「多文化共生社会における日本語教育研究会」は10日、東京都渋谷区の聖心女子大で「日本語教育政策を語る―この動きは私たちに幸せをもたらすのか」と題したシンポジウムを開催した。日本語教育推進議員連盟が日本語教育推進基本法(仮称)の制定に向けて議論を進めるなどしている中で、当事者である日本語教育関係者がこうした動きをどのように受け止めるべきか、という観点から問題提起を促す取り組みだ。今後の議論の広がりが期待される。

シンポではまず武蔵野大学の神吉宇一准教授が「日本語教育推進基本法の成立とその影響」、続いて文部科学省初等中等教育局国際教育課の近田由紀子・外国人児童生徒等教育支援プロジェクトオフィサーが「外国人児童生徒等教育の充実をめざす支援策について」をテーマに講演。この2つの講演を受けて津田塾大の林さと子教授が「大学での日本語教員養成に求められること」をテーマに講演した。

神吉氏は日本語教育学会の幹部として議員連盟の総会に参加しており、昨年11月から今年6月までの議論の経緯を説明した。また、基本法の法案の中身はまだはっきりしないが、その理念や教育内容、評価に関する課題をしっかり受け止めなければならないと呼びかけた。基本法が成立すれば、日本語教育が「外国人の日本語学習」という狭い範囲に絞られる恐れがあることや社会統合政策との関りが避けては通れなくなることなど様々な課題を指摘した。

近田氏は、公立学校で日本語指導が必要な児童生徒が平成28年に初めて4万人を超えたことを説明し、同時に文部科学省が施策を充実させていることを具体的に示した。この中には、外国人児童生徒などに対する日本語教育の支援について、児童生徒18人に対し1人の割合で教員を配置する施策を図っていることや、児童生徒の教育に携わる学校の管理職や指導主事を対象に日本語指導法などの研修を実施することなどを例示した。

林氏は2人の発表に関して日本語教育の当事者の立場からコメント。この中で林氏は、日本語教育推進基本法が成立した後は制度的な保障とともに、一定の制約も受けることになると指摘し、そうしたことへの対応を考えるべきだと述べた。人の移動は国際的に活発になっており、ドイツ、オーストラリアなど移民国家における言語教育の事例に学ぶべきだと強調した。また外国人児童生徒の教育に支援策については、教員養成も含め短期、長期の視点でそれぞれ取り組みが必要だと述べた。

このあと、フロアの約200人の参加者が小グループに分かれ、「この動きは私たちに幸せをもたらすのか」というシンポの副題を念頭に、今後、何を目標にどのような取り組みをすべきかなど、それぞれが「アクションプラン」を議論した。

日本語教育推進基本法は順調にいけば、来年の通常国会で成立するという。「基本法」ができれば、国の責任において日本語教育を推進する環境整備が大きく進むことが期待される。しかし、どのような進展があるのかはその運用の仕方にかかっている。その意味では今後、日本語教育の現場からの様々な角度から幅の広い議論が必要だ。今回のシンポはその先駆けとなる取り組みといえそうだ。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. I am regular visitor, how are you everybody? This
    post posted at this web page is genuinely pleasant.

  2. アバター
    • g
    • 2019年 5月 13日

    Yes! Finally something about g.

  3. アバター

    I’m not sure exactly why but this blog is loading very slow for me.
    Is anyone else having this issue or is it a problem on my end?
    I’ll check back later on and see if the problem still exists.

  4. アバター

    Wonderful beat ! I wish to apprentice while you amend your web site,
    how could i subscribe for a blog web site?
    The account aided me a acceptable deal. I had been tiny bit acquainted of this your broadcast provided bright clear idea

  5. My family members always say that I am killing my time
    here at web, however I know I am getting familiarity
    daily by reading thes fastidious articles or reviews.

  6. Greetings! Very useful advice in this particular post!
    It is the little changes that make the biggest changes.
    Many thanks for sharing!

