明けましておめでとうございます。

「にほんごぷらっと」をご愛読いただいている皆様にとって、2018年が素晴らしい年でありますよう、お祈り申し上げます。

2016年11月に発足した日本語教育推進議員連盟(河村建夫会長)は、議員立法による日本語教育推進基本法の制定に向けて真摯な議論を展開してきました。昨年10月には衆院解散・総選挙がありましたが、日本語議連の多くの議員が再選を果たしました。総選挙後の初の総会が11月30日に開かれ、新たなスタートを切りました。

日本語議連の中には中川正春会長代行を座長とする「立法チーム」ができ、馳浩事務局長ら少人数で「基本法」の法案づくりの検討が始まっています。関係省庁や衆院法制局担当者などとの詰めの協議も行われています。1月に通常国会が開会する見通しですが、日本語議連は、国会開会中に以下のような段取りで議論を進めると思われます。

  1. 立法チームで基本法の原案を作成する。
  2. 原案を日本語議連の総会に提示、議員全員の意見を踏まえ最終案を作成する。
  3. 基本法の法案の内容を各政党がそれぞれ精査し、各党から了承を得る。
  4. 法案を国会に提案、審議のうえ成立を図る。

中川座長は昨年末の私たちの取材に対し、「通常国会中に基本法の制定を目指したいと」明言していました。議員立法の法案審議は、通常国会閉会前の6月になると思われます。他の法案審議との兼ね合いもあり、「紆余曲折」がないとは言えませんが、通常国会中に法案成立の可能性は十分にあります。

日本語教育推進基本法が成立すると、日本語教育に関する理念が法的に位置づけられるほか、国として日本語教育の責任を負う官庁を決めることなります。また、政府として日本語教育を推進するための計画を策定することになります。日本語教育を進めるための法的な基盤ができるわけです。日本語教育が大きく前進すると思われます。

2018年を「日本語教育推進・元年」の実り多き年になるよう願っています。

にほんごぷらっと代表世話人・石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

イベントカレンダー

1月
17
4:00 PM 第7回全養協 日本語教師採用合同... @ SYDホール
第7回全養協 日本語教師採用合同... @ SYDホール
1月 17 @ 4:00 PM – 8:00 PM
開催概要 主催 一般社団法人全国日本語教師養成協議会(全養協) 日時 2018年1月17日(水) 16:00~20:00(終了)  ※入退場自由 ※特別講座は14:30~15:30(要予約・定員制) 特別講座についてはこちら 対象 日本語教師養成講座の修了生または修了見込みの方 大学主専攻・副専攻の修了者または修了見込みの方 大学院日本語教育博士課程の修了生または修了見込みの方 現役日本語教師、経験者、全養協日本語教師検定合格者、日本語教育能力検定試験合格者で就職を希望される方 地域の日本語教育に携わっている方。 ブース 出展機関 「ブース出展機関」ページをご覧ください 。 全養協「日本語教育、何でも相談」 日本語教育・日本語教師に関して何でも相談・質問できるブースです。 ベテランの日本語教師が皆さまのご相談・ご質問にお答えします。 日本語教育についてまったく知らない方も歓迎します。 (質問・相談例) ・日本語教師の仕事とは? ・どうやって日本語を教えるの? ・日本語教師の資格は? ・養成講座ではどのような勉強をするの? ・日本語教師の「検定」とは? ・「検定」に合格するためには? ・就職活動のポイントは? ・現場で求められる教師とは? ・キャリアアップの方法は? ・教師として成長するには? 特別講座 全養協実践力ミニ講座 「この授業のどこがいけないのか?」 日本語教師として求められる”実践力”を測る「全養協日本語教師検定」。 現場の授業展開に関連する豊富な出題が話題です。 今回は、類題を通して日本語教師が陥りがちな問題点を検討し、 経験豊富なベテラン日本語教師が効果的な授業のノウハウを伝授します! 時間: 14:30~15:30 ※要予約・定員制 (合同説明会の事前参加申込フォームよりお申込ください。)
1月
18
5:45 PM 連続講演会・国際シンポジウム 「... @ 東京外国語大学 研究講義棟101教室
連続講演会・国際シンポジウム 「... @ 東京外国語大学 研究講義棟101教室
1月 18 @ 5:45 PM – 7:15 PM
連続講演会・国際シンポジウム 「国際日本研究へのまなざし―ことば・文化・教育―」:第5回 “Omotenashi”の先へー観光で国をひらくということー 政府への提言を続ける一方、国内各地の観光振興のため奔走し、京都国際観光⼤使、東京の観光振興を考える有識者会議メンバー、二条城特別顧問などを務めるアトキンソン⽒に、五輪開催とその後の日本の経済発展に向けて、“Omotenashi”で終わらない日本の観光産業戦略を語っていただきます。 日本文化(文化財)を観光資源として捉え、より戦略的に活⽤していくにはどうすればいいのか、考えてみましょう。

新刊図書

お薦めの一冊

ライ麦畑でつかまえて

RSS キーワード(日本語教育)

ページ上部へ戻る