日本語学校の「サムライ先生」奮闘記 多文化共生社会を支える日本語教師だ

日本語学校の「サムライ先生」奮闘記 多文化共生社会を支える日本語教師だ

「日本語学校」といえば、「悪質学校」としてメディアに取り上げられるケースが多く、ともすれば「よからぬイメージ」が付きまとう。だが、その教育現場の実情については、ほとんど知られていないのではないか。そうした中で、現役の日本語教師が日本語学校の現場の状況をリアルに綴った本を出版した。「サムライ先生、日本語を教える―あなたの知らない日本語学校」(並木書房)がそれだ。

著者は山下知緒(ともお)さん。日本語教師であるとともに、手裏剣や柔術を駆使する武道家だ。熱い思いで留学生と対峙する「熱血先生」である。そんな意味合いを込めてタイトルに「サムライ先生」とうたっているようだ。

山下さんだけが実名で、山下さんが教鞭をとる「西丘日本語学園」をはじめ、同僚の教員や教え子の学生はいずれも仮名だ。この学校も実名を出せないのは、それなりの理由があるからだ。日本語学校のレベルをA~Dにランク付けをするとしたら、恐らく最低レベルのDランクだろう。

40代半ばの武術マニアの山下さんが転職した日本語学校は「出勤直後に教員が一斉退職する問題だらけの日本語学校だった。残されたのは教員未経験の著者と在校生25人。さらに翌月には40人ほどの新入生が入ってくる……」と本書の表紙で紹介している。このことからも、「西丘日本語学園」のレベルがわかるはずだ。

一方、サムライ先生は日本語の学習にほとんど関心を持とうとしない学生を叱咤し、病気になった学生病院に連れていく。在留カードを友人に悪用され、途方に暮れる学生に救いの手を差し伸べようとしない学校の事務長に怒りをぶつけ、罵詈雑言を浴びせる。そうした熱い思いがサムライ先生と留学生の距離を近づけていくのだが、結局は「西丘日本語学園」を退職せざるを得ない状況に追い込まれる。

 

私の個人的な体験を少しだけ書いておきたい。起業家として日本で成功した元留学生の中国人は、日本語学校時代の先生と30年も続けている同窓会の話を嬉しそうに聞かせてくれた。その起業家は「お金もなくて苦労した時に助けてくれたのは先生だった。その先生と会うのを楽しみにしている」としみじみと語っていた。

日本語教師を経験したあと、日本語学校関係の情報誌を発刊した知人(故人)は「日本語教師が海外に行くと、教え子が集まって同窓会を開いてくれます。大学の先生が海外で同窓会を開いてもらったという話を聞いたことはない」と語っていた。実際、彼に誘われて韓国に行った時、ホテルの予約をしてくれ、夕食をご馳走してくれたのは彼の教え子だった。

山下さんは著書の「終わりに」の中で、「たった1人でもいい。外国人とリアルに付き合って見れば、想定外のギャップに仰天すると同時に、彼らが自分と変わらない人間であることを感じ入るだろう」と書いている。外国人の支援団体の人たちからも、同じような話を聞いたことがある。

政府は2018年12月の入管法改正で外国人受入れに本格的に舵を切った。その流れで政府としても「多文化共生社会」を目指し、「異文化交流」の重要性を指摘するようになったが、その一方で留学生受け入れの「悪質な仲介業者」の排除や悪質な日本語教育機関を批判の標的にしている。

「サムライ先生」が籍を置いた「西丘日本語学園」が出入国在留管理庁から「不適格校」に指定されたことで、Dランクの学校であることは明らかだが、立派な日本語学校も少なくない。親身になって留学生の世話をする日本語教師が数多く存在することも事実だ。多文化共生社会の最前線で活躍しているが日本語教師だ。

日本語学校を卒業した元留学生が公立大学の学長になった例や、母国に帰国後に外交官となり駐日大使として日本に滞在したとの話を聞いた。日本語学校もいろいろあり、留学生も国籍や個人的な性格が異なれば十人十色だろう。「サムライ先生」が様々な顔を持つ日本語学校への理解を深める一助になるよう期待したい。

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. cost of stromectol medication ivermectin 9mg

