ろう教育と「やさしい日本語」――学会の研究テーマにも    

ろう教育と「やさしい日本語」――学会の研究テーマにも                    

外国人のための「日本語教育」と、ろう者のための「ろう教育」。あまり関係ないように見えるが、実は極めて深い関連がある。キーワードは「第2言語習得」である。これは外国人への日本語教育と極めて関連している研究領域であり、母語・継承語・バイリンガル教育学会(MHB学会)が8月8、9の両日に開催した大会テーマ「新時代のマルチリンガル教育を考える〜バイモーダルろう教育からの示唆〜」でも初めて取り上げられた。

ろう者の母語は「手話」であり、手話は日本語とは別な、完全な体系をもった言語である。ろうの子供は手話で思考力を獲得し、その後第二言語として「日本語」を学ぶ。いわば「手話」と「日本語」のバイリンガル教育がろう教育の重要なテーマとなっている。

ろう者と外国人は、日本語を学ぶ上で、間違うポイントがとても似ている。第2言語なのでしかたがないことである。しかし聞こえる日本人はろう者の日本語の間違いをバカにしたり、すぐに直したりして、ろう者を不愉快にさせることがよくある。実際は日本人が英語を間違うのと同じようなことであるにも関わらず。

日本で手話を法律上「言語」だと認めたのは、2011年8月5日に交付された改正障害者基本法が最初とされる。ほとんどの聞こえる日本人は、ろう者にとっての手話や日本語について知らず、ろう者の日本語の間違いに寛容な気持ちがない。

ここに問題を提起しているのが「やさしい日本語」関係者である。2018年3月17-18日に行われたやさしい日本語シンポジウムでは、一橋大学庵功雄教授ほか研究者が、日本語を母語としないものへの配慮としての「やさしい日本語」について指摘している。

筆者も、「やさしい日本語」の活動を通じて、ろう教育に深く関心をもち、MHB学会でも発表をし、関連するFacebookページも立ち上げた。その中で、「聞こえる日本人へのメッセージ」と「日本語習得に悩むろう者へのメッセージ」をプレゼンスライド形式で公開している。この2つは、同じテーマの表裏の関係になっている。ぜひご覧いただきたい。

1)聞こえる日本人向けのメッセージ

〜「やさしい日本語」と、外国人と、ろう者のこと〜

2)ろう者向けメッセージ

〜ろう者が、もっと楽しく、日本語を学べる機会を〜

          吉開 章

吉開 章(よしかい・あきら)

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

11月
24
全日 2018(平成30)年度秋季大会 in静岡 @ プラサヴェルデ
2018(平成30)年度秋季大会 in静岡 @ プラサヴェルデ
11月 24 – 11月 25 全日
学会では,毎年春と秋の2回,大会を開催しています(大会委員会担当)。 会員でなくても,関心のある方は参加費を収めて講演やシンポジウム研究発表を聞くことができます。 大会参加者に配布する予稿集は,大会終了後余部がある場合,希望者へ頒布しています。
全日 第25回日本教育メディア学会年次大会 @ 鹿児島大学教育学部
第25回日本教育メディア学会年次大会 @ 鹿児島大学教育学部
11月 24 – 11月 25 全日
2018年 第25回日本教育メディア学会年次大会 開催概要・日程 日時:2018年11月24日(土)ー25日(日) 会場:鹿児島大学教育学部 〒890-0065 鹿児島市郡元1丁目20番6号 開催スケジュール(予定) 11月23日(金) 15:00〜18:00 理事会(附属教育実践総合センター2階演習室) 11月24日(土)会場 午前:鹿児島大学教育学部附属小学校 午後:鹿児島大学教育学部第1講義棟 9:30〜 受付(午前:鹿児島大学教育学部附属小学校または教育学部第1講義棟) 受付は,午前中:附属小学校 午後:教育学部講義棟入り口(1階)にて設置します。 10:00〜11:30 地元企画:公開授業と振り返り 公開授業(低学年算数を予定) 授業者:伊藤優一郎(鹿児島大学教育学部附属小学校) 司会:中川一史(放送大学)、コメンテータ:佐藤幸江(金沢星稜大学) 12:30〜13:20 総会(第1講義棟103講義室) 13:30〜15:30 一般研究発表(1 件あたり 30 分発表)※質疑と交代を含む 15:45〜17:00 鼎談『教育メディアのこれまでと展望』(仮) 登壇者:堀田博史(園田学園女子大学)、黒上晴夫(関西大学) 宇治橋祐之(NHK放送文化研究所) 17:30〜19:30 懇親会(同キャンパス内大学生協エデュカを予定) ※24日(土)は,大学生協の中央食堂(理学部側)は営業しています。また近隣の店も営業しておりますので,弁当の申し込みは行いません。 11月25日(日)会場:鹿児島大学教育学部第1講義棟,第2講義棟  9:00〜 受付(教育学部第1講義棟1階) 9:30〜11:30 課題研究発表 11:30〜12:30 昼食(当日は大学生協がお休みです。当日弁当申し込み受け付けます) 12:30〜14:30 一般研究発表(1 件あたり 30 分発表)※質疑と交代を含む 15:00〜16:20シンポジウム『新学習指導要領における教育の情報化の展開』(仮) 登壇者:安彦広斉(文部科学省),稲垣忠(東北学院大学), 鹿児島県内の教育委員会担当者,鹿児島県内の小中高教員 コーディネータ:山本朋弘(鹿児島大学)
12月
1
10:00 AM 第14回 協働実践研究会 @ 麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階)
第14回 協働実践研究会 @ 麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階)
12月 1 @ 10:00 AM – 5:00 PM
【第14回協働実践研究会】 https://goo.gl/NTD3jo ◆日時:2018年 12月1日(土) 10:00~17:00(予定) ◆場所:麗澤大学 東京研究センター(アイランドタワー4階) 東京メトロ・丸の内線「西新宿駅」に直結、 「新宿駅」西口から徒歩10分 ◆プログラム 10:00~12:00 ピアラーニング入門講座 池田玲子(鳥取大学) 12:00~13:00 昼休み 13:00~13:30 協働実践の今 1(研究会活動報告) 13:30~14:10 これからの協働実践を考える 舘岡 洋子(早稲田大学) 14:10~14:40 休憩 14:40~17:00 協働実践の今 2(ポスター発表)  
2:00 PM 『移動とことば』公開「合評会」 @ 早稲田大学(早稲田キャンパス)19号館610教室
『移動とことば』公開「合評会」 @ 早稲田大学(早稲田キャンパス)19号館610教室
12月 1 @ 2:00 PM – 5:00 PM
『移動とことば』公開「合評会」 「移動とことば」という課題を問う本書を,比較教育学,社会学,日本研究の視点から論評する「合評会」を,以下の通り開催します。 日時: 2018年12月1日(土)14:00〜17:00 場所: 早稲田大学(早稲田キャンパス)19号館610教室 参加費: 無料※直接会場までお越し下さい(使用言語:日本語) http://gsjal.jp/kawakami/ http://www.9640.jp/book_view/?774
ページ上部へ戻る