政府の「やさしい日本語」の取り組みが始まった

政府は7月24日、骨太方針2018を踏まえた「外国人の受け入れ環境の整備に関する業務の基本方針」を閣議決定した。「今後の外国人労働者受け入れ」という文脈で大々的に報道された骨太方針だったが、閣議決定の基本方針はすでに在住している外国人も含めた「多文化共生」社会作りとして位置付け、人権・医療・保健・福祉・子女の教育にまで踏み込んだものになっている。多様な価値観を認める 多文化共生社会 の実現を国民の呼びかけたことは高く評価できよう。

外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策(検討の方向性)(案)(以下「対応策案」)の「1 はじめに」の章では以下のように述べている。

今後も我が国に在留する外国人は増加していくものと考えられるが、外国人と地域社会との間には、言葉や習慣等の違いから課題が生じている場合も少なくない。我が国としても、日本で働き、学び、生活する外国人の処遇や生活環境等について、一定の責任を負うべきものである。外国人を、孤立させることなく、社会を構成する一員として受け入れていくという視点に立ち、外国人との共生社会の実現に向け、外国人が日本人と同様の公共サービスを享受し、生活できる環境を整備しなければならない。

また、我が国に在留する外国人との共生社会を実現するには、受け入れる側の日本人が共生社会の実現について理解し、協力するように努めなければならない。

上記文中の「外国人を、孤立させることなく、社会を構成する一員として受け入れていくという視点に立ち」という言葉は、力強い意志を感じさせる。また「外国人が日本人と同様の公共サービスを享受し、生活できる環境を整備」の部分は、国の責務を明確化させたものであり、新規労働者受け入れに限らず、現在の地域社会の課題を解決する施策として期待したい。

2006年に総務省が地方自治体の社会づくりの指針として「多文化共生プラン」をまとめているが、政府として共生の理念を閣議決定した意味は大きい。とりわけ私が注目するのは、「受け入れる側の日本人が共生社会の実現について理解し、協力するように努めなければならない」の部分である。これは国民に対する要請であり、政府の基本政策でこのように明言されたのは初めてであろう。

もちろんこの「日本人」は国民全体を指すわけであるが、事態を拙速に進めようとすると、様々な軋轢が起こる可能性もある。そもそも今回の外国人施策は労働力確保という社会要請から来ている。政府の意図としてはまず労働者を受け入れる個々の「雇用者」が職場の共生環境作りに協力すべきだと考えている。そのために財界や経団連・日本商工会議所・全国中小企業団体中央会・経済同友会などの使用者団体並びに各企業にも責任を持った対応を求めていくことになろう。

「はじめに」に明確に書かれているように、外国人と向き合う際の大きな課題は「言葉や習慣等の違い」が起因するものと言ってよい。雇用関係は外国人に限らず、業務の指示、伝達をスムーズに行うことでいい職場環境が作られる。日本語能力試験N4程度の日本語教育は国の責務で施していくとしても、職場の日本人側が外国人に配慮してコミュニケーションを調整しない限り、ビジネスはうまくいかないだろう。日本人側が満足するための会話を外国人に強要するとしたら、「日本語ハラスメント」ともいうべき新たなパワハラになるのではないか。

この日本人側のコミュニケーションの調整が、「やさしい日本語」である。雇用の現場でもすでに「やさしい日本語」に注目しているところもある。

2017年、「めんべい」で有名な福岡県の山口油屋福太郎では、ベトナム人技能実習生のために職場の同僚が「やさしい日本語」を学んだ。この研修は西日本新聞にも取り上げられている。

同じく福岡県の柳川市にある特養ホーム「ふるさとホーム」も、ベトナム人技能実習生を初めて迎え入れるのをきっかけに、介護スタッフが「やさしい日本語」の研修を受けた。

さらには、大阪外食産業協会では、外国人スタッフ受け入れのために外食産業全体として「やさしい日本語」に取り組もうとしている。同協会は技能実習の対象に「飲食」のカテゴリーを作るべく同協会井上泰弘常任委員が精力的に活動している。井上氏は受け入れ側のコミュニケーションの調整が必須だと、外国人採用プロジェクト立ち上げ当初から「やさしい日本語」に注目している。

今回の閣議決定では「やさしい日本語」に関する具体的な記載はなかったが、日本語教育推進議員連盟が秋にも法案提出する予定の日本語教育推進基本法(仮称)の自治体へのヒアリング段階では、横浜市などが「外国人材を受け入れる企業などが「やさしい日本語」の研修を受ける機会の確保」という意見を出している(2017年6月5日明治大学での馳浩議連事務局長講演の資料より)。今回の閣議決定で雇用者側の受け入れ姿勢についても役割を求めていることは、国レベルでの「やさしい日本語」への取り組み宣言になっているのではないだろうか。

現状「やさしい日本語」については法案に記載できるような定義がはっきりしておらず、基準となっている語彙・文法も公開されていない(コラム参照)。今回の閣議決定にもある「生活・就労に必要な日本語能力を確認する能力判定テスト」や「日本語教育を効果的に行える日本語カリキュラムや教材の開発」などと連携し、それに対応した「やさしい日本語」を定義していくことが重要であろう。

吉開章

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

7月
23
1:00 PM 令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
令和4年度文化庁委託主任教員研修... @ オンライン(ZOOM開催)、AP東京八重洲、AP大阪茶屋町
7月 23 2022 @ 1:00 PM – 2月 13 2023 @ 6:00 PM
【申し込み締め切り】2022年7月12日㈫ 今年度も当協会では,文化庁委託日本語教育人材の研修プログラム普及事業のうち「日本語教育コーディネーター(主任教員)に対する研修」分野を実施することとなりました。それに伴い,担当講師育成研修を開催いたします。 本普及事業においては令和2年度から当該の研修を担当する講師を育成するための研修が義務付けられております。今年度の主任教員研修における「担当講師育成研修」においては,研修担当講師に求められる①主任教員研修を担当し実施する力,②主任教員研修を企画・運営する力,の獲得を目標に主任教員を育成できる人材の養成を目指します。 主任教員研修と担当講師育成研修を合わせて実施する研修は本普及事業ならではのものです。本研修の実績として,令和2,3年度の担当講師育成研修を修了した複数の者が実際に研修担当講師として主任教員研修で活躍をしています。 この貴重な機会にぜひご参加いただき,今後の日本語教育の発展に向けてさらなる研鑽を積んでいただくことを期待しております。 受講希望者におかれましては,募集要項を熟読の上,来る7月12日(火)までに,所定の方法にてご応募くださるよう,お願いいたします。   参加費無し(研修内容に応じた指導補助謝金,交通費,宿泊費をお支払いいたします。)
2月
7
終日 東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
東洋大学_ビジネス日本語ポイント... @ オンライン(Webex)
2月 7 – 2月 13 終日
ビジネス日本語ポイント講座(オンライン) 【講座概要】 〈期間〉2023年2月7日(火)~ 2023年2月13日(月) (JST) 全7 日間、14コース 〈形式〉Webexを用いたオンライン形式 〈対象〉JLPTN2 合格以上の外国人留学生、または外国人社員の方 ※東洋大学以外の方も受講できます。 ※海外の国や地域在住の方の参加も歓迎します。 〈定員〉各回 1,000名(先着順) 〈授業料〉無料(一部有料) 〈申込期間〉2023年 1月13日(金)~ 2月2日(木)(JST) 〈講座申込〉TOYO Japanese Language Programサイト https://toyo-jlp.com/class/courselist-2023-spring-business-japanese-special-courses ※本件についてのお問い合わせは、ushikubo@toyo.jp までお願いします。
2月
12
9:00 AM 教師のためのEdTech体験会 第11回... @ オンライン
教師のためのEdTech体験会 第11回... @ オンライン
2月 12 @ 9:00 AM – 11:30 AM
