日本語学校の「サムライ先生」奮闘記 多文化共生社会を支える日本語教師だ

日本語学校の「サムライ先生」奮闘記 多文化共生社会を支える日本語教師だ

「日本語学校」といえば、「悪質学校」としてメディアに取り上げられるケースが多く、ともすれば「よからぬイメージ」が付きまとう。だが、その教育現場の実情については、ほとんど知られていないのではないか。そうした中で、現役の日本語教師が日本語学校の現場の状況をリアルに綴った本を出版した。「サムライ先生、日本語を教える―あなたの知らない日本語学校」(並木書房)がそれだ。

著者は山下知緒(ともお)さん。日本語教師であるとともに、手裏剣や柔術を駆使する武道家だ。熱い思いで留学生と対峙する「熱血先生」である。そんな意味合いを込めてタイトルに「サムライ先生」とうたっているようだ。

山下さんだけが実名で、山下さんが教鞭をとる「西丘日本語学園」をはじめ、同僚の教員や教え子の学生はいずれも仮名だ。この学校も実名を出せないのは、それなりの理由があるからだ。日本語学校のレベルをA~Dにランク付けをするとしたら、恐らく最低レベルのDランクだろう。

40代半ばの武術マニアの山下さんが転職した日本語学校は「出勤直後に教員が一斉退職する問題だらけの日本語学校だった。残されたのは教員未経験の著者と在校生25人。さらに翌月には40人ほどの新入生が入ってくる……」と本書の表紙で紹介している。このことからも、「西丘日本語学園」のレベルがわかるはずだ。

一方、サムライ先生は日本語の学習にほとんど関心を持とうとしない学生を叱咤し、病気になった学生病院に連れていく。在留カードを友人に悪用され、途方に暮れる学生に救いの手を差し伸べようとしない学校の事務長に怒りをぶつけ、罵詈雑言を浴びせる。そうした熱い思いがサムライ先生と留学生の距離を近づけていくのだが、結局は「西丘日本語学園」を退職せざるを得ない状況に追い込まれる。

 

私の個人的な体験を少しだけ書いておきたい。起業家として日本で成功した元留学生の中国人は、日本語学校時代の先生と30年も続けている同窓会の話を嬉しそうに聞かせてくれた。その起業家は「お金もなくて苦労した時に助けてくれたのは先生だった。その先生と会うのを楽しみにしている」としみじみと語っていた。

日本語教師を経験したあと、日本語学校関係の情報誌を発刊した知人(故人)は「日本語教師が海外に行くと、教え子が集まって同窓会を開いてくれます。大学の先生が海外で同窓会を開いてもらったという話を聞いたことはない」と語っていた。実際、彼に誘われて韓国に行った時、ホテルの予約をしてくれ、夕食をご馳走してくれたのは彼の教え子だった。

山下さんは著書の「終わりに」の中で、「たった1人でもいい。外国人とリアルに付き合って見れば、想定外のギャップに仰天すると同時に、彼らが自分と変わらない人間であることを感じ入るだろう」と書いている。外国人の支援団体の人たちからも、同じような話を聞いたことがある。

政府は2018年12月の入管法改正で外国人受入れに本格的に舵を切った。その流れで政府としても「多文化共生社会」を目指し、「異文化交流」の重要性を指摘するようになったが、その一方で留学生受け入れの「悪質な仲介業者」の排除や悪質な日本語教育機関を批判の標的にしている。

「サムライ先生」が籍を置いた「西丘日本語学園」が出入国在留管理庁から「不適格校」に指定されたことで、Dランクの学校であることは明らかだが、立派な日本語学校も少なくない。親身になって留学生の世話をする日本語教師が数多く存在することも事実だ。多文化共生社会の最前線で活躍しているが日本語教師だ。

日本語学校を卒業した元留学生が公立大学の学長になった例や、母国に帰国後に外交官となり駐日大使として日本に滞在したとの話を聞いた。日本語学校もいろいろあり、留学生も国籍や個人的な性格が異なれば十人十色だろう。「サムライ先生」が様々な顔を持つ日本語学校への理解を深める一助になるよう期待したい。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. viagra on line sildenafil for sale usa

