ミャンマーの少数民族の歌とファッションのチャリティー 

ミャンマーの少数民族の歌とファッションのチャリティー

在日ミャンマー人の少数民族の相互支援や交流を進めるNPO法人PEACE(マリップ・セン・ブ代表理事)が3月31日、東京都北区の赤羽会館で歌とファッションショーのチャリティ・イベントを開いた。題して「ミャンマー少数民族 衣の祭典~奨学金創設のためのチャリティー・ミュージック&ファッションショー」。在日のミャンマー人ら約500人が民族色豊かな歌とファッションの共演を楽しんだ。

このイベントは今年で3回目。ミャンマーは人口の6割を占めるビルマ族をはじめ、カチン、カレン、シャン族などで構成される多民族国家。日本にも少数民族をはじめ様々な民族のミャンマー人が暮らしている。ミャンマー国内では、ミャンマー軍と少数民族の間で武力衝突が起きているが、日本では民族同士の融和と共生が進んでいる。それを象徴するのがこのイベントだ。

PEACEは民族間の共通の課題として子供教育の重要性を訴える。そのための奨学金を創設しようと呼びかけたところ、在日の様々な民族だけでなく、母国の人たちもこれに応えて応援。今回、イベントのディレクターのカチン州の出身のデザイナー、MAKAさんをはじめ祖国のトップクラスの歌手やファッションモデルが航空運賃を自ら負担するなどボランティア精神で駆け付けた。

イベントの呼び物は、民族ごとのファッションショー。伝統的な民族衣装ばかりでなく、最近流行のコレクションも数多く披露された。落ち着いた色調やきらびやかなデザインの数々作品が場内を「多民族カラー」で包んだ。

今年は日本人が集団でハワイに移住をして150年の節目の年。6月にはそれを記念してハワイで「海外日系人大会」が開催される。日系人はハワイやアメリカ本土、ブラジル、ペルーなどに300万人以上が暮らしているが、教育熱心で勤勉な民族としてそれぞれの国の政治や経済などの分野で活躍している人が少なくない。在日ミャンマー人も日本語教育などに力を入れており、その子供たちの中から優秀なグローバル人材が数多く育つことが期待される。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Greetings! Very helpful advice in this particular post!
    It’s the little changes that make the most important changes.
    Thanks a lot for sharing!

  2. アバター

    My Canadian Pharcharmy [url=http://rxbill6.com]levitra brand online[/url] Ou Acheter Cialis Sans Ordonnance Can Cats Take Human Amoxicillin Viagra Ticino

  3. アバター

    No 1 Online Pharmacy [url=http://sildenafbuy.com]viagra[/url] Cialis Farmacia El Pont Andorra Levitra Leg Pain

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

9月
21
12:30 AM 多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
多文化共生と 外国人へのこころの... @ 聖心女子大学4号館
9月 21 @ 12:30 AM – 4:30 AM
多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス- @ 聖心女子大学4号館 | 渋谷区 | 東京都 | 日本
第16回(2019年度)研究会 多文化共生と 外国人へのこころの支援 -移住者と難民のメンタルヘルス-  日時:2019年9月21日(土) 12:30~16:30 参加費:大学専任教員の方 2000円 上記以外の方   1000円 申込:【定員50名】https://kokucheese.com/event/index/567128/ 場所:聖心女子大学4号館 主催: 多文化共生社会における日本語教育研究会 https://tabunka-nihongo.jimdo.com/ 講師:鵜川 晃(うかわ こう) 博士(人間学)。 専門は多文化間精神保健学・医療人類学。移民・難民の定住におけるメンタルヘルスの問題、そしてベトナム人の生と死の通過儀礼における文化実践についての研究を進めている。著書に『あなたにもできる外国人へのこころの支 援』(岩崎学術出版社、2016、共著)、訳書に『移住者と難民のメンタルヘルスー移動する人の文化精神医学』(明石書店、2017、共著)などがある。 司会進行:伴野崇生(ともの たかお) 慶應義塾大学特任講師・多文化共生社会における研究会代表幹事 多文化間精神保健専門アドバイザー(多文化間精神医学会認定)
ページ上部へ戻る