  7. Amazing! This blog looks just like my old one!
    It’s on a entirely different topic but it has pretty much the same page layout and
    design. Great choice of colors!

  8. アバター

    Link exchange is nothing else except it is simply placing
    the other person’s blog link on your page at suitable place and other person will also do similar in favor of
    you.

  9. Hi, I do think your site may be having web browser compatibility problems.
    Whenever I look at your web site in Safari, it looks fine but when opening
    in Internet Explorer, it’s got some overlapping
    issues. I merely wanted to give you a quick heads up!
    Besides that, wonderful site!

  10. アバター

    Great post. I was checking continuously this blog and I’m impressed!
    Extremely helpful information particularly the last
    part 🙂 I care for such information a lot. I was seeking this particular info for a very long time.
    Thank you and best of luck.

  11. Wow, this piece of writing is good, my younger sister
    is analyzing these kinds of things, therefore I am going to inform her.

  12. Hi there, I wish for to subscribe for this webpage to obtain most
    recent updates, so where can i do it please assist.

  13. Great beat ! I wish to apprentice even as you amend your website,
    how could i subscribe for a weblog web site? The account aided me a acceptable deal.
    I had been tiny bit familiar of this your broadcast
    offered shiny clear concept

  14. Hello would you mind sharing which blog platform you’re using?

    I’m planning to start my own blog in the near future but I’m having a hard time
    selecting between BlogEngine/Wordpress/B2evolution and Drupal.
    The reason I ask is because your design seems different then most blogs and I’m looking for something completely unique.
    P.S Apologies for being off-topic but I
    had to ask!

  15. Hi there mates, good paragraph and nice urging commented at this
    place, I am actually enjoying by these.

  16. Great article.

  17. I know this if off topic but I’m looking into starting my own blog and was wondering what all is needed to get setup?
    I’m assuming having a blog like yours would cost a pretty penny?

    I’m not very web smart so I’m not 100% certain. Any suggestions or
    advice would be greatly appreciated. Many thanks

  18. Its like you read my mind! You seem to know a lot about
    this, like you wrote the book in it or something.
    I think that you could do with a few pics to drive the message home
    a little bit, but other than that, this is great blog.
    A fantastic read. I will certainly be back.

  19. アバター

    Just want to say your article is as astounding.
    The clearness in your post is simply cool and i can assume you’re an expert on this subject.
    Well with your permission let me to grab your feed to keep up to date with forthcoming post.
    Thanks a million and please keep up the rewarding work.

  20. アバター

    An impressive share! I’ve just forwarded this onto a friend
    who was conducting a little homework on this. And he in fact ordered me dinner due to the fact that I found
    it for him… lol. So allow me to reword this….

    Thanks for the meal!! But yeah, thanks for spending the time to discuss this topic here on your web page.

  21. アバター

    Hi, Neat post. There is a problem along with your website in web explorer,
    might check this? IE nonetheless is the market leader and a huge section of other folks will
    miss your wonderful writing because of this problem.

  22. アバター

    you are really a just right webmaster. The site loading velocity is amazing.
    It seems that you’re doing any unique trick. In addition, The contents are masterwork.

    you’ve performed a magnificent task in this topic!

  23. アバター

    Now I am going away to do my breakfast, afterward having my breakfast coming again to read further news.

