「多文化共生社会における日本語教育研究会」は10日、東京都渋谷区の聖心女子大で「日本語教育政策を語る―この動きは私たちに幸せをもたらすのか」と題したシンポジウムを開催した。日本語教育推進議員連盟が日本語教育推進基本法(仮称)の制定に向けて議論を進めるなどしている中で、当事者である日本語教育関係者がこうした動きをどのように受け止めるべきか、という観点から問題提起を促す取り組みだ。今後の議論の広がりが期待される。

シンポではまず武蔵野大学の神吉宇一准教授が「日本語教育推進基本法の成立とその影響」、続いて文部科学省初等中等教育局国際教育課の近田由紀子・外国人児童生徒等教育支援プロジェクトオフィサーが「外国人児童生徒等教育の充実をめざす支援策について」をテーマに講演。この2つの講演を受けて津田塾大の林さと子教授が「大学での日本語教員養成に求められること」をテーマに講演した。

神吉氏は日本語教育学会の幹部として議員連盟の総会に参加しており、昨年11月から今年6月までの議論の経緯を説明した。また、基本法の法案の中身はまだはっきりしないが、その理念や教育内容、評価に関する課題をしっかり受け止めなければならないと呼びかけた。基本法が成立すれば、日本語教育が「外国人の日本語学習」という狭い範囲に絞られる恐れがあることや社会統合政策との関りが避けては通れなくなることなど様々な課題を指摘した。

近田氏は、公立学校で日本語指導が必要な児童生徒が平成28年に初めて4万人を超えたことを説明し、同時に文部科学省が施策を充実させていることを具体的に示した。この中には、外国人児童生徒などに対する日本語教育の支援について、児童生徒18人に対し1人の割合で教員を配置する施策を図っていることや、児童生徒の教育に携わる学校の管理職や指導主事を対象に日本語指導法などの研修を実施することなどを例示した。

林氏は2人の発表に関して日本語教育の当事者の立場からコメント。この中で林氏は、日本語教育推進基本法が成立した後は制度的な保障とともに、一定の制約も受けることになると指摘し、そうしたことへの対応を考えるべきだと述べた。人の移動は国際的に活発になっており、ドイツ、オーストラリアなど移民国家における言語教育の事例に学ぶべきだと強調した。また外国人児童生徒の教育に支援策については、教員養成も含め短期、長期の視点でそれぞれ取り組みが必要だと述べた。

このあと、フロアの約200人の参加者が小グループに分かれ、「この動きは私たちに幸せをもたらすのか」というシンポの副題を念頭に、今後、何を目標にどのような取り組みをすべきかなど、それぞれが「アクションプラン」を議論した。

