続・いま、なぜ「にほんごぷらっと」なのか?

「にほんごぷらっと」は、インターネットサイトの立ち上げ時に「『にほんごぷらっと』とは」のページに「いま、なぜ『にほんごぷらっと』なのか?」という文書を掲載した。目指す目標をはっきりさせるのが目的だった。ただ、ここ数年で日本語教育のめぐる環境が大きく変化した。このため、私たちの果たすべき役割も変化しているように見える。以下、「続・いま、なぜ『にほんごぷらっと』なのか?」を掲載し、私たちの考えを示しておく。

  •           ◇          ◇

2016年11月に発足した超党派の「日本語教育推進議員連盟」は、その活動の成果として2019年6月に日本語教育推進法を制定しました。これを受けて政府が2020年6月に日本語教育の推進に関する基本方針を閣議決定しました。日本語教育の推進に向けた法的な枠組みがおおむね整備されたことになります。

インターネットサイト「にほんごぷらっと」は、日本語議連の活動を幅広く伝えることを大きな目的として発足しました。議連の総会の議論を詳報したほか、議連メンバーの講演、さらには日本語教育や多文化共生に関係する様々な動きに関する情報を、サイトを通じて発信してきました。その意味では日本語教育推進法の制定や政府の基本方針を決定されたことで、「にほんごぷらっと」の当初の目的は果たせたものと認識しています。

ただ、「にほんごぷらっと」にはもう一つの役割があります。「にほんごぷらっと」の正式な名称は日本語教育情報プラットフォームです。役割とはその名の通り「情報プラットフォーム」として、多くの皆様に対して「情報の広場」を提供することです。先に「『入門・やさしい日本語』認定講師養成講座」を開催しましたが、外部の人が参加できるプログラムを企画・運営することを「にほんごぷらっと」の主たるミッションにしたいと考えています。

日本語教育推進法が制定されたことで、日本語教育の重要性が広く認識されましたが、同時に推進法に則った様々な教育課題が浮上しています。留学生のための「読み・書き」中心の教育だけでなく、生活者としての外国人や外国人労働者向けの日本語教育の必要性が叫ばれています。多様でより実践的な「やさしい日本語」への需要も高まっています。

私たちは日本語教育の研究者でも教育者でもありません。しかし、新たな時代のニーズを先取りした取り組みができないか。そんな想いを頭に浮かべつつ、「にほんごぷらっと」を舞台にして日本語教育のサポーター役を果たしたいと考えています。

具体的には、これまでの「情報の発進」から「情報交流の広場」へと活動のウエートを移す、ということです。微力ですが、「にほんごぷらっと」の活動が日本語教育の底上げにつながれば幸いです。

2020年12月

日本語教育情報プラットフォーム(にほんごぷらっと)

代表世話人 石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

1月
17
1:00 PM 「生活者としての難民の皆さんと共... @ オンライン講座(Zoom使用)
「生活者としての難民の皆さんと共... @ オンライン講座(Zoom使用)
1月 17 @ 1:00 PM – 3:00 PM
「生活者としての難民の皆さんと共に」〜日本語の学習が人生を豊かにする〜 日本に暮らす難民の方たちについて、私たちは何をどれくらい知っているでしょう。ミャンマーの少数民族を支援するNPO法人PEACEのマリップ・センブ代表、長年にわたり政策面で難民支援をする中川正春衆議院議員のほか、日本語を学ぶ人、教える人、支える人と共にこれからの共生社会について考えます。テーマは「日本語の学習が人生を豊かにする」、日本語教育に携わる人だけでなく、広く日本中の皆さんに参加していただきたいと思っています。 【登壇者(予定)】 中川正春 氏(衆議院議員) マリップセンブ 氏(NPO法人PEACE代表) 宗田勝也 氏(大学教員) 宗田勝也 氏(難民クラス担当日本語教師) 難民二世の方 主催:インターカルト日本語学校(関東) 日時:2021年1月17日(日)13:00〜15:00 参加方法:オンライン(Zoom) お申し込み:https://www.kokuchpro.com/event/af94e88075461bd5cb9fff2e90261cfe/1435809/
1月
30
1:30 PM 地域日本語ボランティアのためのオ... @ Zoom
地域日本語ボランティアのためのオ... @ Zoom
1月 30 @ 1:30 PM – 4:00 PM
地域日本語ボランティアのためのオンライン教室の始め方・活かし方研修会 名古屋市内の地域日本語教室で活動する方限定 【情報交換会】1月30日(土)13:30〜16:00 新型コロナの影響で、オンラインでの教室活動を検討している日本語ボランティアのみなさんに無料の研修を実施します! 「オンライン会議システム(zoom)の使い方がわからない」 「zoomにつなげることはできるが、どのように教室を進めたらいいか知りたい」など、目的・レベル別に3つの勉強会を開催します。
2月
6
2:00 PM いまこそ授業を改善しよう! ―With... @ Zoom
いまこそ授業を改善しよう! ―With... @ Zoom
2月 6 @ 2:00 PM – 4:30 PM
いまこそ授業を改善しよう! ―With/Afterコロナにおけるアクティブ・ラーニングの実践 ▼講師 横溝 紳一郎 先生(西南女学院大学人文学部英語学科教授) 山田 智久 先生(北海道大学准教授:高等教育推進機構国際教育研究部/大学院国際広報メディア・観光学院) ▼日時 2021年2月6日(土)14:00 – 16:30 ▼会場 オンライン上Zoom会議室 ▼参加費 1,000円 ▼定員 80名 ▼お申し込みの流れ 1. 2020年12月20日(日)10:00 AM(日本時間)に、このページ上で申し込み受付フォームを公開します。 そちらのフォームからお申し込みください。 2. ご入力のメールアドレスに参加費お振込みの案内をお送りしますので、それに沿ってお支払いの手続きをしてください。 1週間以内にお支払いがない場合は、お申込みキャンセルとさせていただきます。 3. お支払いが確認できましたら、参加枠確定のご連絡を差し上げます。
2月
27
全日 令和2年度 日本語学校教育研究大会 @ オンライン講座(Zoom使用)
令和2年度 日本語学校教育研究大会 @ オンライン講座(Zoom使用)
2月 27 全日
期 日 2021年2月27日(土)~28日(日) 実施方法 ZOOMによるオンライン開催 詳細・ 申込み 詳細等決まり次第掲載します
ページ上部へ戻る