埼玉県川口市の芝園団地の「実像」とは? 団地自治会の事務局長が「団地と共生」を出版

埼玉県川口市の芝園団地の「実像」とは? 団地自治会の事務局長が「団地と共生」を出版

芝園団地事務局長の岡﨑広樹さんから自著を紹介する文章と写真を送っていただきました。岡﨑さんとは明治大学の山脇啓造教授が主宰する勉強会で知り合い、そのユニークな活動や苦労話を聞いていました。その岡﨑さんが「団地と共生」という著書を出版されたと聞き、とりあえずご自身で紹介文を寄稿するようお願いした次第です。今回、送付していただいたのが、以下の「『団地と共生』の出版に寄せて」の文章です。「多文化共生社会」という言葉が普通に使われるようになりましたが、著書にはマスメディアが伝えない「共生社会現場」が詰まっているようです。岡﨑さんの「出版に寄せて」に目を通したうえで、「団地と共生」をぜひとも購読するようお勧めします。

にほんごぷらっと編集長・石原 進

 

『団地と共生』の出版に寄せて

2022年12月、「団地と共生-芝園団地自治会事務局長 二〇〇〇日の記録」(論創社)を出版しました。本書は、私自身がUR川口芝園団地(以下、芝園団地)に住みながら、一住民として「隣近所の多文化共生」に取り組んできた体験記です。2013年に初めて訪問し、2014年には住み始めました。2017年からは自治会の事務局長を務めており、約10年におよぶエピソードを綴っています。

芝園団地は、2010年に週刊誌で「チャイナ団地」と揶揄されて、外国人に乗っ取られた団地とまで言われました。その一方で、近年では「多文化共生の先進地」とも言われています。両極端な評価を受けてきた芝園団地の実態とは何か。その疑問に答えるべく、本書では約10年にわたる活動を通じて、私自身が掴んだ芝園団地の「実像」を記しました。

芝園団地がある埼玉県川口市芝園町の人口は4,600人。そのうち、外国人住民は2,600人(人口の55%)となり、大半が中国人住民です。高齢者の日本人住民と若者の外国人住民で構成される、さながら「将来の日本の縮図」といった地域です。

一般的に、芝園団地はどのような姿に見えるのでしょうか。取材や視察に来る方々は、次の二つの質問を必ずします。

「どんな生活トラブルが起きていますか」

「日本人と外国人はどのように関係を築いていますか」

日本人住人と外国人住人の間では、何か特別なことが起きているのではないか。外国人住人が集住している事実は、そのような姿に見えているようです。

確かに、日常の暮らしに根差した騒音などの生活トラブルは起きています。やはり、日本と母国との生活習慣の「ちがい」は、隣近所で表面化しやすくなる。そこで、生活トラブルなく「お互いに静かに暮らせる関係」=「共存」を築こうとしてきました。

さらに、日本人住人と外国人住人の間には、文化・言葉や世代などの「ちがい」までもがあります。たとえば、世代差があると、日常の生活時間帯が違ったり、子育て中に出会わなかったり。隣近所に住んでいても、お互いに出会うきっかけさえないのが実情です。そこで、「お互いに協力する関係」=「共生」を築こうとしてきました。

その結果、「以前と比べれば住環境はだいぶ改善した」という古参の日本人住人の声が聞こえるように。また、2014年度の自治会役員7名のうち、外国出身者は0名でしたが、2022年度には役員9名のうち、外国出身者が4名になりました。

このような変化を知ると、次のように思われるかもしれません。外国人住人が増える過程で、「チャイナ団地」と揶揄されるようなトラブルが起きた。その後、様々な取り組みを進めたことで、今では「多文化共生の先進地」と言われるまでに至った。それが芝園団地の「実像」だろう、と。

しかし、これらの出来事は、芝園団地で起きていることの氷山の一角でしかない。決して、芝園団地の「実像」とまでは言えません。約10年にわたる活動を経て、私自身が掴んだ芝園団地の「実像」は、現代社会の普遍的な課題を表していました。その「実像」を理解した時、外国人住人の集住という事実が、私自身にある種の固定観念を植え付けていた、と気づき衝撃を受けたのです。

本書は、私自身が見聞きし体験してきた出来事を通じて、芝園団地の「実像」に気づくまでの過程を追体験できるオリジナルな一冊です。さらに、「隣近所の多文化共生」に取り組むうえで、「鍵」となるヒントが散りばめられています。

多文化・多世代の地域活動、新しい住民との関係づくりや地元外部の力を活かした地域づくりのヒントを得たい方にお勧めします。

外国人集住地域に関しては、メディアの情報などが偏っていて、その実態が分かりにくい。その現実を理解して、外国人集住地域の解像度を上げたい方に、特にお勧めしたい一冊です。

以上

(岡崎さんの写真は、浅野剛さん撮影)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

4月
27
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 東京会場凡人社麹町店
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 東京会場凡人社麹町店
4月 27 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります   【日付】2024/4/27 (土) 【会場】東京会場凡人社麹町店(千代田区平河町1-3-13 平河町フロントビル8階 【定員】30名   【日付】2024/5/19 (日) 【会場】名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校(名古屋市中区金山1-16-16 金山ビル) 【定員】60名   【日付】2024/6/29 (土) 【会場】札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24) 【定員】50名   【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu
5月
19
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校
5月 19 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります   【日付】2024/5/19 (日) 【会場】名古屋会場ECC 日本語学院名古屋校(名古屋市中区金山1-16-16 金山ビル) 【定員】60名   【日付】2024/6/29 (土) 【会場】札幌会場札幌青葉鍼灸柔整専門学校(札幌市中央区南3条東4丁目1-24) 【定員】50名   【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu
5月
25
終日 2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
2024年度 日本語教育学会_春季大会 @ オンライン
5月 25 – 5月 26 終日
日本語教育学会 2024年度春季大会 開催日 2024年5月25日(土)・26日(日) 会場 オンライン

注目の記事

  1. 「やさしい日本語」で外国人の労災防止を 厚労省が「手引き」の改訂版を作成 厚生労働省は…
  2. 日豪の友好の歴史を見直そう——日豪議員連盟が「穣の一粒」と「藤田サルベージ」で勉強会  …
  3. LSHアジア奨学会が留学生65人に奨学金を授与、4年ぶりに交流会も 線路に転落した人を…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate