改正入管法成立 政府は「共生」にどう向き合うのか

改正入管法成立 政府は「共生」にどう向き合うのか

外国人労働者の受け入れを拡大する入管法改正案などが12月8日未明に参院本会議で可決、成立した。来年4月に「特定技能1」「特定技能2」の新たな在留資格が創設される。一方、政府は年内に「外国人材受け入れ・共生のための総合的対応策」をまとめるという。外国人受け入れの枠組みづくりに加え、政府は共生のためのどのような「対応策」を打ち出すのか。受け入れ後の仕組みづくりにこそ、私たちは注目すべきだ。

政府は「移民政策をとらない」と強調しているが、一般に移民政策とは出入国管理政策と社会統合(多文化共生)政策を合せたものだと言われている。今回の改正入管法によって政府は外国人動労者受け入れの新たな「入り口」を拡大した。今後、明らかにされる「総合的対応策」は社会統合政策にあたるものだと思われる。対応策は法律ではなく、省令によって定められるので国会の議決は必要ないが、その重要度から見て、よりレベルの高い政治的な議論が求められそうだ。

今回の入管法改正論議では、野党側も人手不足を解消するための外国人受け入れそのものに反対したわけではない。だが、「特定技能」がとかく批判の多い技能実習制度の“延長線上”にあり、そもそも人権侵害など問題が多々ある技能実習制度に関する野党側追及に政府が十分な答弁ができなかったことで議論が紛糾した。

しかし、外国人の受け入れ問題をめぐって与野党が国会で激しい論戦を展開したのは初めてのこと。その議論の高まりを受けてマスコミ報道が過熱した。かつてないほど国民の関心も高まった。自民党内の一部からは反対論も出たが、保守を支持基盤にしている安倍首相が決断した方針だけに、反対の声も終息。野党の国会での反対は、「数の論理」でねじ伏せた。

ただし、本当に重要なのはこれから出てくる「総合的対応策」だ。どこまで政府が踏み込んだ「共生策」をとれるのか。ひと言で「共生」と言っても、その幅は広い。受け入れた外国人の生活全般に関わる事案があるからだ。雇用、福祉、医療、教育など数え上げたらきりがないが、その基盤を成すのか日本語教育だ。日本人と外国人のコミュニケーションが取れなければ共生社会どころではない。

野党は国会で技能実習制度の「ゆがみ」を追及の材料にした。確かに問題点は少なくない。だったら2016年に「技能実習制度適正化法」が国会に提案された際、もっと厳しく追及しなかったのか。

こうした政府の動きとは別に、超党派の日本語教育推進議員連盟(河村建夫会長)がこのほど日本語教育教推進法案をまとめた。日本語議連はグローバル化が進む中で日本語教育に関する法整備が必要だとの問題意識から2016年11月に発足し、議論を重ねてきた。日本語教育関係の有識者から意見を聴くとともに、省庁担当者とも協議しながら法案を作成した。日本語教育推進法案は年明けの通常国会に提出されるとみられるが、日本語教育関係の省庁担当者は政府の総合的対応策に作成も関わっているはずで、日本語教育に関しては現実的かつ効果的な事業展開が期待される。

今回の改正入管法問題に関して、海外のマスコミはほとんど関心を寄せなかったようだ。すでに移民問題が重要な政治課題となっている国にとって、日本は周回遅れの対応のように見えるかもしれない。とはいえ国内的には「日本の国の形を変えるもの」との声が出るなど関心が高い。

参院法務委員会の参考人質疑で、高谷幸大阪大大学院准教授は「外国人が人間として暮らせるための権利と尊厳を保障しなくてはならず、外国人住民基本法、差別禁止法など、多文化社会のインフラが必要だ」と述べた。

これから出てくる政府の総合的対応策の中身の吟味、日本語教育推進法案の成立に向けた動きなど、取り組むべき課題はなお山積している。年明けの通常国会でより中身の濃い議論は求められる。政治の責任は重い。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

