移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 第三話 坂中論文

移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで

第三話 坂中論文

在日コリアンに関心のある人ならば、かつて「坂中論文」をめぐる議論を耳にしたことがあるのではないか。元東京入管局長の坂中英徳さんが書いた論文である。半世紀も前の論文だが、「多文化共生」が大きな社会課題となっているいま、改めて振り返る価値があるのではないか。

この論文は懸賞論文の応募作である。法務省が1975年に出入国管理行政発足25周年を記念して「今後の出入国管理行政の在り方について」をテーマに職員から論文を募集。1970年入省の若手官僚だった坂中さんの作品が優秀作に選ばれた。筆者の名前を付けた論文として知られるようになったのは、その内容が物議をかもしたからだ。

在日コリアンの世界は、韓国系の在日本大韓民国居留民団(当時=民団)と北朝鮮系の在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)の2つの団体に分かれ、激しく対立していた。しかし、坂中論文への批判では足並みをそろえた。在日コリアン問題に理解のある文化人も同様に批判的だった。坂中論文は四方八方からバッシングされた。

論文の主張を私なりに要約すると、以下のようになる。在日韓国・朝鮮人は①すでに日本人に近い生活実態がある②しかし、法律上は外国人として存在している③その処遇のあり方について政府の方針は定まっていない④このため権利保障が制限され、種々の民族差別を受けている⑤こうした状況を踏まえ、法的地位の安定のほか、日本社会への融和、差別待遇への対応などを多角的、総合的に検討しなければならない——。

在日コリアンの団体などは、坂中論文が主張した「処遇の改善」を同化主義だとして批判した。日本は戦前、戦中に朝鮮半島を植民地支配し、日本語を強要し民族文化を奪うなど同化政策を進めてきた。そうした歴史的な遺恨に加え、日本政府や入管行政への不信があったのだろう。在日コリアンが強く反発したのは、「同化政策を進める坂中論文」を、日本政府の方針だと深読みしたためではなかったか。

日本の文化人からは「社会の偏見を取り除く視点が欠落している」などと批判的な指摘があった。本質をとらえているようには思えないが、こちらの批判にも政府への猜疑心があったようだ。

一方で在日コリアンから「我々のことをこれだけ真剣に考えてくれる官僚がいるとは……」などの声も寄せられた。管理する側の官僚が在日コリアンの処遇について深い理解を示したことへの畏敬の気持ちを持った人もいたのかも知れない。とはいえ、多くの人が坂中論文を「支配者側からのメッセージ」と受け止めた。

ところで、坂中さんはなぜ在日コリアンの境遇について関心を持ったのか。著書の「入管戦記」(講談社)で触れているが、初任地の大阪入管事務所(現大阪入管局)の窓口での14歳になったばかりの在日朝鮮人の少年との出会いが在日コリアンの処遇に思いを寄せるきっかけだった。

在日外国人は14歳になったら入管から外国人登録のための呼び出しがあった。少年が親から「お前は日本人ではない」と告げられたのは前夜のこと。親はぎりぎりまで子供に本当のことを言えなかったのは日本社会に根強い差別があったからだ。坂中さんはそう考えた。「朝鮮人差別を内包する日本社会への強い憤り」が坂中論文の出発点だった。

官僚主義という言葉がある。言い換えれば事なかれ主義だ。やっかいなことには口も手も出さない。1970年代までは国内の外国人といえば、在日韓国・朝鮮人がほとんどだった。しかも祖国の分断を反映して在日の世界も民団、朝鮮総連に分かれている。政治的にもやっかいな問題が背景にある。入管行政の中で「触らぬ神に……」という意識が横行していたとしても不思議ではない。

新聞社にも似たような雰囲気があった。毎日新聞大阪本社の社会部時代のこと。私が在日コリアンに関する取材した際、先輩記者から「深く手を突っ込むとケガをするぞ」と忠告された。在日コリアン問題などに関心を持つ記者は、マイノリティーだった。

当時の時代背景についてもう少し触れておこう。坂中論文が公表される前年の1974年、「日立就職差別事件」の判決が確定した。大手電機メーカー「日立」の子会社が、入社試験をパスした在日コリアンの若者が日本名で受験したことを理由として内定を取り消した。これを差別事件だとして提訴した。この事件をきっかけに、在日コリアンへの差別問題が大きくクローズアップされるが、それまでは就職や結婚差別をはじめ、公営住宅の入居や金融公庫の融資、年金加入など、様々な差別が横行していた。

在日コリアンが集住する大阪市生野区での取材ではこんな思い出もある。息子を医学部に進学させたいという教育熱心な在日コリアンの母親の話だ。母親は「私たちの子どもは一流大学を出ても大手企業に就職できない。医者にでもならないとまっとうな生活ができない」と話した。坂中論文が話題になったのは、そういう時代だった。

「日立」の事件を契機に在日の側の人権意識に大きな変化が見られた。日本人の中にも在日コリアンの立場に理解を深める人が増えた。公営住宅の入居に門戸を開くなど在日コリアンの立場を尊重する地方自治体も出始めた。そして1980年代半ばには、在日コリアンの指紋押捺拒否の運動が野火のように全国に広がった。外国人登録法により義務付けられていた指紋押捺を「犯罪者扱いだ」と強く反発した。彼らの目には指紋押捺が差別の象徴のように映ったに違いない。

指紋押捺問題は日韓の外交問題にもなり、日本政府は1991年の日韓首脳会談で指紋押捺を廃止する方針を示した。入管局の幹部だった坂中さんから指紋押捺に関する個人的な見解を聞いたことはなかった。反対できる立場ではなかったはずだが、心の中には在日コリアンに同情する気持ちがあったのではないか。

