外国人労働者の受入れ拡大に国はどう対応すべきか 毎日新聞の「論点」を読み解く

外国人労働者の受入れ拡大に国はどう対応すべきか 毎日新聞の「論点」を読み解く

外部識者が社会の課題について主張を展開する毎日新聞のオピニオン欄の「論点」。10月3日の朝刊では「外国人就労の拡大策」をテーマに、大手コンビニ・ローソンの竹増貞信社長、群馬県大泉町の村山俊明町長、ニッセイ基礎研究所の鈴木智也研究員の3氏の意見を掲載した。人手不足が深刻化する中、政府は外国人労働者の受け入れ拡大の方針に舵を切った。これを受けて竹増氏は外国人の受け入れ枠をより広げるよう求め、村山市は急増する外国人住民へのサービスなどを国に責任で行うよう要望した。そして鈴木氏は長期展望の下で、日本が外国人から「選ばれる国」を目指すべきだと主張する。3氏の立場は違うが、求めているのは政府主導の「新たな国づくり」ではないか。

外国人受け入れの「対象業種をもっと広げよ」というのはローソンの竹増氏。ローソンは、正社員として外国人を数多く採用するなど人材のグローバル化では最先端企業の一つだ。かつて、ある国際ワークショップで同社の人事担当者が「外国人の社員が幹部になれば、会社が変わることができる」と話していた。会社の仕組みそのものをグローバル化しなければ、企業が生きていけない時代がくるというわけだ。

ローソンでは2016年からベトナムや韓国で研修施設をつくり、レジの操作方法などを来日前に研修できる仕組みを作った。すでに200人が研修を受け、うち100人が採用面接を受けた。また店舗用に5カ国語の接客マニュアルや接客方法を寸劇で解説する動画も作成したという。

しかし、留学生は週28時間の限られた時間でアルバイトとして働くことはできても、正社員として外国人がコンビニの店頭で働くことはできない。コンビニで働くことは接客用の日本語が身につくほか、季節の商品を扱うから日本の文化や風習も体験できる。にもかかわらず、学校を卒業して引き続き働きたいと思っても、現行の入管法では就労ビザが取得できないのだ。優秀な留学生の人材が帰国してしまい、加盟店の店主から落胆の声を聞くことが多いという。

竹増社長は「日本は人手不足にもかかわらず、日本で働きたいという外国人が働きにくい制度設計になっている」と嘆く。留学生のうち大学などを卒業後に日本で就職するのは3割程度。それを5割にしたいというのが政府の考えだ。高等教育を受けた留学生は、いわゆる高度人材。政府は来年4月から外国人労働者の受け入れ拡大の方針を掲げているが、「5割」を目指し、留学生が卒業後にコンビニで働ける仕組みができるのかどうか。

大泉町は外国人住民が町の人口の18%を占める。その比率は全国の自治体で最も高い。外国人の国籍も43カ国にのぼる。ブラジルが最多の56%、ペルー13%、ネパール9%と続く。彼らは「パナソニック」や「SUBARU」など大手の下請け企業の貴重な戦力だ。同時に地域社会を構成する生活者でもある。災害情報などを伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の多言語化、ポルトガル語の広報紙の発行、日本語教育など行政としての取り組む課題は少なくない。

違う国籍や民族の外国人が増えてコミュニティーが複雑化すると、行政としてまとめていくのが難しいともいう。村山町長は「人口に占める外国人の割合が2割を超えると、住民感情も変わってくるだろう。町長として双方の板挟みになり、日々、悩んでいる」と打ち明ける。国はこうした苦労を自治体につけを回してきた。生活者としての処遇に対し国がきちんと責任を持つべき時代を迎えている。

ニッセイ基礎研究所の鈴木研究員は今回、政府が外国人労働者の受け入れを拡大することに対して短期的な対応策としては「評価できる」という。ただ、その効果は十数年で消えるとみる。長期的な視点でみれば、問題解決のための「布石」という見方だ。また、鈴木氏は、政府が世論に配慮して「移民受け入れ」ではないと言っていることにも言及する。移民受け入れに反発する世論への配慮だろうとしながら、「世論が割れるという意味では、欧州の失敗に学ぶことがある」という。

