公認日本語教師のパブコメに1,700件の意見 試験や教育実習にオンライン活用の提案も

公認日本語教師のパブコメに1,700件の意見 試験や教育実習にオンライン活用の提案も

文化庁は10月12日に開いた文化審議会国語分科会に「日本語教育の推進のための仕組みについて」の報告書に対する意見募集(パブコメ)の結果を報告書にまとめ公表した。寄せられたパブコメは団体から12件、個人から843件の計855件で、意見の総数は1707件にのぼった。意見の約75%は日本語教師の資格に関するものだったが、コロナ禍の影響でオンライン授業が普及したこともあって、資格試験や教育実習などへのオンライン対応を求める声が目立った。

パブコメの対象とされた文書は、日本語教師の資格に関する調査研究協力者会議の意見を踏まえてまとめた「日本語教育推進のための仕組みについて~日本語教師の資格及び日本語教育機関評価制度~」。この中では「日本語教師の資格について」と「日本語教育機関の水準の維持向上を図るための仕組みについて」が大きな柱となっている。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kokugo/kokugo/kokugo_78/pdf/93463601_04.pdf

文化庁は8月20日から9月17日までウエブサイトなどでパブコメを受け付けた。その内容を文化庁が精査、整理し、「国民からの意見募集の結果」を以下の報告書をまとめた。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kokugo/kokugo/kokugo_78/pdf/93463601_05.pdf

それによると、「日本語教師の資格」に関する分野の意見が1302件と最も多く、その内訳は「現職日本語教師等の資格取得方法」(398件)▽「試験の一部免除及び教育実習の免除」(129件)▽「教育実習」(111件)▽「試験の内容及び実施体制等」(100件)など。「日本語教育機関の水準の維持向上を図るための仕組み」は計316件あり、このうち「日本語教育機関の類型と申請主体」(107件)や「制度の詳細」(67件)「評価制度の審査項目」(65件)など意見が多かった。

具体的な意見としては、目立ったのはオンラインに関するもの。「日本語教育に関してオンライン授業が切り離せない状況になっている」「オンライン授業に対応できる資質についても試験で測るべき」「教育実習においてもオンラインを取り入れるべき」「国外で公認日本語教師を目指すものに対して、在外指定日本語教師養成機関もしくはオンラインで全て受講が可能な指定日本語教育機関を設立することが望ましい」「研修内容の質の担保を文化庁が保証し、オンラインやオンデマンド等,受講形態に柔軟性を持たせることが望ましい」--などオンライン化を求める声が目立った。

文化庁は公認日本語教師の資格創設などを目的とした法案を来年の通常国会に提案する予定だ。今回、寄せられたパブコメは法案づくりの参考資料として活用するほか、法務省など関係省庁とも認識を共有なするなどして政府としての日本語教育への理解を深めたいとしている。

にほんごぷらっと編集部

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. custom paper term paper custom

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
30
7:00 PM 日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
日本語教師のためのじっくり学ぶ講... @ オンライン(ZOOM開催)
6月 30 @ 7:00 PM – 8:30 PM
イベント説明 第1回:共感的理解と傾聴の技法 第2回:「聴く」ためには、自分をしることが大事 第3回:積極的に「聴く」を体験する 第4回:ソーシャルワーカーが行う相談援助 定員:80名 申込締切日:2022年6月19日(日)
7月
6
7:00 PM 「日本ではこう書きます!!」と言...
「日本ではこう書きます!!」と言...
7月 6 @ 7:00 PM – 7月 27 @ 8:30 PM
漢字の知識は、日本の学校教育では国語科で学びます。しかし、その多くは「漢字テスト」の対策であり、文化的な側面や日本語を表記する方法の一つであるという認識が疎かになっているように思います。また漢字文化圏の学生にとっても母語での漢字の位置づけは、日本語のそれと同じものではありません。この講座では2021年度の講義を基礎として、具体的な事象をより多く取り入れてお話ししていきたいと思います。 ※2021年度講座を受講なさっていない場合もご理解いただける内容です。 開催 開始日2022年07月06日 終了日2022年07月27日 いずれも水曜日 19:00〜20:30    
7月
18
11:00 AM 初心者さんも1時間でわかる!オン... @ オンライン(ZOOM開催)
初心者さんも1時間でわかる!オン... @ オンライン(ZOOM開催)
7月 18 @ 11:00 AM – 12:00 PM
まだ日本語教師として日本語を教えたことがない初心者の方のために、日本語をオンラインでどうやって教えたらいいのか、これをきっかけに短期間で日本語教師デビューできるよう、実践的スキルに絞ってお伝えします。 1時間の講座の中で、 ・日本語をオンラインで教えるコツのコツ ・市販日本語テキストを活用して教える内容をプランするコツ ・英語を使って教えるための基礎表現 ・オンライン日本語教材を作成するツール をカバーします。 <こんなことが出来るようになります> オンライン日本語教師の仕事の全体像がイメージできるようになり、これから先、ご自身でレッスンを組み立てていくためのコツがつかめます。 <こんな風に教えます> 少人数制で和気あいあいと進みますので、リラックスしてご参加ください♪ 講師の一方的な説明にならずに参加者の皆さんと対話する形式で、 自由に楽しく学んで頂きます。質疑応答のコーナーも一応設けていますが、わからないことはレッスン中いつでもお声がけください。
7月
23
1:30 PM 「まるごとオンライン講座」日本語... @ オンライン(zoom開催)
「まるごとオンライン講座」日本語... @ オンライン(zoom開催)
7月 23 @ 1:30 PM – 4:00 PM
「『まるごと』オンライン講座(全6回)」 日本語教育の新しい枠組み〜教師のマインドセットと現場での活かし方〜 『まるごと』を開発した著者陣が登壇し、コースブック「まるごと 日本のことばと文化」に具現化されている上位概念と具体的な教室活動との結びつきを紐解きながら、教師の役割や、日本語教育の新しい枠組みなどにも触れていく全6回。 *各回完結型ですので、気になるテーマだけへのご参加も可能です。 *********************** 第1回 7月23日(土)「日本語運用力を育成する授業の流れ」 JF 日本語教育スタンダードの目標設定、第二言語習得研究に基づく活動の流れ、音声のインプットなど、日本語運用力を育成する授業の流れと、求められる教師の役割につ いて考えます。 講師:来嶋洋美先生(国際交流基金専任講師) ********************* 定員:各回120名 参加料:3回セット 5,000円 1回のみ 2,000円 ↓詳細・お申し込みはこちら↓ https://www.sanshusha.co.jp/np/blog/recid/72/

注目の記事

  1. 外国人支援・多文化共生ネットが令和3年度の活動報告会 就学前の行政サービスの在り方は? 愛知、…
  2. 日本語教育関係者が故西尾珪子さんを偲ぶ会 日本語教育を半世紀にわたってリードしてきた国際日本語普及…
  3. 「プーチンの戦争」の罪と在日ウクライナ人、ロシア人ユーチューバーの想い 「プーチンの戦…

Facebook

ページ上部へ戻る