「介護の日本語」教師養成2月コース申込受付中 [PR]

「介護の日本語」教師養成2月コース申込受付中

昨年10月に開講した大原学園グループの「介護の日本語」教師養成コースが盛況のもと終了し、次回2月コースの生徒を募集中です。これは日本語教師の教員経験のある方を対象に、介護業務に従事しようとする外国人に対して「介護の日本語」を教えるための講師を養成する講座です。

大原学園グループでは外国人に「介護の日本語」を教える1年制のコースが開講3年目を迎えますが、今回の教師養成コースは、そこでの実践的教育方法が学習でき、日本語教師としての専門性が身につくと好評を得ているコースとのこと。EPAで来日した介護福祉士候補生への日本語指導を通じて指導法の確立に深くかかわってきたベテランの日本語講師が直接指導する講座です。

コースの内容として「介護の日本語教師に必要な知識(理論)と教え方(実践)」を学べるよう、「介護の日本語」の背景と現状から、外国人にとって難解であろう介護の基本語彙、最低限必要な専門知識、日本の生活知識・コミュニケーションについてそれらをどのように指導するのかを実践的に学べるようです。

日本語を学ぶ留学生の増加により日本語教師が不足しているといわれていますが、「介護の日本語」分野での教師不足はさらに深刻のよう。大原学園グループでは「日本語教育は年々多様化していますが、この分野を教えるための専門性を身につけることで日本語教師としての活躍の幅がさらに広がるのではないでしょうか」とのことです。

これまでの受講生は、両親の介護がきっかけで人材育成に興味を持った方、外国人看護師にケアしてもらった経験のある方、日本語教師と介護士サポートを両立されている方、海外在住時のメイド雇用の経験のある方、介護の人材不足問題に対してできることをしたいという思いを持つ方など多岐にわたり、コースを通じて受講者同士の交流も刺激になっているようです。

特徴的なのは受講生に対する各種サポート制度。求人情報の提供はもちろん、欠席時に講義映像を視聴でき、受講期間中は直接講師に質問できる支援体制が整っています。また条件を満たせば修了証が発行され、日本語教師としての専門性が証明されることになります。

日本語教師のニーズが高まる介護分野で、教師としてのスキルを身につけ、自らの能力の幅を広げてみるのはいかがだろうか。

■お問い合わせはこちら
連絡先: TEL 0120-764-420(月~金9:00~19:00 土9:00~17:00 日・祝休)
メール: nihongo@mail.o-hara.ac.jp

■お申し込みはこちら
ホームページ:https://ins.o-hara.ac.jp/

  • 講座を選択:就職・語学系
  • 受講携帯を選択:通学講座 ⇒ 【関東】 ⇒ 【東京水道橋校】
  • 商品を選択:【介護の日本語教師養成コース】
にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

6月
18
全日 日本語教育能力検定試験 出願開始
日本語教育能力検定試験 出願開始
6月 18 – 8月 6 全日
日本語教育能力検定試験は、日本語教員となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。
6月
22
4:00 PM 「土曜の会」番外編「言語教育カフ... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1403 教室
「土曜の会」番外編「言語教育カフ... @ 関西学院大学大阪梅田キャンパス(K.G.ハブスクエア大阪)1403 教室
6月 22 @ 4:00 PM – 7:00 PM
「土曜の会」の番外編として言語教育カフェを開催することとなりました。今回は、この4月に『いちばんやさしい日本語教育入門』(アスク出版)という本を出版された今井新悟さん(早稲田大学日本語教育研究センター教授)を迎えて、提唱されている「教えない教え方」についてお話しいただき、これからの日本語教育の革新の方法をディスカッションしたいと思います。 歯に衣を着せない話し方で定評のある今井さんですが、まず、問題意識や関心・気がかり事などから話を起こしていただき、「教えない教え方」に至った経緯をお話しいただきたいと思います。そして、今井さんとのクリティカルな対話を通して、まずは「教えない教え方」をよく知りたいと思います。また、今回の対話を通して日本語教育の革新や優れた日本語教育実践の創造のスキームなどについて参加者各自のそれぞれのイメージを膨らませ、考え方を整理していただくことができればと思います。 どなたでも自由に参加できますので、皆さん、お誘い合わせの上ご参加ください。
ページ上部へ戻る