2021年をオンライン日本語教育の元年に

2021年をオンライン日本語教育の元年に

コロナ禍による暗雲が地球を覆った2020年が幕を閉じ、2011年の新しい年を迎えました。みなささま、明けましておめでとうございます。新たな年がコロナ禍を克服し、将来への展望を見いだせる1年であることを祈念しています。

2020は2月に横浜入港したダイヤモンドプリンセス号で新型コロナウイルスの感染者が見つかって以来、日本全国に感染が拡大しました。米国やブラジル、欧州各国に比べれば、感染者数や死亡者数が少ないとはいえ、第3波の感染の拡大で医療崩壊が危惧されています。その一方で、欧米ではワクチンの接種が始まりました。効果のある治療薬の活用も進んでいるようです。いずれはコロナ禍の拡大を抑え込む日が訪れるはずです。

ところで、コロナ禍は日本語教育にどのような影響を与えたのでしょうか。出入国が規制されて航空便が相次いでストップし、外国人観光客ばかりでなく、外国人留学生や技能実習生などが長期わたって来日ができなくなりました。「三蜜」を回避するため大学などが休校になり、留学生が学ぶ日本語学校の授業も一時開けなくなりました。

日本語教育推進法が2019年に施行され、翌2020年6月に政府は日本語教育を推進するための「基本的な方針」を閣議で決定しました。施策を実施するための方向が示されましたが、それに待ったをかけるようにコロナが猛威をふるい、感染が拡大したわけです。日本語学校が大きな打撃を受けただけでなく、外国人労働者の来日を待ち望んでいた中小企業の中には、操業の縮小するケースも出たようです。

そうした中で日本語教育に関する「光明」は、インターネットを活用したオンライン授業ではないでしょうか。大学だけでなく日本語学校でもオンライン授業が行われました。留学生の出欠などを厳しくチェックしている入管庁が、コロナの感染拡大防止のため、オンライン授業を容認したわけです。役所や民間企業でテレワークが普及し、オンラインによる会議も急増しました。日本語教育のオンライン授業は自然の成り行きでしょう。

オンライン授業は、人の移動を伴わずに国境を越えて実施できます。一時帰国した留学生が母国にいながら日本で行われた授業をオンラインで受けたこともありました。だとしたら、ポストコロナの時代の留学生政策にオンライン授業を組み込むことが可能ではないか。菅政権はデジタル庁を近く創設します。留学生の日本語教育にオンラインを活用することは十分に考えられます。

コロナ禍が収束すれば、留学生も以前のように増えるはずです。しかし、より優秀な若者を留学生として日本に受け入れるには、新たな仕組みを作る必要があるのではないでしょうか。例えば日本語学校の一部の授業はオンラインを使って海外で行い、それを単位として認定する制度を設けます。その後の試験を通じて学力を見定めたうえで日本への留学を許可します。オンライン教育はグローバルな広がりを見せるはずです。各国でそんな動きがでるかもしれません。日本も後れを取るわけにはいかないでしょう。

オンラインを通じた日本語教育をすれば、日本語学校は「海外での定員」を増やすことが可能になります。そうなれば、日本語学校は安定した学校経営ができるようになるはずです。対面授業にオンライン授業を加えることで教育の質の向上を図れる可能性もあります。海外進出がコスト的に困難な日本語学校ですが、オンラインを活用することで「進出」が可能になると考えられます。

「にほんごぷらっと」は、「海外の日本語人口1億人」を提唱しています。日本語が通じる国や地域が海外に広がれば、国際社会に日本の魅力が伝わります。政府がオンラインを通じた言語戦略を進めることは、時代にかなった政策と言えるでしょう。中国や韓国は言語政策では先行していますが、日本語教育は魅力的な日本文化の「ソフトパワー」を内包しています。コロナ禍という災いから活用されるようになったオンライン教育。そこには新たな時代の日本語教育の大きなポテンシャルが潜んでいるように見えます。

にほんごぷらっと編集長 石原 進

 

