政府は日本語学習を支援せよ――日経、朝日が社説で主張

大手の新聞が相次いで「日本語学習」に関する社説を掲載した。昨年12月10日付の日本経済新聞と1月20日付の朝日新聞だ。見出しは、日経が「外国人の日本語学習下支えを」、朝日は「外国人住民 日本語学習の支援を」。大手紙の社説といえば、政治、経済や外交・安全保障が中心で、大所高所からそれぞれの新聞社の主張を述べるケースが多い。地味なテーマを社説にするということは、それだけ「日本語学習」が重要な時代になったということだ。日本語教育推進議員連盟の議論にも追い風になるだろう。私たち「にほんごぷらっと」の主張にも重なる。両紙の社説に意を強くした日本語教育関係者は多いはずだ。

日経の社説は、まず「日本に住む外国人が社会に溶け込み、活躍するうえで重要な鍵となるのが日本語能力の向上だ」と指摘、そのうえで「外国人の数が増えるなかでこうした状況を見過ごせば、社会の不安定化にもつながりかねない。外国人の日本語学習を支える体制を整えていく必要がある」と主張する。日本語学習を自治体やボランティアに頼り、教育現場での外国人生徒への支援が不十分なのは、総合的な外国人受け入れの政策がないからだという。そして、「言葉の問題を軽視したまま場当たり的に外国人を受け入れれば、社会の分断を招く心配もある。中長期的な社会の活力や安定という視点から日本語学習支援を考えるべきである」と結んでいる。

朝日も「日本語教育を支援する制度が必要だ」と、日経とほぼ同じ主張を展開する。その中で昨年11月に三重県津市で開かれた「外国人集住都市会議2017」を取り上げ、外国人住民の日本語学習の機会を国が保障するよう求める津宣言などを紹介。そして「国は現実を正面から受け止め、財政、人事両面で支援策を具体化すべきだ」と主張する。また、超党派の日本語教育推進議員連盟が発足し、基本法の制定を目指して活動していることにも触れ、「実態に即した議論が国会で広がることを期待する」と述べている。

いずれの社説も、めりはりのある文章で明確な主張を展開している。様々な指摘や提案があったが、要は国がきちんと責任をもって日本語教育に取り組め、ということだ。急激な人口減少を補うように外国人が増え、グローバル化の急テンポで進んでいる。彼らとのコミュニケーション手段である日本語の教育の充実は喫緊の政策課題だ。

公益財団法人・国際日本語普及協会(AJALT)の創立40周年の記念祝賀会が先日、東京都内で開かれた。AJALTは日本語教育の草分けとして教師の育成、教材開発などをリードしてきた団体だ。日本語教育の関係者約300人を前に、来賓の一人が挨拶の中で日経の社説を読み上げた。AJALTが頑張ってきた日本語教育の重要性を大手新聞が認めたことを、感慨を持って語っていた。それを聞いた参加者も、その想いを共有したに違いない。

日経、朝日だけでなく、毎日、読売、産経、東京、さらには地方紙にも「日本語教育」を社説で取り上げてもらいたい。考えてみれば、新聞社にとって日本語は「メシのタネ」である。外国人が日本語を読めるようになれば読者が増えるはずだ。すでに新聞の配達では留学生ら外国人にお世話になっている。他人事ではないはずだ。

日本語学習の支援は「外国人住民」以外にも必要だ

ただ、日本語教育、日本語学習の支援は、「外国人住民」以外にも必要だ。「高度人材」のタマゴである外国人留学生の日本語教育にも目を向けなければならない。留学生の日本語の質を高めるには彼らが日本語を学ぶ日本語学校への支援もしなければならない。日本国籍を持ちながら日本語がわからない子供も増えているという。国際結婚で生まれた子供たちだ。また、不足している日本語教師をもっと増やさなければ、日本語教育の充実は絵に描いた餅になってしまう。

国際交流基金によると、海外の大学の日本語学科などで日本語を学ぶ外国人は約365万人(2015年度)にのぼるという。これは日本語の教育機関の教師や学習者の数だ。しかし、電通と国際交流基金が台湾、韓国、香港の三つの国と地域でサンプル調査をしたところ、日本語を勉強している人は独学者を含め合計で800万人になるという結果が出た。中国だけでも日本語学習者が500万人以上になるという。アニメや漫画を通じて日本語に触れる若者は漢字圏の国だけでなく、欧米や東南アジアでも増えている。だとすると、海外には1000万人を大きく超える日本語学習者がいることが考えられる。

中国は「孔子学院」、韓国は「世宗学堂」という、自国語を世界に普及させるための教育機関を各国に作っている。言語を外交戦略のツールに使っているように見える。日本では外交に使うどころか、日本語教育を普及させるための法律すらまだできていない。言語はソフトパワーだ。素晴らしい日本文化を海外に発信するためにも日本語の普及に力を入れるべきだろう。

そうした中で、超党派の国会議員が2016年11月に日本語教育推議員連盟を旗揚げし、日本語教育推進基本法の制定を目指し議論を進めている。22日に通常国会が開会したが、今国会中の基本法成立を目指すという。世論形成に大きな影響力を持つ新聞がそれを後押しすれば、法整備は大きく前進するはずだ。朝日の社説は国会での議論に期待感を示していたが、メディアの見識にも期待したい。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. What’s up, I check your blogs like every week. Your writing style is witty, keep it up!

