地方創生は「世界一のパスポート」の活用から。

地方創生は「世界一のパスポート」の活用から。

メディア各社が「日本のパスポートのビザなし渡航先が190カ国地域になり初の単独世界一に」と報道した。世界で一番歓迎されているのが日本人だと言えなくもない。

日本人個人がインバウンドや多文化共生など国内での外国人対応に取り組む上で、その人に海外旅行という楽しい経験があれば大きな力になることは間違いない。では、その世界一の実力のあるパスポートを、日本人はどのくらいの割合で保有しているのだろうか。

外務省平成29年旅券統計によると、日本人のパスポート発行数は約2900万冊、人口比で言えば22.7%に過ぎない。さらに発給状況を総務省住民基本台帳に基づく人口(平成30年1月1日現在)をもとに都道府県別に分析してみると、単純計算で東京都・神奈川県だけが30%を超えている一方、20%を切る道県は33にも上った。東京・神奈川を除けば、パスポート保有率平均は20.2%となる。

 

都道府県別旅券保有率(平成29年12月末現在)

また短期の5年での発行数割合では、パスポート保有率が低い県ほど5年旅券の割合が高いという相関が見られた。

都道府県別パスポート保有率と5年旅券率相関(平成29年12月末現在)

これらの数値を見ると、7〜8割の日本人が海外に行く予定がないと言える。特に地方ではたまたま海外に行くことがあっても、そうなんども行くことはないと考えているようだ。

各地方空港で国際定期便が就航しており、多くのインバウンド客が地方を直接訪れている。観光庁がまとめている2018夏ダイヤ 国際定期便(3月25日~3月31日) の統計をもとに、成田・羽田・関空を除く地方空港の国際定期就航便と地元のパスポート保有率の散布図を作成してみた。

国際定期就航便(週)と地元パスポート保有率の相関(成田・羽田・関空除く)

これを見ると、海外観光客に人気の観光地である福岡・北海道・沖縄は日本人が海外旅行するのにも便利であるにもかかわらず、他地域とあまり変わらないパスポート保有率に止まっているようである。アジアへの立地および経済的にも恵まれている福岡県のパスポート保有率4分の1以下、というのはいかがなものだろうか。

以上の分析から感じられることは、日本の国際化の重要性がいかに声高に叫ばれようと、大半の日本人は自分ごととして考えていないということだ。そのような日本人が外国人客をもてなし、地域の労働者・生活者としての外国人と共生するのが現状だ。しかもいずれも英語を母語としない国の人がほとんどである。「英語」ということからスタートする日本の国際化議論は、日本人の関心度からみても、空回りしていると言わざるを得ないだろう。

筆者が提唱した「やさしい日本語ツーリズム」は、東アジアを中心とした日本語学習者の多い国地域からの来訪客に注目し、日本語学習者には「やさしい日本語」でおもてなしをしようという企画である。しかしこのアイデアは相手国地域の一方的な旅行意欲と日本語学習熱に甘えているとも言える。国際交流基金・電通調査によれば、18歳から64歳までの男女で、台湾では12.8%、韓国では16.3%もの人が「現在日本語を学習している」と回答している。「現在中国語・韓国語を学習している」と挙手する日本人は何%いることだろう。

台湾・香港・韓国における日本語学習者に関する調査

いずれにせよ、日本国内での共通語は今後も日本語であり、非母語話者に向けた「やさしい日本語」が求められていくことは間違いない。しかしパスポート普及率のデータを見る限り、まずは日本人が自ら異国の地に出向き、不便を体験し、かんたんな会話でも通じる喜びを体験することから始めるべきかもしれない。特にインバウンドの観点から見れば、相手国に行ったことがあるのとないのとでは、仲良くなるスピードも濃度も全く違ってくる。

クレジットカード保有が消費を誘発するように、パスポートを所有するだけでも海外旅行のニーズを喚起する。日本人、特に地方の高齢者にできるだけ長期のパスポートを所有させる施策が、結果的に国内の地方創生・多文化共生にも好影響を与えていくのではないか。

2019年1月7日以降には「出国税」が施行され、海外に出るだけで1回1000円国の税収が増える。パスポート発行は外務省だが、手続きは各都道府県に委託しており2000円分の手数料は各都道府県の収入となる。出国税の一部を各自治体に回し、手数料の一部還元などを含めたパスポート普及キャンペーンを実施するなどのアイデアが考えられる。

