移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 第五話 2050年の「ユートピア」

移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 第五話 2050年の「ユートピア」

元東京入管局長の坂中英徳さんの著書「入管戦記」の第九章には「二〇五〇年のユートピア」という一文がある。2050年には外国人が2000万人にまで増え、彼らと日本人が作る理想の共生社会ができる、というのだ。もちろんこれは、坂中さんが個人的に描く日本の将来の姿だ。これを読んで私は理想主義的過ぎると感じたのだが、坂中さんには彼なりの思惑があったはずだ。

同書の「ユートピア」の中の一部の「街の風景」を抜粋してみる。

*****

街の道路標識や店の看板は日本語と英語で表示されている。

街を走るタクシーの運転手はベトナム系やインドネシア系の人、レストランの店員はタイ系やフィリピン系の人、大きなビルやマンションのガードマンはインド系の人が比較的多い。交番のおまわりさんは日本人に次いで中国系の人が多い。このように、移民が最初に就く職業は出身国でだいたい定まっている。

病院には外国出身の医師がおり、英語やタガログ語を話す医師も配置されている。看護師は日本人も少しはいるが、その多くはフィリピン系の人である。フィリピン系の女性は明るい性格で親身になって看護するので評判がいい。

立派な建物の老人ホームを多く見かけるが、そこで介護の仕事をする人も、フィリピン系女性が圧倒的多数を占めている。老人を大切にするフィリピン系女性から心のこもった世話を受けて、高齢者たちはたいへん感謝している。

二〇〇五年、日本政府がフィリピン政府と看護師、介護士を受け入れる協定を結んで以来、着実に入国者が増え、いまでは二〇〇万人のフィリピン系の人たちが看護師、介護士として働いている。

*****

ここに出てくる「外国系」の人たちは日本国籍を取得しているはずだ。なぜなら日本に定住する外国人は日本に帰化すべだというのが坂中さんの持論だ。そのためには日本国籍を取得しやすい法的な仕組みが必要だと考えた。法務省入管局に入省したばかりの若いころに書いた「坂中論文」は、在日コリアンの「処遇の改善」を訴えてきた。坂中さんはその延長線上で、外国人が定住し、住みやすい社会、そのためのあるべき処遇の在り方を追究してきた。「ユートピア」をつくる前提は、外国人の「日本人化」である。

「ユートピア」とは、坂中さんにとって理想の共生社会のことだ。移民を受け入れることで、外国人と相互に理解し合える共生社会を作ることができるのではないか。坂中さんはそんな夢物語を抱いていたのだ。入管行政に関わるお堅い役人とは思えないほど、坂中さんの移民受け入れ論には熱い想いが込められている。

ただ、これは入管の行政官として外国人受け入れの難しさを実感しているからこそ、言える話ではないか。十数年前は外国人に対する偏見や差別の感情がまだまだ根強く残っていた。日本で罪を犯す「好ましからざる外国人」への抵抗感が強く、多文化共生社会のハードルも高かった。そうした状況下でも、いずれは移民社会で「好ましい外国人」が増え、「ユートピア」が出現するというのだ。

その頃には、日本社会や企業はより高度な外国人を必要とし、そうした外国人が日本を活躍の場にしたいと思わせる環境が必要になる。「ユートピア」を作るには、日本人、日本社会が変わらなければならない、とうことも坂中さんは言うのだ。

また、坂中さんは、人口減少社会では「小さな日本」か「大きな日本」かの選択を迫られると主張した。人口減少を社会として受け入れ、人口規模に合わせた「小さな日本」の国づくりをするのか、それとも、経済を低迷させないため多くの外国人労働者を受け入れて「大きな日本」を目指すのか。

現実には政府として「小さな日本」を目指す選択肢がないのはわかっていた。しかし、坂中さんは国民的議論を経て将来の方向性を示し、そのうえで日本受け入れの政策を整備することを提唱したのだ。国民の理解が何より必要だと考えたからだ。

その後の日本はどのような方向を目指しているのか。政府は「小さな日本」と「大きな日本」の二者択一的な議論はしなかったように思う。もともと政府はドラスティックな変化は好まない。むしろ徐々に軌道修正をして方向を転換するのは常道だ。

外国人受け入れは入管法の改正によって、徐々にその受け入れ枠を広げてきた。1989年に改正では日系人を受け入れる「定住者」の在留資格を整備したことで一時は日系人が30万人を超えた。2009年の改正では外国人登録制度を廃止し、外国人の住民登録する仕組みを作った。さらに2018年の改正では「外国人労働者」を正面から受け入れる特定技能の在留資格を創設した。政府は人口減少に伴う外国人受け入れの仕組みづくりを極めて慎重に進めている。

坂中さんの言うところの2050年の「ユートピア」は、どこまで実現性のあるものなのか。その答えを出すことができない。しかし、坂中さんは移民受け入れに「夢」を託し、愚直なまでにその道筋を追い求めた。そんなドン・キホーテのような入管官僚がいたことを私たちは心にとどめておきたいと思う。