ドイツでは当初、移民を歓迎したが、移民がドイツ語を話せずに社会的に孤立し、移民排斥や社会の分断につながった。鈴木氏はこうした状況に陥らないようにするには「日本語教育が一番重要だ」と強調する。外国人労働者を社会的孤立させず日本人とコミュニケ―ションがとれる環境を整える必要があるというのだ。種々の行政サービス、失業保険、年金医療、社会保険への加入なども必要だという。要は日本語教育などを担保しながら、「日本人と平等な処遇」をすればいいのだ。

アジアでは中国やタイなどでも高齢化で働く人材が不足する。経済成長に陰りがでてきた日本の魅力も低下しつつある。日本が一定の技能を持つ外国人労働者を受け入れるには、日本そのものが「選ばれる国」になる必要がある、と鈴木氏は指摘する。そのためにまず日本人側の外国人への理解が不可欠だ。政府は、外国人労働者受け入れ拡大の方針に対し国民への啓発、広報も重要な事業として取り組まねばならないだろう。

毎日新聞の「論点」は以下のURLで。

http://mainichi.jp/articles/20181003/ddm/004/070/032000c

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    Cialis 10 Mg Directions [url=http://cialisong.com]cialis overnight shipping from usa[/url] Kamagra Pills In South Africa Cephalexin No Perscriptions

