法務省「やさしい日本語有識者会議」に期待すること

吉開 章
やさしい日本語ツーリズム研究会代表
電通ダイバーシティ・ラボ やさしい日本語プロデューサ

2020年2月14日、法務省が「在留支援のためのやさしい日本語ガイドライン」に関する有識者会議立ち上げを発表した。

この会議では、国や地方公共団体が外国人向けの広報文書等をやさしい日本語で作成するための「在留支援のためのやさしい日本語ガイドライン」の内容が議論されるとしている。日本語教育や多文化共生の学識者や実践者、地方自治体関係者が参加しての議論となる。国政レベルでのガイドラインの策定は初めてのことであり、文化庁と連携した法務省の動きに期待を寄せたい。

この会議が始まるにあたり、4年以上にわたりやさしい日本語の社会啓発活動を行い、数々の自治体で講演やワークショップを実施した経験から、議論のポイントを提案したい。

ポイント① 元の情報整理・調整に関する制度的・社会的合意が不可欠

公文書のやさしい日本語の書き換えは横浜市をはじめとした自治体がすでに独自に取り組んでいるが、最近やさしい日本語に取り組みを始めた自治体の方々の意見の多くは、

・行政文書の情報量を減らさずにやさしい日本語にするのは難しい

・情報を書き換えたり減らしたりする権限や法的根拠もないので、責任がとれない。

というものである。

やさしい日本語は多言語対応における1言語という位置づけであり、日本語から翻訳された別な日本語と言ってよい。外国語への翻訳では翻訳会社は職業倫理上元の情報に勝手に足したり引いたり変更を加えたりしない。しかし、やさしい日本語への翻訳は元の情報に手を加えるという点で大きな違いがある。

何より先に、やさしい日本語で伝えるために情報の整理・調整をすることに、制度的な根拠を与えることが不可欠である。同時に、敬語を減らした表現などには反発を持つ市民も少なくない。やさしい日本語という手法を周知し、社会的合意を形成することも重要である。

やさしい日本語のための情報整理・調整にこのような制度的・社会的合意が成立すれば、そこで作られたやさしい文章は、外国語への翻訳にも使うことが可能であり、丸投げの時より安価で迅速な納品が期待できるだろう。やさしい日本語の制度的推進は、多言語対応における総合的なコスト削減にも貢献する。

ポイント② スマホ閲覧を前提とした編集とし、AI翻訳の活用も視野に。

紙媒体を外国語に多言語化する際、1つのパンフレットなどに複数言語を盛り込むにも限界があり、言語ごとにパンフレットを製作してもコストがかかる。そもそも相手の言語別に郵送するといった対応は現実的でない。結果的には庁舎に取りに来ることを前提とした配布方式となり、必要とする人に幅広く周知させることは無理だといえよう。

多文化共生社会において多言語化すべきは、本来すべての情報である。紙のパンフレットになっているものだけではない。多言語対応に関する「敷居」と「コスト」をできるだけ下げることで、対応する情報を増やしていく必要がある。

「敷居」は前述の「情報整理・調整に関する制度的・社会的合意」で下げることができ、翻訳の「コスト」も安くなる。さらに外国人にも普及しているスマートフォン画面での閲覧を前提に構成を定めていけば、さらなるコスト削減につながるだけでなく、より幅広い人への周知も可能になるだろう。

このようなときのやさしい日本語を考える上で、以下の2点がポイントとなるであろう。

1.AI翻訳をつかって高い翻訳精度が期待できるやさしい日本語のあり方の研究・開発

日本語学習者向けのやさしい日本語と、AI翻訳向けのやさしい日本語の共通点・相違点などを見出し、これまでの研究資産に加えどのような視点を加えればAI翻訳にも使えるのか検討していくことが期待される。

2.スマホを通じてやさしい日本語にアクセスする時のあり方の研究・開発

これまでのやさしい日本語はルビを振る・分かち書きをするなどが推奨されてきたが、スマホでの閲覧では、辞書機能との連動や読み上げソフト利用など、これまでと違うアクセシビリティも想定しておく必要があろう。

政府レベルが初めてやさしい日本語に取り組むということで、関係者の期待は高い。やさしい日本語へ言い換え対応表を作るだけでなく、本来のゴールである多言語対応推進にも直結し、現場の取り組みを後押しする政策議論を期待したい。

吉開 章(よしかい・あきら)

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

7月
6
7:00 PM 子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
7月 6 @ 7:00 PM – 7月 7 @ 8:00 AM
子どもの日本語教育研究会2020 オンライン情報交換会「元気かい?」第2~6回 新型コロナウイルスの感染状況は終息の見通しの立たない状況にあり、長期的な対応が求められると考えられます。こうした状況の中で、各地で多様な言語文化背景を持つ子どもたちを支援する方々は、子どもたちや保護者の状況、支援について憂慮されていることと思います。そこで本研究会では、多様な言語文化背景をもつ子どもたちが健康に学ぶことを支援するために、何かしらの活動をしたいと考え、支援・教育にあたる皆様方が情報・アディアを交換し、相互に交流する場をオンラインで設けることにいたしました。オンライン情報交換会「元気かい?」です。 第一回(5月13日)の情報交換会には、全国から、そしてニュージーランドやシンガポールからもご参加いただき、大変好評でした。そこで、7月末まで継続的に開催することにいたしました。お時間のある方は、是非ご参加ください。 ★同じ方が何度も繰り返して参加されますと、他の希望者が参加できなくなる場合がございます。ご配慮をお願い申し上げます。  1 実施日時 終了しました! 第2回  2020年5月29日(金)19:00~20:00 終了しました! 第3回  2020年6月13日(土)19:00~20:00 修了しました! 第4回  2020年6月23日(火)19:00~20:00 第5回  2020年7月6日(月)19:00~20:00 第6回  2020年7月23日(木)11:00~12:00 2 テーマ ・子どもと保護者の状況と支援・取り組みについて ・StayHome後の学校生活スタートアップ支援ー連携の新しいスタイルを探ろう! ・わくわく「オンラインコンテンツ」   等 各回のテーマ・コーディネータ等については、子どもの日本語教育研究会のwebサイトに随時記載いたしますので、必ずご確認ください。 webサイト:https://www.kodomo-no-nihongo.com/kodomo/archives/category/other 3 実施方法 Web会議システムを利用 4 参加資格 (定員:20名) ・子どもの日本語教育に関する活動を行っている方。 ・Web会議システムに参加できる環境をおもちの方。 ・本会のオンライン会議参加時の倫理・マナーに同意いただける方 <子どもの日本語教育研究会 オンライン情報交換会参加のマナー> ①お名前・ご所属を明示し、ビデオをON(顔出し)での参加となります。 ②個人に対する誹謗・中傷、差別に当たる発言は控えていただきます。 ③プライバシーの保護を心がけ、固有名・地名等については匿名とします。 (職業上知り得た個人の情報については、守秘義務があります。) ④他者の著作物・作品等は出典を明示し・許可を得て紹介してください。 ⑤情報交換会で得られた情報は、提供者の許可を得て利用してください。 ※簡潔な発言を心がけて、全員で場を作れるよう、ご協力をお願いします。 5 参加方法 こくちーずpro でお申込みください(各回先着20名) 回毎のチケットを準備いたします。参加したい回のチケットをご購入ください。(無料です)。 申し込み期間:2020年5月17日(日)~ 7月22日(水) ただし、各回に締め切りがありますので、チケット欄でご確認ください。 申し込み時のアンケートは、グループ分けなどの参考にいたします。この活動以外では利用しませんので、ご協力ください。 ★お申し込みくださった方に、e-mailでWeb会議システムへの参加のご案内をお送りします。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 連絡先 子どもの日本語教育研究会「元気かい?」 (今澤・齋藤・村澤) genkikai.konichiken@gmail.com
7月
23
11:00 AM 子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
子どもの日本語教育研究会 オンラ... @ zoom会議
7月 23 @ 11:00 AM – 12:00 PM
子どもの日本語教育研究会2020 オンライン情報交換会「元気かい?」第2~6回 新型コロナウイルスの感染状況は終息の見通しの立たない状況にあり、長期的な対応が求められると考えられます。こうした状況の中で、各地で多様な言語文化背景を持つ子どもたちを支援する方々は、子どもたちや保護者の状況、支援について憂慮されていることと思います。そこで本研究会では、多様な言語文化背景をもつ子どもたちが健康に学ぶことを支援するために、何かしらの活動をしたいと考え、支援・教育にあたる皆様方が情報・アディアを交換し、相互に交流する場をオンラインで設けることにいたしました。オンライン情報交換会「元気かい?」です。 第一回(5月13日)の情報交換会には、全国から、そしてニュージーランドやシンガポールからもご参加いただき、大変好評でした。そこで、7月末まで継続的に開催することにいたしました。お時間のある方は、是非ご参加ください。 ★同じ方が何度も繰り返して参加されますと、他の希望者が参加できなくなる場合がございます。ご配慮をお願い申し上げます。  1 実施日時 終了しました! 第2回  2020年5月29日(金)19:00~20:00 終了しました! 第3回  2020年6月13日(土)19:00~20:00 修了しました! 第4回  2020年6月23日(火)19:00~20:00 第5回  2020年7月6日(月)19:00~20:00 第6回  2020年7月23日(木)11:00~12:00 2 テーマ ・子どもと保護者の状況と支援・取り組みについて ・StayHome後の学校生活スタートアップ支援ー連携の新しいスタイルを探ろう! ・わくわく「オンラインコンテンツ」   等 各回のテーマ・コーディネータ等については、子どもの日本語教育研究会のwebサイトに随時記載いたしますので、必ずご確認ください。 webサイト:https://www.kodomo-no-nihongo.com/kodomo/archives/category/other 3 実施方法 Web会議システムを利用 4 参加資格 (定員:20名) ・子どもの日本語教育に関する活動を行っている方。 ・Web会議システムに参加できる環境をおもちの方。 ・本会のオンライン会議参加時の倫理・マナーに同意いただける方 <子どもの日本語教育研究会 オンライン情報交換会参加のマナー> ①お名前・ご所属を明示し、ビデオをON(顔出し)での参加となります。 ②個人に対する誹謗・中傷、差別に当たる発言は控えていただきます。 ③プライバシーの保護を心がけ、固有名・地名等については匿名とします。 (職業上知り得た個人の情報については、守秘義務があります。) ④他者の著作物・作品等は出典を明示し・許可を得て紹介してください。 ⑤情報交換会で得られた情報は、提供者の許可を得て利用してください。 ※簡潔な発言を心がけて、全員で場を作れるよう、ご協力をお願いします。 5 参加方法 こくちーずpro でお申込みください(各回先着20名) 回毎のチケットを準備いたします。参加したい回のチケットをご購入ください。(無料です)。 申し込み期間:2020年5月17日(日)~ 7月22日(水) ただし、各回に締め切りがありますので、チケット欄でご確認ください。 申し込み時のアンケートは、グループ分けなどの参考にいたします。この活動以外では利用しませんので、ご協力ください。 ★お申し込みくださった方に、e-mailでWeb会議システムへの参加のご案内をお送りします。  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 連絡先 子どもの日本語教育研究会「元気かい?」 (今澤・齋藤・村澤) genkikai.konichiken@gmail.com
ページ上部へ戻る