【解説】共生社会のインフラ整備の第一歩 政治の責任で早期成立を

【解説】共生社会のインフラ整備の第一歩 政治の責任で早期成立を

超党派の日本語教育推進議員連盟が作成した日本語教育推進法案は、日本語教育を「国の責務」と規定したほか、地方自治体、外国人を雇用する事業所にも日本語教育を推進するよう求めた。この法案には、日本語教育を進めるための必要不可欠な要件がおおむね盛り込まれている。今国会では外国人労働者受け入れ拡大の入管法改正案をめぐり与野党が激しい攻防を展開。そのあおりもあって、今国会での日本語教育推進法案の成立は困難だという。しかし、一日にも早い成立が必要であることは言うまでもない。来年の通常国会で早期に成立させるのは政治の責任だ。

在留外国人が急増する中、日本語教育の重要性が高まっている。外国人と言葉が通じれば交流が生まれる。交流をすればお互いの文化の違いが理解でき、信頼関係を築くことができる。外国人が様々な場面で日本語をきちんと学ぶための法的な仕組みが求められている。

外国人留学生はもとより、中長期に日本に滞在する外国人の「共通語」は日本語だ。ある調査で外国人に母国語以外の理解できる言葉を聞いたところ、日本語が63%だったのに対し、英語は44%だった。言葉を短くして外国人にわかりやすくする「やさしい日本語」だと9割の外国人と意思疎通ができるという調査もある。日本語教育は「共生社会」をつくるための最も重要なインフラだ。

法案では、外国にルーツを持つ児童生徒や留学生、技能実習生、難民などの日本語教育に関する推進策を挙げた。また、海外に住む在留邦人の子どもの母語継承語としての日本語教育、外国人への日本語の普及についても想定している。

政府は来年4月から外国人労働者の受け入れ拡大を目指している。議論が拙速だと批判する野党や世論の反対を押し切って、与党は入管法改正案を衆院通過させた。参院での採決を経てまもなく成立する見通しだ。安倍政権は、深刻な人手不足に悲鳴を上げる業界団体の要望を受けて「開国」に踏み切る方針だ。アベノミクスを進めるうえでも労働力の不足への対応は避けては通れない課題だ。

一方で安倍首相はリスクも背負うことになる。事実上の移民の受け入れとも言われる外国人労働者の受け入れ拡大には、安倍首相の支持基盤の保守層から反発の声が出ている。安倍政権だからこそ、保守層の反発を抑えることができたのも事実だが、今後の外国人労働者受け入れの在り方をめぐっては、反発が再燃する恐れが十分にある。

また、安倍政権は「共生社会」の構築という大きな宿題も背負うことになった。政府は年内に「外国人材受入・共生のための総合的対応策」をまとめる方針だが、日本人と外国人がわだかまりなく暮らせる共生社会を実現しないと、欧米諸国で見られるような社会の分断と軋轢を招きかねない。

そうした事態を避けるために必要不可欠なのが日本語教育だ。国が責任をもって日本語教育を進めなければいけない。言語政策の遅れが、後に移民受け入れの足かせとなったドイツなどの例に学ぶべきだ。政府は日本語教育を最優先課題として位置付ける必要がある。外国人に十分な日本語能力を身につけてもらい、日本社会で活躍できる環境を整えることは政府の責任だ。外国人には、労働力を提供してもらうだけでなく、納税などの義務も果たしてもらわなければならないのだ。

日本語教育推進議員連盟は、安倍政権の外国人労働者受け入れ拡大の動きとは関係なく2016年11月から議論を重ねてきた。結果として今臨時国会で日本語教育推進法案の策定と入管法改正の議論の時期が重なった。政府提出の入管法改正の議論が優先され、残念ながら議員立法の日本語教育推進法案の成立が先送りされる見通しだ。

2019年は後に「移民受け入れ元年」と言われるかもしれない。「移民政策はとらない」という安倍政権にとっても、外国人労働者受け入れ拡大策で支障が生じないよう様々な施策を講じなければならない。法案の付則には日本語学校の制度整備に関する事項も盛り込まれた。留学生の育成も重要課題だ。

今後の共生社会の重要施策が日本語教育だ。だとしたら外国人労働者受け入れ拡大が始まる来年4月を前に、日本語教育推進法案を年明けの通常国会の冒頭に成立させるべきだ。それこそが政治が果たすべき責任ではないか。

資料 日本語教育の推進に関する法律案

にほんごぷらっと代表世話人・編集長

石原 進

石原 進(いしはら・すすむ)日本語教育情報プラットフォーム代表世話人

投稿者プロフィール

「にほんごぷらっと」の運営団体である日本語教育情報プラットフォーム代表世話人。元毎日新聞論説副委員長、現和歌山放送顧問、株式会社移民情報機構代表取締役。2016年12月より当団体を立ち上げ、2017年9月より言葉が結ぶ人と社会「にほんごぷらっと」を開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメントは利用できません。