お名前カナ(セイ・メイ)オカダ アヤメールアドレス電話番号正しいイベントタイトルを入力ください時刻の特記事項開始日日本時間2月12日(日)開始時刻9:00am終了日日本時間2月12日(日)終了時刻11:30am会場名オンライン会場住所オンラインイベントの料金1500円主催者連絡先名岡田Eメール電話番号Webサイト URLを入力ください。イベント説明 教師のためのEdTech体験会は、ICTツールの使い方を皆で一緒に学ぶワークショップで、2ヶ月に一回行われます。 2023年2月12日の体験会では、TinyTap(タイニータップ)と呼ばれる年少者向け教育ゲームが作れるツールの使い方を学びます。 イラストをタップすると音声が鳴って正解を示してくれたり、絵カードを動かしてマッチングをするなどのアクティビティを作ることができます。 作れるゲームの種類は全部で6種類! 【入門編】では、「イラストをタップして音声を確認する教材の作り方」を学びます。 例)ふゆといえば…?(イラストをタップして音声を確認する教材) → https://www.tinytap.com/activities/g4xji/play/sound-board-activity 【初〜中級編】では、「質問を聞いて答えを選ぶクイズ」「イラストの並び替えパズル」の作り方を学びます。 例)森の中にあるもの(質問を聞いて答えを選ぶクイズ) → https://www.tinytap.com/activities/g4xjo/play/ask-questions-sample パンダくんの新発見(イラストの並び替えパズル) → https://www.tinytap.com/activities/g4xjn/play/puzzle-activities-sample お土産としてお持ち帰りいただくスライド教材の中には、その他3種類のゲームの作り方の解説も入っています。 動き&音声のある楽しい教材が無料で作れるので、年少者が自分で学習するための自習用教材作成ツールとしても活躍します。 ぜひ、一緒にTinyTapを使って、教材を作れるようになりませんか。 日時: 日本時間2月12日(日) 入門編 : 9:00〜9:50am 初〜中級編: 10:00〜11:30am 体験会には「入門編」と「初〜中級編」があります ※「入門編」「初〜中級編」のいずれか、または両方に参加いただくことが可能です。 場所:オンライン(当日Zoomでリアルタイム参加)または、後日オンデマンドで動画視聴 内容:TinyTap(タイニータップ)というツールでさまざまなゲームを作成する方法を学ぶ 入門編  (リアルタイム)… 1,500円 初〜中級編(リアルタイム)… 1,500円 入門編  (オンデマンド)… 1,500円 初〜中級編(オンデマンド)… 1,500円 EduJapa!サポーター(カップケーキプラン限定)の方…無料! 当日ご都合のつかない方も、オンデマンド教材にお申しこみいただけます。 ぜひそちらもご活用ください。 リアルタイムチケット/Edujapa!サポーター特典チケット→日本時間 2月7日(火)23:55 オンデマンドチケットのみ→日本時間2月13日(月)08:55am みなさまのご参加を、お待ちしております! お申し込みはこちら:https://edujapa-ws0212.peatix.com/view
2月
18
1:00 AM 第34回 ビジネス日本語研究会(オ... @ Zoomによるオンライン開催
第34回 ビジネス日本語研究会(オ... @ Zoomによるオンライン開催
2月 18 @ 1:00 AM – 5:00 AM
第34回(2023年2月)研究会(オンライン) ■日時:2023年2月18日(土)13:00~17:00 ■開催方法:オンライン(Zoom)テーマ「就労日本語教師の質」 ■参加費:会員無料 非会員の方は、下記「こくちーず」にて詳細をご確認の上、参加申し込みをお願いします。 ■参加申し込み:会員、非会員とも「こくちーず」からお申し込みください。 参加申し込み詳細:https://www.kokuchpro.com/event/a74a33ae5adbe99afe8961caa57627ac/ ■プログラム概略 ・パネルセッション ・研究発表 ■研究発表の募集 テーマ:外国人材の活躍の支援と教育 *応募要領 ・応募資格:会員を中心として発表を募ります。 これを機にご入会くださる方も大歓迎です。また、実践報告や大学院生の萌芽 的研究も歓迎します。 ・発表形態:Zoomを用いた口頭発表 発表の持ち時間は25分間です。その25分間の中で「15分で発表+10分質疑」とします。スライドを用いる場合は、Zoomの画面共有機能をご利用ください。 ・募集件数:3件 ・応募締め切り:2023年1月28日(土) 研究会及び応募の詳細は下記ページにて確認をお願いいたします。 http://business-japanese.net/activity_034.html 皆様のご参加をお待ちしております。

注目の記事

  1. 「国際交流協会」といえば、地域の在留外国人と日本人の交流を取り持つ組織として知られる。形態は…
  2. ヘイトクライムを司法が断罪 京都地裁で放火男に有罪 在日コリアンが暮らすウトロ地区の民家に放火…
  3. 「やさしい日本語」で外国人の労災を防げ 厚労省が「手引き」作成 厚生労働省はこのほど、…

Facebook

ページ上部へ戻る