「基本法」制定に向け骨子案の肉付け作業が焦点に――日本語議連の里見事務局次長が日振協で講演

「基本法」制定に向け骨子案の肉付け作業が焦点に――日本語議連の里見事務局次長が日振協で講演

日本語教育推進議員連盟(日本語議連)の事務局次長で公明党参議院議員の里見隆治氏が29日、日本語教育振興協会(日振協)の日本語教育機関トップセミナーで講演した。日本語議連の幹部が日本語学校関係者の前で講演するのは年明け後初めて。里見氏は日本語議連内に設置された法制化(立法)チームが取り組んでいる日本語教育推進基本法の骨子案の肉付け作業の進展状況を説明。基本法のイメージがより鮮明になってきた。

里見氏は厚生労働省出身。外国人雇用対策課など在籍し、外国人問題に精通した政策通の議員として知られる。昨年6月に全国各種学校日本語教育協会の研究セミナーで講演。その際は基本法の輪郭や骨子案の論点をわかりやすく報告した。今回は、非公開で行っている少人数の立法チームの議論の進展を踏まえ、骨子案の肉付け作業について詳細に説明した。

講演で里見氏は前段で、一昨年11月の日本語議連の発足から昨年11月までに計9回の総会を開くなど議論の流れを説明。里見氏によると、様々な関係者のヒアリングを行う一方、昨年夏から立法チームが作業に着手、たたき台となる骨子案を作成して議論を重ねている。立法チームも関係機関などからヒアリングや意見聴取を行っており、骨子案に具体的な事項を盛り込む肉付け作業が進んでいるという。

骨子案は、目的、定義、基本理念、国の責務等、関係者相互間の連携強化、財政上の措置等を盛り込んだ「総則」から始まり、「基本方針」「基本的施策」「日本語教育推進協議会」の四つの章で構成。基本法の大きな目的は、日本語教育に関する所管官庁を決め、日本語教育の推進事業に法的な根拠を与えることだが、「基本的施策」の中に盛り込む具体策の中身によって、法案の色合いが変わってくる。

この日の講演のポイントもそこにあり、里見氏は会議録から関係団体から立法チームに寄せられた意見や要望などを引用しながら「基本的施策」に盛り込まれる可能性のある施策や事業を説明した。日本語学校に関連する事項については「日本語教育の専門機関としての位置づけ」や日本語学校の「所管官庁の明確化」「質の向上のための第三者評価機関の設置」などを挙げた。また、日本語教師の育成や確保、日本語教材の開発などにも言及した。

ただし、日本語議連としての法制化に向けた議論はこれからだ。立法チームとしては骨子案を固めたあと議連のメンバーに提示し、様々な角度から意見を得たうえで必要があれば改めて関係者からヒアリングを行うなどして法案を詰める考えだ。里見氏は「(議連のメンバーも)まだ肉付けされたものをご覧になっていない状況であり、いま紹介したような意見を、まさに法制化できるものをしっかり肉付けしていく中で、今後法案を準備していきたい」と述べた。

基本法制定に向けての今後のスケジュールについて里見氏は、通常国会では来年度予算の成立後、内閣提出の法案審議が行われ、5月か6月に議員立法による法案の審議が行われると見通しを示した。しかし、議員立法による他の法案も数多く提出される可能性があり、どのように優先順位をつけるかは、各党の国会対策委員会の場で議論されるとし、里見氏は基本法の成立時期については明言しなかった。

議員立法による法案成立までの手続きについては、日本語議連が法案をまとめても各党、各会派の「了解」が必要になる。そこで合意形成ができれば、国会提出後にただちに成立の運びとなる。今回、その道筋に関して懸念材料となるのが民進党の分裂だ。民進党から分かれた希望、立憲民主、無所属の会の3会派が日本語教育基本法にどのように対応するのかは、現段階では不透明な状況だ。日本語議連としても今後の政治状況を慎重に見極めながら対応することなりそうだ。