  24. アバター

    Whoa! This blog looks exactly like my old one!
    It’s on a completely different topic but it has pretty much the same layout and design. Superb choice of
    colors!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
23
1:30 PM 多言語化現象研究会 第71回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス1005号教室(アプローズタワー10階) 
多言語化現象研究会 第71回研究会 @ 関西学院大学梅田キャンパス1005号教室(アプローズタワー10階) 
6月 23 @ 1:30 PM – 5:30 PM
日時:2019年6月23日(日)13:00〜17:30 場所:関西学院大学梅田キャンパス1005号教室(アプローズタワー10階) https://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/ 阪急「梅田駅」・大阪メトロ「梅田駅」・JR「大阪駅」下車 参加費:500円(資料代として) 初めての方も歓迎します。準備の都合上、 懇親会出席の出欠とともに、 webmaster@tagengoka.sakura.ne.jpまでお申し込みください。 【あいさつ 13:00-13:15】 「創立20周年をむかえて」 庄司博史さん(国立民族学博物館名誉教授) 【特別報告 13:15-13:55】 「盲ろう者のコミュニケーションと様々な相違、生活をしていて思うこと」 木村敬さん(大阪盲ろう者友の会立ち上げ時メンバー)・木村美代さん(盲ろう者・大阪盲ろう者友の会会員) (要旨)「盲ろう」という障害をご存知だろうか? ヘレン・ケラーのお話を知っている人はいても、「盲ろう」という言葉を聞いたことはないのではないだろうか? 視聴覚重複障害という言い方もありますが、障害当事者は、「盲ろう」という言い方を使っている。 「盲ろう」という障害は、一言で言うほど簡単ではない。障害の程度だけでも、全盲ろう、弱視ろう、弱視難聴、盲難聴、弱視難聴の違いがあり、生育歴によっても大きな個人差がうまれ、そのもちいるコミュニケーション方法も、点字・指点字・手話・触手話・要約筆記・手書き文字など、人によってバラエティが広く、単純化して理解することはできないということがわかっていただけると思う。私たち夫婦は大阪盲ろう者友の会の活動の中で出会い、結婚し、子どもを育ててきた。私たちのお話が盲ろうという障害の理解とその文化の特殊性、コミュニケーション方法などの理解のきっかけになればと思う。 【コメント 13:55-14:20】 山下仁さん(大阪大学)・中島武史さん(大阪府立中央聴覚支援学校) 【報告1 14:35-15:55】 「居酒屋における喫煙者の言語行動」 中田梓音さん(国立民族学博物館外来研究員) (要旨)喫煙は、休憩時や食後という区切りに多くみられる行動であるが、居酒屋においては飲食が完了しないうちに喫煙がおこなわれる光景をよく見る。また、飲食と会話(従業員やその場に居合わせた客などと)が並行しておこなわれることもしばしばある。この、発話と飲食そして喫煙という行為がどのように並行しておこなわれているのかに注目した。とりわけ、喫煙習慣を持つ中高齢者を対象とし、飲食や会話のどのような場面において喫煙行動をとるのかといった調査から、なんらかのパターンを抽出することを試みる。このうち長い喫煙年数を持つ喫煙者を対象としたのは、喫煙習慣が長いほど、喫煙行動が身体の中でパターン化している可能性が高いからである。ここでみられる喫煙という行動が、会話のひとつのきっかけや、道具、あるいは比喩的にいえば潤滑油というような役割を果たしているとも考えられる。どのタイミングで喫煙があらわれるのかを明らかにし、また、そのタイミングと言語行動との関連を考察する。 【報告2 16:10-17:30】 「台湾の学校カリキュラムにおける移民受け入れに伴う言語教育の変質—日本との比較の視点を含む一研究—」 藤井久美子さん(宮崎大学語学教育センター) (要旨)台湾では、1990年代に移民の受け入れが検討され始め、現在は、移民として受け入れた「新住民」と呼ばれる外国人配偶者とその子どもの増加が社会現象として顕著に表れている。