(石原進)=つづく

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

6月
12
12:00 AM 留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
6月 12 2024 @ 12:00 AM – 1月 31 2025 @ 12:00 AM
日振協による文部科学省委託の初任研修が今年も始まります。 告示校で10年程度専任で経験されている方対象です。 OJTで実際の運営に関わりながら研修運営を肌で学んでいただけます。 研修詳細は協会ホームページより、チラシと募集案内をダウンロードしてご確認ください。   「日振協 留学生対象の日本語教師初任者研修」は「オンライン映像講義」「(オンライン)集合研修」「自己研修(自律的学習)」の三位一体の編成により、①自律的・持続的な成長力 ②対話力 ③専門性という3つの資質・能力の育成を目指すもので、忙しい仕事の合間を縫って学べるよう、また地方の教育機関に所属している受講生への負担を減らすため、e-Learningを利用した研修となっています。 2020年度から、この初任者研修と並行して、「育成研修」を併せて実施しています。「育成研修」は初任者研修のサポートを行いながら研修の企画や実施方法を学び、将来全国各地で初任者研修の実施担当者として活躍していただく人材を育成する研修です。具体的には以下のことを目指しています。 ①初任者教員の協働的かつ自律的な学びを支援し、21世紀に活躍できる日本語教師としての資質・能力及びICT活用能力の獲得へと導く ②研修委員に必要な経験と能力を身につける 研修は、フルオンライン(zoom使用)で実施いたします。学内で初任者の指導を任されている方、地方在住でなかなか研修機会に恵まれない方など全国各地からご参加いただきたく存じます。修了生は今後実施委員になっていただく可能性もございます。どうぞ奮ってご応募ください。 チラシ(PDF 裏表2頁/1枚)
6月
22
2:00 PM 篠研の日本語教育セミナー「実践!... @ オンライン
篠研の日本語教育セミナー「実践!... @ オンライン
6月 22 @ 2:00 PM – 4:00 PM
篠研の日本語教育セミナー「実践!学習者が前のめりになる質問型中上級語彙指導-単調な授業が生き生きとした授業によみがえる!-」 1.セミナー概要 現職の日本語教師の方やこれから日本語教師を目指そうという方を対象に、学習者が自然と前のめりに授業に取り組むようになる質問型授業による中上級語彙の実践的かつ具体的指導方法を通じて、楽しくてためになる授業スキルの習得を目指します。あわせて、篠研の「日本語教師授業力アップ年間プログラム」のご案内も致します。 ・中級の語彙指導の授業の仕方がよくわからない。指導の引き出しを増やしたい。 ・学習者に質問するものの、どうしても教師主導の一方的な授業になってしまう。 ・私の語彙指導は単調でマンネリ。楽しい授業をしたいがアイデアが浮かばない。 という方はぜひご参加ください。 2.講師:篠崎大司 3.日時:2024年6月22日(土)14:00-16:00 4.受講料:会員 2,200円(税込) / 一般 2,750円(税込) ◆内容:詳細はホームページ参照 https://www.kanjifumi.jp/sitsumongata_goisido_seminar/ 主催:株式会社篠研 E-mail: info@kanjifumi.jp 電話:080-9103-8674
6月
29
12:00 AM 留学生に対する日本語教師初任研修 @ オンライン
留学生に対する日本語教師初任研修 @ オンライン
6月 29 2024 @ 12:00 AM – 1月 31 2025 @ 12:00 AM
本研修のカリキュラムは文化審議会国語分科会の「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)」に基づいており、初任者が体系的・計画的に日本語指導を行うための実践的能力として (1)自律的・持続的な成長力 (2)対話力 (3)専門性 の3つの資質・能力の養成を狙いとした90単位時間のプログラムです。忙しい仕事の合間を縫って学べるよう、また地方の日本語教育機関の新任の先生方への負担を減らすため、e-Learningを利用した研修となっています。 研修形態はフルオンラインです。昨年度同様、今後日本語教師にますます求められるであろうICT活用能力(オンライン授業やハイブリッド授業の実践等)に重点を置いた研修を行います。 つきましては、ぜひ多数の日本語教師初任者の方にご参加いただきたく下記のとおりご案内いたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。 チラシ(PDF 表裏2頁/1枚)
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校
6月 29 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります 【日付】2024/6/29 (土) 【会場】札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24) 【定員】50名   【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu

注目の記事

  1. 有識者会議が政府に技能実習制度廃止を提言 政府の有識者会議が4月10日、外国人の技能実…
  2. 日本語教育推進に尽力した中川元文科相が次期衆院選に出馬せず 元文部科学大臣で日本語教育…
  3. 移民政策の先駆者・故坂中英徳さんを偲んで 第五話 2050年の「ユートピア」 元東京入管局長の…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate