NHKの「“働く留学生”ニッポンを支える現実」を読んで

◎NHKの「“働く留学生”ニッポンを支える現実」を読んで

NHKテレビの報道特集「“働く留学生”ニッポンを支える現実」が、NHKのサイトに「特集記事」として掲載されました。西日本新聞社が「新 移民時代」の連載第1部の「出稼ぎ留学生」で留学政策が抱える矛盾や問題点を報じていましたが、同様の視点で「ゆがんだ現状」を指摘しています。NHKもサイトの記事で「“出稼ぎ”留学生」という言葉を使っていますが、この言葉はマスコミ用語としとて定着する可能性が大きいと見ています。それだけ問題が深刻であり、世論の注目を集めているということです。

「出稼ぎ留学生」という言葉に対して多くの日本語学校は違和感を覚えるでしょう。日本語学校からは「まじめな留学生が大半なのに、留学生といえば脱法行為をしていると見られるのはしのびない」という声が聞こえてきます。そして「入管が日本語学校への対応を一律に厳しくされてはかなわない」という危機感もあるでしょう。

しかし、政府が規制を厳しくすれば解決できる、という問題ではないと思います。NHKのサイトの記事で国士舘大の鈴木江里子教授が「留学生が働きに来ているから間違っているという議論があるがそうではないと思う。働きたいという人がいて、働いてもらいたいという企業ニーズが現実としてある。無条件に働いてもいいことにはならないが、両者のニーズをマッチングできる制度を検討する時期にきているのではないか」と話しているが、まさにその通りだ。問題は「両者のニーズをマッチングできる制度」をどう作るかでしょう。

また、NHKは「外国人労働者の受け入れをめぐっては、“治安”や日本人の雇用に悪い影響を与えるのではいかと懸念する声があることも確かで、そうした視点からの議論も必要です」とも言っています。確かにその通りですが、そうした議論は20年近く前からあり、マスコミは「治安と雇用」への懸念を常套語として繰り返しています。

数日前に開かれたシンポジウムで国家公安委員長の河野太郎衆院議員は、「外国人犯罪」の数字を挙げ、技能実習生の不法就労などの違法行為は多いが、その他の外国人の犯罪発生率は日本人よりの低いことを説明していました。数字は失念しましたが。

日本語議連は次回の総会で、日本語学校関係者からヒアリングを行う予定です。日本語議連としても、この課題に対して強い問題意識を持っています。様々な議論があると思いますが、より良い仕組みをどう作るか。「政治の知恵」が試されることにもなります。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

4月
7
1:30 PM OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIワークショップ日本開催30周年... @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 1:30 PM – 5:00 PM
日本国内でACTFL-OPI試験官養成ワークショップが開催されて30年になります。 これまでに1000名ものOPIテスターを輩出してきました。 OPIワークショップ日本開催30周年を記念して、シンポジウムを開催します。 講演、パネルディスカッションを通して、社会と繋がり、社会を切り拓く、 日本語教育と日本語OPIを考え提案します。 ぜひご参加ください。 【協力】日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社 【内容】 開催挨拶:新城 宏冶(株式会社アルク取締役) 講  演:鎌田 修(南山大学元教授) OPI活用事例事業の紹介:株式会社アルク 【パネルディスカッション】 司   会:奥野由紀子(首都大学東京 准教授) パネリスト:山下 渉(楽陽食品株式会社管理部 部長) 伊東 祐郎(東京外国語大学 教授) 嶋田 和子(アクラス日本語教育研究所 代表理事) 講   演:牧野成一(プリンストン大学 名誉教授) 【協力】 日本語OPI研究会・日本語プロフィシェンシー研究学会・九州OPI研究会・浜松OPI研究会・凡人社
5:10 PM OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
OPIシンポジウム懇親会 @ TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
4月 7 @ 5:10 PM – 7:00 PM
OPIワークショップ日本開催30周年記念シンポジウムの懇親会です。
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
ページ上部へ戻る