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

4月
28
9:30 AM 日本語能力試験(JLPT)対策講座 – N... @ 千葉センタービル
日本語能力試験(JLPT)対策講座 – N... @ 千葉センタービル
4月 28 @ 9:30 AM – 3:30 PM
日本語教師のための実践勉強会」日本語能力試験(JLPT)対策講座  〜N3からN2へ〜 「効果的なJLPT対策の教え方を考えよう」  ※【満員御礼】4月14日「教師力アップ!JLPT対策講座」 キャンセル待ち多数、同一内容での開催のご要望多数! 好評につき追加開催決定しました! 今回はリクエスト企画といたしまして、ご要望の多かった JLPT対策講座 「教師力アップ!JLPT対策講座」1日集中セミナーです。 ********** ★第1部:「効果的な文法対策の教え方とは?」 ★第2部: 「効果的な読解対策の教え方とは?」  を2部制で開催します。  【セミナー概要】 「日本語能力試験対策をこれから始める方・教えている方向けのセミナー」です。  第1部: 「効果的な文法対策の教え方とは?」 皆さんは、JLPT対策の教え方に悩んでいませんか。  JLPT対策を教えている日本語教師からこんなお悩みをよく聞きます。 「これからJLPT対策を教えるが、教え方がわからない」 「文法の教え方に悩んでいる」 「学習者がなかなか文法が定着しない」 「JLPT対策のテキストがうまく使いこなせない」 「総合テキストの中の文法や語彙とJLPT対策の文法の教え方の違いがわからない」 「文法の類似表現の教え方がわからない」 など、日本語教師の方々のお悩みの方は少なくなりません。 第1部では「文法」に焦点をあて、 効果的な教え方を考えたいと思います。 JLPT対策の教え方は通常の授業の教え方とは異なります。  日本語学校では指定の教材で決められたスケジュールの下に、  各教師が工夫しながら教えなければなりません。 日本語学校や専門学校、また企業研修などでは教師裁量で教えるというところも多いようです。 また、プライベートレッスンでも教師裁量で教師が工夫しながら教えなければなりません。 専門学校の入試ではN2が合格の目安となっています。  就職試験でもN2取得必須という企業が多いです。  つまり、N2合格させることが一つの課題です。 ある日突然、JLPT対策を担当し、  非漢字圏学習者にJLPT対策の授業したとたん、  学生の反応もやる気も下がったという経験のある教師も少なくありません。  ただ単に与えられたスケジュールと教材をこなすだけでは効果は上がりません。 では、どうすればいいのでしょうか。  「学習者がワクワクするような仕掛け作り」が必要です。  それには「教師が教え方の幅を広げること」が必要です。 工夫次第では単調になりがちな試験対策の授業も  学習者がワクワクするような授業づくりが可能です。 単なる問題を解かせ、答え合わせをするだけの試験対策の授業では意味がありません。  では何のために、わざわざレッスンをするのでしょうか。  それは教師が学習者に「合格させるためのコツ」を教える必要があるからです。  N3からN2へ合格させるのはかなりの至難の技です。  「合格させるためのコツ」とは何でしょうか。 勉強会では単なる試験対策での教え方にならないような 「学習者がワクワクするような仕掛け作り」と、  「合格させるためのコツ」について以下の内容で行いたいと思います。 ✔︎JLPTとは? ✔︎JLPT対策の文法とは?  ✔︎JLPT対策を教える上での指導上のポイント  ✔︎授業例の紹介  ✔︎ワークショップ「市販教材を使って効果的な教え方を考えよう」 など 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ★第2部: 「効果的な読解対策の教え方とは?」  JLPT対策の読解を教えている日本語教師からこんなお悩みをよく聞きます。 「これからJLPT読解対策を教えるが、教え方がわからない」 「非漢字圏学習者と漢字圏学習者の混合クラスで教え方に悩んでいる」 「非漢字圏学習者の読解力が上がらず、教え方に悩んでいる」 「非漢字圏学習者に読解を教える際に、学習者が難しいと言って諦めてしまい、授業がうまくいかない」 「非漢字圏学習者の読解を教える際に、学習者に何を教えるか指導すべきポイントがわからない」 「読解の授業は設問に答えさせ、答え合わせをするというような単調な授業になってしまう」 「JLPT対策の読解の授業と通常の読解の授業との教え方の違いがわからない」 など、頭を悩ませている日本語教師の方が少なくありません。 JLPTの合格の分かれ道は、「読解」です。  いかに、読解で高得点を叩き出すかが問われます。  今回は「読解」に焦点をあて、 効果的な教え方を考えたいと思います。 専門学校の入試ではN2が合格の目安となっています。  就職試験でもN2取得必須という企業が多いです。  つまり、N2合格させることが一つの課題です。  N3からN2へ合格させるのはかなりの至難の技です。  N2合格者でも読解のスコアが低かったり、読解苦手だという声も少なくありません。 ある日突然、JLPT対策を担当し、非漢字圏学習者にJLPT対策の授業したとたん、  学生の反応もやる気も下がったという経験の教師も少なくありません。 では、どうすればいいのでしょうか。  「学習者がワクワクするような仕掛け作り」が必要です。  それには「教師が教え方の幅を広げること」が必要です。 勉強会では単なる試験対策での読解にならないような 「学習者がワクワクするような仕掛け作り」と、 「合格させるためのコツ」について以下の内容で行いたいと思います。 ✔︎通常授業の読解とは?  ✔︎JLPT対策の読解とは?  ✔︎JLPT対策の読解の指導上のポイントと授業例の紹介  ✔︎ワークショップ「読解嫌いな学習者の教え方を考えよう」  など 「三人寄れば文殊の知恵」 教え方には「マニュアル」はありません。  教え方の幅を広げ、教え方の引き出しをたくさん作ってみませんか。  皆さんで効果的な授業を考えてみませんか。  きっと明日への授業のヒントが見つかるはずです。  一人で悩まずに皆さんでお悩みをシェアしてお悩み解決の糸口を探しましょう!  皆さんで、キラキラ輝く日本語教師になりましょう。 ******** 【好評につき追加開催決定】 日本語能力試験(JLPT)対策講座  〜N3からN2へ〜 「効果的なJLPT対策の教え方を考えよう」 【主催】「日本語教師のための実践勉強会」【日時】:4月28日(日) ★第1部:9:30- 12:00「効果的な文法対策の教え方とは?」 ★第2部:13:00- 15:30「効果的な読解対策の教え方とは?」 【会場】:千葉県千葉市中央区富士見1丁目13-9 千葉センタービル3階A号室  【参加費】:5000円  ペア割(2人以上):4,500円 ※お申し込み時にお知らせください。 […]
