政府が「入国管理庁」創設へ 外国人受け入れ歴史的な転換期に 

政府が「入国管理庁」創設へ 外国人受け入れ歴史的な転換期に

政府は7月24日、外国人労働者受け入れに関する関係閣僚会議の初会合を開いた。安倍晋三首相は「即戦力となる外国人受け入れが急務だ。2019年4月をめざし、準備作業を速やかに進めてほしい」と指示した。政府は外国人受け入れの中核組織として法務省に「入国管理庁」を創設する方針だ。秋の臨時国会で関係法令を整備する考えで、日本語教育推進議員連盟が成立を目指す日本語教育推進基本法(仮称)の行方と併せ、外国人受け入れの在り方は歴史的な転換期を迎える。

政府は6月に閣議決定した「骨太の方針」(経済財政運営と改革の基本方針)で、新たな在留資格を創設することによって、これまで認めていなかった分野についての外国人労働者の受け入れを行う方針を示した。建設、農業、介護、造船、宿泊の5分野に加え、製造業も視野に入れ、深刻な人手不足を海外からの労働力で補完しようというわけだ。

安倍首相は「移民政策はとらない」と繰り返し強調しているが、外国人受け入れの拡大路線に舵を切ったことは間違いない。労働力不足によって日本経済が失速しては、アベノミクスを売り物にしてきた安倍政権の存立そのものが危うくなるからだ。

報道によると、関係閣僚会議では今後の外国人受け入れ拡大に向けた支援策として①インタ―ネットを使った日本語教材の提供②生活・就労の一元的相談窓口の設置③医療機関の体制整備――など検討するという。その体制整備に関連して閣議後の記者会見で上川陽子法相は「入国管理庁のような外局を設けることも含め、適切な組織体制、人員確保を速やかに検討したいと述べた。

浜松市などでつくる「外国人集住都市会議」が外国人問題の窓口一本化のため政府に「外国人庁」の設置を強く求めており、こうした要望が実現することは地方自治体にとって極めて意味が大きい。入国管理庁は法務省入国管理局を中心とした組織になると見られるが、地方自治体としては「管理」より教育や福祉、雇用など「生活」に関わる課題を重視しており、これらの課題に対応するためどのような組織になるか注目される。

また、体制整備の中で、最も重視されるのが日本語教育だ。政府もその重要性の認識を共有しているが、日本語議連が成立を目指す日本語教育推進基本法と政府方針との兼ね合いがどうなるのか。外国人労働者のための日本語教育といっても、職種によって教育の中身も変わってくる。また、検定の在り方についても、最も一般的な日本語能力試験は進学のための検定試験だ。教育・検定のあり方も重要課題になりそうだ。

いずれにしろ安倍首相が来年4月の新たな外国人受け入れの体制整備に向け、「速やかな準備」を指示している以上、関係機関は待ったなしの対応が迫られることになる。「移民」という言葉を避け、ともすれば外国人との距離を置きたがるようなイメージを持たれる安倍政権だが、歴代政権がちゅうちょしてきた「移民国家としての装い」を整えることになる。

                                                                                                                                                                             石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. Sling tv coupons and promo codes for november 2018
    At this time it seems like BlogEngine is the best
    blogging platform out there right now. (from what I’ve
    read) Is that what you are using on your blog? Sling tv coupons and promo
    codes for november 2018

  2. It’s fantastic that you are getting thoughts from this paragraph as well as from our discussion made here.

  3. I really like what you guys are usually up
    too. This type of clever work and reporting! Keep up the terrific works guys I’ve incorporated you guys to blogroll.

  4. An intriguing discussion is worth comment. I think that you ought
    to write more on this subject, it might not be a taboo subject but generally people don’t
    discuss these issues. To the next! Many thanks!!

  5. Hey there! This is kind of off topic but I need some advice from an established blog.
    Is it tough to set up your own blog? I’m not very techincal
    but I can figure things out pretty fast. I’m thinking about making my own but I’m not sure where to start.
    Do you have any points or suggestions? Appreciate
    it

  6. For hottest news you have to pay a visit the web and on internet I found this web page as a most excellent web page
    for newest updates.

  7. If some one needs to be updated with most up-to-date technologies therefore he must be pay a quick visit this web site and be up to date all
    the time.

  8. I know this website gives quality depending posts and additional
    stuff, is there any other website which gives such stuff in quality?

  9. Hello i am kavin, its my first time to commenting anywhere, when i read this piece
    of writing i thought i could also make comment due to this brilliant
    post.

  10. Fastidious answers in return of this difficulty with solid arguments and describing all about that.

  11. I know this site presents quality dependent articles and extra data, is
    there any other website which provides these kinds of things
    in quality?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

12月
3
全日 海外で日本語を教える人のためのス... @ 国際交流基金日本語国際センター
海外で日本語を教える人のためのス... @ 国際交流基金日本語国際センター
12月 3 – 12月 14 全日
国際交流基金日本語国際センターでは、海外で日本語を教えたいと考えている方を対象としたスキルアップ研修を行います。 対象者は、日本語教育の基礎的な知識があり、教授経験(アシスタントやボランティア、教育実習を含む)がおおむね3年以下で、海外の教育機関で日本語を教えたいという希望を持っている方です。 研修の参加者は原則として、日本語国際センターの宿舎に泊まって受講していただきます。 応募資格 (1)(2)の条件を満たす方を対象とします。その他の条件は、募集要項を参照してください。 (1)日本語教育についての基礎知識がある方。具体的には、以下の3つのいずれかの条件を満たす方。 1. 420時間の日本語教師養成講座を修了している 2. 日本語教育能力検定試験に合格している 3. 大学または大学院で日本語教育を主専攻または副専攻として修了している(平成31年3月修了見込みも含む) (2)日本語教授経験(アシスタントやボランティア、教育実習を含む)があり、平成30年12月1日時点で、その経験がおおむね3年以下の方。 応募締め切り 2018年9月13日(木曜日)17時(必着)
12月
12
1:30 PM 外国人留学生のための観光産業外国... @ AP東京丸の内 roomF
外国人留学生のための観光産業外国... @ AP東京丸の内 roomF
12月 12 @ 1:30 PM – 4:30 PM
13:30~14:50 「観光産業で活躍するための知識とスキル」 一般社団法人留学生支援ネットワーク 事務局長 久保田 学氏 15:00~16:30 「観光産業で働くためのビジネス日本語スキル」 コミュニカ学院 学院長 奥田 純子氏
12月
15
全日 第22回研究報告大会 外国語教育... @ 東京外国語大学
第22回研究報告大会 外国語教育... @ 東京外国語大学
12月 15 – 12月 16 全日
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/jafle.files/jafle_conf2018.html
9:30 AM 上海ラウンドテーブル2018「実践の... @ 華東師範大学 中北キャンパス
上海ラウンドテーブル2018「実践の... @ 華東師範大学 中北キャンパス
12月 15 @ 9:30 AM – 2:30 PM
【学びを培う教師コミュニティ研究会 上海ラウンドテーブル2018「実践のプロセスを協働でふり返る-語る・聴くから 省察へ」】 ・日時:2018年12月15日(土)9:30~14:30 ・場所:華東師範大学 中北キャンパス ・参加費:無料  ・参加申し込み期限:12月8日(土) http://manabireflection.web.fc2.com/data/20181215j.pdf
ページ上部へ戻る