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

2月
4
終日 「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
「介護の日本語」教師養成コース(... @ オンラインと対面(資格の大原_水道橋校)
2月 4 – 3月 17 終日
【講座回数】 全13回 【講座形式】 通学(東京水道橋校) Webライブ(ZOOM) 【講座日程】 2024年2月4日(日)13:50~17:00 2024年2月11日(日)9:50~17:00 2024年2月18日(日)9:50~17:00 2024年2月25日(日)9:50~17:00 2024年3月3日(日)9:50~17:00 2024年3月10日(日)9:50~17:00 2024年3月17日(日)9:50~17:00   【定 員】 通学(東京水道橋校) 12名 Webライブ(ZOOM) 20名 ※定員制・先着順 ※通学コースについて お申し込みが4名未満の場合、Webライブコースへ変更をお願いする場合がございます。 ※最少催行人数(6名)に達しない場合、やむを得ず閉講とさせていただく場合がございます。 【受講料】 86,500円(消費税込み) ※受講料の他に6,000円の入学金(税込み)が必要です。 ◆こんな方にオススメのコースです◆ 対象:日本語教師の資格を有する方 ・日本語教師としてワンランクアップしたスキルを身につけたい方 ・介護職を目指す留学生に日本語を教えている方 【講義内容】 介護福祉士を目指す外国人にとって難解であろう(1)介護の基本語彙(2)最低限必要な専門知識(3)日本の生活知識・コミュニケーションについて、それらをどのように指導するのかを紹介し、実践を通じて身につけていただきます。 【お申込み】 下記よりお申込みください。 <申込受付期間 2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火)> https://www.o-hara.jp/lp/1400/ 【オンライン講座説明会】 2023年12月17日(日) 10:00~11:00 ご予約は下記よりお願いいたします。 締め切り:12月15日(金) 15:00 https://www.o-hara.jp/event/form?id=38780 ※講座説明会 オンデマンド配信もございます。 配信期間:2023年12月1日(金)~2024年1月30日(火) https://www.o-hara.jp/lp/1607/ <お問い合わせ> nihongo@mail.o-hara.ac.jp
3月
9
9:00 AM 考える漢字の会@Zoom2024 ―漢字... @ オンライン開催
考える漢字の会@Zoom2024 ―漢字... @ オンライン開催
3月 9 @ 9:00 AM – 12:00 PM
【日時/場所】 2024年3月9日(土) 9:00~12:00 Zoom開催 *途中参加、途中退室は自由です。第一部と第二部の間に休憩がございます。 【参加費】 無料(テキストも不要です) 【内 容】 ◆第一部 自ら考える学びを体験する 『考える漢字・語彙 超級編』の概要説明 グループワーク:学習者がクラスで実際に使った問題で、「楽しく、深く、自ら考える学び」を体験します。 ◆第二部 小テストについて考える 実践報告1:藤田佐和子(金沢大学) テストを動機付けとする自律学習 ―『考える漢字・語彙 超級編』【覚えましょう】を用いてー 実践報告2:山下京子、坂井裕恵(進和外語アカデミー) 「毎日の小テストFB」進和外語アカデミー上級Ⅲ グループワーク:小テストの工夫 【お申込はこちらへ】 受講を希望される方は、令和6年2月29日までに、以下のURLからお申込みください。 https://forms.gle/3yFtWGUChzAJmdN49 漢字を楽しく、そして深く学ぶためにはどうすればよいでしょう。 膨大な漢字・語彙を自分のものにしていくためには、どう漢字と向き合えば効果的なのでしょうか。 「考える漢字の会」は、漢字・語彙学習について考えるための場です。よろしければあなたも一緒に考えてみませんか。 「考える漢字の会」発足のきっかけとなった『考える漢字・語彙 超級編』(藤田佐和子著 ココ出版)は、自律学習、協働学習に使うことができる教材集です。 第一部では、なぜそのような教材ができたのか、どのような教材なのかを説明し、「学習者が楽しく、深く、自ら考える学び」を皆さまにご体験いただきます。 金沢大学の学習者が実際に使った問題で、「考える」ことをご一緒に楽しみましょう。 クラスではいろいろなアイディアが出ました。それも皆さまと一緒に考えるヒントにしたいと思います。 第二部では、テストについて考えます。 小テストは教師がチェックして学習者に返却するというのが一般的ですが、どうせ行うのなら、効果の上がる工夫はないでしょうか。 藤田からはテストを学習動機とする自律学習について話します。 また、進和外語アカデミーの山下先生、坂井先生からは、同校でなさっている小テストについてお話しいただきます。 学習者を動かして、考えさせ、記憶にも残りやすくする小テストです。小テストについては、多くの方がいろいろな工夫をなさっていることでしょう。 今回の会は、できれば、皆さまがなさっている工夫を共有する場にしたいと考えております。 