5月
11
全日 プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
プリンストン日本語教育フォーラム @ Princeton University
5月 11 – 5月 12 全日
インクルーシブなことばの教育をめざして:現代社会における多様性について考える インクルーシブ教育は、多様で異なる人々が共に学ぶことを通して、共生社会の実現に貢献しようという考え方であると言われています。そして、このインクルーシブ教育は多様で異質な人たちが、どうすれば互いに了解・承認しあえるのかというより大きな問題をも含んでいます。本フォーラムでは、このような視点で、ことばの教育と多様性(学習スタイル、「障害」をはじめ、社会を構成するさまざまな人々(性別、人種、社会経済的格差、性的指向、世代格差、テクノロジーに関するリテラシー、母語話者・非母語話者の区別など)の関係について考えていきたいと思います。また、それだけでなく、そもそも多様性があるとはどういう状態なのかという問い、例えば、障害者と健常者、多数者と少数者などの境界線はどこで引けるのか、また、日常的に本質的にハイブリッドであるはずのことば(と別のことば)や文化(と別の文化)の境界線はいつどこでだれが引くことができるのかなどといった問いについても見つめ直していきたいと思います。 基調講演は、尾辻恵美先生(シドニー工科大学)、マルチェッラ・マリオッティ先生、(ヴェネチアカフォスカリ大学:ヨーロッパ日本語教師会会長)、牧野成一先生(プリンストン大学)を予定しています。
5月
24
3:00 PM <2019年度大養協 春季大会シンポジ... @ 早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室
<2019年度大養協 春季大会シンポジ... @ 早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室
5月 24 @ 3:00 PM – 6:30 PM
本シンポジウムでは「改正入管法」に伴って日本社会において日本語教育がどのように変化し、これをどのように推進し実践していくべきかについて議論を深めます。 イベント詳細 2019年度 大養協春季大会シンポジウム 「改正入管法」と変化する日本語教育    周知の通り、2018年12月に外国人労働者の受け入れ拡大を目指す「出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律(所謂、「改正入管法」)」が成立し、公布されました。特に特定1号外国人に対して、日常生活上、職業生活上又は社会生活上の支援を実施することが求められ、日本語教育は重要な課題の一つとなりました。さらに、超党派からなる日本語教育推進議員連盟は、国の責務として日本語教育を推進する法の準備を進めており、ここでも外国人労働者を雇用する企業に対し日本語学習を支援するよう求めています。  まさに、新たな日本社会が到来し、日本語教育の存在力が問われているといってよいでしょう。しかし、その一方で、日本語教師の待遇・高齢化やその資質と能力のあり方、各学習者に見合った短期間で効果的に日本語教育を行う方法の見直し等、課題は山積しております。また、都市圏と地方の違いも無視できません。  以上の問題意識から、本シンポジウムでは、日本語教育を推進している国会議員、外国人技能実習生の受け入れ監理団体及びそれに対する日本語教育関係者、外国人支援の専門家をお招きし、「改正入管法」に伴って日本社会において日本語教育がどのように変化し、そしてどのようにこれを推進し実践していくべきかを皆様と一緒に議論を深めたいと思います。   日時:2019年5月24日(金) 15時~18時30分 会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 19号館 711教室 参加費:会員:1,000円、非会員:1,500円   <スケジュール> 14:30~15:00  受付開始 15:00〜           春季大会シンポジウム 司会:酒井順一郎(九州産業大学教授) 15:00~15:05  開会の挨拶 山本忠行(大養協代表理事 創価大学教授) 15:05~15:35 「『改正入管法』に伴う外国人労働者受け入れの課題と日本語教育」  山下ゆかり(NPO法人グローバルサポートセンター代表理事、行政書士) 15:35~16:05 「介護関連在留資格と日本語教育の強化」  宮崎里司(早稲田大学教授) 16:05~16:35 「外国人技能実習生の事業から見た「改正入管法」と日本語教育の問題点」  又賀良子(協同組合エヌケーユー代表理事 兼 東西商工協同組合企画部部長) 16:35~16:45  休憩 16:45~17:15 「日本語教育は外国人の受け皿の担い手になれるのかー『改正入管法』と日本語教育推進基本法案の視点からー」  田中宝紀(NPO法人青少年自立援助センター定住外国人支援事業部責任者) 17:15~17:45 「日本語教育推進基本法案と新たな日本語教育とは」  里見隆治(参議院議員、日本語教育推進議員連盟事務局次長) 17:45~18:25  パネルディスカッション・全体討論  パネラー:上述の報告者、在住外国人の方々(予定) 18:25~18:30 閉会の挨拶 鎌田美千子(大養協副代表理事 宇都宮大学准教授)
ページ上部へ戻る