一方的な貿易収支が国際関係を悪化するように、インバウンドだけを強調することも本来いびつな政策である。近隣の国地域とはLCCも整備されて来ており、お互いが行き来する関係を作ることは今からでも可能である。仮に日本人全員にパスポートを無償で発行・配布し、「やさしい中国語」「やさしい韓国語」の勉強会がもっと盛んになれば、どれだけの経済効果と国際関係効果が発揮されるだろうか。こんな楽しいところから、多文化共生社会づくりの一歩が見えてくるかもしれない。まずは、アジアの玄関口を自認する我が故郷福岡県がパスポート普及を率先して実現してほしいところである。

※文中のパスポート・空港関係のデータ・グラフはここから参照可能

吉開 章

吉開 章(よしかい・あきら)

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

5月
26
10:00 AM なりたい日本語教師になるためのワ... @ T-space
なりたい日本語教師になるためのワ... @ T-space
5月 26 @ 10:00 AM – 12:00 PM
「質問」と「発問」の違いがわかりますか。  今や、日本語教師に必要なスキルは質問力や説明力ではありません。   発問力です!   「発問」とは何か。 発問とは、質問と違い「はい・いいえ」で答えられるものではなく、学習者の思考や活動を促し、「気づき」に導く問いかけのことです。 つまり、創造的思考を広げることができる問いかけです。   普段我々は、この違いを認識して授業をしているでしょうか。 学習者の反応や定着が悪いのは一体何が原因なのでしょうか。   文型導入するとき、どんな問いかけをしていますか? 会話イラスト、グループワーク、発表、モチベーションアップ・・・全ての活動に問いかけは必要です。   日本語教師は文法説明やイラストの準備にだけ時間をかけるのではなく 授業におけるファシリテートをもっと分析しなければ、学習者を育てる授業はできませんよね。   その分析すべき一つが、「発問」スキルです。 その「発問」にルールや法則があったとしたら?   あなたの授業は劇的に変化するのではないでしょか。 授業に活かせる「発問力」を身に付けるために一緒に学びましょう。   日本語教師AYAのワークショップは、知らず知らずのうちにテーマの世界に入っていき、リフレクションして、気が付いたらテーマを理解していたという流れになっています。 ワークとAYAの実践例を交えた解説でしっかりと脳の中に刻まれていくことと思います。   まずは日本語教師が学び、新しい思考を持つこと。思考は体感することでしか変わりません。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 【同日開催 日本語教師交流会JTサプリ】 5月26日(日) 12:30〜13:30 テーマ:入管法改正!やさしく「特定技能」を学ぼう   2019年4月、入管法が改正され日本語教育業界も大きく変わろうとしています。 日本語教師の皆さんはもちろんその変化を感じていることでしょう。  しかし 特定技能の1号2号って何が違うの? 移民とは違うの? 特定技能の14種類って? 特定技能試験ってどんな試験なんだろう。 留学生がビザ変更したいって言うんですけどできるんですか?  こんな疑問を持っている方も少なくないのではないでしょうか。   日本語に携わる全ての人の力になりたい我々インカレックス代表FURUMIと日本語教育コーディネーターAYAがやさしくお教えします。  情報交換することで、日本語教師としての新たな未来が見えてくるかもしれません。 そうです!日本語+1の日本語教師になるために一緒に学びましょう。   ◼参加費1000円  ◼会場 ワークショップ会場と同様   ※JTサプリとは JTとはもちろん Japanese Language Teacher!その日本語教師のサプリメントになるような元気な楽しい交流会です。職場、経験、年齢、歩んできた人生、何もかも違いますが、我々は日本語教育という一つのステージを共有している仲間です。現在の日本語学校の状況を考えると、教師の孤独化が進んでいるのではないかと感じます。学生が増え、それに伴い教師も増えているのが現状ですが、教師同士の交流が希薄になっています。教えることについてじっくり考える時間もなくなり、悩みがあっても相談できない。JTサプリはそんな仲間たちが集まって旬の情報を交換したり、様々なことを相談し合ったり、横のつながりを広げていける会なのです。我々インカレックスも日本語教師の皆さんにスキルアップや働き方のご提案、国内外のお仕事をご紹介させていただきます。JTサプリで日本語教師人生をさらに充実させましょう。  