み期限:8月5日(木) 《お問合せ》 担当:山本 住所:東京都新宿区西新宿1-3-13ゼンケンプラザⅡ11F Mail:n.yamamoto@linguage.jp 電話:03-5909-0421
2:30 PM 母語・継承語・バイリンガル教育(... @ オンライン開催
母語・継承語・バイリンガル教育(... @ オンライン開催
8月 7 @ 2:30 PM – 8月 8 @ 5:45 PM
MHB学会2021年度研究大会 参加登録のご案内(7/31〆切) 母語・継承語・バイリンガル教育(MHB)学会では、2021年度研究大会のテーマとして「ファミリー・ランゲージ・ポリシーと新時代におけるマルチリンガル教育」を掲げ、8月7日、8日にオンラインで開催します。ファミリー・ランゲージ・ポリシー(Family Language Policy、以下FLP)は、個人と社会的環境との接点となる集団の最小単位として「家族」に注目し、学校における学習言語及び地域・国家レベルの言語政策との関係性を深く考察し、理解することができるテーマです。 今年度の大会では、FLP研究を牽引してこられたKendall King博士による基調講演、FLPに関連した国内外の実践研究報告からなるパネルセッションの他、一般発表(27件)、ワークショップ2件を予定しています。ワークショップには、研究手法に焦点をあてたオープン・コーディング入門と、コロナ禍の教育デジタルツールに焦点をあてた2件を企画しました。 基調講演とパネルセッションは、大会1週間前から動画配信を開始し、大会期間中には質疑応答をライブで開催いたします。事前配信動画には日本語字幕、ライブセッションでは日英同時通訳・日本手話同時通訳をご用意します。また、オープン・コーディング入門は事前配信動画とライブによるハンズオンのセッションを予定しています。この他、書店による書籍販売コーナー、参加者相互の交流をはかる場なども設けております。 みなさまのご参加を心よりお待ちしております。 日時:2021年8月7日(土),8月8日(日) テーマ:ファミリー・ランゲージ・ポリシーと新時代におけるマルチリンガル教育 場所:全プログラムオンライン 2021MHB研究大会参加者限定特設サイト (https://www.conference.mhb.jp/) *現段階では一般公開用のプログラムページのみ閲覧可能です。 大会1週間前をめどに、参加者だけが閲覧できる詳細情報を掲載します。 大会参加費:一般会員、学生会員 2,000 円 準会員、非会員   3,000 円 申し込み期限:7月31日23:59(日本時間:UTC+9) プログラム詳細および参加申し込み方法: 大会特設サイト(https://www.conference.mhb.jp/)をご参照ください。                                                                                 MHB学会2021年度大会実行委員
8月
22
10:00 AM 凡人社オンライン日本語 サロン研... @ オンライン(Zoom)
凡人社オンライン日本語 サロン研... @ オンライン(Zoom)
8月 22 @ 10:00 AM – 11:30 AM
凡人社オンライン日本語 サロン研修会 まだまだ広がる「やさしい日本語」! @ オンライン(Zoom)
凡人社オンライン日本語サロン研修会 まだまだ広がる「やさしい日本語」! [日 時] 2021 年 8月 22日(日)10:00~11:30 (オープン 9:40) [参加費] 無料 ※要予約、前々日(8/20)に招待 URL 送ります。 [定 員] 定員:250 名(先着順、定員になり次第締め切ります) [講 師] 岩田一成先生(聖心女子大学日本語日本文学科教授) [対 象] 主に日本語教師、日本語教育ボランティア、自治体担当者、など [概要] 災害場面から広がった「やさしい日本語」ですが、2019 年に外国人労働者の受け入れが決まって以来、国の言語政策として明記されるようになりました。 この研修会では、役所、医療機関、学校(この三つは各種調査で外国人が困っていると回答している場所です)の現場でどのような活用がなされているのか紹介します。 基礎的なお話から始めるので、お気軽にご参加ください。 [主 催] 凡人社 [お申し込み▼]※先着順 ※下記お申込みフォーム(二次元バーコード)かメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(8/22)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。
ページ上部へ戻る