5月
24
5:00 PM JLPTオンラインハーフ模試 ご紹介... @ オンライン(ZOOM)
JLPTオンラインハーフ模試 ご紹介... @ オンライン(ZOOM)
5月 24 @ 5:00 PM – 6:00 PM
アスク出版開発のJLPTオンラインハーフ模試がこのたび、パワーアップしました! すでにJLPTオンラインハーフ模試をお使いの方、導入をご検討くださっている方、 5月24日(金)のオンライン説明会にぜひご参加ください! 説明会では、今回のリニューアルについてのご説明だけでなく、実際のご活用事例や効果的な使い方についてもお話します。 参加無料、入退場自由です。 皆様のご参加をお待ちしております!
5月
25
終日 2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
5月 25 – 5月 26 終日
日本語教育学会 2024年度春季大会 開催日 2024年5月25日(土)・26日(日) 会場 オンライン
6月
12
12:00 AM 留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
6月 12 2024 @ 12:00 AM – 1月 31 2025 @ 12:00 AM
日振協による文部科学省委託の初任研修が今年も始まります。 告示校で10年程度専任で経験されている方対象です。 OJTで実際の運営に関わりながら研修運営を肌で学んでいただけます。 研修詳細は協会ホームページより、チラシと募集案内をダウンロードしてご確認ください。   「日振協 留学生対象の日本語教師初任者研修」は「オンライン映像講義」「(オンライン)集合研修」「自己研修(自律的学習)」の三位一体の編成により、①自律的・持続的な成長力 ②対話力 ③専門性という3つの資質・能力の育成を目指すもので、忙しい仕事の合間を縫って学べるよう、また地方の教育機関に所属している受講生への負担を減らすため、e-Learningを利用した研修となっています。 2020年度から、この初任者研修と並行して、「育成研修」を併せて実施しています。「育成研修」は初任者研修のサポートを行いながら研修の企画や実施方法を学び、将来全国各地で初任者研修の実施担当者として活躍していただく人材を育成する研修です。具体的には以下のことを目指しています。 ①初任者教員の協働的かつ自律的な学びを支援し、21世紀に活躍できる日本語教師としての資質・能力及びICT活用能力の獲得へと導く ②研修委員に必要な経験と能力を身につける 研修は、フルオンライン(zoom使用)で実施いたします。学内で初任者の指導を任されている方、地方在住でなかなか研修機会に恵まれない方など全国各地からご参加いただきたく存じます。修了生は今後実施委員になっていただく可能性もございます。どうぞ奮ってご応募ください。 チラシ(PDF 裏表2頁/1枚)
6月
22
2:00 PM 篠研の日本語教育セミナー「実践!... @ オンライン
篠研の日本語教育セミナー「実践!... @ オンライン
6月 22 @ 2:00 PM – 4:00 PM
篠研の日本語教育セミナー「実践!学習者が前のめりになる質問型中上級語彙指導-単調な授業が生き生きとした授業によみがえる!-」 1.セミナー概要 現職の日本語教師の方やこれから日本語教師を目指そうという方を対象に、学習者が自然と前のめりに授業に取り組むようになる質問型授業による中上級語彙の実践的かつ具体的指導方法を通じて、楽しくてためになる授業スキルの習得を目指します。あわせて、篠研の「日本語教師授業力アップ年間プログラム」のご案内も致します。 ・中級の語彙指導の授業の仕方がよくわからない。指導の引き出しを増やしたい。 ・学習者に質問するものの、どうしても教師主導の一方的な授業になってしまう。 ・私の語彙指導は単調でマンネリ。楽しい授業をしたいがアイデアが浮かばない。 という方はぜひご参加ください。 2.講師:篠崎大司 3.日時:2024年6月22日(土)14:00-16:00 4.受講料:会員 2,200円(税込) / 一般 2,750円(税込) ◆内容:詳細はホームページ参照 https://www.kanjifumi.jp/sitsumongata_goisido_seminar/ 主催:株式会社篠研 E-mail: info@kanjifumi.jp 電話:080-9103-8674

注目の記事

  1. 「全中国選抜日本語スピーチコンテスト本選」が5年ぶりに日本で開かれる——ネイティブ並みの日本…
  2. 第11回国際紅白歌合戦の報告書 第11回国際紅白歌合戦の報告書が「にほんごぷらっと」に送ら…
  3. 移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 第四話 「在日」は自然消滅 「在日は自然消滅…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate