高度な外国人材の育成を その基礎となるのが日本語教育だ

高度な外国人材の育成を その基礎となるのが日本語教育だ

かつて巨大な軍事力を持つ大国が、アジアの小国ベトナムに襲いかかった。ベトナム戦争は当時、新聞だけでなくTVでも映像化され、高校生だった私に大きな影響を与えた。大学闘争の盛んだった1960年代の後半、B.ディランやR.ストーンズに影響を受けながら「戦争と殺戮」というものに立ち向かう自分がそこにあった。何十万人もいたそんな団塊の世代の私がいま、月の半分はベトナムで暮らしている。すでにハノイをコアに約25年間ベトナムで仕事してきた。去年夏70歳になった。人生の後半戦はベトナムをリングにして闘ってきたと言える。

ここ10年余り、私が代表の「VCIアカデミー」はベトナムの優秀な若者に日本語や日本社会の構造、日本のビジネスマインドなどを教え、「日本に行ってサムライになれ!」と送り出している。日本の中小企業で頑張っている「高度人材」は380人を超えた。

日本政府は昨年暮れの臨時国会で強引に入管法を改正し、この4月から「特定技能」という新たな在留資格で外国人労働者を受け入れようとしている。日本の労働力不足、人材不足は私自身も実感している。しかし、政府の今回のやり方には違和感を覚えざるを得ない。その想いを含め「ハノイ発」で考えを発信したい。

ベトナムから日本に働きに行く方法は、大きく言って二通りある。技能実習生と「技術・人文知識国際業務」など在留資格を取得する、いわゆる高度人材だ。実習生の制度は、ベトナムの送り出し会社(よくある名称は、**人材輸出会社)が、100万円前後の高額な手数料を実習生の家族から搾取している点が批判を浴びている。

どう考えてもそれは、正常なビジネスには見えないので、当アカデミーでは、高度人材(大卒、大学院卒者)のみを扱ってきた。7年前からは農業技術者(大卒)もこのカテゴリーで、対応してきた。私たちは「教育は本来非効率なもの」と割り切り、「人材」を「人財」にすべく丁寧な育成を継続してきた。

「特定技能」など新しい制度(まだよく公表されていない)は、不足する労働力をその場しのぎで対応しているようにしか見えない。AIロボットや、多様な分野での自動化との連動施作もない。さらに、きてくれる外国人に対する人権的な配慮などほとんど感じられない。彼らの向上心や夢などお構いなし。そのための育成策もほとんど見えてこない。特に大切な日本語教育をどうするのか。

当アカデミーに入校するのは、ハノイ工科大、ハノイ貿易大、ハノイ交通運輸大などの一流大学を卒業し、日本社会で活躍すると決意した若者たちばかりだ。日本語能力試験でN4かN3のレベル。成績優秀者だけに入学を認め、オリジナルの教育プログラムやノウハウで人材を育ててきた。、日本の中小企業に正社員として送り出している。努力した若者は大抵日本人と同様にエンジニアや管理職になり第一線で活躍している。

庭付き一戸建ての家やマンション購入したものも少なくない。

学生たちに重要項目として何度も教えてきたことがある。エンジニアを目指すなら、レベルを上げ、就職先の企業でトップエンジニアになること。そのためには「技術雑誌」を読みこなし、テレビの「科学ドキュメント」を理解し、高位の技術系資格を取ることも強く推奨している。日本には一級建築士、技術士、ネットワークスペシャリスト、電気主任、板金技能など、多様な資格(免許)が数百はある。卒業生で一級建築士などを取った者もいる。今後文系が増えれば、通訳案内士、税理士なども出るだろう。10数年後、日本語と日本の情報、技術を持ち帰って母国で活躍して欲しいということだ。

また、仕送りでなく、「日本でお金を使え」ともいっている。「富士山に登れ」「京都、奈良にいけ」「北海道の美しさ見て」「大きな神社・お寺に行って」「秋葉原に通え」「大学キャンパス、小中高の授業も見ればいいと」「SNSはせずテレビを見ろ」「大きな書店を散策してみよ」……。VCIアカデミーの出身者で、日本で結婚し生まれた「VCIファミリー」の子供も30人ぐらいになった。そうした先輩を訪ねることも勧めている。

日本で成功するには、日本語をしゃべるだけでなく、日本語をより深く理解することが必要だ。言葉は「社会や文化、個々人の心と体の総合体」だ。言葉は、道具や生活技術では決してない。社会と多様な文化の泉から湧き出てきたものと言って良い。

その日本語によって、アニメや漫画、ゲーム、映画、文学、コスプレなどの情報が海外に発信されている。そうした日本語や日本文化が日本ファンを増やしている。年間3000万人に達した外国人観光客も日本語ファンの予備軍ではないか。

ハノイのテレビでは約70チャンネルが見られる。ディズニー含むアメリカ系2つ、韓国、中国、旧宗主国のフランスも2チャンネルある。全部、自国語とベトナム語で多くが24時間放送し、各国の文化・トレンドを垂れ流している。しかし、我が日本は、NHKが1チャンネル、それも半日の間に同じコンテンツを英語と日本語で、何回も放映している。民放も一部で始まったが、量質ともに他の国に大きく後れを取っている。ただちに日本語とベトナム語で、「アニメちゃんねる」と「ニュース・ドラマ・ドキュメントのチャンネル」を開始すべきではないか。世界第3位の経済大国だと威張っていながら、どうしてその程度のコスト負担ができないのか。長年現場にいる人間として焦燥感を抑えることができない。 

いまさら指摘するまでもなく、日本は究極の人口減少時代を迎える。1億2700万人が50年後には9000万人弱にまで激減すると予測されている。人口減少を補うには、より優秀で日本が大好きな外国人を受け入れる必要がある。そのミッションを先駆的にはたしているのが、VCIアカデミーだ。そんな自負を持って人材育成に取り組んでいるが、基本となるのが日本語だ。日本語をしゃべり、理解する外国人を増やすこと。言葉を代えれば、「日本語人口」の拡大だ。それは。人口減少時代の日本が優先的に取り組むべき国策ではないか。中国の孔子学院展開に学び、日本語の世界展開が望まれる。

つまり、きちんと認識してほしい、「国力は日本語」なのである。日本語が国力の実はコアなのだ。わかりやすく、美しく、そして日本文化総体のエッセンスである日本語を世界の若者に伝えよう。

ここに国力や人口減問題の要がある。

阿部正行

阿部 正行

投稿者プロフィール

1948年(昭和23年)8月 仙台市生まれ。早稲田大学第一法学部中退。大学時代から、東映でテレビドラマ制作に携わる。リクルート、ダイヤモンド・ビック社などを経て1993年2月にマーケティングの仕事でベトナムへ。2004年10月にNPO法人 VCI人材戦略研究所を設立、代表理事に就任。
2005年にハノイVCIアカデミー設立。ハノイ工科大卒の約150人を含む優秀なベトナムの若者約370人(2019年1月現在)を日本の中小企業に正社員として送り出してきた。2017年3月 ハノイに農業マッチング会社VAIO設立。2018年11月CAN THO市に農業技術者育成学校(VCIの分校)を設立。ベトナムでは、元国家主席など多数の人脈を持つ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
5
終日 オンライン授業のための日本語教師... @ オンライン(Zoom)
オンライン授業のための日本語教師... @ オンライン(Zoom)
1月 5 – 4月 5 終日
リンゲージではICTを活用した日本語学校の運営を強みとし、2021年6月に「オンライン授業のための日本語教師育成コース」を開講しました。 ご好評をいただき、この度第三期(2022年1月~3月)の開講が決まりました。 第三期はすべての科目が平日の午前(10:00-11:00)開講です。 日本語教師養成講座終了した方や日本語教育能力検定試験に合格している方を対象に、オンラインに特化した講師として活動することを目指す内容になっています。 知識習得→見学→演習→実習とステップアップしていきますので、PC操作が苦手な方でも安心してご参加いただけます。 また、動画視聴や課題提出などのために「talent」というLMS(ラーニングマネジメントシステム)を使用します。 いつでもどこでも受講生同士でディスカッションもでき、「協働学習」を経験できることも、当講座の大きな特徴です。 さらに、オンライン授業では欠かせない声のトレーニングが含まれるのも本コースの魅力です。 元NHKエグゼクティブアナウンサーの近藤冨士雄さんによるプロのボイストレーニングを受けることができます。 具体的な科目の内容やスケジュール、料金・申し込み方法は、以下のHPをご覧ください。 https://sites.google.com/view/linguage-online/ みなさんのご受講をお待ちしています。
1月
23
8:00 PM 第3期『入門・やさしい日本語』認... @ オンラインセミナー(Zoom)
第3期『入門・やさしい日本語』認... @ オンラインセミナー(Zoom)
1月 23 @ 8:00 PM – 2月 27 @ 10:00 PM
第3期『入門・やさしい日本語』認定講師養成講座募集概要 119人の認定講師が誕生した『入門・やさしい日本語』認定講師養成講座の第3期を2022年1月に開講します。 ●主催者など 主催:にほんごぷらっと 共催:ことばとまなびインターナショナル株式会社 協力:株式会社アスク出版 後援:株式会社BRICK’s 企画・運営:吉開章(『入門・やさしい日本語』著者) ●日程 2022年1月23日(日)~2月27日(日)の毎日曜・木曜20:00-22:00、合計11コマ すべての回で事後ビデオ視聴可能 ※開講前に企画責任者の吉開氏との個人懇談(1時間)を行います。 ※2022年1月16日(日)20:00-21:00にプレ懇談会を開催し、Zoom操作やブレイクアウトルームに慣れていただきます(任意参加) ●参加資格 「やさしい日本語を必要とする人を支える・支えたいと思っているすべての人」とします。日本語教育関係に限定しません。 『入門・やさしい日本語』(アスク出版)は必読書とし、講座でも使用します。事前にご購入の上熟読しておいてください。 特にろう・聴覚障害者支援との連携を視野に、手話ができる聞こえる人を歓迎し、特別料金を設定します。これらの方は『ろうと手話 やさしい日本語がひらく未来』(筑摩選書)も事前にお読みください。 ●参加条件 ・今回は聞こえる人および日本語を母語とする人を対象とした集中講座としていますのでご了承ください。 ・Zoomを使える環境をご用意ください。 ・お支払いはクレジットカードまたは銀行振り込みです。振込手数料はご負担ください。海外からのお支払はクレジットカードのみです。 ・Facebookグループを活用しますので、Facebookアカウントをご用意ください。 ・『入門・やさしい日本語』(アスク出版)は必ず事前にご購入の上熟読しておいてください(講座でも使用します)。 ●定員 66名 できるだけ多くの県から受け入れるために、一部の都府県などからの受付を制限することがあります。  ●主な内容(予定) 各項目をクリックすると過去の修了生の感想が見られます。 ・吉開章講演『入門・やさしい日本語』 ・吉開章特別講演「やさ日関係者のための、ろう・聴覚障害基礎知識」 ・「アンちゃんから見た日本」アン・クレシーニ北九州市立大学准教授 ・「立場を入れ替える」井上くみ子、多文化子育ての会Coconico代表) ・「言葉をうたがう」近藤正憲、合同会社オーイン代表社員 ・「フリーランスとして活躍するコツ」船見和秀、ヒューマンアカデミーやさしい日本語指導者養成講座講師 ・「「伝えるウェブ」活用法」野田純生アルファサード代表取締役社長 ・1・2期生活動紹介 ・その他外部からのゲスト講師 すべての回でグループディスカッションを実施します。 修了者のアンケートはこちら ●認定基準 8割の出席またはビデオ事後視聴により修了を認定します。 ●修了時に提供されるもの ・認定証書 ・名刺などに入れられる認定講師ロゴ ・『入門・やさしい日本語』公式ハンドアウト(パワーポイント形式) ・吉開氏が講演で使用しているパワーポイントファイル ●講座のポイント ・やさしい日本語の言い換えの技術を学ぶのではなく、やさしい日本語の社会啓発に関わるものとしての心構えを学び、実際にどのように活動するかのヒントを得るための講座です。 ・全国各地に活躍できる人材をネットワークするため、すべてオンライン(Zoom)を使った講座とし、受講者同士交流しながら力をつけ、人脈を作っていきます。 ・毎回違う人とグループワークの班を組むシステムを導入し、講座終了までに全員と知り合えるようにします。 ・自治体や組織など地域に根差したやさしい日本語のアドバイスや書き換え業務を受けられるよう、AIやさしい日本語翻訳システム「伝えるウェブ」(アルファサード社)のやさしい日本語化支援ツールライセンスを提供し、その使い方をまなびます。 ・全体を通したテーマは「寛容になるためのヒント」です。言い換えのテクニックは盛り込まれません。寛容な社会づくりのためのやさしい日本語の意義について深く理解をし、どのようにそれを研修で一般の方に伝えられるかに重点をおきます。 ●受講料金 受講料金は79,750円とします。 ただし以下の割引・特別金額があります。割引の重複措置はありません。 (1)応募締め切りまで特別料金 青森県、岩手県、山形県、島根県、鳥取県、山口県、長崎県、鹿児島県在住者 ⇒1割引71,775円 全国手話検定2級以上、手話技能検定2級以上(ただし聴者に限ります) 登録手話通訳者、手話通訳士 ⇒特別料金55,000円  (2)2021年12月31日入金完了まで、どなたでも特別料金 全都道府県(海外含む)⇒1割引71,775円 ●その他 ・海外からの応募の場合、入力する都道府県は「東京都」を選んでください。 ・事務局からのメールが迷惑フォルダに入る現象が確認されています。連絡が取れない場合ショートメッセージをお送りしますので、連絡先の電話は必ず携帯電話でお願いします ・応募者数が少なかった場合は開催せず、申込者には2022年1月末までに手数料当方持ちで返金します。 ●参加費用のお支払方法など お申し込み完了後、事務局よりお支払ご案内(クレジットカード決済案内・お振込口座案内)をメールにてお知らせいたします。
2月
3
7:00 PM 「デジタル時代の日本語教育に必須... @ オンライン(Zoom)
「デジタル時代の日本語教育に必須... @ オンライン(Zoom)
2月 3 @ 7:00 PM – 8:30 PM
「デジタル時代の日本語教育に必須~明日から使える発音指導のコツ~」 @ オンライン(Zoom)
【イベント概要】 こんな日本語学習者のお困りに直面したことはありませんか? ①学習者が書いた原稿を見ると、とてもよくできているにも関わらず、その内容を話しても相手に上手く伝わらず、何度も聞き返される(それにより話すことに自信が無くしてしまう) ②筆記では高く評価されるのに、面接だと日本語力の評価が低く落ちてしまう ③オンラインでコミュニケーションを取る機会が増えてきているが、ジェスチャーなどを使ってコミュニケーションを取ることが対面よりも難しく、さらに上手く伝わらないこういった学習者の問題を解決するために、教師に求められる発音指導について、本セミナーでは解説や実践トレーニングを行っていきます。発音指導のコツをつかみ、明日の授業・レッスンから活かす事が出来る、貴重な講座となっています。 【こんな人におススメ】 ・効果的な発音指導について悩んでいる ・毎日発音の指導をしているのに、学習者の改善が見られない ・発音が上手くなって、学習者に自信を持ってほしい 【日 時】2022年2月3日(木)19:00-20:30 【定 員】100名 【講 師】河須崎 英之先生(博士 文学) ・東京大学文学部言語学科卒業 ・東京大学大学院にて言語学専攻(専門分野:音韻論) ・中国黒竜江省にて中国朝鮮族の言語を調査 ・複数の大学にて言語学概説などを担当 ・教育報告「外国語カリキュラムの新機軸について:英独仏から世界の言語と文化へ」(日本医科大学基礎科学紀要49号・高濱愛、﨑村耕二と共著)https://www.nms.ac.jp/var/rev0/0033/8818/49thebulletin_p3.pdf 【参加費】3,300円(税込) 【会 場】オンライン(Zoom) 【主 催】TCJ日本語総合研究所 【メーリングリスト登録】https://forms.gle/M22kCUNspT8HtSxC6 TCJ日本語総合研究所では、定期的にイベントを開催して参ります。メーリングリストにご登録いただいている方に、いち早くイベントの情報をご案内いたします。ご希望の方は、ご登録をお願いいたします。 【TCJ ホームページ】https://tcj-education.com/ja/

注目の記事

  1. 衆院選、日本語議連の候補者は中川会長ら33人が議席守る 衆院選は10月31日に投開票が行われた。与…
  2. 日本語教師の国家資格創設の報告書を了承 山積する課題をどう解決? 第9回日本語教師の資格に関する…
  3. 外国人の入国停止は年越しへ、オミクロン株の水際対策で 読売新聞が報道 読売新聞は12月18日の…

Facebook

ページ上部へ戻る