  2. cost of stromectol medication ivermectin 9mg

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

12月
4
2:00 PM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
12月 4 @ 2:00 PM – 3:30 PM
[日 時] 2021年12月4日(土)14:00~15:30 (オープン 13:40) [定 員] 120名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に日本語・英語教師、大学院生、日本語教育ボランティア、など [参加費] 無料 ※要予約、前日(12/3)17時までに招待URL送ります。 [講 師] 細川 英雄 先生(言語文化教育研究所八ケ岳アカデメイア主宰) [内 容] 自分のことばをつくることは、あなた自身のテーマを持つことからはじまります。 自分のテーマを持つとは、ことばの活動を通して、この社会の一構成員であること、 つまり自分が社会的行為主体であることを自覚することです。 この社会で、決められたことを決められたように教えたり教えられたりする、 歯車の一つとして生きるのではなく、人として生きるとは何か。 すべては、あなたにしか語れない人生の経験を自分のことばで語ることから始まります。 ※当日はブレイクアウトセッションを開催予定です。 ※セミナー終了後、30分程度(16時まで)フリーディスカッション開催予定です。   [主 催] 凡人社 [お問い合わせ・申し込み先] E-mail: ksakai@bonjinsha.co.jp (担当:凡人社/坂井)  
12月
11
10:00 AM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン(Zoom)
12月 11 @ 10:00 AM – 11:30 AM
[日 時] 2021年12月11日(土)10:00~11:30 (オープン 9:40) [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります) [対 象] 主に大学教員、大学院生、日本語教師、日本語教育ボランティア、など [参加費] 無料 ※要予約、前日(12/10)17時までに招待URL送ります。 [講 師] 仲山 淳子 先生(フリーランス日本語教師・日本語教師養成講座講師) [内 容] 中上級の学習者の中には初級の間違いが定着してしまったり、 新しい文法や表現を学んだがゆえにうまく整理できず混乱を起こしたりしている人が見受けられます。 するとせっかく日本語で話しているのに相手に伝わらず、自信をなくすということもあるようです。 『日本語文法ブラッシュアップトレーニング』(アルク発行)では、 そんな学習者にありがちな間違いを集めました。 まず何が間違っているのかを自分で考えます。 そして正しい表現を学ぶだけでなく、なぜ間違っているのか、 また間違えると相手にどう受け取られるのかも紹介します。 さらにポイントとなっている文法を整理し、練習を重ねれば、自信を持って言いたいことを表現できるようになるはずです。 今回のセミナーでは、この本のコンセプトと使い方についてご紹介します。
12月
17
1:00 PM 【無料/管理職・人事部向け】 絶対... @ オンライン(Zoom)
【無料/管理職・人事部向け】 絶対... @ オンライン(Zoom)
12月 17 @ 1:00 PM – 2:00 PM
【概要】 日本で働く外国人材が増加してきており、今後も少子高齢化による産業担い手の不足により、日本で働く外国人材は増加の一途をたどります。外国人材が日本社会で定着・活躍するために、ほぼ例外なくまとまった時間の日本語学習が必要ですが、私たちの母語でもあり、職場の共通言語である”日本語”について、実はよく分かっていないという経営者や管理者が多いのが実情です。外国人材がどのように日本語を学び、どんな課題を感じているのかを知ることが、言語の壁を正しく乗り越え、強く信頼関係のある職場作りのヒントになると思います。本セミナーでは日本語教育のプロが、外国人材のエンゲージメントを高めるための”伝わる日本語の使い方”を解説します。 【開催日時】 2021/12/17(金) 13:00~14:00 【対象者】 ・外国人材を採用している企業の人事担当者 ・外国人材をメンバー・同僚に持つ組織管理者、ビジネスパーソン ・ダイバーシティ推進、インクルージョン推進などに興味をお持ちの方 【お申込み期限】 2021年12月15日(水) 【お申込み先】 https://abitus.biz/event/event-211217/#seminar_form
12月
18
10:00 AM リンゲージスペシャル 「授業とラ... @ Zoomライブ配信 / 録画配信
リンゲージスペシャル 「授業とラ... @ Zoomライブ配信 / 録画配信
12月 18 @ 10:00 AM – 11:30 AM
リンゲージスペシャル 「授業とラジオのクロスボーダー」ーー「日本語」という切り口で見えてきたことーー さくらFMでパーソナリティーを務める近藤冨士雄さんは、元NHKエグゼクティブアナウンサーで有資格の日本語教師でもあります。 これまでのラジオの活動と日本語授業を通して見えてきたことを、嶋田和子さん(アクラス日本語教育研究所代表理事)他、豪華ゲスト陣といっしょに語ります。 【スピーカー&インタビュアー】 近藤冨士雄さん 【スピーカー】 嶋田和子さん 小山暁子さん 仲山淳子さん Akoさん 詳しくは以下をご欄ください。 https://sites.google.com/zenken.co.jp/linguagespecial-kondo 《主催者名》 全研本社株式会社リンゲージ事業本部グローバルキャリア事業部日本語課 《日時》 12月18日(土)10:00-11:30 《会場》 オンライン (Zoomライブ配信 / 録画配信) 《料金》 3000円 《お申込みはHPから》 https://sites.google.com/zenken.co.jp/linguagespecial-kondo 担当:阿部 電話:03-5909-0421

注目の記事

  1. 高校でも日本語指導の制度化求める提言 文科省の有識者会議(1NHK NEWS WEB2021年9月2…
  2. 頑張れ!日本語議連 河村会長は衆院選への出馬辞退、政界引退へ 衆議院が10月14日に解散された…
  3. 衆院選、日本語議連の候補者は中川会長ら33人が議席守る 衆院選は10月31日に投開票が行われた。与…

Facebook

ページ上部へ戻る