過去の記事一覧

イベントカレンダー

12月
3
全日 海外で日本語を教える人のためのス... @ 国際交流基金日本語国際センター
海外で日本語を教える人のためのス... @ 国際交流基金日本語国際センター
12月 3 – 12月 14 全日
国際交流基金日本語国際センターでは、海外で日本語を教えたいと考えている方を対象としたスキルアップ研修を行います。 対象者は、日本語教育の基礎的な知識があり、教授経験(アシスタントやボランティア、教育実習を含む)がおおむね3年以下で、海外の教育機関で日本語を教えたいという希望を持っている方です。 研修の参加者は原則として、日本語国際センターの宿舎に泊まって受講していただきます。 応募資格 (1)(2)の条件を満たす方を対象とします。その他の条件は、募集要項を参照してください。 (1)日本語教育についての基礎知識がある方。具体的には、以下の3つのいずれかの条件を満たす方。 1. 420時間の日本語教師養成講座を修了している 2. 日本語教育能力検定試験に合格している 3. 大学または大学院で日本語教育を主専攻または副専攻として修了している(平成31年3月修了見込みも含む) (2)日本語教授経験(アシスタントやボランティア、教育実習を含む)があり、平成30年12月1日時点で、その経験がおおむね3年以下の方。 応募締め切り 2018年9月13日(木曜日)17時(必着)
12月
12
1:30 PM 外国人留学生のための観光産業外国... @ AP東京丸の内 roomF
外国人留学生のための観光産業外国... @ AP東京丸の内 roomF
12月 12 @ 1:30 PM – 4:30 PM
13:30~14:50 「観光産業で活躍するための知識とスキル」 一般社団法人留学生支援ネットワーク 事務局長 久保田 学氏 15:00~16:30 「観光産業で働くためのビジネス日本語スキル」 コミュニカ学院 学院長 奥田 純子氏
12月
15
全日 第22回研究報告大会 外国語教育... @ 東京外国語大学
第22回研究報告大会 外国語教育... @ 東京外国語大学
12月 15 – 12月 16 全日
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/jafle.files/jafle_conf2018.html
9:30 AM 上海ラウンドテーブル2018「実践の... @ 華東師範大学 中北キャンパス
上海ラウンドテーブル2018「実践の... @ 華東師範大学 中北キャンパス
12月 15 @ 9:30 AM – 2:30 PM
【学びを培う教師コミュニティ研究会 上海ラウンドテーブル2018「実践のプロセスを協働でふり返る-語る・聴くから 省察へ」】 ・日時:2018年12月15日(土)9:30~14:30 ・場所:華東師範大学 中北キャンパス ・参加費:無料  ・参加申し込み期限:12月8日(土) http://manabireflection.web.fc2.com/data/20181215j.pdf
1:00 PM 日本語教師採用合同フェア @ AP西新宿
日本語教師採用合同フェア @ AP西新宿
12月 15 @ 1:00 PM – 6:00 PM
≪第1部≫ 13:00-14:00 開会挨拶,パネルディスカッション ≪第2部≫ 14:00から 学校紹介(出展校が学校の特徴を紹介します。) 学校紹介終了後~18:00 個別相談(就職希望者が各校の採用担当者とブースで話します。)
1:00 PM 英語コーパス学会DDL(Data-Driven... @ 大隈記念講堂小講堂
英語コーパス学会DDL(Data-Driven... @ 大隈記念講堂小講堂
12月 15 @ 1:00 PM – 5:55 PM
【ご案内】英語コーパス学会DDL(Data-Driven Learning)研究会シンポジウム 参加申し込みは下記ウェブサイトよりお願いいたします。 https://goo.gl/forms/OZK7eHTcioHACgkJ3 皆様のご参加をお待ち申し上げております。 英語コーパス学会DDL(Data-Driven Learning)研究会シンポジウム 主催:英語コーパス学会 DDL SIG 共催:早稲田大学 大学総合研究センター ◎日時 2018年12月15日(土) ◎会場 大隈記念講堂小講堂(https://www.waseda.jp/…/uploa…/2015/08/waseda-campus-map.pdf) ◎参加費 無料(懇親会参加の場合は4,000円) セッション1:DDLツールの開発と授業への導入 13:00~13:40 アントニ・ローレンス(早稲田大学) 講演「ESPの授業におけるデータ駆動型学習 (DDL)の導入」 13:50~14:30 西垣知佳子(千葉大学)・赤瀬川史朗(Lago言語研究所)・石井雄隆(早稲田大学) ワークショップ「小学校英語のためのDDLツールの開発と活用」 セッション2:DDLの教育効果 14:40~15:00 