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
16
10:30 AM 日本留学AWARDS「日本語教師のため... @ オンライン(Zoom)
日本留学AWARDS「日本語教師のため... @ オンライン(Zoom)
9月 16 @ 10:30 AM – 9月 17 @ 6:00 PM
日本留学AWARDS「日本語教師のための進学・就職相談会2021」 @ オンライン(Zoom)
全国の専門学校・大学、人材紹介企業が参加する個別相談とセミナーを行います。 〇個別相談:オンラインだから、ZOOMにつなぐだけで、オフィスや自宅から全国の進路先と気軽に話せます。 〇セミナー:「コロナ時代の日本留学Ⅱ-オンラインでつなぐ留学-」個別相談申込み3校(社)以上で両日参加できます。 9月16日(木)「それでも、日本留学 ー留学生の声-」 (パネルトーク&質疑応答) 9月17日(金)「高等教育機関の動向」 (アンケート結果報告&グループトーク)
10月
2
1:30 PM リンゲージDXセミナーシリーズ第5... @ オンライン上(Zoom会議室)
リンゲージDXセミナーシリーズ第5... @ オンライン上(Zoom会議室)
10月 2 @ 1:30 PM – 3:30 PM
リンゲージDXセミナーシリーズ第5回 「SNSを使った集客とコンテンツの活用術」–「好き」を仕事に結びつけるために– フリーランス日本語教師として独自の地位を築いているAkoさん。仕事に必要だと感じ、英語、プログラミング、コンテンツマーケティングと、さまざまな分野のスキル習得に次々と挑戦していった圧巻の行動力をお持ちです。当日はこれまでの経験を生かし、参加者みなさんの立場に立って、個人活動としての集客のみならず、学校など組織としての集客についてもヒントをお話くださるとのこと。新時代の教師像を考える方にとって見逃せないセミナーです。 日 時 :2021年10月2日(土)13:30-15:30 場 所 :オンライン(Zoom) 料 金 :2000円(ライブ・録画配信の両方の視聴が可能) お申込み後、お振込みいただいて受付完了となります。 定 員 :100名 お申し込み:https://form.run/@linguagespecial2021 問い合わせ:電話 03-5909-0421 email japanese@linguage.com 詳細はチラシをご覧ください。 皆様のご参加お待ちしております。 主催者のカテゴリー:日本語議連
10月
20
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM)
10月 20 @ 7:00 PM – 11月 17 @ 8:30 PM
漢字の知識は、日本の学校教育では国語科で学びます。しかし、その多くは「漢字テスト」の対策であり、文化的な側面や日本語を表記する方法の一つであるという認識が疎かになっているように思います。また漢字文化圏の学生にとっても母語での漢字の位置づけは、日本語のそれと同じものではありません。この講座では、漢字表記を通した日本語の特徴、そして漢字文化圏の日本語学習者を理解することを目的にしたいと考えています ▼▼こんな方におすすめ▼▼ 日本語を教えている方 日本語教育関係の学部を選考されている方 日本語教師養成講座を修了された方 テーマにご興味のある方 ▼▼日時▼▼ 第1回 2021年10月20日(水)19:00〜20:30 文字としての漢字 漢字とかな・アルファベットとの違いを理解し、送り仮名・振り仮名の存在などから、漢字とかなの両方を用いる日本語表記の特殊性を考えます。後半では、漢字の構造(なりたちと構成方法)を理解します。 第2回 2021年10月27日(水)19:00〜20:30 字形 漢字の構造に慣れるために理解したい、部首と偏旁冠脚とのちがい。また、文化庁の「常用漢字表(付)字体についての解説」「常用漢字表の字体・字形に関する指針」や漢字文化圏諸国の「漢字表」を手引きに、「標準字体」とは、どういうものなのかを考えます。 第3回 2021年11月10日(水)19:00〜20:30 意味と読み 音読み(一字多音の理由)、訓読み(同訓異字のある理由と「使い分け」)、熟語の構成の理解から、日本語と漢語との文法構造の違いについて考えます。 第4回 2021年11月17日(水)19:00〜20:30 漢字文化圏 中国・台湾・韓国朝鮮およびベトナムでの漢字文化や社会における漢字の位置づけを理解し、漢字文化圏の日本語学習者への理解につなげます。   受講料:9,000円(税込) ※全回の受講をお勧めしますが、ご希望の回のみのお申し込みは1回2,500円(税込)となります。 場所:オンライン(ZOOM開催) 定員:80名 【講師紹介】 久保 裕之 クボ ヒロユキ 立命館大学 白川静記念 東洋文字文化研究所   立命館大学法学部卒業後、 1997年財団法人日本漢字能力検定協会(現・公益財団法人)入職。 2005年学校法人立命館入職。現在は立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所文化事業担当職員。 2015年放送大学大学院文化科学専攻修了。修士(学術)、漢字教育士、全国通訳案内士(中国語)。日本漢字学会評議員。

注目の記事

  1. 報告概要案を修正 公認日本語教師養成機関の議論も 第7回日本語教師の資格に関する調査研究協力…
  2. 出入国在留管理庁がコロナ禍の日本語学校の「休校」の対処などの質問に回答 日本語学校の関係6団体…
  3. 東京都から約20㌔の神奈川県中部にある綾瀬市。相模原台地の豊かな自然に囲まれた人口約8万4000…

Facebook

ページ上部へ戻る