法務省「やさしい日本語有識者会議」に期待すること

吉開 章
やさしい日本語ツーリズム研究会代表
電通ダイバーシティ・ラボ やさしい日本語プロデューサ

2020年2月14日、法務省が「在留支援のためのやさしい日本語ガイドライン」に関する有識者会議立ち上げを発表した。

この会議では、国や地方公共団体が外国人向けの広報文書等をやさしい日本語で作成するための「在留支援のためのやさしい日本語ガイドライン」の内容が議論されるとしている。日本語教育や多文化共生の学識者や実践者、地方自治体関係者が参加しての議論となる。国政レベルでのガイドラインの策定は初めてのことであり、文化庁と連携した法務省の動きに期待を寄せたい。

この会議が始まるにあたり、4年以上にわたりやさしい日本語の社会啓発活動を行い、数々の自治体で講演やワークショップを実施した経験から、議論のポイントを提案したい。

ポイント① 元の情報整理・調整に関する制度的・社会的合意が不可欠

公文書のやさしい日本語の書き換えは横浜市をはじめとした自治体がすでに独自に取り組んでいるが、最近やさしい日本語に取り組みを始めた自治体の方々の意見の多くは、

・行政文書の情報量を減らさずにやさしい日本語にするのは難しい

・情報を書き換えたり減らしたりする権限や法的根拠もないので、責任がとれない。

というものである。

やさしい日本語は多言語対応における1言語という位置づけであり、日本語から翻訳された別な日本語と言ってよい。外国語への翻訳では翻訳会社は職業倫理上元の情報に勝手に足したり引いたり変更を加えたりしない。しかし、やさしい日本語への翻訳は元の情報に手を加えるという点で大きな違いがある。

何より先に、やさしい日本語で伝えるために情報の整理・調整をすることに、制度的な根拠を与えることが不可欠である。同時に、敬語を減らした表現などには反発を持つ市民も少なくない。やさしい日本語という手法を周知し、社会的合意を形成することも重要である。

やさしい日本語のための情報整理・調整にこのような制度的・社会的合意が成立すれば、そこで作られたやさしい文章は、外国語への翻訳にも使うことが可能であり、丸投げの時より安価で迅速な納品が期待できるだろう。やさしい日本語の制度的推進は、多言語対応における総合的なコスト削減にも貢献する。

ポイント② スマホ閲覧を前提とした編集とし、AI翻訳の活用も視野に。

紙媒体を外国語に多言語化する際、1つのパンフレットなどに複数言語を盛り込むにも限界があり、言語ごとにパンフレットを製作してもコストがかかる。そもそも相手の言語別に郵送するといった対応は現実的でない。結果的には庁舎に取りに来ることを前提とした配布方式となり、必要とする人に幅広く周知させることは無理だといえよう。

多文化共生社会において多言語化すべきは、本来すべての情報である。紙のパンフレットになっているものだけではない。多言語対応に関する「敷居」と「コスト」をできるだけ下げることで、対応する情報を増やしていく必要がある。

「敷居」は前述の「情報整理・調整に関する制度的・社会的合意」で下げることができ、翻訳の「コスト」も安くなる。さらに外国人にも普及しているスマートフォン画面での閲覧を前提に構成を定めていけば、さらなるコスト削減につながるだけでなく、より幅広い人への周知も可能になるだろう。

このようなときのやさしい日本語を考える上で、以下の2点がポイントとなるであろう。

1.AI翻訳をつかって高い翻訳精度が期待できるやさしい日本語のあり方の研究・開発

日本語学習者向けのやさしい日本語と、AI翻訳向けのやさしい日本語の共通点・相違点などを見出し、これまでの研究資産に加えどのような視点を加えればAI翻訳にも使えるのか検討していくことが期待される。

2.スマホを通じてやさしい日本語にアクセスする時のあり方の研究・開発

これまでのやさしい日本語はルビを振る・分かち書きをするなどが推奨されてきたが、スマホでの閲覧では、辞書機能との連動や読み上げソフト利用など、これまでと違うアクセシビリティも想定しておく必要があろう。

政府レベルが初めてやさしい日本語に取り組むということで、関係者の期待は高い。やさしい日本語へ言い換え対応表を作るだけでなく、本来のゴールである多言語対応推進にも直結し、現場の取り組みを後押しする政策議論を期待したい。

吉開 章(よしかい・あきら)

吉開 章(よしかい・あきら)寄稿者

投稿者プロフィール

やさしい日本語ツーリズム研究会事務局長、株式会社電通勤務。2010年日本語教育能力検定試験合格。会員3万人以上の日本語学習者支援コミュニティ「The 日本語 Learning Community(Facebook参照)」主宰。ネットを活用した自律学習者に詳しい。2016年「やさしい日本語ツーリズム」企画を故郷の福岡県柳川市で立ち上げ。論文・講演実績などはこちら(WEB参照)。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. アバター

    how safe is viagra viagra coupons generic viagra, canadian pharmacy

  2. tinder website , tinder login https://tinderdatingsiteus.com/

  3. erectile ointment
    ace inhibitors erectile dysfunction
    erectile on demand pdf

  4. azithromycin 250 https://azithromycinx250.com/

  5. buy inhalers for asthma online https://amstyles.com/

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

3月
6
3:00 PM 第23回 専門日本語教育学会の研... @ Zoom
第23回 専門日本語教育学会の研... @ Zoom
3月 6 @ 3:00 PM – 4:50 PM
■実施日:2021年3月6日(土) ■実施方法:Zoomによるオンライン開催,参加費無料(会員・非会員とも)。事前申込が必要 ■大会スケジュール: ● 10:30~10:40:開会の挨拶と事務連絡 ● 10:40~14:15:研究討論会 ● 14:20~14:50:総会 ● 15:00~16:50:シンポジウム「語彙から広がる日本語教育」 ● 17:00~18:00:懇親会(Zoom)
3月
7
10:00 AM リンゲージスペシャル2021 笈川幸... @ オンライン(ZOOM)
リンゲージスペシャル2021 笈川幸... @ オンライン(ZOOM)
3月 7 @ 10:00 AM – 12:00 PM
イベント説明:中国在住の名物先生、笈川幸司さんが、これまで培ったメソッドを基にベトナム人学習者を対象に授業を行います。四声(中国語)から六声(ベトナム語)へ。ここでしか聞けないこぼれ話も満載です。 内容 第一部 コロナ禍で激変した授業 ・大人数からオンラインへ ・中国から世界へ ・大学生から「働く」を見据えた人たちへ 第二部 ベトナム人学習者対象の公開授業 第三部 質問コーナー ・みなさんからの質問にお答えします 主催者のカテゴリー:日本語議連 イベントのカテゴリー:セミナー・ワークショップ
2:00 PM 「日本語教師のためのはじめてのコ... @ Zoom
「日本語教師のためのはじめてのコ... @ Zoom
3月 7 @ 2:00 PM – 5:00 PM
ことばと学びでつながるなかまの会 【こまつなからの春だより】 3月7日(日)に、下記の通りワークショップを行います。定員が40名と限られておりますので、お早めにお申し込みください! *** こまつなからの春だより 日 時:3月7日(日)14:00-17:00@Zoom テーマ:「日本語教師のためのはじめてのコーチング」 講師:講師 菊岡正芳氏(一般社団法人日本リーダーコーチ協会 代表理事、合同会社Kiku塾 代表、岐阜薬科大学 非常勤講師) 参加費:3000円 定員:40名 詳細・お申し込み:https://komatsunajp.wixsite.com/mysitekomatsuna
3月
13
7:00 PM 第4回VEC設立記念セミナー 地域日... @ Zoom
第4回VEC設立記念セミナー 地域日... @ Zoom
3月 13 @ 7:00 PM – 9:00 PM
第4回VEC設立記念セミナー 地域日本語学習支援の場から考える「共生社会」 @ Zoom
<日時> 3月13日(土)19:00 ~21:00 ( ZOOM開催) <スケジュール>      第1部      ・国家と国民の本質的関係性(日本と東アジアの歴史的背景をふまえ) ・地域日本語学習支援の現場から何が出来るか ・質疑応答など (休憩) 第2部      ・参加者ブレイクアウトセッション ・意見の共有・質疑応答など ★事前にレジュメ等の資料をお送りする予定です。 <講師>山田 泉 氏 プロフィール 高校の国語科教員を勤めた後,国立国語研究所の日本語教育研修等を経て1982年に中国の語学大学に赴任。2年間家族で「外国人体験」をしたことが貴重な財産となる。1984年に帰国し,中国帰国孤児定着促進センターに勤務,子どもクラスの担任も。文化庁国語課専門職員を経て,昭和女子大学,大阪大学,法政大学等で留学生と一般学生の共同学習や日本語教員養成等にかかわった。大阪大学在籍中の1996年から2003年は外国につながる子どもの放課後の居場所づくりのボランティアを行った。専門は,日本語教育と多文化教育で,研究分野は移住外国人(移民)受け入れのための「多文化共生」社会のあり方考察。2020年4月から定職はなし。 <進行役>松尾 慎 氏 東京女子大学教授、VEC代表理事。2014年、チョウチョウソ ー氏らとともに現在のVECの前身となる日本語活動を立ち上げ、現在まで活動を継続している。日本語活動に関してはこちらを参照してください。 <当団体のご紹介> Villa Education Center(VEC)は、2014年から続けてきた「ミャンマー難民との日本語活動」を基盤する団体です。2020年8月に新たに任意団体となり、ミャンマー出身者を中心とする外国人の生活支援や日本語教育、資格取得支援、多文化社会関係の各種セミナーなど事業の幅を広げるとともに、活動の安定化を目指しています。HPはこちら <会場> オンライン WEB会議ツール「Zoom」を使用いたします。 お申込み者には前日3月12日(金)にZoomのアクセスリンクをお送りします。 12日(金)正午までに届かない場合は、恐れ入りますが事務局へご連絡ください。 <参加費/定員> 一般   ¥1000 定員50名 VEC会員 無料  定員30名 ※1アカウントで複数名がご参加する場合であっても必ず人数分の参加チケットをご購入下さい。 ※お申し込み後、ご参加いただけなくなったとしても、返金、チケットの譲渡には対応できかねますので予めご了承下さい。 お問い合わせ先 VEC事務局 vec.executiveoffice@gmail.com
ページ上部へ戻る