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

4月
28
9:30 AM 日本語能力試験(JLPT)対策講座 – N... @ 千葉センタービル
日本語能力試験(JLPT)対策講座 – N... @ 千葉センタービル
4月 28 @ 9:30 AM – 3:30 PM
日本語教師のための実践勉強会」日本語能力試験(JLPT)対策講座  〜N3からN2へ〜 「効果的なJLPT対策の教え方を考えよう」  ※【満員御礼】4月14日「教師力アップ!JLPT対策講座」 キャンセル待ち多数、同一内容での開催のご要望多数! 好評につき追加開催決定しました! 今回はリクエスト企画といたしまして、ご要望の多かった JLPT対策講座 「教師力アップ!JLPT対策講座」1日集中セミナーです。 ********** ★第1部:「効果的な文法対策の教え方とは?」 ★第2部: 「効果的な読解対策の教え方とは?」  を2部制で開催します。  【セミナー概要】 「日本語能力試験対策をこれから始める方・教えている方向けのセミナー」です。  第1部: 「効果的な文法対策の教え方とは?」 皆さんは、JLPT対策の教え方に悩んでいませんか。  JLPT対策を教えている日本語教師からこんなお悩みをよく聞きます。 「これからJLPT対策を教えるが、教え方がわからない」 「文法の教え方に悩んでいる」 「学習者がなかなか文法が定着しない」 「JLPT対策のテキストがうまく使いこなせない」 「総合テキストの中の文法や語彙とJLPT対策の文法の教え方の違いがわからない」 「文法の類似表現の教え方がわからない」 など、日本語教師の方々のお悩みの方は少なくなりません。 第1部では「文法」に焦点をあて、 効果的な教え方を考えたいと思います。 JLPT対策の教え方は通常の授業の教え方とは異なります。  日本語学校では指定の教材で決められたスケジュールの下に、  各教師が工夫しながら教えなければなりません。 日本語学校や専門学校、また企業研修などでは教師裁量で教えるというところも多いようです。 また、プライベートレッスンでも教師裁量で教師が工夫しながら教えなければなりません。 専門学校の入試ではN2が合格の目安となっています。  就職試験でもN2取得必須という企業が多いです。  つまり、N2合格させることが一つの課題です。 ある日突然、JLPT対策を担当し、  非漢字圏学習者にJLPT対策の授業したとたん、  学生の反応もやる気も下がったという経験のある教師も少なくありません。  ただ単に与えられたスケジュールと教材をこなすだけでは効果は上がりません。 では、どうすればいいのでしょうか。  「学習者がワクワクするような仕掛け作り」が必要です。  それには「教師が教え方の幅を広げること」が必要です。 工夫次第では単調になりがちな試験対策の授業も  学習者がワクワクするような授業づくりが可能です。 単なる問題を解かせ、答え合わせをするだけの試験対策の授業では意味がありません。  では何のために、わざわざレッスンをするのでしょうか。  それは教師が学習者に「合格させるためのコツ」を教える必要があるからです。  N3からN2へ合格させるのはかなりの至難の技です。  「合格させるためのコツ」とは何でしょうか。 勉強会では単なる試験対策での教え方にならないような 「学習者がワクワクするような仕掛け作り」と、  「合格させるためのコツ」について以下の内容で行いたいと思います。 ✔︎JLPTとは? ✔︎JLPT対策の文法とは?  ✔︎JLPT対策を教える上での指導上のポイント  ✔︎授業例の紹介  ✔︎ワークショップ「市販教材を使って効果的な教え方を考えよう」 など 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ★第2部: 「効果的な読解対策の教え方とは?」  JLPT対策の読解を教えている日本語教師からこんなお悩みをよく聞きます。 「これからJLPT読解対策を教えるが、教え方がわからない」 「非漢字圏学習者と漢字圏学習者の混合クラスで教え方に悩んでいる」 「非漢字圏学習者の読解力が上がらず、教え方に悩んでいる」 「非漢字圏学習者に読解を教える際に、学習者が難しいと言って諦めてしまい、授業がうまくいかない」 「非漢字圏学習者の読解を教える際に、学習者に何を教えるか指導すべきポイントがわからない」 「読解の授業は設問に答えさせ、答え合わせをするというような単調な授業になってしまう」 「JLPT対策の読解の授業と通常の読解の授業との教え方の違いがわからない」 など、頭を悩ませている日本語教師の方が少なくありません。 JLPTの合格の分かれ道は、「読解」です。  いかに、読解で高得点を叩き出すかが問われます。  今回は「読解」に焦点をあて、 効果的な教え方を考えたいと思います。 専門学校の入試ではN2が合格の目安となっています。  就職試験でもN2取得必須という企業が多いです。  つまり、N2合格させることが一つの課題です。  N3からN2へ合格させるのはかなりの至難の技です。  N2合格者でも読解のスコアが低かったり、読解苦手だという声も少なくありません。 ある日突然、JLPT対策を担当し、非漢字圏学習者にJLPT対策の授業したとたん、  学生の反応もやる気も下がったという経験の教師も少なくありません。 では、どうすればいいのでしょうか。  「学習者がワクワクするような仕掛け作り」が必要です。  それには「教師が教え方の幅を広げること」が必要です。 勉強会では単なる試験対策での読解にならないような 「学習者がワクワクするような仕掛け作り」と、 「合格させるためのコツ」について以下の内容で行いたいと思います。 ✔︎通常授業の読解とは?  ✔︎JLPT対策の読解とは?  ✔︎JLPT対策の読解の指導上のポイントと授業例の紹介  ✔︎ワークショップ「読解嫌いな学習者の教え方を考えよう」  など 「三人寄れば文殊の知恵」 教え方には「マニュアル」はありません。  教え方の幅を広げ、教え方の引き出しをたくさん作ってみませんか。  皆さんで効果的な授業を考えてみませんか。  きっと明日への授業のヒントが見つかるはずです。  一人で悩まずに皆さんでお悩みをシェアしてお悩み解決の糸口を探しましょう!  皆さんで、キラキラ輝く日本語教師になりましょう。 ******** 【好評につき追加開催決定】 日本語能力試験(JLPT)対策講座  〜N3からN2へ〜 「効果的なJLPT対策の教え方を考えよう」 【主催】「日本語教師のための実践勉強会」【日時】:4月28日(日) ★第1部:9:30- 12:00「効果的な文法対策の教え方とは?」 ★第2部:13:00- 15:30「効果的な読解対策の教え方とは?」 【会場】:千葉県千葉市中央区富士見1丁目13-9 千葉センタービル3階A号室  【参加費】:5000円  ペア割(2人以上):4,500円 ※お申し込み時にお知らせください。 […]
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
8月
29
全日 第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポ... @ UNIVERZITET U BEOGRADU ベオグラード大学(セルビア)
8月 29 – 8月 31 全日
第23回ヨーロッパ日本語教育シンポジウム 主催:ヨーロッパ日本語教師会(AJE) 日時:  2019年8月29日(木)〜 31日(土) 場所(会場): ベオグラード大学(セルビア) テーマ:ローカル・グローバルな日本言語・文化教育 Sections: Spheres of Use Teaching Methodologies Teaching Experience Multiculturalism and Teaching Teaching Resources 発表募集は10月から公開いたします。
ページ上部へ戻る