  2. Can you tell us more about this? I’d want
    to find out more details.

  3. アバター

    Buy Malegra Online [url=http://cure-rx.com]buy cialis online[/url] Propecia Canadian Propecia Soft Propecia Topical Hair Loss

  4. アバター
    • g
    • 2019年 5月 13日

    Thank you for any other magnificent article. The place else may just anybody get that type of info
    in such an ideal way of writing? I have a presentation next
    week, and I’m on the look for such info.

  5. You are so cool! I do not think I have read through something like that before.

    So wonderful to discover someone with some original thoughts on this subject.
    Seriously.. thanks for starting this up. This web site is something that is needed on the web,
    someone with some originality!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
29
10:00 AM ワクワクする学習者主体の授業活動... @ kurenai会議室
ワクワクする学習者主体の授業活動... @ kurenai会議室
9月 29 @ 10:00 AM – 1:00 PM
日本語教師の方からこんなお悩みをよく聞きます。 「学習者が受け身で発話が少ない」 「練習が単調になってしまう」 「学習者がつまらなそうにしている」    など、悩める日本語教師が後を絶ちません。 授業は教師が講義形式で一方的に教えればいいと思っている教師もいますが、     それでは学習者への主体的な深い学びには繋がりません。 一方的な教師の説明だけの授業では、学習者はきっと受け身でつまらないと感じているのかもしれません。 ではどうすればいいのでしょうか。 それには「学習者主体の授業」が必要です。 そして、学習者へ「ワクワク」「ドキドキ」する「仕掛け」が必要です。 ワークショップでは 教師主体の授業ではなく、学習者が主体の授業とは何か、 学習者主体の授業を体験していだだき、何かを皆さんで考えていただく予定です。 実際の授業例のご紹介や失敗談なども交え、 参加者の皆さんとシェアしたいと思います。 普段の授業を見つめ直してみませんか。 「三人寄れば文殊の知恵」 教え方には「マニュアル」はありません。   教え方の幅を広げ、教え方の引き出しをたくさん作ってみませんか。 皆さんで効果的な授業を考えてみませんか。 きっと明日への授業のヒントが見つかるはずです。 皆さんで、キラキラ輝く日本語教師になりましょう。
10月
5
1:00 PM 第22回海外日本語教育研究会:日本... @ 国際交流基金日本語国際センター(JR北浦和駅)
第22回海外日本語教育研究会:日本... @ 国際交流基金日本語国際センター(JR北浦和駅)
10月 5 @ 1:00 PM – 4:00 PM
国際交流基金日本語国際センター(以下、NC)は、1989年の設立時から30年に亘って、海外の日本語教育の支援を行う中で、教師研修、教材開発、そしてそれらを支えるための基盤整備としての研究を行ってきました。今年度の海外日本語教育研究会では、これまでのNCの取り組みと、国内外の人と社会をつなぐことを目指した新たな取り組みについてご報告します。また、世界70か国から収集した教科書・教材を所蔵する図書館も開館します。ぜひ、ご来場ください。 発表スケジュールおよびテーマ(予定) 12時30分~ 開場/受付 12時30分~16時 図書館開館/展示 13時~13時15分 挨拶・趣旨説明 13時15分~14時15分 【全体会】日本語教師研修のこれまで・これから 14時15分~14時30分 休憩 14時30分~16時 分科会/体験・カフェ 1. 日時: 令和元(2019)年10月5日(土曜日) 13時~16時(開場:12時30分) ※ 図書館開館時間:12時30分~16時 2. 実施場所: 国際交流基金日本語国際センター 日本語国際センター住所:さいたま市浦和区北浦和5-6-36 最寄駅:JR京浜東北線 北浦和駅(西口より徒歩8分) アクセス 3. 料金:無料 4. 定員:100名(先着順) 5. 参加方法: 以下の情報を明記の上、Eメール(choken@jpf.go.jp)にてお申し込み下さい。 (メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください) (1) 氏名(かな) (2) 連絡用メールアドレス (3) ご所属や日本語教育との関係を差し支えない範囲でお書きください。(任意) 6. 申し込み締切日: 2019年10月2日(水曜日)17時 ※定員に達し次第締切とさせていただきます。 7. 問い合わせ先: Eメール:choken@jpf.go.jp (メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。) 8. 備考: (1) お申し込みいただいた方の中から先着順に受け付けます。 (2) 参加申込の際にいただいた個人情報は、本プログラム以外の目的には使用いたしません。  
