日本語教育推進議員連盟が12月3日に総会 日本語教育推進法案を策定へ、臨時国会への提出は困難か

日本語教育推進議員連盟が12月3日に総会 日本語教育推進法案を策定へ、臨時国会への提出は困難か

超党派の日本語教育推進議員連盟(河村建夫会長)は12月3日、第11回総会を開き、2年間にわたり議論を重ねてきた日本語教育推進法案を最終決定する。日本語教育を「国の責務」と明確に位置付けたほか、政府に「日本語教育基本方針」の策定を義務付けるなど、日本語教育を進めるうえで重要な根拠法令となる見通しだ。また外国人労働者受け入れ拡大に向けても日本語教育の重要性が指摘されている。しかし、今国会では外国人労働者受け入れの入管法改正案をめぐり与野党が激しい攻防を展開しており、超党派の議連による法案とはいえ今国会の提出は困難との見方が強い。

日本語議連は2016年11月に第1回の総会を開いた。以後、様々な分野の日本語教育の団体や専門家からヒアリングを行い、今年5月の第10回総会で日本語教育推進基本法(仮称)の政策要綱(原案)を提示し、了承された。その後、中川正春会長代行、馳浩事務局長ら立法チームのメンバーが内容を精査。衆院法制局の専門家などを交え原案を条文化し、名称から「基本」の文字を削除するなど修正を加えて原案としての体裁を整えた。ただし、総会で出席議員から意見を聴きいたうえで詰める点もなおあり、第11回総会で議連としての総意を取り付けて法案を公表する見通しだ。

政策要綱やこれまでの議論によると、「国の責務」については、国内が文部科学省、海外の日本語教育は外務省が所管すると想定。また地方公共団体、外国人を雇用する事業主の責務も規定し、それぞれの責任体制を明確にすることで、日本語教育の施策の有機的に推進したいとしている。

注目されるのが、「日本語教育基本方針」。基本的な方向や推進する日本語教育の内容などを文部科学省と外務省が日本方針としてまとめ閣議で決定するとしている。日本語教育の基本方針が政府の施策として位置づけられることで方向が明らかにされる意味は大きい。

「基本的施策」では、内外の日本語教育の対象を具体的に示した。この中では、外国人の児童、生徒をはじめ、外国人留学生、外国人就労者、難民、地域の日本語教室、海外の外国人や在留邦人の子供らに対する施策などを挙げている。

さらに「日本語教育の水準の維持向上」の中で、「標準的な水準の明確化」、日本語教師の研修機会の確保の促進、資格に関する仕組みの整備などうたっている。日本語教師の資格については、柴山昌彦文科相が「スキルを証明するため新たな資格の整備を進めている」の述べており、来年度には具体的な資格の在り方が示される見通しだ。

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部

にほんごぷらっと編集部にほんごぷらっと編集部

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の編集部チームが更新しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
26
全日 日本を救う「やさしい日本語」 – ... @ 龍谷大学 深草キャンパス 紫光館
日本を救う「やさしい日本語」 – ... @ 龍谷大学 深草キャンパス 紫光館
1月 26 – 2月 23 全日
講座概要  「やさしい日本語」とは、普通の日本語情報に、「人為的な加工」を施して、多くの人にとって理解しやすい情報にする取り組みです。外国人、高齢者、身体障害者といった情報弱者に必要な情報を提供し、また彼らの伝えたい情報をくみとることができるようになります。  大規模災害の際の情報提供はもちろん、平時における自分たちコミュニケーションスタイルの見直し、外国籍住民との交流や、インバウンド観光客へのアプローチなど、様々な面での応用が、大規模なコストをかけることなく実現できる可能性を秘めています。  「やさしい日本語」は「苦行」ではなく、「易行」です。「やさしい日本語」はやさしい日本人の心の中にあります。  この講座で「やさしい日本語」を是非ご体験ください。 講座回数 5 回 日 程2019-01-26(土) ~ 2019-02-23(土) 15:00 ~ 16:30 (1) 1月26日(土) 「やさしい日本語」の歴史と多文化共生社会 担当:三原 龍志 (2) 2月2日(土) 「やさしい日本語」と防災 担当:近藤 正憲 (3) 2月9日(土) 「やさしい日本語」と行政サービス 担当:近藤 正憲 (4) 2月16日(土) 「やさしい日本語」と観光 担当:近藤 正憲 (5) 2月23日(土) 「やさしい日本語」と私 担当:近藤 正憲
2月
23
10:00 AM 文部科学省委託「外国人児童生徒等... @ TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C
文部科学省委託「外国人児童生徒等... @ TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C
2月 23 @ 10:00 AM – 5:00 PM
文部科学省委託「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」シンポジウム2018 日時:2019年2月23日(土)10:00-17:00 会場:TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール8C(JR品川駅高輪口徒歩1分) 定員:先着150名 ※参加費無料・要事前予約 詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.nkg.or.jp/…/…/uploads/2018/12/20190223momopro.pdf なお,本シンポジウムにてご報告いただく「モデルプログラムを活用した授業・研修事例」の報告者も募集しております。 http://www.nkg.or.jp/…/…/uploads/2018/11/20181009momopro.pdf
2:00 PM 「外国語習得を探検する~究極の言... @ 聖心女子大学4号館ブリット記念ホール
「外国語習得を探検する~究極の言... @ 聖心女子大学4号館ブリット記念ホール
2月 23 @ 2:00 PM – 4:00 PM
【学会連携】言語系学会連合主催イベント(参加費無料・要事前申込) 高野秀行氏(辺境ノンフィクション作家)特別講演会 「外国語習得を探検する~究極の言語学習者が語る言葉の世界~」 日時:2019年2月23日 (土)14:00-16:00 会場:聖心女子大学4号館ブリット記念ホール 参加費無料・要事前申込(定員先着300名) 詳しくはこちら http://www.nacos.com/gengoren/pdf/2018/UALS_poster.pdf
2月
24
全日 第47回 アカデミック・ジャパニー... @ 東京海洋大学
第47回 アカデミック・ジャパニー... @ 東京海洋大学
2月 24 全日
第47回 アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会 開催と発表者募集のお知らせ @ 東京海洋大学 | 港区 | 東京都 | 日本
第47回AJG研究会は2019年2月24日(日) 次回の第47回AJG研究会は2019年2月24日(日)10:00〜17:00(予定)に東京海洋大学品川キャンパスで行います。午前中は会員発表、午後は日向野幹也をお招きし「権限なきリーダーシップ」というテーマで講演とワークショップを行います。詳細は「研究会のご案内」をご覧ください。 参考ファイル:ダウンロード
ページ上部へ戻る