日本語教育推進基本法は順調にいけば、来年の通常国会で成立するという。「基本法」ができれば、国の責任において日本語教育を推進する環境整備が大きく進むことが期待される。しかし、どのような進展があるのかはその運用の仕方にかかっている。その意味では今後、日本語教育の現場からの様々な角度から幅の広い議論が必要だ。今回のシンポはその先駆けとなる取り組みといえそうだ。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
29
10:30 AM 計量国語学会 第62回大会 @ 京都教育大学藤森学舎 共通講義棟F12教室
計量国語学会 第62回大会 @ 京都教育大学藤森学舎 共通講義棟F12教室
9月 29 @ 10:30 AM – 5:40 PM
第62回大会開催のお知らせです。 日時:2018年9月29日(土) 10:30~17:40 研究発表は午後12時30分から 会場:京都教育大学藤森学舎(京都府京都市伏見区深草藤森町1番地)共通講義棟F12教室 大会参加費:1,000円(会員・非会員とも) 特別講義: 10:30〜12:00 荻野綱男「『データで学ぶ日本語入門』ー私ならこう読む」   参加者は「データで学ぶ日本語入門」(計量国語学会編、朝倉書店)をお持ちください.   特別講義だけの参加の場合は参加費無料です 研究発表: 12:30〜17:40 スケジュールの細目は,以下をご覧ください. http://math-ling.sakura.ne.jp/Docs/62.pdf 学会HPにもお知らせを載せました。 当学会非会員の方も参加(聴講)できます.多数の方の参加を望みます.
1:00 PM 多言語化現象研究会 第69回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス
多言語化現象研究会 第69回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス
9月 29 @ 1:00 PM – 5:30 PM
多言語化現象研究会 第69回研究会のおしらせ 2018年9月29日(土) 13:00~17:30 関西学院大学梅田キャンパス  阪急「梅田駅」・大阪メトロ「梅田駅」・JR「大阪駅」下車 https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/ 参加費:500円(資料代として)  第一報告  13:00-14:20 報告者:伊奈垣圭映(いながきよしえ)(梁佳惠(りょうよしえ))さん(華僑5世・公立小学校教師) 題目:「日本における中華学校と大阪府内の公立学校での日本語指導の実践について」 要旨:現在、日本全国に中華学校が5校ある(中華人民共和国系:横浜山手中華学校・神戸中華同文学校、 中華民国・台湾系:横浜中華学院・東京中華学校・大阪中華学校)。 報告者は、大阪中華学校から神戸中華同文学校に転校し、小中学生時代学び、日本の大学卒業後、母校の教員となった。自己の経験を踏まえて、来年創立120周年を迎える神戸中華同文学校を中心に、日本における中華学校の概要を紹介する。また、報告者は現在公立小学校に勤務している。1970年以降、新華僑の渡日、1980年からは中国からの「帰国」により学校現場に増え続けている。これら日本語指導の必要な子どもたちの日本語指導の実践の紹介と課題を提示する。 第二報告 14:35-15:55 報告者:札埜(ふだの)和男さん(岡山理科大学教育学部) 題目:「方言教育と国語科教員に見る「国語」意識」 要旨:新学習指導要領では、被災地域での方言使用に言及し方言尊重がうたわれているが、被災地の方言の保存や継承は誰のための取組か不明瞭である。現場では方言教育は重視されない。行われる方言教育も共通語と方言の使い分けや方言の効果を考える学習指導要領に沿った学習に止まり批判的に捉える学習は皆無である。背景には国語科教員の規範意識が介在しているようである。国語科教員への「国語」意識調査や、岡山での方言教育調査の結果等をもとに、国語科教員の 「国語」意識や変わることのない方言教育の様相について論じる。 第三報告 16:10-17:30   報告者:山川和彦さん(麗澤大学) 題目:「観光言語学の課題性について」 要旨:前回の研究会において庄司博史氏から報告があった「観光言語学をとりまく風景」を受けて、観光と言語に関連する課題領域の中で、特に多言語に関する政策の変化を取り上げていく。近年の訪日外国人旅行者のブームは、1997年に施行された「外国人観光旅客の来訪地域の多様化の促進による国際観光の振興に関する法律」によってサポートされてきた。 施行されてから20年、この法律は今年4月に改正されている。今回の発表では、この法律改定など考察することで、日本の観光政策が「多言語」をいかに考えているか、検討していく。 (研究会終了後、近くで懇親会を予定しています。) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 初めての方も歓迎します。準備の都合上、出席の方のみ、かならずメールで、できれば懇親会出席の有無とともに、事務局までご連絡ください。特に質問などない限り出席通知には受領確認の返事はしませんのでご了承ください。 研究会への連絡、質問は事務局へ直接お願いします。 会場となる関西学院大学大阪梅田キャンパスは阪急梅田駅 茶屋町口改札口より北へ徒歩5分のアプローズタワーで、同じ建物内にホテル阪急インターナショナル、梅田芸術劇場などがあります。 第70回研究会は12月8日(土)に、奈良県立大学で開催予定。報告者も募集中! 研究会への連絡、質問は事務局 へお願いします。 多言語化現象研究会事務局:webmaster☆tagengoka.sakura.ne.jp(☆を@でおきかえてください) 研究会ホームページ: http://www.tagengoka.sakura.ne.jp/
ページ上部へ戻る