小テストを楽しいものに、能動的で、生き生きとしたものにする工夫にはどんなものがあるでしょうか。 グループで話す時間も設けますので、ぜひお話しください。 皆さまのお知恵をみんなの知恵にすることができたらと願っております。 会はZoomを使ったオンラインのみで行います。 日本語教育に関わる人だけでなく、どなたでも参加していただける内容です。会費は不要です。 漢字・語彙に興味がある皆さまのご参加を心よりお待ちしております。 *これまで「考える漢字の会」にご参加くださった方にも楽しめる内容となっております。 *『考える漢字・語彙 超級編』を持っていない方でも、問題なくご参加いただけます。 *漢字・語彙学習に興味のある方であれば、日本語教育に関わる方でなくてもご参加いただけます。 会の開催にあたっては、早稲田EDU日本語学校に全面的にサポートしていただいています。 問合先:考える漢字の会 藤田佐和子 kangaeru.choukyuu@gmail.com ホームページ https://www.cocopb.com/kangaerukanjinokai/kaoeru-han-zino-hui_ibento.html
1:30 PM 地域で活動する日本語ボランティア... @ 新宿コズミックセンター5F大会議室
地域で活動する日本語ボランティア... @ 新宿コズミックセンター5F大会議室
3月 9 @ 1:30 PM – 5:25 PM
地域で活動する日本語ボランティアのための交流研修会 in 新宿   [日 時] 2024年3月9日(土)13:30 ~ 17:25(13:00 受付開始)   [定 員] 120名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [参加費] 無料   [会 場] 新宿コズミックセンター5F大会議室   [お申込み] URL又はQR コードから、財団WEB サイト内の受講予約システムでお申込みください。 *受付は2月6日(火)から開始になります( 先着順)。 https://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=193442   [お問合せ] 公益財団法人新宿未来創造財団 地域・子ども部 地域交流課 〒169-0072 東京都新宿区大久保3-1-2 E メール:chiiki@regasu-shinjuku.or.jp TEL:03-3232-5121   [主 催] 公益財団法人新宿未来創造財団   [協 力] アルク、スリーエーネットワーク、凡人社
3月
10
10:00 AM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン開催
3月 10 @ 10:00 AM – 12:00 PM
凡人社オンライン日本語サロン研修会 『できる日本語』スタートアップ講座 ~新しい考え方の教科書に,チャレンジしませんか~   [日 時] 2024年3月16日(土)10:00~12:00(オープン9:40)※日本時間   [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約、前日(3/15)17時までに招待URLを送ります。   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修)   『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 「日本語教育の参照枠」が公開されて以来、『できる日本語』への関心が高まり、いろいろなご相談が寄せられています。 そこで『できる日本語』を使いたいと思っていらっしゃる方々に向けて、「スタ-トアップ講座」を開くこととしました。 当日は、コンセプトや特徴などの説明、実際の使用法などについてご説明し、また、ユーザーに向けたさまざまな資料の提供、情報発信についてもお伝えします。 皆さま、この機会に、お仲間と一緒に新しい一歩を踏み出してみませんか。もちろん現在使っていらっしゃる方々のご参加も歓迎です。 ただ、「これから使いたい方」を中心にお話ししますので、基本的なことが中心となることをご承知おきください。   ※4月~8月に札幌、東京、名古屋、大阪、福岡で、すでにご採用いただいている皆さま向けの「ブラッシュアップ講座」を対面で開催予定です。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかメールでお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(3/16)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/AbBhR

注目の記事

  1. 「やさしい日本語」で外国人の労災防止を 厚労省が「手引き」の改訂版を作成 厚生労働省は…
  2. 有識者会議が政府に技能実習制度廃止を提言 政府の有識者会議が4月10日、外国人の技能実…
  3. 移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 第二話 日本型移民政策の提言(上) 元東京…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate