NHKの「“働く留学生”ニッポンを支える現実」を読んで

◎NHKの「“働く留学生”ニッポンを支える現実」を読んで

NHKテレビの報道特集「“働く留学生”ニッポンを支える現実」が、NHKのサイトに「特集記事」として掲載されました。西日本新聞社が「新 移民時代」の連載第1部の「出稼ぎ留学生」で留学政策が抱える矛盾や問題点を報じていましたが、同様の視点で「ゆがんだ現状」を指摘しています。NHKもサイトの記事で「“出稼ぎ”留学生」という言葉を使っていますが、この言葉はマスコミ用語としとて定着する可能性が大きいと見ています。それだけ問題が深刻であり、世論の注目を集めているということです。

「出稼ぎ留学生」という言葉に対して多くの日本語学校は違和感を覚えるでしょう。日本語学校からは「まじめな留学生が大半なのに、留学生といえば脱法行為をしていると見られるのはしのびない」という声が聞こえてきます。そして「入管が日本語学校への対応を一律に厳しくされてはかなわない」という危機感もあるでしょう。

しかし、政府が規制を厳しくすれば解決できる、という問題ではないと思います。NHKのサイトの記事で国士舘大の鈴木江里子教授が「留学生が働きに来ているから間違っているという議論があるがそうではないと思う。働きたいという人がいて、働いてもらいたいという企業ニーズが現実としてある。無条件に働いてもいいことにはならないが、両者のニーズをマッチングできる制度を検討する時期にきているのではないか」と話しているが、まさにその通りだ。問題は「両者のニーズをマッチングできる制度」をどう作るかでしょう。

また、NHKは「外国人労働者の受け入れをめぐっては、“治安”や日本人の雇用に悪い影響を与えるのではいかと懸念する声があることも確かで、そうした視点からの議論も必要です」とも言っています。確かにその通りですが、そうした議論は20年近く前からあり、マスコミは「治安と雇用」への懸念を常套語として繰り返しています。

数日前に開かれたシンポジウムで国家公安委員長の河野太郎衆院議員は、「外国人犯罪」の数字を挙げ、技能実習生の不法就労などの違法行為は多いが、その他の外国人の犯罪発生率は日本人よりの低いことを説明していました。数字は失念しましたが。

日本語議連は次回の総会で、日本語学校関係者からヒアリングを行う予定です。日本語議連としても、この課題に対して強い問題意識を持っています。様々な議論があると思いますが、より良い仕組みをどう作るか。「政治の知恵」が試されることにもなります。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Viagra 100mg 4 Stuck Xopenex Acticin With Free Shipping Nashville [url=http://drugsor.com]levitra on line sale[/url] isotretinoin with overnight delivery Www7.Usa Pharmacy.Usa

  2. Your means of describing everything in this post is actually pleasant,
    all be able to easily be aware of it, Thanks a lot.

  3. Highly energetic blog, I enjoyed that bit.
    Will there be a part 2?

  4. アバター

    Baclofene Acheter [url=http://cialviag.com]cialis tablets for sale[/url] Listino Levitra In Farmacia Generique Viagra Pas Cher Kamagra Use For Women

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

8月
29
全日 第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
8月 29 – 8月 31 全日
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム 主催:ヨーロッパ日本語教師会(AJE) 日時:  2019年8月29日(木)〜 31日(土) 場所(会場): ベオグラード大学(セルビア) テーマ:ローカル・グローバルな日本言語・文化教育 Sections: Spheres of Use Teaching Methodologies Teaching Experience Multiculturalism and Teaching Teaching Resources 発表募集は10月から公開いたします。
8月
31
1:00 PM 『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
『みんなの日本語 初級』を使った... @ 弘済会館4F 会議室「蘭」
8月 31 @ 1:00 PM – 5:00 PM
『みんなの日本語 初級』を使ったことはあるけれど「基本的な授業の組み立て方がイマイチよくわからない」「練習がワンパターンになりがちで…」「学習項目が定着しないのはなぜ?」「もっと上手く教科書を活用したいんだけど…」といったお悩みをお持ちの新人日本語教師を対象として、『新日本語の基礎』『みんなの日本語 初級』『同 中級』の制作に携わってこられた石澤弘子先生にお話しいただきます。 セミナーでは本シリーズを改めてご紹介しながら、本書を使った基本的な教え方を確認し、初級の学習項目の定着を促すための練習や、活動を進めるために必要な手順・段取りを、具体的に紹介するような構成を考えております。 【講 師】 石沢弘子(KOYO国際学院 校長、元目白大学教授、『みんなの日本語』監修者) 【内 容】 第1部 『みんなの日本語 初級Ⅰ』を使った初級前期の授業づくり ・『みんなの日本語 初級Ⅰ 第2版』の概要 ・日本語でできるようになること(目標) ・各課の授業の流れと教科書の流れ ・授業の準備、効果的な授業の進め方(導入、練習方法、会話) ・授業例:(動詞文、動詞の活用など) 第2部 『みんなの日本語 初級Ⅱ』を使った初級後期の授業づくり ・初級後期の日本語能力の目標 ・『みんなの日本語 初級Ⅱ 第2版』の全体的俯瞰 ・授業例:(30・31課など) ・指導上の留意点と対応 ・コミュニケーションに必要な日本語能力
9月
7
10:00 AM 日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
日本語教育の夏フェス2019 @ 早稲田大学早稲田キャンパス
9月 7 @ 10:00 AM – 5:00 PM
プログラム ​10:30~12:00 講演 *「日常会話」のためのコミュニケーション能力を育てる ―学習者が日本語で適切に意図を伝えられるようになるために― 講師 清水崇文氏(上智大学) ​13:30~15:00 ワークショップ①(講師名五十音順) 下記より1つお選びいただけます。 *変わりゆく入管政策―日本語教育者が知っておきたい改正入管法の見方― 講師 小松原祥一氏(東京ビザ申請サポート 行政書士 小松原事務所) *ライティング評価における「構成」を考える―フローチャートを活用して― 講師 田中真理氏(名古屋外国語大学・名誉教授)、坪根由香里氏(大阪観光大学) *はじめよう、授業でディベート 講師 内藤真理子氏(神田外語大学) *そもそも論から考える教育とICT―授業に取り入れるために― 講師 藤本かおる氏(武蔵野大学) ​15:30~17:00 ワークショップ②(講師名五十音順) 下記より一つお選びいただけます。 *コーパスからのデータを授業に生かすには 講師 中俣尚己氏(京都教育大学) *非漢字系学習者を対象にした漢字指導―多様な活動で楽しさを―【第2弾】 講師 濱川祐紀代氏(目白大学) *映像メディアを授業に取り入れるときの留意点を考えよう! 講師 保坂敏子氏(日本大学)、高橋薫氏(早稲田大学) ◆本ワークショップは反転授業で行いますので、事前に下の映像教材を視聴の上、ワークショップにご参加ください。ワークショップのはじめにビデオ内容に関するグループ討論を行います。 NHK for schoolのメディアタイムズ19回(10分)「どうやって作られる? イメージ」 *言語習得につなげる聴解指導―大規模テストでは測れない聴解能力に注目して― 講師 横山紀子氏(昭和女子大学)
ページ上部へ戻る