1991年に在日コリアンの法的地位を改善する入管特例法が成立した。特例法は、正式には「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国に管理に関する特例法」という。1952年のサンフランシスコ講和条約で日本国籍を剝奪された在日コリアンと在日台湾人が対象となる法律だ。「特例法」によって、特別永住者という在留資格を付与されることになった。これにより、坂中論文で掲げた「在日コリアンの外国人として地位の安定化」は達成された。

坂中さんは移民問題や入管法の解説書だけでなく、「在日韓国・朝鮮人政策論の展開」(日本加除出版)という専門書も出版している。行政官として政策づくりに関与しながら、独自の考えを開陳してきた。

労働力不足が深刻化する中、「特定技能」などの外国人労働者の受け入れが大きな課題となっている。外国人法的地位の安定化や差別の解消など坂中論文の理念が多文化共生社会の中で生かされよう期待したい。

(石原進)=つづく

 

 

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

4月
20
2:00 PM 凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン
凡人社オンライン日本語サロン研修... @ オンライン
4月 20 @ 2:00 PM – 3:30 PM
凡人社オンライン日本語サロン研修会 Can-do を学習目標にした授業や評価のあり方がわかる! 『Can-do で教える 課題遂行型の日本語教育』刊行記念イベント   [日 時] 2024年 4月20日(土)14:00~15:30(オープン 13:40)※日本時間   [定 員] 250名(先着順、定員になり次第締め切ります)   [対 象] 日本語教師、日本語教育をこれから学ぶ方、日本語教育の動向に関心のある全ての方   [参加費] 無料 ※要予約 前日(4/19)17 時までに招待URLを送ります   [講 師] 来嶋 洋美 先生 八田 直美 先生 二瓶 知子 先生   [内 容] 『Can-do で教える 課題遂行型の日本語教育』(三修社発行)の出版記念イベントです。 日本語教育の参照枠ができ、4月からは日本語教育機関の認定等に関するもの、また、登録日本語教員の国家資格など新しい法律も施行される中、参照枠に沿った日本語教育、その授業の具体的な内容や方法については教師に委ねられているのが現状です。 参照枠やJFスタンダードに沿った日本語教育とはどんなものなのか、従来通りのやり方からどう変えていったらいいのか、今知っておきたい情報を本書の内容をご紹介しながらお話ししていきます。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:三修社・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「オンライン日本語サロン研修会(4/20)」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/JDs6P
4月
21
10:00 AM 第16回:Diffit(ディフィット):... @ オンライン(ZOOM)
第16回:Diffit(ディフィット):... @ オンライン(ZOOM)
4月 21 @ 10:00 AM – 11:30 AM
Diffitは、指定したトピックやキーワード、またネット上のニュース記事や YouTube、さらにはオリジナルの文章などから、 学習者のレベルに合わせた読解教材や語彙リストなどをAIが“自動”で作成してくれる便利なツール!編集機能を使えば、文章の長さや語彙、質問事項の追加なども可能です。 本ワークショップでは、すでに公開されているこちらの動画(https://youtu.be/6g_8eddWoBM?si=7bSsR0avH2BapzVW)と同じ内容を扱います。 動画を見ながらやろうとしたけどわからなかった、一人でやるより他の先生方と一緒に楽しく学びたい!教材を共有したい!という方のご参加をおすすめします。 ▼体験会のゴール(予定) キーワードやトピックから問題を作成&編集することができる ネット上のニュース記事や動画から問題を作成&編集することができる 作成した問題の整理&共有をすることができる エクスポート機能を使ってハンドアウトやGoogleフォーム(※有料機能)に変換できる
10:00 AM 第16回:Diffit(ディフィット):... @ オンライン
第16回:Diffit(ディフィット):... @ オンライン
4月 21 @ 10:00 AM – 11:30 AM
Diffitは、指定したトピックやキーワード、またネット上のニュース記事や YouTube、さらにはオリジナルの文章などから、 学習者のレベルに合わせた読解教材や語彙リストなどをAIが“自動”で作成してくれる便利なツール!編集機能を使えば、文章の長さや語彙、質問事項の追加なども可能です。 本ワークショップでは、すでに公開されているこちらの動画(https://youtu.be/6g_8eddWoBM?si=7bSsR0avH2BapzVW)と同じ内容を扱います。 動画を見ながらやろうとしたけどわからなかった、一人でやるより他の先生方と一緒に楽しく学びたい!教材を共有したい!という方のご参加をおすすめします。 ▼体験会のゴール(予定) キーワードやトピックから問題を作成&編集することができる ネット上のニュース記事や動画から問題を作成&編集することができる 作成した問題の整理&共有をすることができる エクスポート機能を使ってハンドアウトやGoogleフォーム(※有料機能)に変換できる
4月
27
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 東京会場凡人社麹町店
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 東京会場凡人社麹町店
4月 27 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります   【日付】2024/4/27 (土) 【会場】東京会場凡人社麹町店(千代田区平河町1-3-13 平河町フロントビル8階 【定員】30名   【日付】2024/5/19 (日) 【会場】名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校(名古屋市中区金山1-16-16 金山ビル) 【定員】60名   【日付】2024/6/29 (土) 【会場】札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24) 【定員】50名   【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu

注目の記事

  1. 移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 第二話 日本型移民政策の提言(下) 元…
  2. 日本語教育推進に尽力した中川元文科相が次期衆院選に出馬せず 元文部科学大臣で日本語教育…
  3. 日豪の友好の歴史を見直そう——日豪議員連盟が「穣の一粒」と「藤田サルベージ」で勉強会  …

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate