政府が「入国管理庁」創設へ 外国人受け入れ歴史的な転換期に 

政府が「入国管理庁」創設へ 外国人受け入れ歴史的な転換期に

政府は7月24日、外国人労働者受け入れに関する関係閣僚会議の初会合を開いた。安倍晋三首相は「即戦力となる外国人受け入れが急務だ。2019年4月をめざし、準備作業を速やかに進めてほしい」と指示した。政府は外国人受け入れの中核組織として法務省に「入国管理庁」を創設する方針だ。秋の臨時国会で関係法令を整備する考えで、日本語教育推進議員連盟が成立を目指す日本語教育推進基本法(仮称)の行方と併せ、外国人受け入れの在り方は歴史的な転換期を迎える。

政府は6月に閣議決定した「骨太の方針」(経済財政運営と改革の基本方針)で、新たな在留資格を創設することによって、これまで認めていなかった分野についての外国人労働者の受け入れを行う方針を示した。建設、農業、介護、造船、宿泊の5分野に加え、製造業も視野に入れ、深刻な人手不足を海外からの労働力で補完しようというわけだ。

安倍首相は「移民政策はとらない」と繰り返し強調しているが、外国人受け入れの拡大路線に舵を切ったことは間違いない。労働力不足によって日本経済が失速しては、アベノミクスを売り物にしてきた安倍政権の存立そのものが危うくなるからだ。

報道によると、関係閣僚会議では今後の外国人受け入れ拡大に向けた支援策として①インタ―ネットを使った日本語教材の提供②生活・就労の一元的相談窓口の設置③医療機関の体制整備――など検討するという。その体制整備に関連して閣議後の記者会見で上川陽子法相は「入国管理庁のような外局を設けることも含め、適切な組織体制、人員確保を速やかに検討したいと述べた。

浜松市などでつくる「外国人集住都市会議」が外国人問題の窓口一本化のため政府に「外国人庁」の設置を強く求めており、こうした要望が実現することは地方自治体にとって極めて意味が大きい。入国管理庁は法務省入国管理局を中心とした組織になると見られるが、地方自治体としては「管理」より教育や福祉、雇用など「生活」に関わる課題を重視しており、これらの課題に対応するためどのような組織になるか注目される。

また、体制整備の中で、最も重視されるのが日本語教育だ。政府もその重要性の認識を共有しているが、日本語議連が成立を目指す日本語教育推進基本法と政府方針との兼ね合いがどうなるのか。外国人労働者のための日本語教育といっても、職種によって教育の中身も変わってくる。また、検定の在り方についても、最も一般的な日本語能力試験は進学のための検定試験だ。教育・検定のあり方も重要課題になりそうだ。

いずれにしろ安倍首相が来年4月の新たな外国人受け入れの体制整備に向け、「速やかな準備」を指示している以上、関係機関は待ったなしの対応が迫られることになる。「移民」という言葉を避け、ともすれば外国人との距離を置きたがるようなイメージを持たれる安倍政権だが、歴代政権がちゅうちょしてきた「移民国家としての装い」を整えることになる。

                                                                                                                                                                             石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

8月
22
2:00 PM ワークショップ 「まるごとで教え... @ 第一日語曁文化学校
ワークショップ 「まるごとで教え... @ 第一日語曁文化学校
8月 22 @ 2:00 PM – 5:15 PM
日時・会場①2018年8月18日(土曜日)  10:15~13:30   香港日本語教育研究会   (筲箕灣興民街68號海天廣場7字樓701-2室) [MTR西灣河] ②2018年8月22日(水曜日)  14:00~17:15   第一日語曁文化学校(香港校)   (灣仔莊士敦道178-186號華懋莊士敦廣場6樓) [MTR 灣仔] ※①②は同内容です。   講 師齋藤 誠(国際交流基金 海外派遣日本語教育専門家) 使用教材『まるごと 日本のことばと文化 入門 A1 かつどう』(三修社) お持ちの方は、ご持参下さい。また、当日会場にて購入可能です。定価$165のところ$145での販売となります(現金のみ受付。なるべくお釣りの出ないようにお願い致します)。 締め切り2018年8月13日(月曜日) 参加費無料 定 員各回20名
8月
25
1:00 PM JLCSE日本語教育シンポジウム「国... @ 福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス 福武ホールB2)
JLCSE日本語教育シンポジウム「国... @ 福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス 福武ホールB2)
8月 25 @ 1:00 PM – 5:15 PM
工学系研究科では、「日本語教育シンポジウム」を開催いたします。 奮ってご参加ください。心よりお待ちしております。 日時: 2018年8月25日(土)13:00~17:15 場所: 福武ラーニングシアター(東京大学本郷キャンパス 福武ホールB2)  参加申し込みはこちら  参加費:無料 【プログラム】 12:30 会場 受付 13:00 開会 13:10~ 神吉 宇一 (武蔵野大学大学院言語文化研究科)「日本語教育の展望 」 基調講演 佐藤 慎司  (米国 プリンストン大学) 「国際化教育としてのことばの教育: 日本語教育の事例で考える] 13:40~ 15:00~ 実践報告1 (海外) Vatsala MISRA (インド工科大学 カンプール校 Foreign Language Program) 高宇洋子-Drobin  (スウェーデン王立工科大学 Language and Communication KTH) 古市由美子(東京大学大学院工学系研究科日本語教育部門) 15:45~ 実践報告2 (国内)       田崎敦子 (東京農工大学グローバル教育院) ボイクマン総子  (東京大学大学院総合文化研究科グローバルコミュニケーション研究センター ) 17:15 閉会 懇親会 18:00~レストラン 日比谷松本楼(本郷キャンパス工学部2号館)会費3000円
ページ上部へ戻る