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  「第7回 なりたい日本語教師になるためのワークショップ」  【内容】 ▶︎ワークショップ:日本語教師よ!授業に活かせる発問力を磨け〜アクティブな授業に必要な発問スキル〜 ▶︎交流会:入管法改正!やさしく「特定技能」 を学ぼう   【日時】2019年5月26日(日) 《ワークショップ》   10:00 〜 12:00 (9:45~開場・受付開始) 《交流会 JTサプリ》 12:30 〜 13:30    【会場】  T-space 東京都台東区台東1−11−4 誠心0ビル F4   【注意事項】  ※お問い合わせ、お申し込みにはメールアドレスが必要になります。  ※ご連絡はメールで行いますので、お知らせいただいたメールアドレスに誤りがございますと、ご返事できませんので、ご確認の上お送りくださるようお願いいたします。 また、メール受信制限を設定されている方は下記のメールアドレスの受信制限解除をお願い致します。 s.taniguchi0106@gmail.com   【お申し込み方法】  ※こくちーずのお申し込みボタンよりお申し込みください。  ※お申し込み完了しますと、事務局よりお申し込み完了メールが届きます。  なお、万が一、申込み後事務局よりお申し込み完了メールが届かない場合は、 事務局お問い合わせまでご一報をお願い致します。 ※申し込みをされる際、コメント欄に ①所属先 ②教師歴 ③交流会 参加有無 をご記入ください。 ※ご紹介者がいる場合は、その方のお名前もご記入お願いします。   【お支払い方法】  *会費は当日会場でお支払いください。      【キャンセルポリシー】  ※キャンセルする場合は、必ず事前にご連絡下さい。  キャンセルは会場準備などの都合上、前々日の5月24日 24:00までにご連絡ください。  ※前日・当日キャンセルの場合は後日全額会費をご請求いたします。  ___________________________________ 【講師紹介】 ◇日本語教師・日本語教育コーディネーターAYA◇ 株式会社インカレックス 佐藤綾子 日本語教師・日本語教育コーディネーター 外国人向けビジネスマナー講師 ・1999年からヒューマンアカデミー日本語学校東京校に勤務。非常勤講師を経て専任講師に。3年後再び非常勤講師に戻り、独自の日本語教師の道をさぐり始める。 ・留学生クラス・ビジネス日本語・研修生・帰国子女大手企業向け日本語研修も数多くこなし、初級からビジネス日本語クラスに到るまで様々な指導方法に精通。日本語教師向けに指導提案や勉強会なども行う。 ・2013年日本教育振興協会教育研究大会において「非漢字圏学習者のための漢字ストーリーを使った漢字学習の実践報告~漢字の認識ストラテジーに着目して~」を研究発表する。 ・2016年には日本語教育学会実践研究フォーラムにおいて対話型セッションの発題者として学習者が主体の授業「教えない授業」を研究発表する。 ・2017年日本語学校を退職後、短期間での JLPT 取得を目指し、また現地でのコミュニケーション能力育成にも着目した「脳を鍛えて日本語を習得する」新しい教材開発に着手。 […]
6月
1
全日 日本第二言語習得学会・第19回年次... @ 中央大学多摩キャンパス(3号館)
日本第二言語習得学会・第19回年次... @ 中央大学多摩キャンパス(3号館)
6月 1 – 6月 2 全日
日本第二言語習得学会・第19回年次大会 (J-SLA 2019) ◆日時:2019年 6月1日(土)・6月2日(日) 【大会プログラムはこちら】 【ポスター発表の方へ ポスター発表要項】 ◆場所:中央大学多摩キャンパス(3号館) ◆交通アクセス: http://www.chuo-u.ac.jp/access/ ◆基調講演:Dr. Bill VanPatten Independent Scholar/Input and More LLC formerly with Michigan State University ◆大会参加費(会員) 一般2,000円、学生1,000円(ただし、クレジット・郵貯での支払い) 一般3,000円、学生2,000円(会場支払いの場合) ◆大会参加費(非会員) 一般8,000円、学生5,000円(会場での現金支払いのみ) *2019年度から年会費とは別に、大会参加費が必要です(2018年度第2回総会にて決定)。 *大会参加登録はこちらから。 ◆発表応募送付先:  jsla2019abstracts@gmail.com *発表募集は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。 <問い合わせ先> J-SLA事務局 若林 茂則 j-sla2019@j-sla.org
ページ上部へ戻る