10月
12
10:00 AM 子どもの日本語教育研究会 第4回研... @ 東京都港区立笄小学校
子どもの日本語教育研究会 第4回研... @ 東京都港区立笄小学校
10月 12 @ 10:00 AM – 5:00 PM
子どもの日本語教育研究会 第4回研究会(東京) と き:10月12日(土)10:00~17:00 ところ:東京都港区笄小学校(東京都港区西麻布3丁目11番16号) 定員:120名   ★お申し込み時に、参加するラウンドテーブルを選んでください。各ラウンドテーブルとも30名定員となっています。なお、「ポスターと講演のみ(ラウンドテーブル不参加)」についても30名を定員としております。 参加費:無料(ただし、当日資料代として500円を申し受けます。)  ◉趣旨 文化間移動をする子どもや、複数の言語環境の中で暮らしている子どもたちの日本語教育・支援活動・言語の発達に関心をもつ実践者・研究者の方を対象に、研究・実践の成果を発表し、交流するための場を提供します。 今回は、ポスターセッション(公募)、講演、ラウンドテーブル(3分科会)を行います。小中高等学校・特別支援学校で日本語指導を担当されている先生方、地域の教室で子どもへの日本語・学習支援活動を行っていらっしゃる方、また、子どもたちやかれらを取り巻く教育環境について関心をもち研究を進めている方、そして、ご関心のある方、お待ちしております。(最新の情報は 子どもの日本語教育研究会HPにてご確認ください。http://www.kodomo-no-nihongo.com/) ◉プログラム 10:00-12:00 ポスターセッション(60分×2) 9月中旬に、本研究会webサイトに発表一覧を掲載します。 12:00-13:00  昼休み 13:00-13:15 開会行事 13:15-14:15 講演 「子どもたちのキャリアと在留資格(仮)」 児玉晃一氏(マイルストーン弁護士事務所) 14:30-16:30 ラウンドテーブル「実践を読み解き・実践に学ぶ」 *ラウンドテーブル1 小学校の実践 多様な言語文化背景をもつ子どもたちの主体的参加を促す教育(仮) 豊島秀明氏(東京都江戸川区立一之江小学校) *ランドテーブル2 中等教育段階の実践 生徒が培ってきた力を発揮できる日本語学習の設計(仮) 川上さくら氏(啓明学園高等学校) *ラウンドテーブル3 学校・地域支援の連携 「子どもと保護者」の学校参加支援(仮) 高栁なな枝氏(地球っ子2000) 16:30~17:00 振り返りのセッション・閉会 ・・・・・・・・・・・ 第4回研究会実行委員会:花島健司(東京都港区立笄小学校) 【お問い合わせ】 子どもの日本語教育研究会事務局(東京学芸大学  齋藤ひろみ研究室) kodomononihongokyoiku@gmail.com (齋藤・村澤・工藤・秋山) 本研究会webサイト  https://www.kodomo-no-nihongo.com/
10月
13
1:00 AM いろんな日本語教材を覗いてみよう... @ エスエル会議室
いろんな日本語教材を覗いてみよう... @ エスエル会議室
10月 13 @ 1:00 AM – 5:00 AM
使い方が分からず困っている教材は手元にありませんか。 実際に使ってみて良かった教材を他の方に紹介しませんか。   日本語教師の方から最近、こんなお話をよく聞きます。  「色んな教材を知りたい」 「今使っている教材の違う教え方を知りたい」 「使い方がわからない教材が手元にあるので、教材分析をしたい」など、 教材について勉強できるワークショップに参加したいという ご要望を多数いただいております。 そこで今回は、そんな皆様のご要望にお答えすべく、 様々な教材について知るワークショップを開催します。  参加者全員が教材を持ち寄り、教材を紹介し合う会です。 色々な教材を一度に知ることができる貴重な機会というだけでなく、 使い方が分からない教材に対してアドバイスがもらえる機会になるかもしれません。 教える幅を広げるためには、豊富な「教材知識」と「教材分析」が必要です。 まずは皆さんと一緒に、教材をシェアする機会を作りたいと思います。   ※ご紹介したい教材・使い方が分からず困っている教材を(お一人様2冊まで)をお持ちください。 ※教材のレベルは問いません。   ※参加者の方には事前にご紹介したい教材についての簡単なアンケートにご協力いただきます。 ※ワークショップでは①持参教材を使った授業例のご紹介 ②使ってみての声(良かった点・学習者の反応・感想など)③使い方が分からないためアドバイスがほしいことをお話いただこうと思います。 今回は勉強会後に同会場にて懇親会を行います。懇親会も込みなので、ワークショップで話し足りなかったことなど、思う存分お話しください。 途中退出OKです!   「三人寄れば文殊の知恵」 教え方には「マニュアル」はありません。        教え方の幅を広げ、教え方の引き出しをたくさん作ってみませんか。 きっと明日への授業のヒントが見つかるはずです。 皆さんで、キラキラ輝く日本語教師になりましょう。 いろんな日本語教材を覗いてみよう! 〜教材持ち寄り勉強会〜 Vol.1   【主催】日本語教師のための実践勉強会 【日時】2019年10月13日(日) 13:00〜17:00(12:45~ 開場・受付開始) 【スケジュール】 *ご挨拶・ご連絡・自己紹介 〜13:10 *持ち寄り教材紹介タイム ラウンドテーブル  13:10〜15:20
ページ上部へ戻る