2016年度に台湾の小中学校に在籍した新住民の子どもの数は約20万人で、小中学校の児童生徒数の10%強を占め、これは10年前の数値の3倍以上である。このように、台湾では、「新住民」を含むさまざまなタイプの移民増加に伴い、学校教育現場での言語教育にも変化がもたらされている。台湾の学校における言語使用・言語教育の歴史について略述しておくと、1980年代までは「国語」一辺倒であったものが、1990年代以降は「国語」の地位が相対的に下がり、代って「本土語言」(「郷土語言」)や外国語(この当時は「英語」)も重視されるようになった。それが、2000年代後半からは「新住民」の言語教育も検討され始め、現在は、選択可能なものとして、正式なカリキュラムにも組み込まれるようになったのである。今回の発表では、日本が2014年4月にスタートさせた、日本語指導が必要な児童生徒を対象とした「特別の教育課程」を編成・実施する制度との比較も含め、台湾の学校における言語教育の近年の変化を明らかにしたい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 主催:多言語化現象研究会 http://tagengoka.sakura.ne.jp/
3:00 PM 第7回研究集会 プレ企画 「ベトナ... @ オンライン会議システムZOOM上
第7回研究集会 プレ企画 「ベトナ... @ オンライン会議システムZOOM上
6月 23 @ 3:00 PM – 4:30 PM
第7回研究集会 プレ企画 「ベトナムの日本語教育を知る」 @ オンライン会議システムZOOM上
ベトナムの日本語学習者は増加しており,日本国内では,中国に次いで2番目にベトナムからの留学生が多くなっています。しかし,私達はベトナムの日本語学習者や日本語教育についてどれぐらい知っているのでしょうか。2019年12月に行われるベトナムでの研究集会に向けて,少しでもベトナムについて学べればと考え,プレ企画を計画しました。 「ベトナムの研究集会には行けないけど…」という方もご参加いただけます。みなさまのご参加,お待ちしております。 第2回 「ベトナム日本語教育の“後退期”を支えた世代の語りから見えてきたもの」 坪田珠里(京都外国語大学) これまでの日本語教育史では「後退期」と称されていた1980年代のベトナム日本語教育。しかし,この世代を生きた日本語関係者の語りからは,少し違った事実が見えてきました。ベトナム人により支えられ繋がっている日本語教育の姿を共有する機会にしたいと思っています。 日時: 2019年6月23日(日)15:00〜16:30(日本時間) 会場: オンライン会議システムZOOM上(参加申し込みをされた方にはZOOMのリンクをお送りします) 参加費: 無料 チラシをダウンロード 参加方法: 参加申込フォームからお願いします。
6月
28
4:00 PM 第10回全養協日本語教師採用合同説... @ ワイム貸会議室 高田馬場
第10回全養協日本語教師採用合同説... @ ワイム貸会議室 高田馬場
6月 28 @ 4:00 PM – 8:00 PM
開催日時・会場 日時:2019年6月28日(金)16:00~20:00 会場:【東京・高田馬場】ワイム貸会議室 高田馬場(東京都新宿区高田馬場1-29-9 TDビル3階) アクセス: JR山手線・西武新宿線「高田馬場」駅 戸山口 徒歩2分 東京メトロ東西線「高田馬場」駅 5番出口 徒歩5分 対象: 日本語教師養成講座の修了者または修了見込の方 日本語教育を専攻している大学生・大学院生 日本語教育能力検定試験合格の方 現役日本語教師、日本語教師経験者 地域の日本語教育に携わっている方 その他、日本語教師というお仕事に興味のある方
7月
6
1:30 PM 勉強会 語彙学習を考えよう @ ハートンホール日本生命御堂筋ビル12階
勉強会 語彙学習を考えよう @ ハートンホール日本生命御堂筋ビル12階
7月 6 @ 1:30 PM – 3:30 PM
語彙学習を考えよう ~『語彙ドン!-大学で学ぶためのことば-』 開発背景・活用例とともに~ 日 時 : 7月6日(土) 13:30~15:30 (受付 13:00) 会 場 : ハートンホール日本生命御堂筋ビル12階 大阪市中央区南船場4-2-4 地下鉄各線 心斎橋駅3番出口より徒歩2分 参加費 : 無料(※事前のお申し込みが必要です) ★場所と内容の詳細はPDFをご覧ください。 ◇2019年夏イベントチラシ(PDF).pdf PDFファイル 186.8 KB ダウンロード
ページ上部へ戻る