濱田彰(日本大学)・小林雄一郎(日本大学) データ駆動型文法学習を促進する英語例文の特徴―学習者による主観的評価のモデリングから― 15:10~15:30 若松弘子(筑波大学) 英語文法学習に適した日本語対訳の条件と制約―日英パラレルコーパスを利用した効果的DDLをめざして― 15:40~16:00 中條清美(日本大学) 教育用例文コーパスSCoREはどの程度文法参考書をカバーするか 16:10~16:30 佐竹由帆(駿河台大学) データ駆動型学習(DDL)を用いた誤り修正タスクの学習効果―冠詞・前置詞を中心に― 16:40~17:00 Gregory Hadley(新潟大学) Using the Oxford Bookworms Corpus for Creating Better Placement Tests セッション3:DDLとテクノロジーの融合 17:10~17:50 水本篤(関西大学) 講演「データ駆動型学習 (DDL) を英語論文執筆サポートに活用する試み」 18:15~20:45 懇親会(希望者のみ)
12月
16
1:00 PM 異文化間教育学会 創設40周年記念... @ 明治大学中野キャンパス
異文化間教育学会 創設40周年記念... @ 明治大学中野キャンパス
12月 16 @ 1:00 PM – 5:00 PM
異文化間教育学会 創設40周年記念事業2「演劇×ダイバーシティ」のご案内 40周年事業2「演劇×ダイバーシティ」主催:異文化間教育学会 演劇は、日常を映し出す鏡であると同時に、それらを批判的に捉え変革するための道具でもあります。このような教育を目的とする演劇は「応用演劇」と呼ばれ、ブラジルのアウグスト・ボアールに始まり、現在さまざまな教育現場で実践されています。演劇に着目することは、日頃は無意識的な感情や身体的体験に目を向け、日々の何気ない実践の中に埋め込まれたミクロレベルの権力闘争と向き合うことを意味します。 今回のワークショップでは、演劇的手法によるアクティビティを実際に体験していただきます。特に「ステイタス(権力関係)」や「ステレオタイプ」をテーマとした活動を行い、実践と省察を繰り返しながらダイバーシティに関する問いについて考えていきます。どなたでもご参加いただけます。どうぞふるってご参加ください。 【日時】2018年12月16日(日)13:00~17:00(受付開始12:30) 【場所】明治大学中野キャンパス(中野駅より徒歩8分) http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/nakano/access.html 【講師】川島裕子(大阪成蹊大学教育学部) 【プログラム】演劇的手法を用いたダイバーシティの理論と実践 詳細は決まり次第HPに掲載いたします。 【参加費】会員無料、非会員1000円(学生無料) 会員の皆様のほか、非会員、学生の方のご参加を大いに歓迎いたします。 【定員】30名(先着順です。) 【お申し込み】 申込方法:e-mailでiesj@meiji.ac.jp(学会事務局)宛てに、次の項目を明記の上お申込みください。 メールタイトル:「演劇的手法を用いたダイバーシティの理論と実践」申し込み メール本文:①お名前 ②ご所属 ③会員/非会員 ③メールアドレス 【お問い合せ先】異文化間教育学会事務局 〒164-8525 東京都中野区中野4-21-1 明治大学 中野キャンパス(岸磨貴子研究室) iesj@meiji.ac.jp
12月
22
全日 第4回学習者コーパス・ワークショ... @ 東京工業大学キャンパス・イノベーション・センター(CIC)
第4回学習者コーパス・ワークショ... @ 東京工業大学キャンパス・イノベーション・センター(CIC)
12月 22 – 12月 23 全日
I-JAS(多言語母語の日本語学習者横断コーパス)は、現在660名分のデータを公開しており、来年から再来年にかけて残り390名分を加え、1050名分(日本語学習者1000名、日本語母語話者50名)の公開を目指して準備を進めています。 本プロジェクトでは、日本語研究および日本語教育への充実、発展に向け、2016年、2017年に続き、第4回日本語学習者コーパス・ワークショップ&シンポジウムを開催いたします。今回は、シンポジウムとワークショップを2日間に分け、シンポジウムでは招待講演に南雅彦先生(サンフランシスコ州立大学)をお迎えします。そして、学習者コーパスを利用した研究発表を3件と、松下達彦先生(東京大学)、山内博之先生(実践女子大学)、石川慎一郎先生(神戸大学)をお招きして「第二言語習得における語彙の役割」についてパネルディスカッションを企画しています。習得で重要なのは、語彙か文法かという議論も含め、語彙の発達について、皆さんと共に考えたいと思います。 また、翌日の午前中は、昨年度に続き、初心者用と既習者用の2つのコースを用意し、I-JASの使い方についてのワークショップを開催いたします。学習者の生のデータに触れ、日本語習得のメカニズムの謎に迫ってみませんか。
ページ上部へ戻る