イベントカレンダー

6月
12
12:00 AM 留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
留学生対象の日本語教師初任者研修... @ オンライン(ZOOM)
6月 12 2024 @ 12:00 AM – 1月 31 2025 @ 12:00 AM
日振協による文部科学省委託の初任研修が今年も始まります。 告示校で10年程度専任で経験されている方対象です。 OJTで実際の運営に関わりながら研修運営を肌で学んでいただけます。 研修詳細は協会ホームページより、チラシと募集案内をダウンロードしてご確認ください。   「日振協 留学生対象の日本語教師初任者研修」は「オンライン映像講義」「(オンライン)集合研修」「自己研修(自律的学習)」の三位一体の編成により、①自律的・持続的な成長力 ②対話力 ③専門性という3つの資質・能力の育成を目指すもので、忙しい仕事の合間を縫って学べるよう、また地方の教育機関に所属している受講生への負担を減らすため、e-Learningを利用した研修となっています。 2020年度から、この初任者研修と並行して、「育成研修」を併せて実施しています。「育成研修」は初任者研修のサポートを行いながら研修の企画や実施方法を学び、将来全国各地で初任者研修の実施担当者として活躍していただく人材を育成する研修です。具体的には以下のことを目指しています。 ①初任者教員の協働的かつ自律的な学びを支援し、21世紀に活躍できる日本語教師としての資質・能力及びICT活用能力の獲得へと導く ②研修委員に必要な経験と能力を身につける 研修は、フルオンライン(zoom使用)で実施いたします。学内で初任者の指導を任されている方、地方在住でなかなか研修機会に恵まれない方など全国各地からご参加いただきたく存じます。修了生は今後実施委員になっていただく可能性もございます。どうぞ奮ってご応募ください。 チラシ(PDF 裏表2頁/1枚)
6月
29
12:00 AM 留学生に対する日本語教師初任研修 @ オンライン
留学生に対する日本語教師初任研修 @ オンライン
6月 29 2024 @ 12:00 AM – 1月 31 2025 @ 12:00 AM
本研修のカリキュラムは文化審議会国語分科会の「日本語教育人材の養成・研修の在り方について(報告)」に基づいており、初任者が体系的・計画的に日本語指導を行うための実践的能力として (1)自律的・持続的な成長力 (2)対話力 (3)専門性 の3つの資質・能力の養成を狙いとした90単位時間のプログラムです。忙しい仕事の合間を縫って学べるよう、また地方の日本語教育機関の新任の先生方への負担を減らすため、e-Learningを利用した研修となっています。 研修形態はフルオンラインです。昨年度同様、今後日本語教師にますます求められるであろうICT活用能力(オンライン授業やハイブリッド授業の実践等)に重点を置いた研修を行います。 つきましては、ぜひ多数の日本語教師初任者の方にご参加いただきたく下記のとおりご案内いたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。 チラシ(PDF 表裏2頁/1枚)
7月
3
7:00 PM 日本語教師が知っておきたい著作権... @ オンライン(ZOOM)
日本語教師が知っておきたい著作権... @ オンライン(ZOOM)
7月 3 @ 7:00 PM – 7月 24 @ 8:30 PM
イベント説明【講座概要】今年度から登録日本語教員の資格取得にかかる必須の教育内容50 項目の中に著作権が含まれました。それだけ、著作権が注目されているといえるでしょう。ただ、項目内で教授される著作権の内容はどうしても概論的なものになってしまいます。当該講座は、概論だけではなく、より具体的な教材作成に注目して、著作権の考え方を身につけて頂こうというものです。明日からの教材作成に役立つ著作権講座です。 各回の内容: 第1回:日本語教育おける著作権 第2回:日本語文法と著作権 第3回:読解問題と著作権 第4回:著作権最前線 2024、AI と日本語教育と著作権主催者のカテゴリ大阪YMCA日本語教育センター
7月
27
1:30 PM 凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター
凡人社日本語サロン研修会 『でき... @ 大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター
7月 27 @ 1:30 PM – 4:00 PM
凡人社日本語サロン研修会 『できる日本語』ブラッシュアップ講座 ~課題に向き合い、仲間とともに,より良い実践をめざしませんか~   [日時・会場・定員] 全日:13:30~16:00(受付開始 13:00) ※各会場先着順、定員になり次第締め切ります     【日付】2024/7/27 (土) 【会場】大阪会場TKP 大阪本町カンファレンスセンター(大阪市中央区久太郎町3-5-19) 【定員】80名   【日付】2024/9/1 (日) 【会場】福岡会場博多バスターミナル(福岡市博多区博多中央街2) 【定員】60名   [対 象] 主に日本語学校の教師・関係者、日本語教育ボランティア、日本語教育に関心のある方   [参加費] 無料 ※要予約   [講 師] 嶋田 和子 先生(『できる日本語』監修) 他『できる日本語』著者の先生方   [内 容] 『できる日本語』の輪が広がり続け、「実践について学べる場がほしい」という声がたくさん寄せられています。 そこで、現在『できる日本語』を使っていらっしゃる方々に向けて、「ブラッシュアップ講座」を開くこととしました。 当日は、具体例を挙げながらより良い実践について考えていきます。 事前にお寄せいただいた質問の中から共通の課題を取り上げ、ご一緒に解決に向けて考えていきます。 また、すでにあちらこちらで【できる日本語ネットワーク】が生まれていますが、今回の対面講座で、さらに新たな輪が生まれることをめざします。   [お問い合わせ・お申込み] 主催:アルク・凡人社 お問い合わせ・申し込み先(担当:凡人社/坂井)   E-mail:ksakai@bonjinsha.co.jp   ※下記お申込みフォームかQRコードかメールにてお申し込みください。 メールでお申し込みの際はタイトルに「日本語サロン研修会(●/●)@●●」と入れて、本文にご氏名・ご所属・ご連絡先をご記入ください。 ※●/●部分は開催日時と場所をご記入ください。   お申込みフォーム→https://x.gd/3kYVu

注目の記事

  1. 全中国選抜日本語スピーチコンテスト 12日に開催 第17回全中国選抜日本語スピーチコン…
  2. 政府は日本語学校のコロナ禍の窮状を理解していないのか 「認定へのハードル」を危惧する声 …
  3. 「全中国選抜日本語スピーチコンテスト本選」が5年ぶりに日本で開かれる——ネイティブ並みの日本…

Facebook

ページ上部へ戻る
多言語 Translate